らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【舞台追っかけ女子】「推し」よりも「推してる」方が燃えている

 


今回読んだコミックエッセイは舞台の追っかけがテーマ――。

 

 

現在、Kindle unlimited 読み放題で読むことができる。

 


自分自身、宅配コミックレンタルサービスで一週間に50冊のペースで漫画を読む漫画オタクだけど、舞台オタクとなると、また随分と様子が違うようで、まるで異人種を見るような気さえする。


これは作品の中でも言われてるように、舞台で演じてるとは言え対象が生身の人間だからだ。

 

2.5次元沼」と言われるわけだ。

 


あの手この手でチケットを取り、日本中どこにでも駆けつけ、会場ではグッズを買い占める。

 

舞台を見て「推し」が出てくれば「神が降臨した」とのたまう。

 

自分の席の近くを通れば失神してしまいそうな勢いだ。

 

中にはお客さんに俳優が「壁ドン」してくれる演出もあるそうな。

 

いったい、どうなってしまうんだろう?

 

 

最近、「推し、燃ゆ」てタイトルの本が芥川賞を取ったけれど、推されるよりも、むしろ推す方がよっぽど燃えている。

 

こっちの方がよっぽど「炎上」してる。

 

推し、燃ゆ

推し、燃ゆ

 

 


驚いたのは、応援うちわの専門店というものが存在することだ。

 

もちろん強者は自作する。

 

どっちにしても想定外。

 

なんだかな。でも幸せそうだ。本当に幸せそう。

 


実際、彼女達は、平日に会社で嫌なことがあっても「推し」のことを思いながら乗り越えていける。


それどころかチケット戦争を勝ち抜くために「徳を積む」のだ。

 

神社を参拝し、道端のゴミを拾い、電車ではお年寄りに席を譲り、迷子の人には道案内を買って出て、レジではお礼を言うのも忘れない。

 

これだけのことをやってもチケット戦争では負け戦になることがほとんどのようだけど、彼女たちは徳を積み続ける。


ここまでくると宗教だ。

 

だから彼女達は、推しは「尊い」と言うけれど、むしろ彼女たちの方がよっぽど「尊い」のではなかろうか。

 

 

ともかくそのパワフルさには圧倒される。


このまま漫然と生きていて良いのだろうか、とさえ思ってしまう(笑)。

 

 

ところで、コミックエッセイだけでなく、こうした追っかけをテーマにしたエンタメ作品もある。

 

ホタルノヒカリ SP(1) (KC KISS)

ホタルノヒカリ SP(1) (KC KISS)

 

 

こちらも面白かった。

 


この作品、ベストセラーだった先行作品のスピンオフ。

 

 

 

なんでまた、わざわざこのテーマを有名作品のスピンオフとして世に出したんだろう、大人の事情?

 

ま、それはともかく、作品に出てくる追っかけ達のエネルギーには圧倒された。


人間、何か追いかけるものがあった方が幸せになれるのかもしれない。

 


【プロフィール】

年2,500冊の漫画を読み、年に100冊の本を電子書籍読み上げ機能で聞き、片道一時間の自転車通勤を続ける日々――。


のんびり暮らすライフスタイルと、がんばらないためのライフハックがテーマ!


・食事は、たんぱく質ファースト。糖質制限中。MEC食継続中。ボトル飲みでプロテイン&メガビタミン
・電子レンジの時短料理で自炊中
・服は制服化&コンフォート命!
・断捨離後、ミニマリスト
・歴史と地理とニュースの社会科好き!


これから、やりたいこと――。
・英語で読み書き
古武術介護
小笠原流礼法
・沈没バックパッカー外こもり?!)

【レンチン】豚肉とレタスの中華風


最近は電子レンジでの時短料理ばかりやっている。

 

平日は本当に簡単な料理しか作らないけど、休みはほんのちょっと手の込んだ料理を作ってる。

 

もともとレンチン料理自体が簡単なので、手の込んだと言ってもたかが知れてるけど――。

 


さて本日作ったのは、豚肉とレタスの中華風。


f:id:rakuda95:20210306151808j:image

 

 

珍しくレタスがひとつ100円を切っていたので、4個まとめて買ってしまったため思いついた料理だ。


たくさんあるので、レタスは2分の1個を景気良く使った。


豚肉は、業務用の冷凍豚肉1キロを買った残りがまだあった。


f:id:rakuda95:20210306151956j:image

 


味付けは、中華だしが大さじの半分、醤油も大さじ半分、酢は大さじ一杯、みりんも大さじ一杯。

 

皿にレタスを敷いて、薄い豚肉をまいて、調味料をかける。

 

ふんわりラップをかけて4分ほど。

 

レタスの水分なのか、豚肉解凍の水なのか、汁っぽくなってしまったけど、それでも美味かった。

 

汁までゴクゴクと飲んだくらい。

 

 

最初にレタスだけ、豚肉だけをチンして出た水を捨ててから一つの皿に混ぜ合わせ、調味料を追加して追いチンすれば良いのかもしれない。

 

面倒くさいけど――。

 


それにしても、レタス半分は結構な量だったけど熱を加えるとずいぶんかさが減るものだ。

 


料理が下手な自分は、フライパンで肉とレタスの炒め物を作ろうとすると、必ず火加減を失敗してしまうので、こんな風に電子レンジで作れるのはありがたい。


油を使わなくて良いのもヘルシーでいいかな。

 


今から手の込んだ料理を覚えても、年をとっていくと必ず作るのがしんどくなっていく。


今のうちに、簡単に作れて、うまくて、安くて、ヘルシーな料理を少しずつストックしていこうと思う。


ホットクックさえ、面倒くさくて使わなくなってしまった自分にとっては、電子レンジが最後の砦だ。

 

 

 

 

 

【プロフィール】

年2,500冊の漫画を読み、年に100冊の本を電子書籍読み上げ機能で聞き、片道一時間の自転車通勤を続ける日々――。


のんびり暮らすライフスタイルと、がんばらないためのライフハックがテーマ!


・食事は、たんぱく質ファースト。糖質制限中。MEC食継続中。ボトル飲みでプロテイン&メガビタミン
・電子レンジの時短料理で自炊中
・服は制服化&コンフォート命!
・断捨離後、ミニマリスト
・歴史と地理とニュースの社会科好き!


これから、やりたいこと――。
・英語で読み書き
古武術介護
小笠原流礼法
・沈没バックパッカー外こもり?!)

 

 

 

【主婦でも大家さん】不動産投資をやりたい人は、この3冊を読んでから!

 


今回読んだのは、不動産投資に関するコミックエッセイだ――。

 

 


主人公は自称売れない漫画家。

 

旦那様はタクシーの運転手。

 

不労所得を夢見て不動産投資に乗り出す。


しかし、その実態は――。

 

 

 

 

読んでいると不動産投資の大変さばかりが目に付いてしまう。

 

何が大変かと言うと、次々と思いがけない金がかかってくることだ。

 

手数料や司法書士に払う金に諸々の保険料、修理代やリフォーム代も必要になる。

 

そして何よりも税金が重くのしかかってくる。

 

 

金だけでなく店子の管理も大変だ。

 

家賃を払わずに逃げるのはまだ良い方で、部屋中の壁といい床といいめちゃくちゃにして行く者や、びっくりするほど水道を使っていった者もいたりする。

 

水道料金は大家が持つことになっていたので、料金の請求は後から来る。結局、大家が負担するはめになったのだ。

 

最強のラスボスは、シングルマザーで弱い立場だということを盾にとって、要求だけはするけれど、家賃は払わないという強者だ。

 

 

 

 

茨の道は、まだまだ続く――。

 

アパートを借りる人がいるかどうか、きちんと管理されるかどうかは、所詮不動産会社や管理会社の手腕によるところが大きい。

 

作者が契約していたところも、人事異動があって能力もなくやる気もない社員が担当になった途端に上手く行かなくなっていく。

 

大企業だったら安心かと言うとそういうこともないようで、むしろ役割が細かく分担されていると誰の責任なのかがはっきりしないし、本社が隣の県にあったりすると、担当支店が島流しのための支店だったりする。

 

 

ほんと、あまりにも痛ましい事件が次々襲いかかってくる。

 

これはあれだ、海外旅行した時の失敗談をネタにして漫画に書いているようなものだ。

 

不動産投資という旅をしている最中に起こったハプニングや失敗談を面白おかしく描いたコミックエッセイなのだ。


だから文句なしに面白い。

 

ただ、このコミックエッセイを読んで不動産投資をやろうと思うのは、よほどの強者か、神経が一本抜けている者ぐらいだろう。


不動産投資を始めてみようかどうしようか迷ってる者がいたら、とりあえずこの3冊を読んでみて、それでもやってみたいかどうか考えてみたら、と言いたい。

 


さて、強者の作者は、不動産投資を続けているかれこれ10年ぐらいの間に世界一周の旅にも出ている。

 

 

旦那様の「あきらめるという選択肢はないんだな」というため息が切ない。

 

 

さらにもう不動産投資には「飽きて」しまったようで、不動産投資から手を引いて、なんとスリランカでゲストハウスを始めたようだ。

 

 

こちらは未読。

 

 

さらに、さらに、宝探し、宝石探しにまで着手したようである。

 


こちらも未読。

 


それにしても、この作者、一体どこまで行くんだろう?

 

読んでいくのが楽しみでもあるけど、ちょっと怖い気もする。

 

そこまで思わせた漫画家はこの方が初めてではなかろうか。

 

ともかく読んでいきたい、見守りたい、と思う。

 


【プロフィール】

年2,500冊の漫画を読み、年に100冊の本を電子書籍読み上げ機能で聞き、片道一時間の自転車通勤を続ける日々――。


のんびり暮らすライフスタイルと、がんばらないためのライフハックがテーマ!


・食事は、たんぱく質ファースト。糖質制限中。MEC食継続中。ボトル飲みでプロテイン&メガビタミン
・電子レンジの時短料理で自炊中
・服は制服化&コンフォート命!
・断捨離後、ミニマリスト
・歴史と地理とニュースの社会科好き!


これから、やりたいこと――。
・英語で読み書き
古武術介護
小笠原流礼法
・沈没バックパッカー外こもり?!)

 

 

 

【北イタリアまったりマンガ家夫婦日記】北イタリアと南イタリアとではこんなに違う?!


今回紹介するコミックエッセイはイタリア在住の日本人女性漫画家が作者。

 

北イタリアのボローニャに住み、イタリア人男性漫画家と暮らしている。

 

 

 

最初に驚くのが、これって本当にイタリアなの? てこと。


日本人が持つイタリア人のイメージ、陽気でうるさくて厚かましいと言うのは、どちらかといえば南イタリアのイメージなのかもしれない。

 

 

この作品に出てくるイタリア人は全くそんなこともなく、落ち着いていて控えめなイメージ。

 

極めつけはパートナーのアンドレアさんで、なんと「人見知りのイタリア人」。

 

ホントにイタリア人なのか?

 

 

心配性で、作者が海外出張へ行こうとすると、ありとあらゆることを心配して「やめたら」と言う、いじらしさだ。

 

実際、アンドレアさんも、このコミックエッセイを読んだときは「僕が可愛すぎない?」とコメントしたらしい。


この夫婦の周りの人達も、なんだか奥ゆかしい人ばかりで、このまま日本人だという設定に直しても全く違和感がない。

 


これがイタリアの北と南との違いなんだろうかと思っていたところ、ヤマザキマリさんのコミックエッセイを思い出した。

 

 


てっきり舞台が南イタリアだと思っていたけれど、これも北イタリア。

 

北と南の違いというよりは、作者のメンタリティの違い、作風の違い、「類友」の違いによるものなんだろうか。

 

人生いろいろ、イタリア人もいろいろだ。

 


南イタリアでも悪名高いナポリを舞台にした作品と言うとこちらがある。

 

 


シリーズが複数に及ぶロング作品をたっぷりと読んできたおかげで、ナポリ人の腰の強さは、大阪のおばちゃん並みだということは頭に叩き込まれている。

 

同じイタリアでも地域によって全くメンタリティが違うということも――。

 

 

さて、「北イタリアまったりマンガ家夫婦日記」に戻ると、作者は日本で漫画家をしていたものの、行き詰ってイタリアへと脱出する。

 

絵本や漫画などブックフェアを定期的に開催しているボローニャに腰を落ち着けた縁で、日本の絵本や漫画をイタリアに紹介したり翻訳したりする仕事をするようになり、やっぱり自分でも漫画を描いてみたくなって今は漫画描きをメインに仕事をしている。

 

現在は夫婦ふたりそろって漫画家の仕事をしているが、パートナーである生粋のイタリア人漫画家アンドレアさんの仕事ぶりはかなり優雅なようで、1日かけてじっくり描き込んでたったの3コマ、て日もあるそうな。


このあたり、イタリアの職人は腕はいいけど締め切りを全く守らないというところに通じている。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチもそうだったらしいよな……。

 


それでも、このお二人の暮らしは、特別派手でもなく、濃ゆい生活でもなく、日々淡々と過ぎていくのだが、特に何があるわけでもないけど何となく上機嫌で楽しそうで好感が持てる。


作者が言うように、良い季候で、美味しいものを食べて、気の合う人がいれば良い、のかもしれない。


消費税が22%に上がった時に、安い椅子とテーブルを買ってきて狭いベランダに置き、周りの風景を見ながら、夫が作ってくれたパスタ料理を食べる(パスタのみ。おかずナシ)。

 

それが映画のワンシーンのように見えてしまうのは、単に漫画に描かれているから、だけではないような気がする。

 


このコミックエッセイは、2012年から2015年までのことが描かれている。

 

現在の暮らしはどうなってるんだろう。

 

新型コロナウイルスの影響は?

 

ぜひ続編を出版してほしい。

 


この作者の漫画は海外の出版社からは作品を出しているようだけど、日本で手に入るのはこのコミックエッセイのみ。

 

ぜひ他の作品も読んでみたい。

 

 


【プロフィール】

年2,500冊の漫画を読み、年に100冊の本を電子書籍読み上げ機能で聞き、片道一時間の自転車通勤を続ける日々――。


のんびり暮らすライフスタイルと、がんばらないためのライフハックがテーマ!


・食事は、たんぱく質ファースト。糖質制限中。MEC食継続中。ボトル飲みでプロテイン&メガビタミン
・電子レンジの時短料理で自炊中
・服は制服化&コンフォート命!
・断捨離後、ミニマリスト
・歴史と地理とニュースの社会科好き!


これから、やりたいこと――。
・英語で読み書き
古武術介護
小笠原流礼法
・沈没バックパッカー外こもり?!)

 

 

 

【軍師 黒田官兵衛伝】雑賀衆🆚豊臣秀吉は進化した「水攻め」の攻防だった!

 

 

歴史ものを読んでるとあるあるなのだが、この後、この人はどうなったんだろう?  などと疑問を持つことがある。

 

もちろん、検索すればすぐに分かるんだけど、それだと味気ない。

 

 

で、しばらくたって、別の物語を読んでいると、思いがけなく「その後」が書かれていたりして、懐かしい人の消息を聞いた気分になる。

 

こういう「出会い」も読書の楽しみだ。

 

 

さて、今回、「その後」が分かったのは雑賀衆だ。

 

 

 

「軍師  黒田官兵衛伝」の「94.水は銃より強し」。

 

「マンガPark」なら無料で読める。

 

戦国時代、豊臣秀吉が鉄砲の傭兵集団「雑賀衆」を「水攻め」で滅ぼすエピソードだ。

 

 

雑賀衆は戦国時代に鉄砲の腕一つで世間を渡る自由人たちだが、織田信長と真っ向からぶつかったことで知られる。

 

なかでも雑賀の孫市は魅力的な人物だったようで、かの司馬遼太郎さんも「愛すべき好色」な男として描いているのだ。

 

新装版 尻啖え孫市(上) (講談社文庫)

新装版 尻啖え孫市(上) (講談社文庫)

 
新装版 尻啖え孫市(下) (講談社文庫)

新装版 尻啖え孫市(下) (講談社文庫)

 

 

ただ、司馬さんは、信長を相手にやり合う孫市、雑賀衆をメインに描いている。

 

だから、信長が本能寺で倒れたあとのことは、雑賀衆は秀吉に滅ぼされたようだ、でも、孫市は生き延びたという説もある、などとあっさり書くだけにとどまっていた。

 

物語で孫市は信長と敵対はするものの、秀吉とは友情らしきものも芽生えていたので、そのあたりはぼかして書いたのであろう。

 

 

それはそれで良いのだが、信長死後、雑賀衆はさっぱり表舞台に出て来ないな、どうなったのかな?  などと気になってはいたのだ。

 

 

やっぱり秀吉に滅ぼされていたか~。しかも、「水攻め」だとは。

 

水攻めは備中高松城だけじゃなかったのな。

 

 

しかも、水攻めは進化していた(少なくともこの漫画では)。

 

秀吉軍は、水が満ちて城壁が低くなったところを船で進み鉄砲を撃つ。

 

鉄砲集団の雑賀衆に鉄砲で攻めるとは豪気だよな。

 

 

もちろん雑賀衆も負けてない。

 

水に潜って船底に穴をあけたり、夜に紛れて堤防を打ち壊したり。

 

二十日間に渡って攻防を繰り広げるのだ。

 

 

この水攻め、城の中が泥だらけになったら戦意も落ちるよな~。

 

最近は台風の被害で家の中に水が入ってしまったニュースもけっこう見るようになっている。

 

泥にまみれた部屋を完全に掃除するのは不可能だし、感染症にもかかりやすいと言うことが一般市民にも分かってきた。

 

昔の戦国時代だったらなおさらだろう。

 

血を流さずにすむどころか、恐ろしい攻めだ、水攻め。

 

 

ちなみに、後年、同じ水攻めを真似して大失敗する石田三成にフラグが立っていた(笑)。

 

このあたりは別作品に詳しい――。

 

のぼうの城 上

のぼうの城 上

 

 

 

「軍師  黒田官兵衛伝」の作者、重野なおきさんは戦国4コマ漫画を複数描いているが、4コマならではの小ネタをていねいに紹介してくれるので、歴史好きにはポイント高い。

 

 

今回の「軍師 黒田官兵衛伝」だけでなく複数連載中だ。

軍師 黒田官兵衛伝 1 (ジェッツコミックス)

軍師 黒田官兵衛伝 1 (ジェッツコミックス)

 
信長の忍び 1 (ジェッツコミックス)

信長の忍び 1 (ジェッツコミックス)

 
真田魂 1 (ジェッツコミックス)

真田魂 1 (ジェッツコミックス)

 
政宗さまと景綱くん (1)

政宗さまと景綱くん (1)

 

 

 

雑賀孫市は「修羅の門 外伝」でも、信長と並び立つ存在として描かれている。

 

 

信長と孫市、それぞれに陸奥の双子が立ち向かう。

 

そして、この双子がきっかけとなって陸奥と不破は分かれていく。

 

因縁の始まりだ。

 

う~ん。「歴史の裏に陸奥あり!」。

 

こちらは堅いこと言わずにフィクションと割り切って楽しむのがGood!

 

 

史実であってもなくても歴史は面白いのだ。

 

 

【プロフィール】

 

年2,500冊の漫画を読み、年に100冊の本を電子書籍読み上げ機能で聞き、片道一時間の自転車通勤を続ける日々――。

 

 

のんびり暮らすライフスタイルと、がんばらないためのライフハックがテーマ!

 

 

・食事は、たんぱく質ファースト。糖質制限中。MEC食継続中。ボトル飲みでプロテイン&メガビタミン

・電子レンジの時短料理で自炊中

・服は制服化&コンフォート命!

・断捨離後、ミニマリスト

・歴史と地理とニュースの社会科好き!

 

 

これから、やりたいこと――。

・英語で読み書き

古武術介護

小笠原流礼法

・沈没バックパッカー外こもり?!)

 

 

 

 

【早乙女選手、ひたかくす】腹筋割れてる恋愛だけド下手女子とヘタレ男子のほのぼの格差恋愛!


今回読んだ漫画は格差恋愛もの?!

 

 

 

女子ボクシングの天才で勉強もできるクールビューティ早乙女八重は、なぜか、同じボクシング部のヘタレ男子サトルに恋をする。

 

しかし早乙女選手は、子供も泣きだす仏頂面の上、恐ろしく不器用な性格だった――。


一方、サトルはボクシングこそ下手だけれど、どうやらトレーナーとしての才能はあるようで、料理も上手く、ダイエットに配慮した弁当を早乙女選手作ってあげることもできる。

 

 

 

二人はボクシング部顧問(女性)公認で隠れて付き合うことになる。


身長は八重の方が頭一つ高いという凸凹コンビ。

 

初デートは駅前のスポーツ用品店、「手をつないだことあるの?」と聞かれ、二人そろってドヤ顔になるという「筋肉バカップル」だ。

 

 

 

普通この手の話だと、格下の男子の方がうじうじと悩んだりするものだけど、サトル君は別にコンプレックスを持つこともなくナチュラルに八重さんをサポートしてるのが「今どきの子ォ」だ。

 

 

 

早乙女選手の方でも、輝かしい経歴と無愛想すぎる態度で特進クラス(勉強できる)では浮いているわけだが、実はハジけたいと思ってるクラスメイト達と交流するエピソードがあったりする。

 

文化祭で恥ずかしがるクラスメイトと一緒にコスプレ喫茶をやるシールは青春真っ盛りだ

 

 

 

 

不器用すぎる二人だけど一応ラブコメなんで、水着回とか温泉キャッキャッ回もあるし、サトル君が早乙女選手の割れた腹筋に思わず欲情してしまうシーンもあったりする。


小学生同士の恋愛を見てるような不思議なラブコメではあるけど、読んでて微笑ましくなることは100%間違いない。

 

今回読んだのは5巻までだったけれど、検索してみたら最新巻は10巻になってた。

 

しかも、これが最終巻。

 

当分は楽しめるけど、終わってしまったのは残念だな~。

 

読む前からこんな気分になる漫画は珍しい。

 

最終巻の表紙の二人の笑顔も、とてもいい。

 

読むのが楽しみなような、読み終わってしまうのが寂しいような……。

 

 

 


【プロフィール】

年2,500冊の漫画を読み、年に100冊の本を「聞き」、10年以上の自転車通勤を続ける日々――。


のんびり暮らすライフスタイルと、がんばらないためのライフハックがテーマ?!


宅配レンタルコミック&図書館で借りた漫画を読み、電子書籍読み上げ機能を使って本を聞き、片道1時間の自転車通勤を継続中。

・食事は、たんぱく質ファースト。糖質制限中。MEC食継続中。ボトルでプロテインEAA&メガビタミン。
・調理は電子レンジがメイン。
・服は制服化済み。コンフォート命!
・住まいは断捨離してミニマリストへ(団地へ引っ越す?!)
・歴史と地理とニュースの社会科好き!


これから、やりたいこと――。
・英語で読み書き
古武術介護
小笠原流礼法
・沈没バックパッカー外こもり?!)

 

 

【角栄に花束を】昭和時代の宰相の意外な生涯をエンタメで!


昭和時代、学歴もなくコネもない無名の人間から総理大臣まで成り上がった田中角栄

 

今回読んだ漫画は田中角栄の生涯を描いたもの。

 

と言っても、伝記漫画でも学習漫画でもなく、ちゃんと(?)エンタメ系の漫画だ。

 

 


田中角栄という名前はもちろん、何をした人か、何をしてしまった人か、それなりに知っていたつもりだったけど、どのような生涯を送ってきたかについては全く知らなかった。

 

若い頃しょっちゅう喧嘩をして職を転々としていたことは聞いたことがあったけど、その後、自分で建築会社を設立して、人から使われる側ではなく、人を使う側に回ったというエピソードには、ちょっと感心。


昭和時代、すでに起業家精神を持ち合わせていたわけだ。

 

 

そして、「角さん」は当時日本の最高研究機関だった理化学研究所の大河内所長とタッグを組んで成り上がっていく。

 

この大河内所長「栄光なき天才たち」に出ていた人じゃないか。

 

こんな所で繋がっていたのか~。

 

栄光なき天才たち 4 (集英社文庫(コミック版))

栄光なき天才たち 4 (集英社文庫(コミック版))

  • 作者:森田 信吾
  • 発売日: 1997/07/18
  • メディア: 文庫
 

 

 

その後、角さんは戦争中に兵隊にとられ、建築会社でつちかった資材管理の仕事を通じて一目置かれる存在になっていく。

 

このあたりの過程は「タイプライターギャング」と呼ばれたあの漫画の主人公と重なる。

 

 

戦争では花形部署である戦闘部隊ではなく、裏方の兵站部隊で名をあげていくわけだ。

 


最後に意外なエピソードを一つ。

 

田中角栄と言えば演説の上手い人だと思っていたけれど、子供の頃は吃音だったというのだ。

 

どうやって克服したか?

 

学芸会の舞台で武蔵坊弁慶を演じたとき、セリフに独自に節とリズムを入れて歌うように言葉を話したのだ。

 

それ以来リズムをつけて話すようになり、リズムを学ぶため春日流の小唄を習ったりしてトークに磨きをかけ、やがて演説の達人と呼ばれるようになったと言う。


吃音克服だけでなく英会話を学ぶときにも参考になりそうな話だ。

 

 


今回読めたのは2巻までだけど、最新刊は既に第3巻。

 

 

お楽しみはまだまだ続く。

 


おそらく物語終盤になるロッキード事件はどう描かれるだろうか?

 

田中角栄をモデルにした成り上がり漫画は御大「本宮ひろ志」さんも描いているが、その漫画では取り上げられていなかった。

 

大いなる完 第1巻

大いなる完 第1巻

 

 

そこまで踏みこむかな?

 

 

【プロフィール】

年2,500冊の漫画を読み、年に100冊の本を「聞き」、10年以上の自転車通勤を続ける日々――。


のんびり暮らすライフスタイルと、がんばらないためのライフハックがテーマ?!


宅配レンタルコミック&図書館で借りた漫画を読み、電子書籍読み上げ機能を使って本を聞き、片道1時間の自転車通勤を継続中。

・食事は、たんぱく質ファースト。糖質制限中。MEC食継続中。ボトルでプロテインEAA&メガビタミン。
・調理は電子レンジがメイン。
・服は制服化済み。コンフォート命!
・住まいは断捨離してミニマリストへ(団地へ引っ越す?!)
・歴史と地理とニュースの社会科好き!


これから、やりたいこと――。
・英語で読み書き
古武術介護
小笠原流礼法
・沈没バックパッカー外こもり?!)