らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

#読書 #ブックレビュー

【九龍城砦】今は無き「東洋の魔窟」。都市の迷宮とカオスな暮らしをモノクロ写真で――。

今は無くなってしまった「東洋の魔窟」の写真集――。 九龍城砦 作者:隆司, 宮本 彩流社 Amazon 自分の団地好きのルーツはここにあったかと改めて再認識させられた。 こういうのに弱い。 あらゆるものがごちゃごちゃになっていてカオスな迷宮。 こんな無秩序状…

【読み解き! 方言キャラ】方言萌えの人にも、方言コスプレの人にも!

この本は「方言萌え」のために書かれた「方言キャラ」や「方言コスプレ」の本だ。 読み解き! 方言キャラ 作者:田中 ゆかり 研究社 Amazon 昔からなぜか「方言」に弱かった。 似たような人は多そうだ。 だからエンタメでも方言女子が多い。 道産子ギャルはな…

【勝間式 金持ちになる読書法】情報強者になるためには?! とりあえず読書量を増やして翻訳書を読もうと決意した

金持ちになるための指南書ではないし、この本を読めば金持ちになるというブックガイドでもない。 情報強者になることによって、結果的に金持ちになるよ、て本だ。 勝間式 金持ちになる読書法【電子版特典付き】 作者:勝間和代 宝島社 Amazon 今や ボイシーや…

【団地ノ記憶】この写真集を見ていると、なぜ団地に引っ越そうとしているのかが分かった

日本全国から厳選された39の団地の写真集――。 団地ノ記憶 作者:照井 啓太,長谷 聰 洋泉社 Amazon 2008年に出版された本だけど、この時点でもう写真に写っている団地の建物がとても古びて見える。 まあ日本の団地ってもう作られてから50年近くたっているのが…

【元旦のスーパーの牛肉の棚】資本主義社会からのハッキングをブロックした話

元旦でも営業しているスーパーに行ってみたら驚いた。 肉コーナーでの牛肉の売場面積がいつもの3倍ぐらいになっていたのだ。 しかも値段を見ると高めの肉ばかり。 これだと半額になっても予算オーバーだ。 年明けのスーパーって、どこもこんな? これまで正…

【正月休み】スーパーが休みならBOOKOFFへ行けばいいじゃない

1月2日。 遅ればせながらブックオフへ。 かごいっぱいに買いこんで会計したらちょうど30冊だった。 110円コーナーの本もさらに20%オフになるのがすごい。 漫画は DMM の宅配サービスで読むことが多いけれど、一冊95円ながら送料がかかるので実質112円ってと…

【2021年に読んだ小説ツートップ】「塞王の盾」と「ザリガニの鳴くところ」がぶっちぎりの二強!

今年読んだ小説の中でベスト1は文句なし「塞王の盾」だ。 歴史好き、戦国時代好きには絶対にオススメ! 塞王の楯 (集英社文芸単行本) 作者:今村翔吾 集英社 Amazon 戦国時代に城の石垣を作る職人集団「穴太衆」と鉄砲を作る職人集団「国友衆」の職人バトルだ…

【裏道を行け】「無理ゲー社会」の攻略本? むしろ絶望を深めた人は「人生は攻略できる」を読もう!

残酷な「無理ゲー社会」を攻略するためのたった一つの生存戦略を書いた本、のはずなのだが――。 裏道を行け ディストピア世界をHACKする (講談社現代新書) 作者:橘玲 講談社 Amazon こないだ読んだ「無理ゲー社会」は衝撃的な本で、もっともショッキング…

【チョンキンマンションのボスは知っている】怪しげな異邦人たちのユルいアングラ経済

かっての九龍城のように怪しげな雑居ビル、チョンキンマンション(香港)。 本書はチョンキンマンションに集うタンザニア人たちのアングラ経済を調査したものだ。 チョンキンマンションのボスは知っている アングラ経済の人類学 作者:小川 さやか 春秋社 Ama…

【Kindle】今年のセールやキャンペーンは例年になくアツい。1年分の本をゲットしてしまおうか。

クリスマスや年末年始をひかえて、Kindleでは立て続けにセールやキャンペーンが行われている。 次々にいろんな情報が飛び込んでくるので、どれがどれやら自分でも把握できてない。 これまで自分はこうしたセールなどからは距離を置いてきた。 安くなるのは良…

【はずれ者が進化をつくる】雑草は踏まれても立ち上がらないのが本当の「雑草魂」!

たまに耳にする「雑草魂」。 「雑草は踏まれても立ち上がる」的な。 でも本当は、雑草は踏まれても立ち上がらない。 そこが雑草のすごいところ――。 はずれ者が進化をつくる --生き物をめぐる個性の秘密 (ちくまプリマー新書) 作者:稲垣 栄洋 筑摩書房 Amazon…

【よくわかる一神教】世界のドンパチは一神教から生じている?!

タイトルを見て初めて気づいたけれど、世界は一神教と多神教の国から構成されていて、戦争とか内乱とかテロとか多くの争いは一神教同志の争いなんじゃないだろうか。 もちろん 多神教だったら争いは一切ないなどと言うつもりはないけれど。 無宗教の日本人で…

【訃報読書】つい最近お亡くなりになった作家の本やマンガばかり読んでて良いのだろうか?

最近、訃報を聞いて、お亡くなりになった作家の本や漫画を読むことが増えてしまった。 高齢社会だからそれまでと言えばそれまでなのだが……。 例えば最近では山本文緒さん――。 最初は、あまりにも若い死に驚いた。 そして、以前読んだ本を読み返してみたくな…

【再婚生活―私のうつ闘病日記―/山本文緒】体調・メンタルと日常生活との相関関係についての克明な記録

一人の人間が、自分の精神状態と体調を見つめながら、人間関係と睡眠と食事と運動について克明に記録したエッセイ。 作者が小説家という特別な職業についていなくても、うつ病あるいは予備軍の人達にとって非常に参考になる一冊だ。 再婚生活 私のうつ闘病日…

【剣と魔法の税金対策】いにしえの「ゼイホウ」に基づきケイヒとコウジョの魔法を繰り出す?!

剣と魔法の世界にも、なんと税金はあった――。 人類最強の勇者、「銭ゲバ」メイは、魔王ブルーから世界を半分ずつ分けようと持ちかけられる。 しかし、そこに贈与税が……。 剣と魔法の税金対策 (ガガガ文庫) 作者:SOW 小学館 Amazon 異世界モノと税金。 あ…

【嫌われた監督】なあなあの世界に背を向けた「職人」!

今でも記憶に残ってる。 日本シリーズでパーフェクト寸前の投手を交代させた落合監督――。 嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか (文春e-book) 作者:鈴木 忠平 文藝春秋 Amazon 落合監督は骨の髄まで「職人」の人だったのだなぁ。 何よりも「技術」を…

【団地に住もう!】庭付き一軒家は管理するのが大変なので団地に住もうと考えてます

庭付きの一軒家を管理することが自分には無理だと悟ってから、次の引っ越し先について考え続けている。 けれども、どうやら決まったようだ。 引っ越し先は「団地」になりそう。 団地に住もう! 東京R不動産 作者:東京R不動産 日経BP Amazon そんなわけで、団…

【白鯨 MOBY-DICK/夢枕獏】ジョン万次郎とエイハブ船長が白鯨を追う!

幕末に漂流した土佐の漁師・ジョン万次郎。 彼はエイハブ船長の捕鯨船に拾われていた?! 万次郎とエイハブは白鯨・モービィ・ディックを追う――。 白鯨 MOBY-DICK (角川書店単行本) 作者:夢枕 獏 KADOKAWA Amazon 虚実ないまぜになった伝奇小説。 著者会心の…

【炎上フェニックス/池袋ウエストゲートパーク17】コロナ禍でのIWGP。マッチングアプリとパパ活、ぶつかり男、ウーバーイーツと外国人労働者、SNS誹謗中傷など。

池袋ウエストゲートパークシリーズ最新刊――。 炎上フェニックス 池袋ウエストゲートパーク17 (文春e-book) 作者:石田 衣良 文藝春秋 Amazon 今回は、マッチングアプリとパパ活、ぶつかり男、ウーバーイーツと外国人労働者、SNS での誹謗中傷がテーマ。どれも…

【経済ってなんだ? 世界一たのしい経済の教科書】経済とは「ほしいという気持ちをお金を使って実現すること」

菅総理大臣が総裁選不出馬を表明したら、日経平均株価が上がったそうな。 新しい総理大臣が大型経済政策を打ち出すと期待されているらしい。 日本人の自分から見れば、誰が総理大臣になっても大型の経済政策など結局は打ち出さないだろうなと思ってしまうの…

【カラハリが呼んでいる】「ザリガニの鳴くところ」著者のアフリカ滞在記! 野生動物の世界は無理ゲー社会だった……。

2021年本屋大賞 翻訳小説部門 第1位となった「ザリガニの鳴くところ」。 「カラハリが呼んでいる」は「ザリガニの鳴くところ」著者と夫がアフリカで野生動物の研究をして過ごした日々が描かれている。 カラハリが呼んでいる (ハヤカワ文庫NF) 作者:マーク・…

【陰陽師 水龍ノ巻】コロナ下で読む異色の短編「秘帖・陰陽師 赤死病の仮面」は背中がぞくりと

陰陽師の最新巻――。 陰陽師 水龍ノ巻 (文春e-book) 作者:夢枕 獏 文藝春秋 Amazon 安倍晴明、源博雅、蘆屋道満に兄弟子賀茂保憲、虫愛づる姫君の露子姫までお馴染みのメンバーが登場する。 けれども、今回は収録されてるなかで異色の短編「秘帖・陰陽師 赤…

コミュ障の人間は仕事を通じて社会や人と最低限度につながるのが一番コスパ良い

贅沢な悩みだと分かっちゃいるけど、三連休明けは調子が悪くて困っている。 三日続けて休みになると、どうしても自堕落な生活になってしまう。 睡眠不足だったり、運動不足だったり、食事が不規則だったり――。 休みが土日の2日間だけなら、月曜日になって一…

【勝間式ロジカル不老長寿】老後問題をクリアに体系化、すっきりと言語化!

家事や食事について取り組んできた勝間さん。 今度のテーマは「不老長寿」だ。 健康もマネーも人生100年シフト! 勝間式ロジカル不老長寿 作者:勝間和代 宝島社 Amazon 人生100年時代、老後2,000万円問題もかなり身近なものとなった。 この問題を著者お得意…

【宇宙兄弟】から【MOONLIGHT MILE】そして【宇宙からの帰還】

理不尽な上司に頭突きをかましてしまった兄は、宇宙飛行士の弟の跡を追う! 宇宙兄弟(1) (モーニングコミックス) 作者:小山宙哉 講談社 Amazon もじゃもじゃ頭でイマイチさえない兄の六太(ムッタ)。 シュッとしててモテそうで日本人で初めて月面に着陸…

【鎌田式 健康手抜きごはん】「手抜き」して野菜とたんぱく質をがっつり!

たんぱく質と野菜をたっぷり摂るための簡単手抜きご飯――。 医師が考える 楽しく人生を送るための簡単料理 鎌田式 健康手抜きごはん 作者:鎌田 實 集英社 Amazon 著者は72歳。 現役のお医者さんで、長野県を長寿県に押し上げた人だ。 説得力ありまくり――。 …

映画【ピーターラビット2】と作者【ビアトリクス・ポター】のライフスタイル

『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』が6月25日に上映される。 この映画の番宣のためにピーターラビットシリーズの作者であるビアトリクス・ポターの生涯にスポットが当たっている。 ピーターラビット2に登場する女性はポターをモデルにしてるとあれば…

【お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方】リスクを負って生きることの意味と恐怖の肌触り。タイトルに抵抗ある人でもエピローグだけは読もう!

「黄金の羽根」とは制度の歪みから構造的に発生する「幸運」――。 新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ (幻冬舎文庫) 作者:橘玲 幻冬舎 Amazon タイトルの「お金持ちになれる」と言う言葉に抵抗を覚えた人がいるだろう。内容も節…

【女たちのポリティクス/ブレイディみかこ】イギリスのEU離脱でボコられまくってたメイ元首相はこんな人だったのか……。

世界を見回してみると、うまくいっている国は女性がリーダーだったりする――。 女たちのポリティクス 台頭する世界の女性政治家たち (幻冬舎新書) 作者:ブレイディみかこ 幻冬舎 Amazon イギリスのメイ元首相、ドイツのメルケル首相、ニュージーランドのアー…

【ざんこく探偵の生きもの事件簿】「ザリガニの鳴くところ」をおもしろいと思った人にぜひオススメの動物行動学マンガ!

オスのカマキリは交尾中にメスのカマキリに食べられてしまうというエピソードはよく知られている。 でも生物や動物の世界では、もっと残酷なことが普通に行われている。 でもそれは生物たちが一生懸命生きている証なのだ。 ざんこく探偵の生きもの事件簿 作…