らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―がんばらないライフスタイルとそのためのライフハック―

【大阪デビュー】アフターコロナの日本再生計画は大阪のおっちゃん達の元気さを見習うところから!

 

 

今回紹介するのはコミックエッセイ。作者はイラストレーターだけど、旦那の転勤に伴って大阪デビューする。そこはもう異国だった――。

 

今更大阪という気もするけど、つい最近大阪都構想住民投票があったばかりなので、つい手に取ってしまった。

 

 

このコミックエッセイの親切なところは最初に大阪の地理から説明してくれたことだ。

 

これは作者夫婦が不動産屋に駆け込んだ時に、川向こうがいいかどうか聞かれた時に?マークが浮かんでしまったところから始まる。


大阪の地理を考えるときに、まず南北真っ直ぐに御堂筋線が走っていることをイメージ。そしてその北部あたりに、北東から南西へと淀川が流れている。

 

先ほどの川向こうという言葉は、この淀川の北なのか南なのかということだ。

 

そして御堂筋線の中央あたりに丸い環状線が走っている。

 


関西在住の人から見れば当たり前の事だろうけど、生まれも育ちも関東の自分にとっては、初めて大阪の地理が実感できた一瞬だった。

 

漫画ならではの分かりやすさだ。

 

結局作者夫婦は川向こうの町に住むけれど、後で分かったことでは、その町は風俗で有名な町だった、というオチがつく。

 

 

他に大阪の地理で面白かったのは堀江や中崎町だった。

 

この街では、作者夫婦から見ると、やたらとおっとりとしたスローライフ系の若者が多かったらしい。

 

かなり意外な気がしたけれど、大阪だって何もマシンガントークの若者ばかりじゃない。


中には低血圧でテンション低い人間だっているだろう。


なんとなくホッとした。

 


この堀江や中崎町は昭和レトロな雰囲気の街らしい。


万が一大阪へ引っ越すことがあったらこんな町にゆるゆると住みたいもんだ。

 

 

それにしても大阪の庶民の人達のパワフルさは相変わらずのようで、特におばちゃんよりもおっちゃんの方に目を惹かれた。


大阪のおばちゃんパワーはもはや都市伝説になりつつあるけれど、おばちゃんが元気なのは何も大阪に限ったことではない。おばちゃんは大抵どこでも元気だ。


それよりも今時おっちゃんが元気なのって、唯一大阪ぐらいじゃなかろうか。


そもそも日本全体が元気がなくて、特におっちゃんの元気はもうかけらもない感じ。日本男子はすべからく大阪のおっちゃんの無駄な元気さを見習うべきだろう。

 

 

ちなみに、このコミックエッセイのベストワンなセリフもおっちゃんのセリフだ。

 

もうええわ
おまえの愚痴は聞き飽きたわ
聞きすぎて耳から血ぃ出るがな


この先、日常生活でうっかり使ってしまいそうな気がする。

 

 

大阪都構想はなくなってしまったけれど、いつまでもパワフルな街でいてほしい。元気でうざいおっちゃんたちがいっぱいいてほしい。

 

 

最後に大阪 B 級グルメの漫画を紹介。こちらも面白かったっす。

 

 

 

最後の最後に東京在住の大阪人の漫画も。シンドない人生を送るゆるゆるなおっちゃん達が主人公です。

 

 

 


【プロフィール】

夢とか夢中になれることは特に無いので、嫌いなこと、やりたくないことを回避するライフスタイルと、がんばらないためのライフハック がテーマ。
空いた時間はKindle読み上げで本を聴き(週1~2冊)漫画を読んでいく生活(週50冊)。


・片道1時間の自転車通勤中
・食事は糖質制限中。MEC食&高脂質食。ボトルでプロテインEAA&メガビタミン。
・ホットクック 1.0Lで自炊中
・服は制服化済み
・住まいは断捨離してミニマリスト
スマホiPhoneからPixel 3a XL へ移行
・マンガと歴史好き
(特に世界史へ進攻中)


これから、やりたいこと――。
・英語で読み書き
古武術介護
小笠原流礼法
楽天ポイ活
・積み立て投資

【MEC食・糖質制限】3連休最後の晩飯が充実してると良い3連休だった気がしてくる

 

 

3連休最後の日の晩飯――。


f:id:rakuda95:20201123200100j:image

 


11月になって、断酒から節酒へとシフト。今は大体週一回ペースぐらい。

 

 

最初は金曜の晩飯に飲んでたけど、今は日曜の晩飯に飲むようになってきた。

 

金曜の夜はようやく一週間が終わった開放感でうまいし、日曜の夜は休みが終わってさあ明日からガンバるかぁという感じで飲む。

 

どちらに定着するだろう?


泡盛に炭酸水にたっぷりの氷で飲んだ。

 


肉は鶏肉。最近の鶏肉は「せせり」一択。首の周りの肉だそうでプリプリしてうまい。

 

これまで鶏肉はもも肉だったり手羽中だったりしたけど、今はせせりばかり食べてる。

 

100グラムせいぜい100円てとこだし、家計を圧迫しないのも助かる。いいとこづくめだ。

 

塩を振りかけて、3分ほどレンチンして食べた。お手軽でうまいんだから助かる。

 

 

マグカップに入っているのは定番のかきたま汁。卵2個、鰹節、わかめ、そして塩で味付け。ついでに鶏肉をレンチンした時に出た油も入っている。


こちらはレンチンで1分20秒。卵が爆発しないようによくかき混ぜておく。

 

 

アルミホイルに入っているのは厚揚げ。とろけるチーズをたっぷりのせてマヨネーズもたっぷりかけて醤油で味付け。オーブンで10分ほど。

 

時間がかかるので休日しかやらない特別メニューになってしまった。

 

 

まな板の上に転がってるきゅうりは味噌マヨで食べる。マヨネーズがカブってしまった。

 

 

現在、ほろ酔い中。3連休最後の晩飯がうまいと充実した3連休だった気がしてくる(笑)。

 

まぁ実際はいつものようにだらだらと過ごしてしまったわけだけど。

 

とりあえず明日からまた働くかぁぐらいの気持ちにはなれた。3連休明けの日ってダルいんだけどね……。

 

 

 

【プロフィール】

 

夢とか夢中になれることは特に無いので、嫌いなこと、やりたくないことを回避するライフスタイルと、がんばらないためのライフハック がテーマ。


空いた時間はKindle読み上げで本を聴き(週1~2冊)漫画を読んでいく生活(週50冊)。


・片道1時間の自転車通勤中
・食事は糖質制限中。MEC食&高脂質食。ボトルでプロテインEAA&メガビタミン。
・ホットクック 1.0Lで自炊中
・服は制服化済み
・住まいは断捨離してミニマリスト
スマホiPhoneからPixel 3a XL へ移行
・マンガと歴史好き
(特に世界史へ進攻中)


これから、やりたいこと――。
・英語で読み書き
古武術介護
小笠原流礼法
楽天ポイ活
・積み立て投資

 

 

 

【トッキュー】地震や台風やウイルスに満ちあふれた世界でレスキュー漫画を読む愉しみ。臨場感てんこ盛り。

 

 

海上保安庁でレスキューにあたる主人公。 全国区で難易度の高い教助にあたる通称「トッキュー」 となり、さらに国際的救助にまで参加するようになるが――。

 

 

 

全20巻、途中まで読んでいたけど、完結したので最初から2~3日で一気に読んだ。

 

あきらかに おもしろいと分かっている漫画を最終巻まで一気読みする快楽を久しぶりに味わった。

 

 

 

 

ほんとに東日本大震災以来、地震や台風など、すっかり災害が身近なものとなってしまった。

 

おまけに現在は新型コロナウイルスの真っただ中だ(さすがにトッキューの出番は無さそうだが)。

 

めったに海には近づかない生活だが、作品に出てくる災害 誰にでも起こりうるものだ、 もちろん自分にも、と思いながら読んだ。 だからなのか臨場感は以前読んだときよりは増した気がする。

 

 

それにしても全巻通して読んでみると改めて感じたのだが、日本人って、 ほんと~に責任感が強い!

 

これは何もトッキューについてだけ言ってるわけじゃない。

 

今回読んでて救助される側について強く感じたのだ。

 

たとえば遊覧船の船長。 遭難した時、お客さんの命だけじゃなくて、船を沈めないよう最大限の努力をする。たとえ自分の命を危険にさらしても。

 

「タンカーとかならともかく、 たかが遊覧船じゃ……」 などと思ってしまうが、船長にとっては最大の侮辱になってしまうのだろうなあ。

 

全編、こんな感じで、海で働く人たちの矜持を見せつけられることになった。

 

ぬるま揚にどっぷり浸かってるリーマンは思わず我が身を振り返ってしまう。

 

 

そして、もちろん助ける側の過酷さにも頭が下がる。

 

どれだけやる気があって知識が豊富でも、生死のかかる 現場で働けない人間はハジかれるし、名誉の負傷で身体を故障した者も退場させられる。

 

どうしても現場での活動にリスクが生じてしまい救急救命士として後方支援の道を選ぶ者もいる。

 

その一方、暗所恐怖症でトッキュー勤務を危ぶまれたが克服して勤務を続ける者もいる。

 

みな様々だ。

 

生死のかかる現場では生半可な同情は通用しない。

 

 

こうした修羅場のなかで、主人公は、視力の良さ(要救助者をすぐに発見できる)、と水中でも良く見える目(水中での光の屈折率がどうとか)、何より並外れた勇気を武器に活躍していく。

 

しかし、この勇気、前回読んだときは血沸き肉躍ったものだが、今回読んでみたら「無謀だ!」と 叫ばざるを得なかった。

 

正直、こんな奴の先輩やら上司やらにはとてもじゃないがなりたくねー、 と。

 

自分も組織の中であくせく働いてるうちに「変質」してしまったんだろうか?

 

 

実際、主人公はラスト近くになって、 さすがに自分の蛮勇について悟り、いったんトッキューを離れて教官の道を選ぶ。

 

その上で、この先どうやってレスキューにかかわっていくのか。主人公が選 んだ選択は……。

 

気になる人はぜひ読んで欲しい。

 

スポーツや武術ではないので、どんなに無茶しても勝てば大団円って訳にはいかないのだ。

 

 

最後にヒロインのユリちゃん。

 

いくら主人公がレスキュー馬鹿で女の子の気持ちが分からないと言っても、これだけ報われないヒロインは少年漫画でも珍しいんじゃなかろうか。

 

物語後半ではすっかりお笑い要員となってしまったような……。

 

漫画作者は男名、ヒゲ男自画像なのだが実は女性なんだそうで(別に隠してるわけでも無さそう)、それも影響しているのか?  ちょっと容赦ない感じ(笑)。

 

 

ちなみに、原作者と漫画家はかなり綿密な取材を行っていて、毎巻、 生トッキューのレポートも挿入してくれていたのだが、こちらも大変面白かった。

 

トッキュー隊員からサイン&イラストをリクエストされて、猫耳のヒロインを描いたエピソードは微笑ましかった。

 

現場を離れると普通のオ○ク、いや若者なのだなあ。

 

 

原作者の海ものはまだあるし、めぐみの大吾○十年ぶりの復活も話題。いまレスキュー漫画は熱い――。

海猿 完全版 1

海猿 完全版 1

 
我が名は海師(1)

我が名は海師(1)

 

 

 

 

 

【プロフィール】

 

夢とか夢中になれることは特に無いので、嫌いなこと、やりたくないことを回避するライフスタイルと、がんばらないためのライフハック がテーマ。

空いた時間はKindle読み上げで本を聴き(週1~2冊)漫画を読んでいく生活(週50冊)。

 

 

・片道1時間の自転車通勤中

・食事は糖質制限中。MEC食&高脂質食。ボトルでプロテインEAA&メガビタミン。

・ホットクック 1.0Lで自炊中

・服は制服化済み

・住まいは断捨離してミニマリスト

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ移行

・マンガと歴史好き 

(特に世界史へ進攻中)

 

 

これから、やりたいこと――。

・英語で読み書き

古武術介護

小笠原流礼法

楽天ポイ活

・積み立て投資

【ストラト】ギターをやってりゃモテモテだったはずなんだ! 魂の叫びのロケンロール!!

 

 

今回は紹介するのはコミックエッセイ。

 

最近の漫画家は婚活や結婚や子育てや家を建てるなど何でもコミ クエッセイに描いてくれるのだが、漫画家とギターの組み合わせはかなり珍しい――。

 

ストラト!(1) (IKKI COMIX)

ストラト!(1) (IKKI COMIX)

 

 

 

漫画家はかなり人生煮つまってる。そしてやり残したことに想いを馳せてギターを手にする。

 

相談した編集長は「ギターをやってりゃモテモテだったはずなんだ!」と即座にバンドが結成され、 担当編集者(後にドラム担当)は「突然、何を思ったか死ぬ気で趣味を!!」 する漫画を連載しましょうと言い出す。ノリの良さはさすがにロケンローラーだ。

 

最初、作者は単にギターが上手く弾ければいいぐらいの気持ちだったけど、あれよあれよと いう間に、おやじバンドものとなってしまった(ただし編集長は「おやじバンド」という言葉が発ぬほど嫌い)。

 

 

自分の場合、楽器とは全く緑がない人生を送ってるので、ギター初心者・挫折者向けに救済合宿があるとか(ごく普通の民宿だそう)、楽器屋で試し弾きさせてもらうことは初心者には敷石が高いこととか、エレキギターの端が左乳首をこするので痛痒いとか、 そんなこと一つひとつが物珍しい。

 

 

ちなみに、バンド演奏で一番大切 なことは、たとえ演奏で間違っても、いちいち顔に出さずにしらんぷりして演奏を続けることのようで、このことは全4巻を通じて何度も出てきた。

 

あと、 MCでは「下手です」とか「初心者です」とか妙な謙遜は禁物。エレキを弾き殴る者は 「俺様」 でなくてはならないのだろう。

 

ストラト!(2) (IKKI COMIX)

ストラト!(2) (IKKI COMIX)

 

 

 

 

ちなみに作者が一番嬉しそうだったのは、自分が作った曲がカラオケで流れたことだったようだけど、タイトル「オタマジャクシベイベ」のバックに流れる映像は、外人がワインでバスローブでベッドインで、て感じだったそうな。シュールだ。この曲、子どもには大ウケらしいのだが……。

 

ストラト!(3) (IKKI COMIX)

ストラト!(3) (IKKI COMIX)

 

 

 

バンド「ストラトダンサーズ」は、人前で演奏するようになり、泉谷しげるに「ひどいね~」と言われたり、CDを出したり、メジャーデビューしたり、アメリカで演奏したりするようになり、最後は唐突に連載が終わる。

 

打ち切り?

 

編集長までバンドに巻きこんでるのに。たぶん大人の事情だろう。

 

確かに、漫画を描きながら活動を続けているので、なかなか時間もとれないし、 ギターもさっぱり上手くならないし、人前で演奏することにも慣れないのだが、 それでも、アメリカ進出してしまうのだから、趣味も続けていると思いがけない境地に辿り着く。

 

ギターブランドで有名な「フェンダー」の「すごいえらい人」に頼まれて、ギターに漫画を描いたりもするのだ。

 

 

楽器はもちろん、特別な趣味も特技も無い人間から見ると十分に青春してるおやじたちだ。うらやましい。バンド、まだ続いてるといいけど――。

 

 

【プロフィール】

 

夢とか夢中になれることは特に無いので、嫌いなこと、やりたくないことを回避するライフスタイルと、がんばらないためのライフハック がテーマ。

空いた時間はKindle読み上げで本を聴き(週1~2冊)漫画を読んでいく生活(週50冊)。

 

 

・片道1時間の自転車通勤中

・食事は糖質制限中。MEC食&高脂質食。ボトルでプロテインEAA&メガビタミン。

・ホットクック 1.0Lで自炊中

・服は制服化済み

・住まいは断捨離してミニマリスト

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ移行

・マンガと歴史好き 

(特に世界史へ進攻中)

 

 

これから、やりたいこと――。

・英語で読み書き

古武術介護

小笠原流礼法

楽天ポイ活

・積み立て投資

【タイ居座り日記】何があってもマイペンライ! 微笑みと寛容と屋台の国!!

 

今回はタイ暮らしの4コマ漫画――。

 

タイ居座り日記

タイ居座り日記

  • 作者:猫島 礼
  • 発売日: 2008/05/15
  • メディア: コミック
 

 

作者は病気がちの漫画家。 なぜかトライアスロンを始めた。それなのに寒がり。なので(?)、タイに移住を決意する……。

 

 

タイは親日的だし、バックパッカーが最初に訪れる国だし、 リタイヤ後の候補地としても名高い。

 

その割にタイ漫画は初めてだ。むしろそのことに驚いた。

 

 

記憶をたどると、「クッキングパパ」 でタイ風ラーメンを食べるエピソードがあったかなとか、 島耕作シリーズでもタイが舞台になってたよなと

か、それぐらい。

クッキングパパ(122) (モーニング KC)

クッキングパパ(122) (モーニング KC)

 
課長 島耕作(16) (モーニングコミックス)
 

 

タイはあまりにもメジャーになりすぎたのかもしれない――。

 

 

さて、そんなタイ暮らし、やっぱり目を引くのは「屋台」 だ。

 

タイは屋台が充実しているので自炊する人が少ないという話は以前から開いていた。

 

もちろんテイクアウトもOKで、汁物でさえ、ビニール袋に入れて輪ゴムで縛って渡してくれるらしい。

 

この汁物ビニール袋 in, はじめて経験したのは韓国料理屋でだったけど、初回こそ驚いたもののビニール袋も意外に頑丈で破れたりすることもなかった。

 

日本人の清潔志向には合わないかもしれないが、けっこう合理的かも。

 

食品ロスに なるし――。

 

 

屋台は、雨が降って客が濡れネズミになっても、そのままおかまいなしに営業が続けられるのは、さすがに 「マイぺンライ(大丈夫!)」のお国柄。

 

 

うっかりガスボンベの上に置いてあるガスコンロのさらにまた上に鍋が煮えたぎって乗っかったまま置き去りにされることがよくあっても、 それはご愛嬌なのだ。 マイぺンライ!

 

 

もちろん良いことばかりではなくて、とにかく虫の襲来は避けて通れないようだし、病院も私立は金がかかるけどスムーズ、 公立は安いけどとても待たされる、とくっきり。歯医者はすぐに抜きたがるようだ(笑)。

 

 

ちょっと感心したのはウォッシュレット。

 

もっとも日本のような精密なものでもなく、掃除が大変なものでもない。

 

ミニシャワーが付いていて豪快にお尻を洗うのだ。これってユニットバスでも出来そうだなあ。原始的だがシンプルで使いやすいかも。掃除も楽そうだし。

 

 

この漫画は2008年刊行なので、いま現在のタイとはちょっと違っているかもしれない。

 

日本人がイメージする、かなりユルいタイなのだが、最近のニュースだと、国王と国民の仲がしっくりいってなくて、しょっちゅうデモが起きたりしてる。

 

タイもグローバル化の波にあらがえず、 のんびりした国ではなくなってるの かもしれない。

 

 

作者がまだタイに住んでたら続編を期待したい――。

 

 

【プロフィール】

 

夢とか夢中になれることは特に無いので、嫌いなこと、やりたくないことを回避するライフスタイルと、がんばらないためのライフハック がテーマ。

空いた時間はKindle読み上げで本を聴き(週1~2冊)漫画を読んでいく生活(週50冊)。

 

 

・片道1時間の自転車通勤中

・食事は糖質制限中。MEC食&高脂質食。ボトルでプロテインEAA&メガビタミン。

・ホットクック 1.0Lで自炊中

・服は制服化済み

・住まいは断捨離してミニマリスト

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ移行

・マンガと歴史好き 

(特に世界史へ進攻中)

 

 

これから、やりたいこと――。

・英語で読み書き

古武術介護

小笠原流礼法

楽天ポイ活

・積み立て投資

【飯盛り侍】戦国大名だろうと足軽だろうと、 人は飯の前では皆平等!

 

 

戦国時代、兜の代わりに鉄鍋をかぶり、戦場で生きる糧(かて)となる「飯」を作る男がいた――。

 

 

 

今度のグルメ漫画は歴史ものだ。

 

主人公、 弥八は「飯が人を作る!」が信念の足軽。戦闘はからきしだが、美味い飯を作るこ とによって戦国大名たちに一目置かれていく。

 

 

この戦国大名たちがちょいマニアックな選択で歴史好きにはウケる。

 

龍造寺隆信立花道雪、村上海賊、山中鹿之助毛利輝元吉川元春などなど、 西日本のシブい大名たちばかり。 名前は開いたことあるけど、 実際はよく知らない タイプ。

 

どうしても信長一秀吉一家康ラインのセントラルな大名ばかりが注目されがちなので、登場する地味大名たちのプロフィールを知るのも楽しかった。

 

 

弥八がこれら大名の知己を得ていくのも、飯を食わないと死ぬし、美味い飯を食わないと元気が出ないからで、 この点、足軽だろうと大名だろうと変わらない。

 

弥八の「人は飯の前では平等」という言葉はもはや信念ではなく真理になっているのだ。

 

 

弥八がどうやって料理についての知識や腕を手に入れたのか、作品では明らかにはされていないけれど、後世のグルメネタになってるエピソードがぼつぼつと登場する。

 

 

たとえば、すき焼き。 農器具のスキを使って肉を焼くシーンが出てくる(だからすき焼き?)。

 

 

また、 白米を食べてばかりいると脚気(かっけ)になりやすく、玄米を食べると治る、などなど。

 

戦国時代に白米?  と疑問に思わないでもないけど、 それは野暮というものか――。

 

脚気ネタは日露戦争グルメ漫画にも使われてたなあ。やはり日本は米の国だ。

 

 

 

もっとも印象的だったエピソード――。

 

猿掛城で絶望的な籠城戦をするときに、弥八は何とか食材を手に入れて城兵を鼓舞させる飯を作るのだが、もともとこの城は毛利元就が細かく手を入れて栗や桃など実のなる樹を多く植えてあったり、人工の小川や池が配置されて魚や水水菜がとれるように配慮されていた、と言うもの。

 

こんなエピソードが歴史オタクの気持ちをくすぐる――。

 

 

最終巻で、弥八一行は本願寺の籠城戦に加わるのだが、この本願寺編の描写が素晴らしかっ た。

 

門徒宗が集まって自発的な寺内町が出来上がっており、 人は身分の別なくつきあい、打倒信長で一丸となっていた。

 

見開き2ページに本願寺の町割りを描いたシーンはまるで絵図面のよう。作者(アシさん?)渾身のページではなかったか。

 

川や堀に囲まれた本願寺を見ていると、法主顕如に関する本を読んでみたくなっ てしまった。よく信長は攻略できたもんだ。

 

 

残念ながら、この漫画、 第6巻で唐突に「第一部完」となる。

 

打ち切り?

 

 

 

確かに同じ戦国グルメもの「信長のシェフ」などと比べたら地味だったかもしれないけど、もっと続いて欲しかった。

 

やはり戦国大名のチョイスがマニアック過ぎたのか……。

信長のシェフ 1巻 (芳文社コミックス)

信長のシェフ 1巻 (芳文社コミックス)

 

 

 

 

【プロフィール】

 

夢とか夢中になれることは特に無いので、嫌いなこと、やりたくないことを回避するライフスタイルと、がんばらないためのライフハック がテーマ。

空いた時間はKindle読み上げで本を聴き(週1~2冊)漫画を読んでいく生活(週50冊)。

 

 

・片道1時間の自転車通勤中

・食事は糖質制限中。MEC食&高脂質食。ボトルでプロテインEAA&メガビタミン。

・ホットクック 1.0Lで自炊中

・服は制服化済み

・住まいは断捨離してミニマリスト

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ移行

・マンガと歴史好き 

(特に世界史へ進攻中)

 

 

これから、やりたいこと――。

・英語で読み書き

古武術介護

小笠原流礼法

楽天ポイ活

・積み立て投資

 

【JINー仁ー】幕末タイムスリップ医療サスペンス! 漫画史上リアルさNo.1の龍馬も見物!!

 

 

現代の脳外科医が幕末にタイムスリップ!

 

勝海舟坂本龍馬西郷隆盛。歴史好きにはお馴染み

のメンバーとかかわりながら、歴史の渦に巻き込まれていく ――。

JIN―仁― 1 (ジャンプコミックス デラックス)

JIN―仁― 1 (ジャンプコミックス デラックス)

 

 

 

いつの間にか異世界転生ものは巨大なジャンルとなってしまったようで、自分など古いタイプの漫画読みはゲームをやらないせいもあって、 いまいちついて行けないのだが、歴史タイムスリップものだけは歴史好きだけあって何とか話に入っていける。

 

過去へのタイムスリップものは、医療やグルメなど増えているけれど、 次はどんなジャンルのものが出てくるだろうか?

信長のシェフ 1巻 (芳文社コミックス)

信長のシェフ 1巻 (芳文社コミックス)

 

 

 

それにしても、なんで現代で活躍するグルメもの医療ものじゃダメなんだろうか?  みんなそんなに異世界に行きたいのか???

 

 

それはともかく、もともとは歴史好き。面白く読んだ。 歴史ものというのは、ある意味、全編ネタバレ済みなんだけど、本来いるはずのない主人公が、歴史の流れの中でどう動くか、あるいは歴史が変わるのか?  が楽しい。

 

 

あと、現代の最先端医療を幕末に当てはめると何が足りないのかが分かる。現代では当たり前のテクノロジーやスキルが実は長年の試行錯誤の結果つくられた凄い発明だったのだ、 と気づかされる。

 

最もたるものがペニシリン抗生物質だ。仁はタイムスリップ後の幕末で、青かびからペニシリンを量産し、

その使い方を広めようと奮闘するわけだけど、 仁が執刀した神業のようなオぺよりも、このペニシリンの普及のほうが世の中への貢献度ははるかに高い。このことは興味深い。

 

もちろんペニシリンも万能ではなく、他の抗生物質が必要な場面もあって、幕末の設備ではとても精製できないため無力さを噛みしめるシーンもあった。

 

抗生物質って、一般人にとっては、とても地味な存在だけど、今回、全20巻を一気読みしてみて、はじめて重要性がよく理解できた気がする。

 

JIN―仁― 20 (ジャンプコミックス デラックス)

JIN―仁― 20 (ジャンプコミックス デラックス)

 

 

 

乱暴な言い方だけど、人が病気中・手術中に 死ななくなったのは抗生物質のおかげだ、という理解で間違ってないと思う。

 

凄いぞ、抗生物質

 

 

さて、手作りの精密器械をひっさげて、ブラックジャックばりの活躍をする仁、あまりの技術におったまげる周りの者たちを見るのも楽しいのだが、歴史好きだけあって、 どうしても坂本龍馬の方が気になってしまう。

 

作品では、仁の用心棒兼親友のポジション。

 

仁は歴史が変わることにためらいを覚えながらも、龍 馬の暗殺をくい止めるために京都へ向かうのである。

 

この坂本龍馬、人気あるだけあって、大勢の漫画家が描いているけど、「仁」の龍馬がベストワン!  とてもリアルに思えた

 

 

残された写真によく似ているということもあるけど、性格が、司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」に 出てきた龍馬にそっくりなのだ(竜馬と龍馬、混在中)。

竜馬がゆく(一) (文春文庫)

竜馬がゆく(一) (文春文庫)

 

 

 

何より不愛想なところがそっくり!  仁も初めて会ったときには怖い、と感じたようだ。

 

他の漫画家が描いた龍馬はどうも作者の理想が入りすぎていて優しすぎたのだ。

 

無愛想だけど打ち解けてくると無邪気な面を見せたり、 妻のお竜(大酒飲み!  こちらも魅力的!!)には頭が上がらなかったり、実に魅力的な龍馬だった。

 

幕末ファン、龍馬ファン、特に「竜馬がゆく」の龍馬ファンにはぜひ読んでもらいたい。

 

 

最後に、作者の次回作も、医療もの&歴史もののようだ。

 

 

現在、 3巻まで出ている。完結したら一気読みしたい――。

 

 

 

【プロフィール】

 

夢とか夢中になれることは特に無いので、嫌いなこと、やりたくないことを回避するライフスタイルと、がんばらないためのライフハック がテーマ。

空いた時間はKindle読み上げで本を聴き(週1~2冊)漫画を読んでいく生活(週50冊)。

 

 

・片道1時間の自転車通勤中

・食事は糖質制限中。MEC食&高脂質食。ボトルでプロテインEAA&メガビタミン。

・ホットクック 1.0Lで自炊中

・服は制服化済み

・住まいは断捨離してミニマリスト

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ移行

・マンガと歴史好き 

(特に世界史へ進攻中)

 

 

これから、やりたいこと――。

・英語で読み書き

古武術介護

小笠原流礼法

楽天ポイ活

・積み立て投資