自転車通勤編:マウンテンバイクのメリット・デメリット

空気を入れるのが大変だ

当たり前のことだけど、マウンテンバイクのタイヤは太い。

29インチだと、なおさら太い。

軽くロードバイクの3倍はある。

空気圧だけ聞くと、ロードバイクが7気圧前後、マウンテンバイクが4気圧前後で、一見、楽そうに思えるけど、必要な空気の量は、マウンテンバイクのほうが、圧倒的に多いし、それだけ、空気を入れるのが大変になる。

出先でパンクしたときに備えて、試しに携帯ポンプで空気を入れようとしてみたが、500回はポンプしても、まだまだ終わりそうもなく、あきらめてしまった。

疲れた……。

パンクしたときが心配だ。

自動で空気が入る携帯用ボンベを買うことを決意した。


チューブが重いので、パンク修理セットも重くなった

携帯用と言えば、ノーパンクタイヤにしてから出番のなかったパンク修理セットを、また、持ち歩かなければならない。

予備チューブは、ロードバイクのと比べても、3倍は重くなった気がする。

ずっしりくるなあ。

マウンテンバイク用のノーパンクタイヤを開発してもらいたいものだ。


雨の日が楽になる

マウンテンバイクで、期待できるのは、雨の日だ。

ぶっといタイヤは雨の日でも安心して乗れそうな安定感がある。

それに、自分のマウンテンバイク、コナのユニットは、とても汚れにくいのだ。

ロードバイクと同じクロモリだというのに。

塗装が違うんだろうか?

おまけに、シングルスピードなので、メンテナンスがとても楽。

スプロケットやプーリーが無いだけで、こうも違うのか、と思っちゃうくらい楽だ。

雨の日のストレスが、さらに減りそうだ。

  • KONAWORLD | カナダノースショアのMTBブランドKONA

  • ごちゃごちゃした街中を楽に走れる。

    街中をマウンテンバイクでは街中を走っていると、安定感に驚かされる。

    段差も坂も余裕である。

    そりゃ、ロードバイクほどスピードは出ないけど、街中をスピード出して走るより、むしろ安全なのかも、と思う。

    そして、舗装の継ぎ目・境目やインターブロッキングなど、道路のヒビのようなところは、ロードバイクのノーパンクタイヤで走ると、ごりごりした感触で不安定になったけど、マウンテンバイクの太いタイヤは全くおかまいなしに走ってくれる。

    ごちゃごちゃした街中を走るなら、マウンテンバイクの方が楽なのかもしれない。


    自転車通勤編プロフィール

    自転車通勤(片道15㎞)数年目。
    クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイクを所有。
    ブルベ参戦経験有り(SR取得)。
    「やまめ乗り」修業中。

    やまめ乗り 2年生:29インチマウンテンバイクを久しぶりに乗ってみて

    29インチマウンテンバイク

    自転車通勤で29インチのマウンテンバイクを使い始めた。

    訳あって、約2年ほど休眠状態になっていたものだ。

    長かったなあ……。


    でかフレーム

    久しぶりに乗ってみると、やっぱり、フレームのデカさには改めて驚かされる。

    ロードバイクには135ミリのステムを付けて、やまめ乗り仕様にしてるけど、フレーム自体が大きいと、かなり勝手が違う。


    またがっただけで、違和感がハンパない。

    これが、29インチなんだなあ、と。


    前輪の感触

    乗り始めると、まず、前輪が、地面を巻きこむような感触が。

    ロードバイク用ノーパンクタイヤを始めたときに感じたのと同じもの。


    2年前には感じなかったものだ。

    いくらか進歩したのかな?


    オフロードを走って

    ところが、芝生ライクな草むら、オフロードを走ってみると、とたんに遅くなった。

    この芝生ライクな草むらは、ロードバイクの時も走っているコースだ。

    あえて、ロードバイクで、オフロードを走るのは、やまめ流。

    前後の荷重バランスが取れてないと、いきなり失速する。

    マウンテンバイクでオフロードを走ってスピードが、ガタ落ちになるのも、かっこがつかんよな。

    とりあえず、おじぎを浅くしたら、加速した。

    しばらくは、試行錯誤が必要だ。


    土手登り

    続いて、土手登りに突入。

    マウンテンバイクだからなのか、意外にはするする登っていく。

    2年前は、土手登りは、やってなかったな。

    けれども、最後のひと漕ぎでつかえそうになって、立ち上がってしまった。

    立ちこぎで体重をペダルに乗せて、何とか乗り切る。

    これも、「要」試行錯誤だ。


    クランクについて

    朝は、ぎくしゃくしてたけど、帰りは慣れたせいか、一気に楽になった。

    ペダルも楽に回る。

    クランクの短さも意識できるようになった。

    ロードバイクは、やまめ乗り仕様で、180ミリの長いクランクを付けているのだ。

    今まで、クランクの長さについて、感じ取れたことはなかった。

    ロードバイクとマウンテンバイクを交互に乗ることによって、もっと深く感じとれるようになるかもしれない。


    階段登り

    明日は暑いよいよ、階段登りに挑戦しようか。

    通勤コース中に、良さげな階段がないか、チェックし続けてきたのだ。

    するすると階段が登れるようになったら、やまめ乗りも黒帯だ。

    さすがにこれは、ロードバイクで試すわけにもいかなくて、ずっとマウンテンバイクの出番を待っていたのだ。

    まあ、やまめ乗りうんぬんを差し引いても、マウンテンバイクは楽しいし、そもそも、自転車は楽しい。

    明日からの自転車通勤が2倍楽しめそうだ。


    自転車通勤編プロフィール

    自転車通勤(片道15㎞)数年目。
    クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイクを所有。
    クルマを処分したので街乗りが増えそう。
    ブルベ参戦経験有り(SR取得)。
    「やまめ乗り」修業中。

    自転車通勤編:マウンテンバイク復活! ディスクブレーキに注意して、テールライトを忘れないように。

    三連休明けの朝。

    いつもなら、うんざりした気分で出勤するところだけど、今朝は違う。

    マウンテンバイクが復活したのだ。

    訳ありで、休眠状態になってから、もう二年ぐらいたつだろうか。

    買ってから、すぐに休眠状態になった。

    最後に乗ったのが、いつだったか思い出せない。

    思えば、不憫なバイクだった。


    やまめ乗り仕様29インチ

    このマウンテンバイクは、修行中の「やまめ乗り」のために買った。


    変わっている点はーー。

    ・29インチ(でかい!)

    ・フレームはクロモリ(重い!)

    ・シングルスピード(ギヤなし!)

    ・サスペンションなし(人間サスペンション!)

    こんなところだ。


    - やまめ乗り2年生 カテゴリーの記事一覧 - 最初からこうすれば良かった……。

    テール赤ライトを忘れないように

    三連休中に準備をして、ライトをつけたり、オイルをさしたりしておいた。

    それでも、うっかり、テールライトのことを忘れていて、今朝、出かけるときに、慌ててロードバイクについてる二つのうちの一つを流用した。


    もっとも、走り終わってみたら、フロント白ライトもテール赤ライトもつけてなかった。

    自転車通勤中は、朝でも、明るくても、つけることにしてるんだけど。



    ルーティンはイレギュラーで崩壊する⁈

    どうも、自転車通勤に限らず、日常生活をなるべくルーティンにして、習慣づけて、自動運転で身体が動くようにしてるんだけど、新しいことや、イレギュラーなことがあると、とたんに機能しなくなってポカをやらかしてしまう。


    まあ、すぐになれるんだけど。



    ホイールが上手く回るか確認しよう

    ちなみに、始動すべく、後輪をフレームにセットしたのだけど、最初は、上手く回らなかった。

    フレームはひっくり返して、ホイールを取りつけているところだった。

    試しに前輪を回してみたけど、明らかに、後輪より勢いよく回っている。

    そう言えば、自転車屋の店長から、きちんとはめないと、ディスクブレーキの円盤が、ブレーキパッドに当たって、上手く回らない、最悪、円盤がゆがんでしまうこともある、と言われたっけ。

    しばらくの間、後輪を外しては取りつけたり、左右をずらすようにしてみたりしていたら、突然、勢いよく回るようになった。

    何がマズかったのか、何が良くてリカバリーできたのか、どちらも謎である。

    まあ、深く考えないようにしよう。

    ヘタにいじると、また、おかしくなりそうだし。


    蜘蛛の巣マウンテンバイク

    久しぶりだと、どうも細かいところで勝手が違う。


    それでも久しぶりに乗れると思うと嬉しい。

    ろくに乗ってないから新品同様だ。

    蜘蛛の巣張ってたけど。

    自転車通勤編プロフィール

    自転車通勤(片道15㎞)数年目。
    クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイクを所有。
    クルマを処分したので街乗りが増えそう。
    ブルベ参戦経験有り(SR取得)。
    「やまめ乗り」修業中。

    やまめ乗り 2年生:歩くときは弓張りの姿勢⁈

    身体の変化、続く

    昨日の日曜日は外出しなかったけど、台風が通り過ぎた今日は、久しぶりにけっこう歩いた。
    この3日間、自転車には乗らなかった。

    筋肉痛は、もう、感じない。
    後は、休み明けの朝、自転車通勤の時に、身体を、どう感じるか、だ。

    自転車には乗らなかったにもかかわらず、身体の感触は、また、少し変わった。

    おじぎが深くなって

    エスト周りの肉が落ちて、おじぎが深くなった。
    股関節が軟らかくなった。
    脚と股関節の付け根が、前より動くようになった。
    お尻の筋肉をもっと使うようになった。
    こんなことを感じてきた。

    また、これまで、上半身が、後ろから風を受けて帆を張ったようになることがあった。
    真横から見ると、全身が、なだらかなS字を描いていたかもしれない。
    そのままの姿勢で、ロードバイクに乗って、おじぎをすると、お腹ぽっこりの姿勢になる。

    全身とお尻とぜい肉と

    今日、歩いてるときに受けた感覚は、上半身だけでなく、全身で、後ろから風を受けて帆を張ったような感じだった。
    真横から見ると、弓を張ったように見えるかもしれない。

    おへそのあたりが、身体の中で、一番、前へ出ているみたいで、お尻の筋肉で身体を支えている感じ。
    歩き出すときは、お尻を起点にして歩き出すようだった。

    そして、ウエストが上へ伸びたような感触は歩いてるときも同じなのだが、横っ腹にぜい肉がぶら下がっているような感覚を覚えた。
    ぜい肉は落ちたわけじゃなさそうだ。
    むしろ、水の入ったビニール袋を横っ腹にぶら下げてるみたいで気持ち悪かった。
    このぜい肉、そのうち本当になくなってくれるだろうか。
    そうなったら、また、姿勢や身体の使い方は変わってくるかもしれない。
    いずれにしろ、ぜい肉を意識するなんて、初めての体験だ。

    モデル歩きみたいに?

    歩くときは、つま先が開いた逆八の字で歩いていた。
    がに股かな、と思うこともあった。

    しかし、これは、自転車の教科書を読んで、逆八の字でなければいけない、Qファクターは長くなければいけないのだから、と頭で思い込んでいただけなのかもしれない。

    今日、歩いてるときは、足の幅は、ほとんど開いてない。
    つま先がわずかに外に開いてる程度。
    一本のラインの上を両足で歩いてるようだった。

    いつもより楽に足が前に出たと思う。
    前に出た足の逆足は、反対に、後ろへ残るような感じだった。

    いきなりやってきた

    ここ何カ月かずっと停滞していて、もう、ずっとこうなのかと思い始めていたけど、いきなり身体の変化がやってきた。

    来るときは、いきなり、やってくるなあ。

    明日の朝の自転車通勤が楽しみだ。

    マウンテンバイク復活!

    楽しみと言えば、もう一つある。
    今まで、訳ありで、ずっと乗れなかったマウンテンバイクに、ようやく乗れるようになったのだ。

    もちろん、やまめ乗り仕様の29インチだ。
    シングルスピード。
    フレームはクロモリ。
    フロントフォークはサスペンションなし。

    今までよりも、オフロードを、がんがん走れるようになるし、通勤コースの中に、階段上りを組み込んでいくつもりだ。
    やまめ乗りでは、階段上りができたら黒帯! だと思っている。

    ほんと、楽しみ!

    身体が変わって、マウンテンバイクもできて、だんだん焦点が合ってきた感じ。

    明日が楽しみだなあ。
    休み明けが楽しみなんて、何年ぶりだろう……。

    やまめ乗り 2年生プロフィール

    やまめ乗りを始めて数年。
    実際に講座を受けたのは2回だけ。
    脱初心者目指して自習中!
    このカテゴリーは、「自転車の教科書」と「自転車の教科書 ー身体の使い方編ー」を読んでないとわかりづらいと思います。
    クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイク所有。
    自転車通勤(片道15㎞)継続中。
    ブルベ経験有り(SR取得)。

  • 自転車の教科書
  • 自転車の教科書 ー身体の使い方編ー (やまめの学校)
  • 限界ハウス、ダメ家事男子。:無添加の「ご飯のお供」をゲットしよう!

    ミッション「ご飯のお供」

    台風が通り過ぎた後、スーパーへ買い出しに。
    ようやく、空っぽの冷蔵庫も、かっこうがつきそうだ。

    今回のミッションは、通常の補充に加えて、もう一つ。
    「ご飯のお供」を買うことだ。
    湯漬けを食べることが増えてきたので、変化をつけたくなったのだ。

    無添加であること

    ご飯のお供には、一つ、条件があった。
    無添加であることだ。
    一応、健康には気を使っているのだ。

    ラベルを見ると、訳のわからないカタカナがラベルに並んでいるのに驚かされる。
    日常生活で聞いたことのないものが書いてあったら、だいたい添加物だ。

    ダイエットと無添加

    無添加については、伊達友美さんの著作で知った。
    自転車通勤を始めた頃、おもしろいように体重が落ちていくので、それに合わせて、食事でもダイエットに気を使うようになった。
    その時に、よく読んだのだ。

    伊達さんのダイエットで、一番、有名なのは、「食べ合わせ」について、だろう。
    食べ始めるときに、いきなりご飯の炭水化物から食べるのではなく、野菜や肉を食べてから食べると良い、と言うやつだ。

    でも、自分はそれよりも、添加物について書かれていたことの方が興味深かった。
    添加物を消化するのに、身体はエネルギーを取られてしまうので代謝が悪くなる、だから太る、と言う意見は新鮮だった。
    ダイエットと言うよりも、健康法に聞こえた。
    それ以来、食べ物を買うときはラベルを見るようになったのだ。

  • 食べ合わせでキレイにやせる!
  • ラベルと美味しんぼと添加物

    ラベルを見ると、たかが、おにぎりに、なんでこんなにいっぱい入っているんだ? と驚かされる。
    スーパーの品物で、無添加のものは、ほとんどない、と言っていい。

    デパ地下の有機食品店に行けば、3倍の値段で買うことはできるけど。

    美味しんぼ』で紹介された、元添加物会社社員のエピソードも強烈だった。

  • 美味しんぼ 101 食の安全 (ビッグコミックス)
  • 無添加への旅は続く

    結局、買ったのは、梅干し、なめこ、きざみメカブ、しらす干し、大根(おろし)だった。
    なんだか、和風というか、粗食というか、牛丼屋のサイドメニューというか。

    漬物、お惣菜は、全滅だった。
    ぶどう糖果糖液糖みたいなヤバい添加物が入ってるのばっかり。
    できれば、無添加のキムチも欲しかったなあ。

    あんまり気にしていると、カップラーメンも食べられなくなるから、ほどほどにするつもりだけど、どうせなら、身体に良いものを食べたい。
    美味くて、早くできて、安くて、身体にいい。
    わがままだろうか?

    限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。

    限界ハウス、ダメ家事男子。:冷凍ごはんか冷蔵ご飯か? 美味しいご飯には開発の余地あり

    冷凍ごはんのチン問題

    湯漬けを食べることが増えてから、冷凍ご飯をチンして食べることが増えてきた。

    でも、この、冷凍ごはんをチンするのが、なかなか上手くいかなくて、しばらくは試行錯誤していた。

    自分ちの電子レンジの場合、解凍モードで一回。 ひっくり返して、もう一度、解凍モードで一回チンすると、ちょうどいいようだ。

    解凍モードは自動的に時間を決めてくれる。
    だいたい3分のようだ。

    これが、わかるまでは、けっこう苦労した。

    冷凍でも、冷蔵でも、無洗米でも

    そもそも、余ったご飯は冷蔵した方がいいのか、冷凍した方がいいのかも、最初はよくわからなかった。

    どうも、炊きたてを、すぐに冷凍した方がいい、という意見がメインストリームのようだ。

    冷凍ごはんの解凍が上手くいかなかった頃は、むしろ冷蔵ご飯の方が、いいんじゃないかと思っていた。

    今でも、正直、冷蔵ご飯と冷凍ごはんの違いはよくわからない。

    そういえば、無洗米に切り替えたときも、味の違いは、わからなかった。

    湯漬けにして食べてたら、ますます違いはわかりにくくなる。
    まあ、安いコメでも、そこそこ美味しく食べられるなら、かえっていいけど。

    おひとりさまは江戸時代から変わらない

    今日みたいな休日にご飯を炊くときは、三合炊きの炊飯器で、目いっぱい三合炊く。
    一回あたり一合食べるので、朝食を食べたあとは2合分余るわけだけど、そのまま、炊飯器に入れっぱなしだ。
    もちろん、衛生的ではないし、とてもオススメできないけれど、真夏ならばともかく、今日ぐらいなら大丈夫なのだ。
    独り者の不精者には、自分のような人間は、けっこう、多いんじゃないだろうか。

    そう言えば、江戸時代なんかは、ご飯を炊くのは一日一回で、食事は一日二回だった。
    一日に一度は冷や飯だったわけだ。

    コメのコストパフォーマンス

    今のところ、コメを食べる機会は増えていく一方だ。

    発酵食品にハマってから、コメを食べることが増えたこともある。
    発酵食品を食べてると、コメが食べたくなってしまうのだ。
    もともと、日本の発酵文化は米麹など、コメがプラットフォームになっている。
    日本酒だって、コメから作ってるし。

    あと、節約という観点から見ても、コメはコストパフォーマンスが高い。
    自分が食べているのも、スーパーの値引き品だ。
    スーパーでは、毎週、値引き品の無洗米が売られてるのだ。

    あとは、グルテンフリーも、ちょっと気になる。
    パンやパスタなど小麦製品を摂らなくなってからは、気のせいか、調子良いのである。
    たまに、ラーメンやそうめんを食べたりすると、臭いおならが出るし。

    おコメのグローバルな食べ方

    スーパーで値引き品になった無洗米を、湯漬けや炊飯器調理(肉と一緒に炊く)で、けっこう美味しく食べるやり方できてるけれど、もっと、美味しいおコメの食べ方があるんじゃないか、と思う。

    高橋 由佳利さんのコミックエッセイを読んでいたら、トルコの人たちは、塩や油を入れてコメを炊いたり、コメで甘いプディングを作ったりするらしい。

    まだまだ、開発の余地はありそうだ。

  • トルコで私も考えた 文庫版 コミック 1-5巻セット (集英社文庫―コミック版)
  • 限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。

    自転車通勤編:休日のサイクリングロードを走るのが怖くなった話。特に3人以上の集団に注意のこと。

    ピーカン!

    三連休、最後の日は快晴だ。
    陽射しは強いけど、湿気は感じない。
    絶好のサイクリング日和だ。

    まだ、ロングライドに熱中してた頃の自分だったら、昨日のうちから、そわそわと天気予報を何度も見たりして、朝早く、川沿いのサイクリングロードへ飛び出していただろう。

    街乗りより通販

    現在、自転車に乗るのは、自転車通勤オンリーと言って良い状態になってしまった。

    当初は、クルマを処分した代わりに、街乗りが増えるか、と予想していたけど、増えたのは通販だった。

    地元では売ってないものや、重たいものを買うのに便利だった。
    台風通過中で、大騒ぎしてるのに、 昨日、注文したものが今日届いてしまうほどの過剰な便利さには負けてしまう。

    ブルベからは撤退してしまったし、ロングライドもやらなくなった。
    自転車通勤で、平日の朝と夜に各1時間程度走るのが、運動量として、ちょうどいいようだ、と思うようになった。

    休日の川沿いサイクリングロード

    もう一つ、ロングライドに積極的でなくなった理由は、川沿いのサイクリングロードで走ることが、怖くなったからだ。

    最寄りの川沿いサイクリングロードは、幅も広がって、かなり走りやすくなってきている。
    今頃は、以前より大勢の人が走っているだろう。

    でも、正直、休日は、走る気がしない。

    川沿いサイクリングロードの暴走族

    川沿いサイクリングロードは、自転車だけが走ってるわけじゃない。
    ウォーキングしてる人もいれば、ジョギングしてる人もいる。

    場所によっては、けっこう、混雑してる。

    その中を、まるで、暴走族のように走り抜けるロードバイク乗りが増えてきた。
    人を動くパイロンとしか見てないような走りっぷりだ。
    これじゃあ、自転車の評判が悪くなるのも無理はない。
    同じ自転車乗りでさえ怖いくらいだ。

    荒川みたいに

    そのうち、荒川みたいに、事故が起きて、制限速度が定められたりしないか心配だ。

    自転車好きの作家、高千穂遙さんも、多摩川サイクリングロードがホームグラウンドだったけれど、ロードバイク乗りが増えすぎて、別のコースに移ったことを書いていた。

  • じてんしゃ日記
  • じてんしゃ日記〈2012〉
  • 3人以上は注意

    お前は、散々、走っといて、今さら、そういうことを言うのか、と責められたら、返す言葉もないけど、もうちょっと、スピードダウンしてもいいと思う。
    せめて、人の脇を通り抜けるときくらいは。

    どうも、二人組だと、お互いに注意しあうからいいんだけど、3人以上の「集団」になると、周りへの配慮が、一気になくなるみたいだ。

    もう、休日は走らないけど、悲しいニュースを聞かされないよう、祈ってる。

    自転車通勤編プロフィール

    自転車通勤(片道15㎞)数年目。
    クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイクを所有。
    ブルベ参戦経験有り(SR取得)。
    「やまめ乗り」修業中。