らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

漫画【スケッチー】女子スケートボーダーのかっこよさを予言!

 

女子スケートボーダーの漫画を読んでいたら、オリンピックで金メダル!  のニュースで驚いてしまった。

マンネリ生活を送るアラサーのアコ。

スケートボードに出会ってからは街が、ストリートが違って見えてくる……。

 

 

正直言うと、自分もアコと同じで「スケボーって、オリンピック種目なの?」てレベルだった。

しかし、続々と入ってくるニュースをチラ見してるだけでも、男子ゴールドメダリストはアメリカで超有名人だし、女子金メダリストは史上最年少だわで、なんだか、すごいなスケボー!  いつの間に?  て感じだ。

 

イムリーなことに、4巻ではオリンピック種目としてのスケボーについて物語のなかで解説してくれてもいる。

これを読まなきゃ、種目「パーク」と「ストリート」の違いが分からなかったし、手すりを「ハンドレール」、縁石を「カーブ」、階段を「ステア」と呼ぶことも知らなかった。

 

 

スケボー用語って、なんだか、かっこいいなと思っていると、物語のなかの人も同じことを叫んでいたり、リアルワールドで、「ゴン攻め」や「ビッタビタ」などのパワーワードですっかり有名になったスケボー解説者が話題になったり。

やたらと「旬」だ。スケボー。

 

 

実際、この漫画では一話おわるごとに「今をときめくガールズスケーターをご紹介♪」してるんだけど、メダリストの西矢さんもちゃんと紹介されている。

しかも、オリンピックでも見せてくれた手すり「ハンドレール」をスベる技の写真まで載っている。

得意技だったんだな~。

 

男子金メダリストの堀米さんにいたっては物語のなかでリスペクトされてるし。

 

なによりオリンピック種目のなかでスケボーが目立っていたのは、勝負の世界特有のピリピリした雰囲気があまり感じられなかったからだ。

西矢選手が試合前にライバルと「ラスカル」の話をしていたことも話題になった。

これは、スケートボードがスポーツであると同時にストリートカルチャーだからのようだ。

ライバルを蹴落とすよりも一緒に楽しむのが基本。

スケボー人口、これから増えそうだな~。

「スケッチー」もサッカーの「キャプテン翼」のような存在になるかも。

 

 

「スケッチー」は、スケートボードの世界を紹介するだけではなくて、アラサー女子の生きづらさが描かれていたり、お嬢様女子校のスクールカーストが社会人になってもついて回るエピソードや、イジメにあっていた女の子がスターになって現れるフラグなど、骨太ドラマになりそうな予感もビシバシする。

現実の世界でも、漫画でも、ガールズスケーターから目を離せそうもない。

 

 

●こちらもガールズスケーターの漫画。

主人公がJKだからか「スケッチー」よりもユルくておバカな感じ。

 

 

●「スケッチー」でも取り上げられていたスケボー黎明期の物語。

スケボーは水のないプールから始まったんだな~。

 

 

【プロフィール】

 

年2,500冊の漫画を読み、年に100冊の本を電子書籍読み上げ機能で聞き、片道一時間の自転車通勤を続ける日々――。

 

 

のんびり暮らすライフスタイルと、がんばらないためのライフハックがテーマ!

 

 

・食事は、たんぱく質ファースト。糖質制限中。MEC食継続中。ボトル飲みでプロテイン&メガビタミン

・電子レンジの時短料理で自炊中

・服は制服化&コンフォート命!

・断捨離後、ミニマリスト

・歴史と地理とニュースの社会科好き!

 

 

これから、やりたいこと――。

・英語で読み書き

古武術介護

小笠原流礼法

・沈没バックパッカー外こもり?!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【自転車通勤】久々の電車通勤でわかった。自転車通勤はサウナのように「ととのう」!

 

 

久しぶりに、本当に久しぶりに電車で出勤。

自転車通勤な上にコロナで遠出しなくなっていた間、いつのまにか最寄り駅が新しくなっていてビックリ。

いや、工事してたのは知ってたけど(笑)。

 

早めに家を出たのと、職場は都心とは逆方向なのとで、満員電車でもないしギリギリ座れることもできた。

それでも詰めれば十分に一人分座れるのに知らんぷりしてるスペースへ少々強引に座りこんだりして朝からストレスフル。

そうそう、電車通勤って、こんなもんだったよな~。

 

乗員全員、スマホをイジってるのかと思いきや、半分は居眠ってるかクーラーの冷気で涼んでる。

この暑さでは無理もない。

 

驚いたのは、長そでワイシャツ腕まくりがチラホラいたこと。

うちの職場では全く見ない。

ドレスコードなのか、個人のこだわりなのか……。

 

けっきょく、職場最寄り駅に着いたときには、けっこう汗だくになってしまった。

いつものように駐輪場トランクに寄って、自転車通勤の後のように全身を濡れタオルでふいて、一式着替えてから出勤。

汗かきなので、こうなることを見越して、もうワンセット職場服を用意してあったのだ。

はぁ、すっきり。

これだけ暑いとサウナに入ってるのと変わらんな……。

 

しかし、楽なはずの電車通勤なのに、なんでこんなにストレスフルなんだろう。

とにかく、人混みや混雑や満員電車が苦手なのだ。

 

川沿いのサイクリングロードを走るときの涼しさや、調子悪いながらもダラダラと走っているうちに何となく「ととのったー」て感じになることは、自分にとっては大事なことだったんだな~。

f:id:rakuda95:20210802121521j:image

 

例年、8月に入ると、朝の川沿いも、風の涼しさより日差しの強さの方がシンドくなる。

でも、お盆を過ぎると、その日差しも少しずつ弱くなっていく。

残暑のキツい年は9月ぐらいまでジリジリ感は続く。

 

たまにイレギュラーなことをすると、いつものマンネリがとても貴重なことだったのを再認識できる。

そう言えば、今年は例年よりも暑さがこたえるけど、自転車通勤をセーブしようとは全く思いつかなかった。

早く飽き飽きしたマンネリに戻りたい……。

 

 

【プロフィール】

 

年2,500冊の漫画を読み、年に100冊の本を電子書籍読み上げ機能で聞き、片道一時間の自転車通勤を続ける日々――。

 

 

のんびり暮らすライフスタイルと、がんばらないためのライフハックがテーマ!

 

 

・食事は、たんぱく質ファースト。糖質制限中。MEC食継続中。ボトル飲みでプロテイン&メガビタミン

・電子レンジの時短料理で自炊中

・服は制服化&コンフォート命!

・断捨離後、ミニマリスト

・歴史と地理とニュースの社会科好き!

 

 

これから、やりたいこと――。

・英語で読み書き

古武術介護

小笠原流礼法

・沈没バックパッカー外こもり?!)

 

 

 

 

 

【ねこと私とドイッチュラント】ベルリンでソーセージスナック「カリーヴルスト」を食べるのだ

 

ベルリン在住漫画家のトーコちゃんと相棒で猫のむぎくんのドイツ暮らし――。

 

猫のむぎくんは二本足で歩いて人間の言葉をしゃべる。

単行本は全ページがセピアトーン。

タイトル「ドイッチュラント」の言葉の響き。

内容はほとんどコミックエッセイなのだが、宮沢賢治の童話のような不思議な雰囲気の漫画だ。

 

 

トーコちゃんは料理得意で食いしん坊のため、グルメな話題が多い。

なかでも一番印象的だったのは「カリーヴルスト」だ。

①カレーパウダー、②スパイシートマトソース、③ソーセージ(ヴルスト)からなるソーセージスナック。

味つけは店によって様々なので、好みの味を追求する楽しみがある。

ベルリン名物のローカルフードだ。

要するに、酸味のあるカレー味のソーセージなわけだけど、観光客用の名物よりは、地元の人たちに愛され日常的に食べられてるものの方が魅力的だ。

ベルリンの「常食」なわけだ。

 

 

その他、グルメだけでなく、ドイツのエコ事情も分かりやすくレポートされてる。

飲み物のビンや缶やペットボトルをへんきゃくすると小銭をくれたり、加盟店のカフェならどこでもカップを返却できる「プファンド」は、ぜひ日本でもやって欲しい。

子どものおこずかい稼ぎにもなるんじゃないかな。

さすがドイツは「エコい」。

 

この「ねこと私とドイッチュラント」、実は無料アプリでも読める。

「サンデーうぇぶり」は最新巻まで読ませてくれるし(普通は読めない)、ポイントも気前よくくれるのでオススメ。

もちろんセピアトーンの単行本で読むのも味があるけど――。

 

それにしても、ドイツ、特にベルリンの漫画・コミックエッセイはやたらと目につく。

そして、どれもおもしろい。

日本とドイツって相性が良さそうだし、ベルリンは魅力的な街だからなのか、漫画家やイラストレーターがベルリン在住となって体験記を描くことが多い

 

一度はベルリンへ行ってみたい。

カリーヴルストを食べながらベルリンの壁を見るのだ――。

 

 

●ドイツ・ベルリンの漫画・コミックエッセイ――。

子どもを含めた家族でのベルリン滞在――。

 

 

独特な絵の不思議なベルリン滞在記。

読む相手は選ぶけど個性的なことは間違いない。

 

 

ベルリンはフリーランスが過ごしやすい街でもある。

ただし、現在は飽和状態になりつつあるようだが……。

 

 

ドイツ人男性と日本人女性漫画家のドイツ暮らし。

それにしても、女性漫画家って国際結婚や海外暮らしが多いよな~。

 

 

 

【プロフィール】

 

年2,500冊の漫画を読み、年に100冊の本を電子書籍読み上げ機能で聞き、片道一時間の自転車通勤を続ける日々――。

 

 

のんびり暮らすライフスタイルと、がんばらないためのライフハックがテーマ!

 

 

・食事は、たんぱく質ファースト。糖質制限中。MEC食継続中。ボトル飲みでプロテイン&メガビタミン

・電子レンジの時短料理で自炊中

・服は制服化&コンフォート命!

・断捨離後、ミニマリスト

・歴史と地理とニュースの社会科好き!

 

 

これから、やりたいこと――。

・英語で読み書き

古武術介護

小笠原流礼法

・沈没バックパッカー外こもり?!)

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュ障の人間は仕事を通じて社会や人と最低限度につながるのが一番コスパ良い

 

贅沢な悩みだと分かっちゃいるけど、三連休明けは調子が悪くて困っている。

三日続けて休みになると、どうしても自堕落な生活になってしまう。

睡眠不足だったり、運動不足だったり、食事が不規則だったり――。

休みが土日の2日間だけなら、月曜日になって一週間が始まれば嫌でもいつものペースにならざるを得ないけど、自分の場合、休みが三日続くと崩れてしまう。

 

恐ろしいことに問題はそれだけではないようだ。

コミュ障で人づきあいが苦手なので、休みの日は心ゆくまで一人で安らかに過ごしているのだが、それも三日続くと、どうもウツっぽくなりがち。

 

人と関わり合いにならなくてすむ在宅の仕事やリモートワークだったらと何度も思い、早期リタイアや「FIRE」に憧れているのに、いざ実現したら、ただの孤独な定年退職者と変わらなくってなってしまいそう。

自分の目指していたものが、自分に取って良くないものである、と分かるとは皮肉なものだ。

 

このことは、うすうす感じていたことではあったけど、こちらの本を読んだことで決定的になった。

作者の勝間さんは早期リタイアも「FIRE」も否定する。

生涯働くことを強く推奨してる。

「一生働くのかよ」とげんなりするけれど、結果的にはそれが一番良いのだろうな、とは思う。

 

働いている限りはいくらかなりと収入を得ることが出来るし、なにより社会とつながれる。

自分のようなコミュ障人間は、仕事を通じて人とつながるのが一番コスパ良いのでは、とも思う。

趣味やボランティアでの人づきあいは金銭がからんでないだけ容赦ない。

むしろ仕事上のつきあいの方がオブラートに包まれているのだ。

それに「仕事だ」「金をもらってるんだ」と思えば多少理不尽なことがあっても耐えられる。

普通の人なら、仕事上では、とんでもないことはしないものだし。

もちろんブラック企業パワハラ上司は論外だけど――。

 

結論――。 

自分のようなコミュ障の人間は、仕事を通じて社会や人とつながるのが一番マシ。

仕事をしている限りは、いくらかなりと収入はあるだろうし、最低限の身だしなみやマナーなどにもかろうじて気をつかうことができる。

できるだけストレスがたまらないように仕事をする。

あるいは、ストレスがたまらないような仕事を見つける。

そして、できるだけ長く仕事を続けていく。

これが一番無難なのだ、と。

 

 

ま、今のところ、もし今とは別の仕事を始めるとしたら、できるだけ身体を動かす仕事が良いな、と思ってはいる。

よくあるパターンの、定年退職してからのジム通いなんて、とても自分には長続きしそうもない。

今やってる自転車通勤のように、半強制的に身体を動かさざるを得ない状況に身を置かないと、ナマケモノに運動なんてものはできるわけないのだ。

 

 

 

【プロフィール】

 

年2,500冊の漫画を読み、年に100冊の本を電子書籍読み上げ機能で聞き、片道一時間の自転車通勤を続ける日々――。

 

 

のんびり暮らすライフスタイルと、がんばらないためのライフハックがテーマ!

 

 

・食事は、たんぱく質ファースト。糖質制限中。MEC食継続中。ボトル飲みでプロテイン&メガビタミン

・電子レンジの時短料理で自炊中

・服は制服化&コンフォート命!

・断捨離後、ミニマリスト

・歴史と地理とニュースの社会科好き!

 

 

これから、やりたいこと――。

・英語で読み書き

古武術介護

小笠原流礼法

・沈没バックパッカー外こもり?!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【勝間式ロジカル不老長寿】老後問題をクリアに体系化、すっきりと言語化!

 

家事や食事について取り組んできた勝間さん。

今度のテーマは「不老長寿」だ。

 

人生100年時代、老後2,000万円問題もかなり身近なものとなった。

この問題を著者お得意のフレームワークで体系化して、もやもやをすっきりと言語化してくれてる。

 

長生きリスクは、①身体的(健康的)リスク、②金銭的リスク、③社会的リスク、の3点と集約化して、それぞれの解決法まで提示されると、とてもクリアな気分。

よく見えない前方が開けたような――。

 

そして、容赦ない現実についても、はっきりと書いてくれている。

まず、本書では何度も述べていますが、根本的に理解しなければいけないことは何かというと、私たちは死が恐ろしいということです。そして、死ぬのが恐ろしいために、死を連想させるものはすべて嫌いなのです。 

目の前で自分よりも歳を取っていて、みるからに老けている人がいるのは、それだけで死を連想させるため、すぐに避けたい状況なのです。

なるほど、このように言語化してもらえれば、なんで若者が高齢者を避けたがるのか納得できる。

目からウロコだ。

 

 

具体例として、著者の好きなゴルフで分かりやすく示してくれてもいる。

ゴルフ仲間でも、高齢者とラウンドしたがらないのは現実的な側面で、理由の一つとして、先ほど引用した「死を連想する」に加えて、高齢者のマナーの悪さが挙げられている。

ティーグラウンドの横で立ち小便をしてしまうお年寄りのエピソードは、本人に悪気がないだけに衝撃的だ。

 

 

しかし、本書を通じて気づいてしまうのは、3つのリスクを避けるためにも、魅力的なお年寄りになるためにも、一番大切なのは、「一生、仕事を続けること」であることだ。

実際、勝間さんは、早期リタイアも「FIRE(経済的独立&早期退職)」も切って捨ててる。

 

ナマケモノの自分としては、確かにそうなんだけど、と思いつつ、怖じ気づいてしまう。

う~む。

 

 

【プロフィール】

 

年2,500冊の漫画を読み、年に100冊の本を電子書籍読み上げ機能で聞き、片道一時間の自転車通勤を続ける日々――。

 

 

のんびり暮らすライフスタイルと、がんばらないためのライフハックがテーマ!

 

 

・食事は、たんぱく質ファースト。糖質制限中。MEC食継続中。ボトル飲みでプロテイン&メガビタミン

・電子レンジの時短料理で自炊中

・服は制服化&コンフォート命!

・断捨離後、ミニマリスト

・歴史と地理とニュースの社会科好き!

 

 

これから、やりたいこと――。

・英語で読み書き

古武術介護

小笠原流礼法

・沈没バックパッカー外こもり?!)

 

 

 

 

【うつヌケ】ウツ発動直前のサインとは?!

 

 

うつヌケから平常運転へ

ようやくトンネルをうつヌケして平常運転に戻りつつある。

今回、ウツっぽくなったのを振り返ってみると、ちゃんとそれらしき兆候があった。

途中で気づいて慎重に生活していれば、ここまでオチなかったかも。

ここ一年ほど調子良かったので油断した。

自戒の意味もこめて書いておきたい。

 

 

夏バテはウツを呼ぶ

7月になって急に蒸し暑くなって、明らかにシンドさを感じていた。

食欲も落ちていて、休みの日は、いつもの3食から2食になったりしていた。

 

にもかかわらず平常運転で過ごしてしまった。

単なる夏バテと思っていたのだ。

これまでウツぽになる季節の変わり目は寒くなる時期だったのも油断に拍車をかけた。

クーラーを使い始めるのも遅かった。

「夏バテはウツを呼ぶ」

肝に銘じておこう。

 

 

新聞が読めない?!

ウツ発動の二日前、いきなり新聞が読めなくなった。

毎日読んでいたのに全く読む気がなくなってしまったのだ。

まぁ、スマホGoogleニュースTwitterニュースはチェックしていたし、特に気にしないでスルーしてしまった。

 

この日の翌日、仕事トラブルで一気にウツぽになったのだが、新聞が読めなくなった時点で慎重に行動してれば、その後の展開も違っていた。

毎日、当たり前のようにやっていたことが出来なくなると、それがウツぽのサイン。

これも肝に銘じとこう。

 

 

耳活がシンドい

NHKラジオニュースが聴けなくなる。

スマホの読み上げ機能でKindle書籍を読み上げさせて聴くことが出来なくなる。

・音楽が聴けなくなる。

 

ここらあたりまでくると、もうはっきりとウツ。

リカバリ困難。

眠れなくなるし、食べるのがシンドいし、起き上がることが出来なくなるし、仕事へ行くのにむっちゃエネルギーを必要とする。

 

耳からの刺激を一切受けつけなくなる。

無音の状態に安らぎを感じるようになってしまう。

 

 

歯をみがくのすらツラい

ここまで来ると末期――。

なぜか歯みがきがハードタスクに。

3年前あたり、よくウツぽになっていた時期、その度に歯みがきをしなかったもんで、ついには虫歯になったりしてた。

そして、そのことで、さらに深くオチる……。

今回はフロスと歯間ブラシとうがい薬だけでも何とかやる省エネモードで乗り切った。

 

 

紙の新聞も役にたつ?!

今回のターニングポイントは、新聞を読めなかった時だった。

まさかこれが転回点になるとは、その時はカケラも思わなかった。

 

 

これからのウツ予防

・季節の変わり目に注意する。

・体調に注意深くなる。

・いつもやっているとこが出来なくなったらウツを疑ってみる。

 

ウツ対策は、早期発見して無理せずやり過ごすに尽きる。

今回は油断した。

もっともっと、注意深くなろう。

 

 

【プロフィール】

 

年2,500冊の漫画を読み、年に100冊の本を電子書籍読み上げ機能で聞き、片道一時間の自転車通勤を続ける日々――。

 

 

のんびり暮らすライフスタイルと、がんばらないためのライフハックがテーマ!

 

 

・食事は、たんぱく質ファースト。糖質制限中。MEC食継続中。ボトル飲みでプロテイン&メガビタミン

・電子レンジの時短料理で自炊中

・服は制服化&コンフォート命!

・断捨離後、ミニマリスト

・歴史と地理とニュースの社会科好き!

 

 

これから、やりたいこと――。

・英語で読み書き

古武術介護

小笠原流礼法

・沈没バックパッカー外こもり?!)

 

 

 

 

 

【うつヌケ】ウツ発動の複合要因とは?!

 

つい最近、ウツっぽくなった。

トンネルぬけるのに一週間ほどかかった。

久々に直撃食らったな……。

 

 

もっとも自分の場合、薬を飲んでるわけでも通院してるわけでもないし、「死にたい」とまでは思わないので、かなり軽症の部類。

それでも、仕事に向かうにはかなりの努力を要するし、何もやる気が起こらない。

必要最小限のことだけやって、何とか日常生活を回しているうちに、なんとなくヌケていくパターンだ。

 

 

なぜ、ウツっぽ?

なぜ、ウツっぽくなってしまったかを振り返ると、①季節の変わり目だった、②仕事のトラブル、③休日の体調管理不行き届き、の3点につきる。

 

 

季節の変わり目はウツに注意

7月に入って急に蒸し暑くなった日が2日間あったけど、その時はクーラーを使わずにしのいでしまった。

今年の初クーラーは7/10の土曜日だ。

もっと早くに使い始めれば良かった。

季節の変わり目はウツ発動の確率が跳ね上がる。

 

これまでウツっぽになるのは、11月など寒くなる時期ばかりだったので油断していた。

年々、暑さに弱くなってるし、年々、日本の夏の暑さが異常になってきている。

同じ関東の熊谷が日本で一番暑い街になってもいる。

来年からは、6月あたりから要注意月間としよう。

下手に我慢せずクーラーも早めに使おう。

 

季節にかかわらず、寒暖の差が10℃以上になると、ウツ率は高くなることは学習済みだ。

元気のあるときは、季節や天候の変化に注意を払わない。

気をつけよう。

 

 

仕事のトラブルはいかんとも

ウツっぽにつきものの仕事トラブル。

今回はクレーマー2連発にハシゴ外されの刑。

人間関係トラブルが無いだけマシな方か。

これについては、まだ直視できてない。

もうちょっと落ち着いたら反省しよう。

オチてるときに反省などしたら奈落の底に落ちてしまう。

 

 

休日の体調管理不行き届き

6月は何日か休日出勤があったりして不規則な勤務だったため、月末にまとめて休みを取った。

4連休――。

これもマズかった。

いや、休めるだけ贅沢な話だけど。

これは自分の場合だけかもしれないが、以前からハッピーマンデーなど3連休

明けに体調もメンタルも不調の傾向があった。

 

平日は、片道一時間の自転車通勤をしてる。

肉・卵・チーズのMEC食でタンパク質ファーストの食生活を実行してる。

睡眠時間も最近は7時間をキープ出来るようになってきた。

運動・食事・睡眠を何とかフォロー出来ていたわけだ。

これが休日になると崩れていた。

 

平日にがんばっているのだから休みの日ぐらいはサボっていいだろう、と運動・食事・睡眠ともに適当になっていた。

それが土日の2日間だけなら被害は深刻にならなかったけど、3~4日続けて休むと被害甚大となる。

 

 

ストレスの複合汚染を防げ!

今回のウツ発動は、例によって仕事トラブルによるところが大きい。

 

確かに、仕事トラブルに遭遇しなければ、ウツっぽになることもないけれど、仕事トラブル以外のトラブルが重ならなければウツっぽにならないことも確か。

 

ウツ発動は、少なくとも自分の場合、必ず複合要因。

仕事トラブルが避けがたいなら、それ以外のトラブルを避けるようにせねば。

 

実際、今回程度の仕事トラブルは以前にもあった。

でも、その時は、なんてことなくやり過ごすことが出来た。

くれぐれもストレスの複合汚染はNGだ。

 

 

トンネルをヌケて

久々のウツ発動。

トンネル抜けてみると、見えなかったことも見えてくる。

今後の自分のためにも、しばらくは「うつヌケ」について書いておきたい。

 

 

【プロフィール】

 

年2,500冊の漫画を読み、年に100冊の本を電子書籍読み上げ機能で聞き、片道一時間の自転車通勤を続ける日々――。

 

 

のんびり暮らすライフスタイルと、がんばらないためのライフハックがテーマ!

 

 

・食事は、たんぱく質ファースト。糖質制限中。MEC食継続中。ボトル飲みでプロテイン&メガビタミン

・電子レンジの時短料理で自炊中

・服は制服化&コンフォート命!

・断捨離後、ミニマリスト

・歴史と地理とニュースの社会科好き!

 

 

これから、やりたいこと――。

・英語で読み書き

古武術介護

小笠原流礼法

・沈没バックパッカー外こもり?!)