らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【キネさんの1人でキネマ】漫画がおもしろすぎて映画を観なくても気がすんでしまう?!


このごろ映画はさっぱり見なくなってしまったのだが、映画を語る漫画はよく読むようになった。

面白いのだから仕方ない――。

しかし映画ファンというものは、これほどまでに自分の意見を曲げられないものだろうかと思わずにいられない。

そして同じ映画ファン同士で論争せずにはいられないものかと。


論争のネタは、スターウォーズはどの順番から見れば良いのかに始まって、マッドマックスやターミネーターなどシリーズものはどれが一番面白かったか、ジブリ映画を全く見ていないのは許されることなのかどうか、などなど、尽きない。

 

特にスターウォーズについては思い入れが深いようで度々登場する。

どの順番で見るかだけではなくて、どのエピソードが一番面白いか、世代間でも違ってくるらしい。

このネタ、他の漫画でもやっていたなあ。

かなり重要なエポックなのか?

 

「キネさんの1人でキネマ」では、小さな姪っ子に「ジョーズ」を見せて良いか悩むところがあって、主人公がアラサーなのを感じさせておかしかった。


自分はといえば、スターウォーズシリーズだけでなく、マッドマックスやターミネーターも見ていなくて、バックトゥザフューチャーはエピソード1だけしか見ておらず、ジブリ映画も半数以上は未見と言う映画マニアからは殺されそうな人間。

 

それだけにこの漫画は異世界を見るような面白さがあった。

インド映画の「バーフバリ」は見てみたくなったな。

 

今回は7巻まで読破――。

 

最新刊は第9巻――。

 

映画と言うジャンルが消滅しない限り、この漫画は続いていきそう。

お楽しみが途切れる心配はなさそうだ。

この漫画を読むだけで満足してしまって、映画を見なくなってしまうという弊害はあるかもしれないが(笑)。

 


【プロフィール】
サイドFIRE(セミリタイア)目指す寝そべり族。
寝そべりながら年100冊の本を読み(Kindle書籍読み上げで耳活)年2,000冊のマンガを読む。
片道一時間の自転車通勤は10年を突破。
食事は肉・卵・チーズのMEC食、調理はレンチン一択、水出しコーヒーとグリーンズフリー(ノンアルコールビール)を愛好中。。。

 

【雪花の虎】上杉謙信女性説にとどまらない歴史マニア納得の新しい上杉謙信像!


上杉謙信は女性だった?!

意表を突いた仮説で始まるこの漫画も、ついに10巻で完結――。


上杉謙信という人は、自分のような歴史好きから見ても不思議ちゃんで、何のメリットもないのになんで他人のために戦ばっかりしてるんだろう、よく部下がついて行ったよなあ、なんでしょっちゅう引きこもるんだ、いきなり職務を放り出したりしてるし……などなど、よくわからない人だった。

けれども、この漫画を読み、度々作品に登場する作者の口上を聞いていると、なるほど上杉謙信が女性であったら、けっこう辻褄が合うんじゃないかと思えてくるから不思議だ。

女の寺「善光寺」を手厚く保護したのもうなずける。

有名な肖像画だって、ちょい太めのおばちゃんに見えてくる。

 


この漫画は歴史シュミレーションものというだけでなく、意外な歴史ネタも盛りこまれているので、自分のような歴史クラスタを自認している者にとっても十分に満足のいくものだった。

 

例えば、上杉謙信は、越後産「青苧(あおそ)」の取引で、なかなか裕福だった、という指摘。

公共事業を民間に委託したりと経済政策にも取り組んでいた。

金に困っていなかったから、スポーツのように戦をやっていられたわけだ。


有名すぎる川中島の戦いだって、戦国時代史上もっとも死者が多かったことや、例のない遭遇戦であったことが念入りに描写される。

なるほどこれなら伝説の一騎打ちが起こってもおかしくないのかもしれない、と思わせてくれる。

 

作者は時々「ティータイム」を設けて、歴史に全く興味のない人達に向けて解説を試みてくれている。

「脱落者のかたこちらへ」では、こんな感じ。

ようするにですよ

私も全く知らんかったのだが

日本はまだまだ一つの国じゃなく

西と東の二つの国だったってこと

え? マジ?

これって戦国時代ものをずいぶん読んできた自分にとっても新鮮な指摘で、この言葉を聞いて初めて、上杉謙信関東管領にこだわった理由や、謙信が足利将軍や朝廷から頼りにされた理由が分かった気がした。

同時に、旧体制を守ろうとする上杉謙信と、新体制を築こうとする織田信長との違いも鮮明になる。

 

歴史音痴を自称する作者、恐るべし!

これからも歴史ものは描いていきたいと言っていたので次回作が楽しみだ。

「今日ひたすら鎧ね」と先生に言われて、一日中鎧を描き続けるアシスタントさんも、お疲れ様でした。

 

【プロフィール】
サイドFIRE(セミリタイア)目指す寝そべり族。
寝そべりながら年100冊の本を読み(Kindle書籍読み上げで耳活)年2,000冊のマンガを読む。
片道一時間の自転車通勤は10年を突破。
食事は肉・卵・チーズのMEC食、調理はレンチン一択、水出しコーヒーとグリーンズフリー(ノンアルコールビール)を愛好中。。。

 

果報は寝て待て「寝そべり族」。時間を味方にしよう。


ナマケモノ・寝そべり族として人生を送ろうという覚悟? がついたせいか、この頃、ナマケモノや寝そべり族の「強み」は何だろうかと考えることが多くなった。f:id:rakuda95:20220109090532j:image

・コロナ禍に強い。

・ソーシャルディスタンスが得意
(むしろ社交が苦手)

・Stay Home が得意
(むしろアウトドアが苦手)

・節約が得意
(寝そべってることが多いので金をあまり使わない)

ミニマリストに向いている。
(余計なモノを増やしたくないから)

・余計なことをしない。
(面倒くさいことが死ぬほど嫌いだから)

などなど。


最近はそれに加えて、「ゆっくりやること」「時間を味方につけること」も強みなのではないかと思うようになってきた。

 

以前は時間をかけずに効率よく物事を処理していく方が良いと思っていたけれど、最近は少し考え方が変わってきたのだ。

というのも、寝そべりながら一歩引いて世間の人たちを眺めていると、あまりにも性急に成果を求める傾向が年々強くなっていると思うからだ。

 

例えばダイエット――。

毎日体重を計り、中には朝と晩1日に2回体重を計る人もいる。

それで何百グラム増えた減ったと一喜一憂している。


例えば積立投資――。

長期保有がポイントで、ほったらかしできるのがメリットのはずなのだが、これまた毎日上がった下がったと大騒ぎしている。

 

楽しんでいるんだからほっといてくれと言われてしまえばそれまでだけど、全く成果が出ていないというのもどうかと思う。

おまけに成果が出ないと言ってさっさとやめてしまい、また別の何かに手を出す、これをエンドレスに繰り返す……。


その点ナマケモノは、じっくりと待つことができる、時間を味方につけることができる。

「果報は寝て待て」を実行することが出来るのだ。

これは案外世間の人達にはできないことなのだと気付くまで随分と時間がかかった。


そういえば発酵食も性に合っていたなぁ。

今、自家製発酵食品は豆乳ヨーグルトぐらいだけど、一時は、どぶろく作りにまで手を出していたっけ。

いったん仕込んでおけば、後はほったらかしにしている間にうまいものができるというのは、ナマケモノや寝そべり族にはジャストフィットなテクノロジーだった。

 

考えてみると、FIRE(経済的独立、早期リタイア)やセミリタイアに憧れるのって、人間関係の煩わしさから解放されるだけでなく、時間に追われることがなくなるからっていうのがある。

世の中の大抵のことって、いついつまでにやらなければいけないと思うから大変なので、時間をかけてゆっくりと取り組むことができるなら、失敗は大幅に減るし、ストレスもかなりなくなるだろう。

だから一時期「スローライフ」が注目されたわけだ。

最近はすっかり聞かなくなってしまったのが残念だけど、勝間和代さんのように新しいタイプのスローライフもある。


効率よく物事を済ませてしまって、できた余暇の時間を何に使うかで頭を悩ませるなんてバカバカしい。

これからは、「スロー」「ゆっくりやる」「時間をかける」を意識して生活していこうと思う。

 

 

【プロフィール】
サイドFIRE(セミリタイア)目指す寝そべり族。
寝そべりながら年100冊の本を読み(Kindle書籍読み上げで耳活)年2,000冊のマンガを読む。
片道一時間の自転車通勤は10年を突破。
食事は肉・卵・チーズのMEC食、調理はレンチン一択、水出しコーヒーとグリーンズフリー(ノンアルコールビール)を愛好中。。。

【九龍城砦】今は無き「東洋の魔窟」。都市の迷宮とカオスな暮らしをモノクロ写真で――。


今は無くなってしまった「東洋の魔窟」の写真集――。

 

自分の団地好きのルーツはここにあったかと改めて再認識させられた。

こういうのに弱い。

あらゆるものがごちゃごちゃになっていてカオスな迷宮。

こんな無秩序状態の中に紛れて暮らせたら気楽だろうなあ。

 

もっとも、一時期は黒社会の溜まり場になっていて、観光客が襲われた事があったというのも事実らしい。

実際に香港へ行く機会はあったけど、ついに九龍城を訪れる勇気はなかった。


でも、この写真集を見ると、洗濯物が干してあったり、おじいちゃんが豚をさばいていたり、半裸のおばあちゃんがタバコを吸っていたりと生活感があふれている。

ちゃんと人が暮らしていたのだ。


写真だけでなく、巻末に寄せられた、「怪人」荒俣宏氏のルポが面白い。

継ぎ足しで作られた水道管からは絶えず水漏れがして、小さな子供がシャワー代わりに水を浴びていたそうだ。

う~ん。やっぱり訪れてみたかったな。


雰囲気だけでも味わいたい人には次の漫画がオススメだ。

漫画に出てくる九龍城は、ごく普通の人々が暮らす巨大な団地に見える。

最新巻は6巻――。


映画「スワロウテイル」にも九龍城をモデルにしたシーンが出てくる。


荒俣宏氏のエッセイで知ったけれど、ゲーム「クーロンズ・ゲート」は実際にあった九龍城をバーチャルで体験できるレベルだそうだ。

先ほどの「九龍ジェネリックロマンス」の作者も、このゲームで九龍城を知ったとのこと。

ゲームは全くやらない人間だけど、これだけはやってみたくなった。


九龍城の雰囲気をまとった建築物には、同じく香港にある重慶大厦(チョンキンマンション)がある。

こちらも一度は訪れてみたい。

もっとも、香港のクリーン作戦とやらで、観光客は行きやすくなったけれど、独特の雰囲気は失われてしまったようだが……。


都市の迷宮、集合建築物は心惹かれるテーマ。

これからも追いかけていきそうな予感がする。

 


【プロフィール】
サイドFIRE(セミリタイア)目指す寝そべり族。
寝そべりながら年100冊の本を読み(Kindle書籍読み上げで耳活)年2,000冊のマンガを読む。
片道一時間の自転車通勤は10年を突破。
食事は肉・卵・チーズのMEC食、調理はレンチン一択、水出しコーヒーとグリーンズフリー(ノンアルコールビール)を愛好中。。。

 

 

【ライフスタイル】節約や断捨離より生活の最適化!


節約とかミニマリストなどは、どうも誤解されやすいようで、たまに「ストイックだね」「仙人みたい」などと言われて、思わず「へっ?」てなる。

確かに、できることならあまり金を使わないようにしているし、たいして必要じゃないモノは減らすようにと意識してはいる。

 

でも「がんばっている」という感じには程遠い。

ちょこちょこと修正を加え続けてきたら、いつのまにかこうなってしまったというぐらいだ。

確かに、一年間の支出は日本人の平均的な支出よりは少ないだろうし、あまりモノのないがらんとした部屋に住んではいる。

f:id:rakuda95:20220108092221j:image

けれども、もっと少ない収入で暮らしている人はザラだし(食費と冷暖房費はケチらない)、さらにモノの少ない部屋で暮らしている人もいる(寝そべり族なのでベッドは処分しない)。

上を見ても下を見てもキリがない。

まあ、本人は「こんなもんだろ」と思ってる。

生活を最適化してきたらいつのまにかこうなったという感じだ。


それなのにストイックに見えてしまうというのは、どうも節約やモノを減らすという行為が、がんばらないとできないと思われているフシがあるからだろう。

実際、twitter のタイムランでも、がんばって節約したとか、こんなに努力してモノを減らしたと言うツイートが流れてきて、それに対して称賛の声が寄せられていたりする。

正直、そんなに無理してがんばらなくてもいいんじゃないか、ヘタにがんばると後々辛くなったりはしないか、と余計な心配をしてしまう。

 

実際、ほんのちょっとずつでも支出やモノを減らしていくと、1年もすればだいぶ減ったことが実感できる。

ずっと前から、私は「0. 2% の改善」と言っていますが、1 日に0. 2% ずつ改善できれば、1 年後には劇的に変化します。スタートの値が100 だとしたら、1 日0. 2% 改善されたら100 × 1. 002 =100. 2 になって、その翌日は100. 2 の0. 2% 増しだから100. 2 × 1. 002 =100. 4004 に。わずかな変化のようですが、乗数で増えていくので、1 年365 日続けると100 に1. 002 の365 乗をかけることになるので、およそ207。改善量は約2 倍になるのです。


「なんか面倒くさいからもう要らんわ」ぐらいで減らしていくぐらいが、ちょうど良い。

できるだけ無理をせずがんばりもせず、生活を最適化していくことによって、いつのまにか節約できていたり、断捨離できていたりする。

2022年はこんな感じでやっていこう。

 

 

【プロフィール】
サイドFIRE(セミリタイア)目指す寝そべり族。
寝そべりながら年100冊の本を読み(Kindle書籍読み上げで耳活)年2,000冊のマンガを読む。
片道一時間の自転車通勤は10年を突破。
食事は肉・卵・チーズのMEC食、調理はレンチン一択、水出しコーヒーとグリーンズフリー(ノンアルコールビール)を愛好中。。。

【読み解き! 方言キャラ】方言萌えの人にも、方言コスプレの人にも!


この本は「方言萌え」のために書かれた「方言キャラ」や「方言コスプレ」の本だ。


昔からなぜか「方言」に弱かった。

似たような人は多そうだ。

だからエンタメでも方言女子が多い。

 

方言好きは地理が好きだったことが原因かもしれない。

 


しかし、「読み解き!  方言キャラ」を読むまで、方言キャラがこれほど大河ドラマや朝ドラの影響が強いとは知らなかった。

同書巻末付録の「方言コンテンツ・方言キャラ年表」は作者渾身の力作だ。

確かに、大河ドラマも朝ドラも見ない派だけど「あまちゃん」なんかはしっかり記憶に残っている。


「読み解き!  方言キャラ」を読むと、日常生活で使われているリアル方言と、エンタメ世界で使われている方言コスプレとは違う、てことがよくわかる。

確かに大阪弁を聞くとお笑いの要素を感じるし、土佐の言葉で語りかけられると日本の夜明けを感じてしまう。

「読み解き!  方言キャラ」でも取り上げられていたけど、尾張言葉・名古屋弁を話す織田信長は今ひとつしっくりこない。

だから、尾張弁を話す織田信長が出てくる「下天は夢か」は途中で読むのをやめてしまったりしてた。

 

日常生活でも、「なんでだ」と責めるような言い方をするよりは、「なんでやね~ん」とエセ関西弁でツッコむ方が角は立たない。


それにしても、方言キャラは、龍馬一人勝ちと言って言いほど、土佐弁・高知弁の威力は凄まじい。

坂本龍馬の恩師である勝海舟のべらんめえ言葉も方言だという指摘も面白かった。

これからはネットスラングやオタク言葉が方言代わりになっていくのだろうか?

 

これからも、まだ聞いたことない方言に心をときめかせていきたいものだ。

「方言コンテンツ」をもっと楽しみたい人にはぜひオススメしたい。

 


【プロフィール】
サイドFIRE(セミリタイア)目指す寝そべり族。
寝そべりながら年100冊の本を読み(Kindle書籍読み上げで耳活)年2,000冊のマンガを読む。
片道一時間の自転車通勤は10年を突破。
食事は肉・卵・チーズのMEC食、調理はレンチン一択、水出しコーヒーとグリーンズフリー(ノンアルコールビール)を愛好中。。。

 

【勝間式 金持ちになる読書法】情報強者になるためには?! とりあえず読書量を増やして翻訳書を読もうと決意した


金持ちになるための指南書ではないし、この本を読めば金持ちになるというブックガイドでもない。

情報強者になることによって、結果的に金持ちになるよ、て本だ。

今や ボイシーや YouTube でも活躍している勝間和代さんだけど「情報収集は読書に限る」と言い切ってるところが本読み・漫画読みには嬉しいところ。

 

でも、一年に100冊程度では少なすぎる、少なくとも数百冊は読まないと、て厳しいことも。

去年1年間に読んだ本って100冊を割っていたよな……。


思わずハッとさせられたのは「迷ったときは翻訳書を読め!」のくだり。

そういえば最近翻訳書って全然読んでない。

去年読んだのって「ザリガニの鳴くところ」ぐらいか。

しかし翻訳書を読んだ方が良いというのはよくわかる理屈で、日本で人気のある本と世界的ベストセラーとはマーケットが大きいぶんレベルが違う。

わざわざ手間をかけて日本語に翻訳されるぐらいの価値があることは確かなのだ。

最近読書にマンネリを感じていたのは、日本の本ばかり読んでいたせいかもしれない、楽な方へと逃げてばかりいたからかもしれない。

2022年には翻訳書を読んでみよう、と決意した。


それにしても勝間和代さんは様々なことに気づかせてくれる。

 

次回作にも期待――。

 


【プロフィール】
サイドFIRE(セミリタイア)目指す寝そべり族。
寝そべりながら年100冊の本を読み(Kindle書籍読み上げで耳活)年2,000冊のマンガを読む。
片道一時間の自転車通勤は10年を突破。
食事は肉・卵・チーズのMEC食、調理はレンチン一択、水出しコーヒーとグリーンズフリー(ノンアルコールビール)を愛好中。。。