らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【ピノ/村上たかし】シンギュラリティ AI は「死」を受け入れて「永遠」を失い「心」を持つことができた

 

ロボット漫画が

AI 漫画に進化してから

漫画のレベルも

アップデートした?!

 

ロボットやアンドロイドが心を持つか

というテーマについては、

それこそ鉄腕アトムの時代から

ずっとあった。

 

単なる漫画の絵空事

AI の登場によって

ずっと身近になってきた。

 

 

物語にも登場していたけど、

毎日毎日

人間ならとてもできないような

単調な作業を

黙々と続けるロボットに対して

泣けてくるような思いを持つ

人間はいる。

 

物覚えの悪い子供や

認知症の老人に対して

何度も何度も冷静に対応できるのも

人間にはできない

ロボットにしかできないことだ。

 

 

それに鉄腕アトムのような

スタンドアローンと違って、

今のロボットは

ネットワークに接続して

ビッグデータを基に

最適化された手段を

講じることができる

シンギュラリティ AI だ。

 

よう知らんけど。

 

このシンギュラリティAI が、

寿命を意識することによって

心を持ってしまうのが

この物語のすごいところ。

 

もののあはれ」を

理解できる日本人には

共感性が高い。

 

そういえば

映画「ブレードランナー」も

安全装置として

レプリカントに4年間の寿命が

与えられたところから

物語がスタートしていたっけ。

 

「死」という寿命があってこそ、

「心」は育つということか。

 

 

お一人様が

ペット代わりに

ロボットを持つってのは

もの寂しく見えそうで

抵抗があったけど

この漫画を読んでからは

ちょっと考えが変わった。

 

スマホの音声入力機能も

便利だしねえ。

 

 

それにしても

村上たかしさんの漫画には

心を揺さぶられる。

 

過去作品を読み返してみたくなった。

 

 

【プロフィール】

 

節約系底辺FIRE

セミリタイア)目指す

ナマケモノ&寝そべり族。

 

寝そべりながら

年100冊の本を読み、

年1,000冊のマンガを読む。

 

片道一時間の自転車通勤は

10年を突破。

 

食事は

肉・卵・チーズのMEC食&

メガビタミン実践中。

 

料理はレンチン&時短料理。

 

親が遺してくれた実家に棲息中。。。

 

 

 

【三国志】横山三国志と8コマ三国志と石森プロ三国志を読み比べて

 

三国志といえば
なんといっても
横山光輝さんの全60巻。

もうこれで

キマリって感じだけど、
なぜか

ファスト三国志を読む機会が

立て続けにあった。

 

まずはこれ。

三国志を一冊でなんて無茶だ

と思ったけれど、
これはこれで

よくまとまっていた。

 

8コマ漫画と

用語集のミックスって感じで
文字もみっちり。

 

文字通り「エキスを濃縮」。

 


次に石森プロのシリーズを

読んでみた。

印象に残ったのは

龐統ダメンズ寄りビジュアルぐらい。

 

正直

タイパが良いというよりも

ぶつ切りの印象。

 

 

そして登場人物がヒゲだらけで

見分けがつきにくかった。


思えば横山三国志

あれだけキャラの数が多いのに

きっちりと描き分けられていた。

 

関羽張飛だって

同じヒゲの大男なのに、
シルエットだけでも区別がつく。

 

どうも被り物が

アクセントになっているようだ。

 

兜、鉄輪、冠、頭巾、帽子などなど。

 

改めて横山光輝さんの偉大さに感服。

 


そして物語というものは

要約すれば

タイパが良くなるわけでもない

と分かった。

 

分量が多くなっても

筋が通っているほうが

理解しやすい。

 

英語は単語で覚えるより

文章や物語で覚えた方が良いってのと
同じかもしれない。

 


ともあれ
違う角度から物語を読めたのは
良かった。

 

三国志関係は

ちょこちょこ読んで行きたい。

 

吉川英治三国志も未読。

著作権切れてるからなのか、

無料か格安で読める。

 

音声読み上げ機能で聴き読しようか。

 


個人的には

こちらのコミュ障気味な孔明の方が好き。

 

 

パリピ孔明はなぁ……。

 

 

何度か書いているけど、
個人的に三国志では

サバイバー司馬懿仲達が

イチ推しなので
誰か仲達を主人公にした

漫画を描いてくれないものだろうか。

 

とか言っていたら、

もうすでに実在していて、

しかも完結していた。

 

こちらも読んでみるつもり。

 


【プロフィール】

節約系底辺FIRE
セミリタイア)目指す
ナマケモノ&寝そべり族。

寝そべりながら
年100冊の本を読み、
年1,000冊のマンガを読む。

片道一時間の自転車通勤は
10年を突破。

食事は
肉・卵・チーズのMEC食&
メガビタミン実践中。

料理はレンチン&時短料理。

親が遺してくれた実家に棲息中。。。

【暖房】キャンプでのランタンのように、おうちで縦型電気ストーブを持ち歩いている

 

寒波襲来中、

縦型電気ストーブが大活躍してる。f:id:rakuda95:20230128103603j:image

築50年の家なので気密性ゼロ。

 

朝は冷え冷え。

 

ソロキャンしてるのと変わらん。

 

屋根があるだけグランピング?!

 

 

そんなわけで縦型の電気ストーブだ。

 

速暖性高くて助かってる。

 

持ち運びもしやすいところもマル。

 

 

延長コードを一本つないで、

キャンプで夜に

ランタンを持ち歩くように

一階部分で持ち歩きながら

朝の準備をしている。

 

台所ではエアコンが効くまで、

その他トイレ、

洗面所、

部屋干し用和室、

夜は浴室を温めてシャワーと

引っ張りだこだ。

 

導線が短い狭い家だからこそ出来る技。

 

おかげで

ヒートショックは大丈夫そう。

 

 

困っていることといえば、

ずっと使ってると

コードがねじれてしまうこと。

 

ネジれないタイプの

延長コードを買うか、

充電式の縦型電気ストーブを探すか。

 

普通の電気屋より

アウトドアショップのほうが

見つかりやすいかな……。

 

 

【プロフィール】

節約系底辺FIRE

セミリタイア)目指す

ナマケモノ&寝そべり族。

 

寝そべりながら

年100冊の本を読み、

年1,000冊のマンガを読む。

 

片道一時間の自転車通勤は

10年を突破。

 

食事は

肉・卵・チーズのMEC食&

メガビタミン実践中。

 

料理はレンチン&時短料理。

 

親が遺してくれた実家に棲息中。。。

【オラ! スペイン旅ごはん】「うまいメシ」「うまい店」より「うまい街」のスペイン! 越冬移住も大人気!!

 

物価は安いし

立ち呑みバルで

ピンチョスつまめる

美食の街スペインは

意外とリーズナブル?!

 

海外旅行や

海外滞在に

海外グルメ。

 

これらのコミックエッセイは

たくさん読んできた。

 

台湾の屋台メシを始め

美味そうなものはたくさんあった。

 

けれども、
「街全体が美味そう」

と感じたのはスペインが初めて。

 

ラーメン発見伝」でも

「美味いラーメン」作るのはアマチュア

「美味い店」作れるのがプロ、

てセリフあったけど、

スペインは「美味い街」なので

さらに上をいく。

 

 

美食の街バスク
敷居が高そうだけど、
立ち呑みバルで
ピンチョスつまむぐらいなら
自分でもいけそう。

 

ピンチョスって、
一口で小宇宙を味わえるから
日本の寿司に似てるかも。

 

て、これは元ネタがあった……。

 


ガリシアなど

海産物の盛んな街もあるので
日本人にも馴染みやすいかも。

 

そういえば、
ヨーロッパでは珍しく、
スペインではタコを食べるのだった。

 

「オラ!〜」には
ガリシアの魚介は

    富山よりさらに上です」と
豪語するスペイン人が

登場していたっけ。

 

 

バレンシア

パエリアは米料理だし、
さらに日本人向きかも。

 

 

「オラ!〜」を読んでいたら、
偶然、新聞記事で
スペインが越冬移住先として
ヨーロッパで大人気、とあった。

寒波と

ロシアのウクライナ侵攻の影響で
ヨーロッパでは光熱費が爆上がり。

 

スペインは暖かいし、
以前からエネルギーの脱ロシア化を
進めていたそう。

 


「オラ!〜」一冊で
すっかりスペインのファンに

なってしまった。

 

比較的、物価が安いのもマル。

 

シェスタをはじめ

ユルそうな雰囲気もgood!

 

「オラ!〜」で紹介されていた
スペイン本もちょこちょこ読んで行こう。

 

 

【プロフィール】

節約系底辺FIRE
セミリタイア)目指す
ナマケモノ&寝そべり族。

寝そべりながら
年100冊の本を読み、
年1,000冊のマンガを読む。

片道一時間の自転車通勤は
10年を突破。

食事は
肉・卵・チーズのMEC食&
メガビタミン実践中。

料理はレンチン&時短料理。

親が遺してくれた実家に棲息中。。。

【世界のニュースを日本人は何も知らない 4】ヨーロッパから見たロシアと日本から見たロシアが違うことを日本人は何も知らない

 

ようするにロシアは巨大な灯油屋さん

おなじみのシリーズも第4巻。

 

読んでいると、
日本人が羨ましがってる海外が

さほどではなかったり、
海外から見た日本が、
日本人が思ってる以上に

羨ましがられていたり。

 

島国の中に閉じこもっていると

全く見えてこないもんなんだな……。

 


今回は時節柄、
どうしてもロシアについての

文章に目が行ってしまった。

 

日本から見れば、
ヨーロッパもロシアも
同じ白人カテゴリなんだけど、
ヨーロッパ人からすると
とんでもないって話のようだ。

 

歴史の浅いアメリカでさえ、
ヨーロッパに同調。

 

欧米は

ロシアを一段と低く見てきた

歴史がある。

 

ロシアのウクライナ侵攻も、
欧米コンプレックスの裏返し

と見れば理解しやすい。


不凍港を求めての

南下政策と考えるよりも、
すんなり納得できる。

 

 

そして

長い年月の農奴生活や

社会主義に慣れきってしまい、
エネルギー資源に頼った政策を

続けてきたロシアが

これ以上伸びしろがないことも

理解した。

 

後は早く戦争が終結することを祈ろう。

 

 

今まで

ロシアやウクライナに関する本は

何冊か読んできたけれど、

今回の第4巻を読んで

腑に落ちた気がする。

 

第5巻も楽しみだ。

 

 

谷本さんの本は、

こちらも読んで行くつもり。

 

 

ロシアやウクライナ地政学の本で

おもしろかったのはこちら。

 


【プロフィール】

節約系底辺FIRE
セミリタイア)目指す
ナマケモノ&寝そべり族。

寝そべりながら
年100冊の本を読み、
年1,000冊のマンガを読む。

片道一時間の自転車通勤は
10年を突破。

食事は
肉・卵・チーズのMEC食&
メガビタミン実践中。

料理はレンチン&時短料理。

親が遺してくれた実家に棲息中。。。

【コミンカビヨリ】「古民家ていねいな暮らしラブコメ」がいつまでたっても始まらないw 長生きリスクと孤独死に悩むアラサーの格差恋愛!

「瀬戸内ほっこリサバイバル」
という サブタイトルが
お気に入りです。
高須賀由枝

 

「ほっこり」と「サバイバル」との
マリアージュが凄すぎるw

絵で見る限りだと
ゆるふわアラサーなヒロイン、
イラストレーターの萌。

 

田舎で丁寧な暮らしをする物語?

 

イケメン年下セレブで
古民家オタクな建築士との
ブコメ

 

ところが物語は斜め上を行く

なにしろこのヒロイン、
長寿の家系に生まれたので
長生きリスクを
なにより心配してる。

 

家は確保したけど、
今度は孤独死が心配になって?
つきあい始める。


ところが、
彼氏がマカロンをお土産に
持ってきてくれても、
一個600円の値段に
イラっとしてしまう。

 

ときめきよりも、
カロン王子との格差に
いちいちムカついてしまうのだ。

 

保険の見直しについて悩む
ヒロインってのも初めて見たな。

 

しみじみと
老後2,000万円問題・人生100年時代に
ふさわしいラブストーリーw

 

こんな調子なので
いつまでたっても
ブコメにならないし、
古民家のリフォームも始まらない。

 

この先一体どうなるんだろう?

 

現在2巻まで読んだところ。

 

全10巻なので
当分楽しめそうだ。

 


家や住まいをテーマにした
漫画やコミックエッセイは
大好物なので
これからも読んでいくつもり。

 

 


【プロフィール】

節約系底辺FIRE
セミリタイア)目指す
ナマケモノ&寝そべり族。

寝そべりながら
年100冊の本を読み、
年1,000冊のマンガを読む。

片道一時間の自転車通勤は
10年を突破。

食事は
肉・卵・チーズのMEC食&
メガビタミン実践中。

料理はレンチン&時短料理。

親が遺してくれた実家に棲息中。。。

【ヲタクに恋は難しい】ヲタバレにもリベラルの波が?!

 

腐女子ヒロイン成海、
ついに会社同僚にヲタバレ?!

 

これがクライマックスってのが、
この作品らしくて微笑ましい。

職場の女性が

実はBL同人誌やっている

オタクだとわかったら、
自分はどんな反応するだろう?

 

「へ〜、今時やなぁ」て感じ?

(なぜか関西弁w)

 

「ヲタクに恋は〜」でも
そうだけど、
ヲタC・O(カミングアウト)よりも
彼氏C・Oのほうが
驚かれるのが常。

 

ちなみにヒーロー宏嵩は

ゲームヲタクで
社内ではちょっと
有名な変人さんだけどわりと
女子ウケいいのよ

だそう。

 

確かに
ゲーム好きな男なんて
別に珍しくもないしね。

 

オタク趣味よりも

コミュ障の方が問題。

ヲタより
セクハラや
パワハラ
モラハラの方が
よっぽど厄介だったりするし。


とりあえず大団円?

 

初々大学生カップル、

尚ちゃん(社交家、ゲーム下手)と

こーくん(コミュ障、神ゲーマー)の

その後も気になる……。

 

 


【プロフィール】

節約系底辺FIRE
セミリタイア)目指す
ナマケモノ&寝そべり族。

寝そべりながら
年100冊の本を読み、
年1,000冊のマンガを読む。

片道一時間の自転車通勤は
10年を突破。

食事は
肉・卵・チーズのMEC食&
メガビタミン実践中。

料理はレンチン&時短料理。

親が遺してくれた実家に棲息中。。。