らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【生物学的に、しょうがない!】全部ポジティブに諦める! 諦めることで見える景色がある! 科学的に甘えさせてくれる本!

 


「がんばってもしょうがないこと」は、

がんばっても結局はできない。

 

しょせん人間は動物で

本能に突き動かされてしまうし、

生物学的にみれば

遺伝子に大きく左右されてしまう。


例えば

「人前で話すの苦手なの、

    しょうがない!」について。

 

人類は長い狩猟採集時代を

過ごしてきた。

 

見知らぬ動物が

たくさんいれば警戒するし、

背後にはオオカミのような

捕食者が隠れているかもしれない。

 

けっきょく

用心深い人類が生き残って

世代交代を繰り返していく。

 

現代に生きる我々は

用心深かった先祖の子孫なのだ。

 

だから

目の前に大勢の他人がいれば

警戒してあがってしまう。

 

こんな感じ--。

 

●●●●


生物進化論というのは面白い学問で、

こんな風に様々な現象を

進化論で説明できてしまう。


そして、

がんばっても仕方ないことは、

さっさと諦めて、

がんばれば何とかなることに集中すべき、

と教えてくれる。

 

●●●●

 

もともと

この新しい進化論は

橘玲さんの本で知ったのだけど、

橘さんは

もっと過激な学説を紹介していて、

人間の本質は70%が

遺伝で決まってしまうとのこと。

これは大炎上しそうな話。

 

でも

自分のようなナマケモノ&寝そべり族は

「もっとがんばれ」

「努力が足りない」

などと言われるよりは、

よっぽどしっくりくる。

 

日本人は

とにかくがんばりすぎるようで、

がんばっても成果の出ない自分を責めたり、

なぜもっとがんばれないのかと

自分を責める。

 

で、

自殺者が2万人、

引きこもりが61.3万人、

心の病が100万から120万人

なんてことになる。

 

自分にできることはこのあたりまで、

と判断したら、

あとはせいぜい

のんびりすれば良いんじゃなかろうか。

 

こんな自分は

進化心理学や生物進化論の話

を楽しく読んだ。


ただしこれは諸刃の剣。

 

新しい進化論は、

自分を科学的に甘やかしてもくれる。

 

「浮気するのはしょうがない」

「おっぱいやお尻が好きなのはしょうがない」

ダメンズに惹かれてしまうのはしょうがない」

などなど全てが

「人間だもの」

「動物だもの」

「生物だもの」

で言い訳できてしまう。

 

とても危険な学問なんだ

ということを頭に入れておいて

フォローして行こう。

 


【プロフィール】

節約系底辺FIRE
セミリタイア)目指す
ナマケモノ&寝そべり族。

寝そべりながら
年100冊の本を読み、
年1,000冊のマンガを読む。

片道一時間の自転車通勤は
10年を突破。

食事は
肉・卵・チーズのMEC食&
メガビタミン実践中。

料理はレンチン&時短料理。

親が遺してくれた実家に棲息中。。。

【テレプシコーラ/山岸凉子】名作「アラベスク」から約50年。日本のバレエ界はこれほどに変わった。テレプシコーラは現代バレエ学習マンガ!

 

バレエ漫画といえば

気の弱い主人公が

クラシックバレエを踊って

プリマをめざすのが王道パターン。

 

でも

今時のバレエ界は

大きく変わった。

 

主人公の六花(ゆき)は小学5年生。

 

バレエ教室を開いている母。

 

バレエも勉強もできる姉の千花。

 

そして異様な身体能力を持つ

転校生の空美

 


六花は

脚が180度開かないことに絶望して

バレエをやめようとするが--。

 

踊りたい人がバレエを踊るのじゃなくて

選ばれた者のみが踊れるのがバレエなのよ

 

母親の言葉が重い。

 

小学生で

このような現実を

突きつけられるのだから

バレエって本当に過酷な世界だ。

 

 

脚が180度開かない

ハンデを持った六花だが、

音楽に身を委ねて

想像の世界に遊べる能力があった。

 

イマジネーションを武器に

六花はバレエに取り組んでいく--。

 

 

最近

イマジネーションを武器にした

主人公って増えてる。

 

サッカーでは

フィジカルはイマイチだけど

戦術眼を持った主人公がいたり、

同じバレエ漫画で

学習能力を武器にしてる

主人公がいたり。

 

 

姉の千花とともに

コンクールで出場した六花。

 

そこでは

空美の思いがけない姿を見ることに……。

 

 

物語も面白いけど

巻末のバレエ対談がスゴい。

 

今回は山岸凉子上野水香

 

上野さんの目力と

重力を感じさせない立ち姿に目が釘付け--。

 

 

バレエを続けるには

中3受験のない中高一貫の学校を

受けるのがマスト。

 

そんな現実がのしかかってくる。

 

一方で、

六花は

マイムの苦手な千花のために、

振り一つ一つに

セリフをつけることを提案。

 

振付師としての

才能の片鱗を発揮していく。

 

 

公演デビューを果たした千花に

アクシデントが。

 

突然、

六花は代役をすることに--。

 

 

思いがけないアクシデント、

公演当日に始まる生理、

ダイエットの果ての拒食症。

 

バレエって優雅に見えるけど

舞台裏は過酷すぎる……。

 

 

付属中学へ進学した六花。

 

ダンス部への

アドバイスを求められて--。

 

 

六花はいよいよ本格的に

振付師としての才能を開花させていく。

 

 

巻末の

山岸凉子と行くローザンヌ

    国際バレエコンクール紀行」が出色。

 

この取材が

第2部へとつながっていくのだ。

 

「最初から脚が上がる子は特に意識しないで、ふにゃあと上げてしまうのよ。努力して上がるようになった子のほうが足先のうんと先をイメージして上げるからすごくきれいだったりするわ」

 

わかりみが深い……。

 

 

ついに舞台で

自分の振り付けた作品を踊る六花。

 

斬新な解釈は

先生方をもうならせる。

 

一方で

千花のケガは思わしくなく……。

 


バレエでも、

歌舞伎の蜘蛛の糸って

使ったりするんだなぁ。

 

 

感受性が鋭い子は

ドツボにはまると

自分を立て直せない。

 

本部公演に抜擢された

六花に試練のときが--。

 

その一方で、

姉の千花もリハビリが上手くいかず……。

 

 

いよいよ公演。

気の弱い六花だが、

先生たちが教える

メンタルトレーニングで

乗り越えていく。

 

入眠の方法。

ブラックボックスのイメージ。

過緊張で体をほぐす。

 

古典的なバレエの世界も

科学的になってきている。

 


そして

姉の千花は

外国で靭帯手術を受けることに--。

 

 

姉の千花を悲劇が襲う。

 

六花は

トゥオネラの白鳥」を踊る千花を想い、

自ら振り付けた白鳥を踊る--。

 


まだ

中学生・高校生のうちに

将来が決まってしまう

バレエの世界の過酷さよ。

 

第一部全10巻を読んだら

サバイバルレースを観た気分--。

 

 

 

ローザンヌコンクール編開幕!

 

高校生に成長した六花が

姉の悲願だったローザンヌに挑む!

 

 

最近は

よく日本人が入賞するので

ニュースでも見かけるけど、

こんな感じなのかぁ。

 

留学先を見つけるための

コンクールなので

普通のコンクールとは

ちょっと違うっぽい。

 

 

それにしても

コンクールに出場するだけで

こんなに大変なんだ……。

 

同行者が風邪を引いていて

うつされそうだったり、

ロストバゲージになったり、

悪天候で飛行機が出なかったり。

 

バレエ以外にも

これだけのクエストがあるんだ……。

 

 

ようやく

現地にたどり着いた六花。

 

舞台となるボーリュー劇場の

傾斜に戸惑う。

 

ここまで詳しいと

ローザンヌコンクールの

ガイド本みたいになってきた。

 

出場するバレリーナ

みんなこの漫画を読んだ方が

いいんじゃないか?


「息は肋骨でしましょう」みたいに、

新しい体の使い方が

さりげなく織りこまれているのもマル。


最近体の使い方漫画が

増えてきた気がする。

それだけみんな関心があるのか?

 

 

 

ついに風邪をひいてしまった六花。

 

そして

注目を浴びている中国系アメリカ人

ローラ・チャン

なぜか昔の空美の面影が……。

 

 

コンクールは準決勝へ。

六花は風邪をおしてのぞむが--。

 


この巻では

ローザンヌコンクールの評価方法が

コンテンポラリー重視に

変わってきていることや、

女子よりも男子の入賞者が

増えていることが紹介されてる。

 

 

おなじみとなった

バレエでの体の使い方では、

インナーマッスル

腸腰筋にスポットが。

 

10代の初めの頃までに

腸腰筋を鍛えることができた者は、

ローザンヌコンクールに

挑戦できるようになるとのこと。

 

しみじみと過酷な世界や……。

 

 

残念な結果に終わった六花だけど、

思いがけないギフトで

なぜか表彰式へ--。

 

 

それにしても

最終巻だってのに

主人公が舞台で踊るシーンが

全くないってのがすごい。

 

つくづく

テレプシコーラ」は

ローザンヌコンクールや

コンテンポラリーや

コリオグラファー(振付師)の

紹介に徹した

バレエ学習漫画だったなぁ。

 

それでも十分面白いんだから、

作者の力量がすごいし、

バレエの世界も奥が深い。

 

六花の振り付けた作品「引きこもり」は

実写で見てみたいもんだ。

 


現代バレエを十分に味わったので、

次は古典的なバレエの世界を

味わってみたくなった。

 


次の次はこれかな--。

面白いバレエ漫画って

まだまだあるよな……。

 

 

【プロフィール】

節約系底辺FIRE
セミリタイア)目指す
ナマケモノ&寝そべり族。

寝そべりながら
年100冊の本を読み、
年1,000冊のマンガを読む。

片道一時間の自転車通勤は
10年を突破。

食事は
肉・卵・チーズのMEC食&
メガビタミン実践中。

料理はレンチン&時短料理。

親が遺してくれた実家に棲息中。。。

【くいしんぼうの南インド生活】日本人がイメージするインドって実は北インドで、南インドはもっと日本人向けで美味しい

 


インドはインドでも南インド

 

港町マンガロールで

ジャパニーズカフェを経営。

 

その時の体験談と食べ歩きの

コミックエッセイだ。

 

マンガロールは

富裕層の多い地域で

医学生のお客さんも多い。

 

そのせいか

あまり人がガツガツしていなくて

ゆったりとした感じ。

 

日本人がイメージする猥雑なインド

とは違っていて面食らう。

 

深夜特急」のインドとは大違い。

 

 

イメージ違うといえば、

素手でカレーを食べるアレ。

 

手でカレーをすくって

食べるんじゃなくて、

その前にひと手間、

ライスにカレールウを混ぜて

コネコネしてまとめてから。

 

プチおにぎりを作って、

それを食べるイメージ。

 

なるほど

このやり方だったら

自分でも素手で食べられそう。

 

●●●●


意外といえば、

マンガロールの医学生たちにも

日本の漫画やアニメは大人気のようだ。

 

インドでは

味の付いてないお米は不人気なので、

おにぎりはまず食べられないけど、

漫画とアニメで学習済みの彼・彼女たちは

楽しそうに食べてくれる。

 

 

おまけに、

インドではあんこが不人気なはずなのに、

どら焼きが人気だったりする。

 

どうやら「ドラえもん」で

免疫ができたようだ。

 

南インドの人たちが

名古屋発祥の小倉トーストをほおばるのは

なんか不思議。

 

●●●●

 

そのほか南インドでは

飲食店のサービスは素早く親切だったり、

近所の人達がとてもフレンドリーで

よく食べ物を分けてくれたりする。

 

このコミックエッセイで

インドに対するイメージが

ずいぶん変わってしまった。

 

日本人には

北インドより南インドの方が

向いているのかもしれない。

 

 

原案の作者は

日本へ帰国してしまったけれど、

ぜひ続編を期待したい。

 


●他にインドのコミックエッセイといえば、もはや大河ドラマ(笑)になったこちら--。

 

 

【プロフィール】

節約系底辺FIRE
セミリタイア)目指す
ナマケモノ&寝そべり族。

寝そべりながら
年100冊の本を読み、
年1,000冊のマンガを読む。

片道一時間の自転車通勤は
10年を突破。

食事は
肉・卵・チーズのMEC食&
メガビタミン実践中。

料理はレンチン&時短料理。

親が遺してくれた実家に棲息中。。。

【こういうのがいい】遊ぶ・配信・収益化3つのことを同時進行してて偉い!

 

「こういうのがいい」は

セックスフレンド以上恋人未満の

二人が主人公。

 

エッチぃな大人の日常系だ。

 

無料漫画アプリで

ちびちびと楽しく読んでる。

 

今回22発目ではヒロイン友香の副業が明らかになった。

 

でもゲームやってる

ついでにお小遣い

発生する現世最高っ

 

ゲーム配信が副業だったのだ。

 

ゲームしたいと思ったら PC つけてっ

ゲーム起動してっ

ロード中に配信アプリ立ち上げ

そのまま喋りながら配信しつつ

 

友香の姉のセリフじゃないけど

「遊びながら

    お金稼いじゃうなんて

    マルチタスクで賢い」って話。

 

ゲームやらないマンなので

こんな稼ぎ方があるなんて

知らなかった。

 

 

 

本や漫画を読むのが好きで、

こうして感想やらレビューやらを

ブログに書いたりしてるけど、

ゲーム配信はそれを一気に

やってしまえるんじゃな。

↑音声入力間違い

 


友香は学生の頃から

ずっと同じファミレスで

バイトもやっていて、

本人に言わせると

「もはや目をつむってても

    仕事出来るレベル」だそうな。

 

最強のワーキングスタイルだ。

 

 

もちろん

同じゲーム実況やってても

稼げる人・稼げない人が

いるんだろうけど、

自分の好きなことをやって

楽しく生活している人が

少数だろうけど

世の中には必ずいるって訳だ。

 

ぱっと見ビッチで

下ネタ連発の友香を見る目が

変わってしまった22発目--。

 


【プロフィール】

節約系底辺FIRE
セミリタイア)目指す
ナマケモノ&寝そべり族。

寝そべりながら
年100冊の本を読み、
年1,000冊のマンガを読む。

片道一時間の自転車通勤は
10年を突破。

食事は
肉・卵・チーズのMEC食&
メガビタミン実践中。

料理はレンチン&時短料理。

親が遺してくれた実家に棲息中。。。

【地球の歩き方 ジョジョの奇妙な冒険】最強聖地巡礼ガイド! 最近の地球の歩き方は攻め過ぎてるッ!!!

 

海外旅行も地球の歩き方

すっかりご無沙汰してたけど、

いつのまにか

地球の歩き方

とんでもないことになっていた。

よく考えたら

ジョジョワールドは

世界中にまたがってる。

 

第1部はイギリス、

第2部の石仮面はメキシコ由来、

第3部は日本からエジプトへ、

第4部は仙台市モデルが舞台、

第5部はイタリアど真ん中、

第6部と第7部は新旧アメリカが舞台。

 

これを全て聖地巡礼したら

とんでもない旅になってしまう。

 

●●●●

 

漫画シーンを懐かしみながら、

実際はこんな感じなのかと

写真と見比べるのも楽しい。

 

特に仙台市ガイドは

一時期住んでいたこともあって

懐かしかった。

 

東方邸モデルが

フランク・ロイド・ライト建築物

だったってのは、へぇ~っなネタ。

 

荒木先生って、ほんとセンスいいな~。

 

●●●●


印象的なのはやっぱりインド。

 

第3部で承太郎一行が

インドで物乞いに囲まれて

圧倒される見開きシーン。

 

もう財布をすられてしまったり、

牛のうんこを踏んづけてしまったり……。

 

全編通じて、

ジョジョやスタンドに

負けないパワーを持っていたのは

インドだけだった気がする(笑)。

 

ボルゲーゼ美術館に ある 「アポロンとダフネ」は印象に残っ ています。モチーフになっている神話は、男の子 (アポロン)に追いかけられた女の子(ダフネ)が 木に変化しちゃうというお話なんですよ。それってなんだか、スタンドみたいですよね。

 

この本には

荒木先生のインタビューも

掲載されている。

 

岸辺露伴のように

作品にリアリティを吹き込むために

精力的に取材をしている様子が伺える。

 

 

それにしても若いな〜。

 

波紋法によるものなのか、

スタンドによるものなのか……。

 

初めての香港で飲茶を楽しんでいた際、ふと第3部の花京 院の言葉を思い出して急須のフタをずらしたら、お店の人 がお湯を注いで足してくれました。 あれは本当だったん だ!と感動したのを覚えています。 花京院ありがとう!!

 

読者投稿の旅体験談も掲載されていて

中でもこのエピソードが一番好き。

 

ジョジョは旅ガイド本にもなるのだ。

 

●●●●


地球の歩き方

本当にアグレッシブになってて

他にも魅力的なガイド本が出ている。

 

どの本も情報量が多すぎて

真面目に読むと

時間がいくらあっても

足りなくなるので、

カタログを眺めるみたいに

パラパラと見るのがおすすめ。

 

 

次はどんな企画が出てくるか、

地球の歩き方に注目だ。

 

読んでるだけでも十分楽しいので

実際に海外旅行に行かなくてもいいよ

と思ってしまうのがデメリットだ(笑)。

 


【プロフィール】

節約系底辺FIRE
セミリタイア)目指す
ナマケモノ&寝そべり族。

寝そべりながら
年100冊の本を読み、
年1,000冊のマンガを読む。

片道一時間の自転車通勤は
10年を突破。

食事は
肉・卵・チーズのMEC食&
メガビタミン実践中。

料理はレンチン&時短料理。

親が遺してくれた実家に棲息中。。

【蚊対策】庭の瓶池を処分。来年は蚊によるストレスが減るかな

 

台風の合間の3連休、

庭の瓶池をひっくり返した。

 

もうとっくに金魚も死んでいて、

ドロドロした緑色の水があるだけだった。

 

なので、すっかり忘れていた。

f:id:rakuda95:20220921074642j:image
覗きこんでみると、

とても小さなものがたくさん

浮いたり沈んだりしている。

 

よく見るとボウフラ。

 

 

思わず

叫び声を上げてしまいたくなるほど

たくさんいた。

 

あわてて池の水をかいだし、

少し軽くなったところで

ひっくり返した。

 

これで大量のボウフラも

死滅したことだろう。

 

●●●●


全く、

どうりで今年は蚊が多いと思った。

 

もともと蚊に刺されやすいタチで、

結構ストレスたまっていたのだ。

なんで

もっと早く

気づかなかったんだろう。

 

 

気づいたのは

こちらの漫画を読んだのがきっかけ。

タイトルそのまんま

ベランダでビオトープを作る物語。

 

我が家では

蚊のための生態系が

確立していたってわけだ……。

 

ホントに

なんでもっと早く

気づかなかったんだろう。

 

来年の夏は

蚊によるストレスが

少しは減るかな--。

 

 

【プロフィール】

 

節約系底辺FIRE(セミリタイア)目指すナマケモノ&寝そべり族。

 

寝そべりながら年100冊の本を読み、年1,000冊のマンガを読む。

 

片道一時間の自転車通勤は10年を突破。

 

食事は肉・卵・チーズのMEC食でメガビタミン実践中。

 

料理はレンチン&時短料理。。。

【スケオタデイズ 飛び出せ! 海外遠征編】スケオタ のフットワークはアイドル推しよりもヅカファンよりも軽い!

 

スケートフィギュアのオタク、

略してスケオタ。

 

スケオタの情熱は

とどまることを知らない。

 

ついには海外へまで

観戦に行ってしまう……。

 

「スケオタデイズ」も第2巻。

 

第1巻も濃かったけど、

第2巻はさらにパワーアップしてる。


考えてみると、

アイドルの追っかけや

宝塚のファンだって

せいぜい国内移動。

 

海外にまで

軽々と行ってしまう

スケオタのフットワークは凄まじい。

 

台湾で四大陸選手権

上海で世界選手権、

そしてソチ五輪

 

おまけに、

オリンピック出場選手のコーチに

レッスンまで受けてしまう。

 

あまたのオタクの中でも

行動力は無双。


いきなり国境を超えても、

必ずスケ友が誰かしらいる

と言うエピソードには

笑ってしまった。


注目選手の演技中、

トイレに立ってしまう付き添い夫との

温度差も笑えた。

 

 

作者の名誉のために言っておくと、

作者が住んでる京都から、

埼玉アリーナへ行って観戦するより

台北を往復するほうが

安上がりだったりするらしい。

 


このコミックエッセイが

全編微笑ましいのは

作者のフィギュアに対する愛が

満ち満ちているから。

 

「ソチの彼女」は

浅田真央選手への祈りでいっぱいだったし、

羽生選手の陰陽師

スケオタ素人の自分でさえ

観てみたくなった。

 


すでに引退した選手もいるけど、

アイスダンスでショーを

見せてくれるようだし、

有望な新人も続々と育っている。

 

作者の「氷の沼」ハマリは

当分続きそうだ。

 


グレゴリ青山さんは

    バックパッカー旅や

    京都暮らしの

    コミックエッセイもおもしろいです。

 

 

【プロフィール】

節約系底辺FIRE(セミリタイア)目指すナマケモノ&寝そべり族。

寝そべりながら年100冊の本を読み、年1,000冊のマンガを読む。

片道一時間の自転車通勤は10年を突破。

食事は肉・卵・チーズのMEC食でメガビタミン実践中。

料理はレンチン&時短料理。。。