らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―ライフハックで時間を作って漫画を読む―

【新型コロナウイルス自粛要請】最寄りスーパーで買い占めが無くて心強く感じた一件

 

きのうの土曜日のこと。

 

朝刊を見たときは、東京都の自粛要請を受けて都内のスーパーの棚がガラガラになっている写真が載っていた。

 

午前中は仕事だったので、かなり出遅れた感があった。

 

もう肉なんかは全部売り切れてしまっているかもしれないと思ってい たが、最寄りのスーパーは思いのほか平常運転だった。

 

まったく、いつもの土日と変わらない感じ。

 

 

ただ、スーパーの方も たくましく大量のカップラーメンを陳列していたようだけど、そのあたりは買い占めら れた痕跡が残っていた。


f:id:rakuda95:20200329150057j:image

 

なるほど、こういう時に頼りになるのは米でもパンでもなくカップラーメンなのだ。

 

台風 19号に新型コロナウイ ルス、災害時の守り神。もはやカップラーメンは国民食なのだなあ。

 

カップラーメンの開発者、安藤百福さんも草葉の除で喜んでいるに違いない。

もっともこの漫画を読んだときは百福さんよりも、彼に付いていった奥さんの方に感心してしまったが――。

 

 

糖質制限にMEC食などを実践するようになって、スーパーでの買い物のメインは肉と焼酎になっている。

 

焼酎はともかく、肉は、普通に一週間分を買っているつもりなのだが、それでもカゴいっぱいになる。 「あいつ、肉、買い占めてやがら」などと思われてやしないかと、ちょっと心配になった。

 

まあ、だからといって買わないわけにもいかないので、いつものようにレジへ持っていき、モバイルSuicaで支 払いをする。とどこおりなく、週に一度の儀式が終了した。

 

 

帰り道、特にサプライズが無かったことに拍子抜けした気分だったけれど、その一方で、うちの近所の人たちは買い占めに走らずに冷静に対応したようだと考えると、ずいぶんホッとした気持ちになった。

 

これからは、毎年、秋になると大型台風がやってきたり、10年に1度はウイルスでパンデミックになったりするような時代になっていきそうだ。

 

関東大震災だって起こるかもしれないし、富士山が噴火することもあるか もしれない。

 

まあ、何が起こっても、うちの近所の人たちは、よそと比べれば冷静に動いてくれそうだと思えるのは何とも言えない安心感を覚える。

 

 

【プロフィール】

 

嫌いなことやりたいことを回避するライフスタイルとがんばらないためのライフハック がテーマ。

空いた時間はKindle読み上げで本を聴き(週1冊)漫画を読んでいく(週50冊)。

 

 

・片道1時間の自転車通勤中

・食事はMEC食からEAA&メガビタミンへ移行。糖質制限中。

・ホットクック 1.0Lで自炊開始

・服は制服化済み

・住まいは断捨離してミニマリスト

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ移行

・マンガと歴史好き 

(特に世界史へ進攻中)

 

最近、取り組んでいるもの――。

・音声入力

Excel自動化(マクロ・VBA

・徒歩通勤

・朝活(ファミレス)

 

これから、やりたいこと――。

古武術介護

小笠原流礼法

競歩

・ポイ活

・積み立て投資

 

 

【新型コロナウイルス】中世の魔女狩りの始まりの現場をみてしまったような

本日は日曜日。自粛要請が出たけれど、仕事なので休日出勤。

 

朝、家を出るときは降っていなかったので、普通に自転車通勤だったけれど、午前中、ものすごい勢いで降り始めてビビッてしまった

 

新型コロナウイルスに大雪。呪われた日曜日だ。

 

自分の場合、マスクを手に入れられなかったので、感染の不安があるのに加えて、花粉症がどうなるかも心配だ。

 

今のところ、薬のおかげで症状は特に出ていないが、臨界点を超え たとたんに鼻水が流のように流れることだろう。

 

職場のある街でも市内に感染者は出てしまっているようで、 様々なデマが飛び交っているようだ。

 

街にあるショッピングモールは、自粛要請を受けて一部休館したけれど、休んだのはこの建物で新型コロナウイルスが発生したからでないかという噂が広がっている。

 

モールのサイトを見ると、「新型コロナウイルスは発生 していません」というお知らせをわざわざ載せていた。

 

 

いろいろ話が飛び交う中で、印象的だった話――。

 

話し手はお年寄り(男性)なのだが、感染 が近所だという噂を聞いたらしく、市役所へ電話をかけて感染者の家の場所を教えるよう怒鳴りつけたらしい。

 

また、K-1を観に行った人の名を公表しろとも迫ったらしい。

 

もちろん、どちらも撥ねつけられたようで、そのことを大声で慎っ ていた。

 

まぁ、不安に思う気持ちは理解できるが、さすがに教えてはもらえないだろう。

 

 

目を血走らせている老人を見ていると 大昔の魔女狩りはこんな風にして始まったのか、と恐ろしくもあった 。

 

実際、この街に限らず、どこの街でもSNSを通じて感染者捜しの情報が飛び交っていると聞く。

 

歴史好きの目で今回の新型コロナウイルスの騒ぎを見ていると、令和の時代になっても、中世の魔女狩りのときと大して変わっていないのかもしれないと感じてしまう。

【目玉焼き】焼き方によって醤油かソースか使い分け?

 

 

時差出勤で早めに家を出て、職場近くのファミレスで朝活と称しスマホをイジって過ごしている。

 


注文はコストパフォーマンスと糖質制限の両方を満たすものをモーニングのサイドメニューから選ぶ。全108円也。

 


ヨーグルトやスクランブルエッグは糖質が多いし、ソーセージやベーコンは添加物が気になるし、半熟たまごは生っぽすぎて好みではない。「のり(49円)」もあるけど、さすがにこれだけ注文する勇気はない。

 


そんなわけで、目玉焼き(焼き固め二種類)を頼むことが多いのだが、ちょっと不思議なことが一つ。

 


片面だけを焼いたサニーサイドアップを注文すると調味料として醤油がついてくる。


f:id:rakuda95:20200327072307j:image

 


水を入れて片面を蒸し焼きにするベースドエッグは頼むと調味料として醤油とソースの両方がついてくる。


f:id:rakuda95:20200327072326j:image

ちなみに醤油派だけど「レストランソース」の名前に惹かれてソースを使ってみた。甘めのソースだった。

 


メニューに合わせて出す調味料も使い分けているのだね~。

 


それにしても、なぜ両面焼きがメニューにないのだろう? 一度、食べてみたかったのだが……。

 

 

【プロフィール】

嫌いなことやりたいことを回避するライフスタイルとがんばらないためのライフハック がテーマ。
空いた時間はKindle読み上げで本を聴き(週1冊)漫画を読んでいく(週50冊)。


・片道1時間の自転車通勤中
・食事はMEC食からEAA&メガビタミンへ移行。糖質制限中。
・ホットクック 1.0Lで自炊開始
・服は制服化済み
・住まいは断捨離してミニマリスト
スマホiPhoneからPixel 3a XL へ移行
・マンガと歴史好き
(特に世界史へ進攻中)

最近、取り組んでいるもの――。
・音声入力
Excel自動化(マクロ・VBA
・徒歩通勤
・朝活(ファミレス)

これから、やりたいこと――。
古武術介護
小笠原流礼法
競歩
・ポイ活
・積み立て投資

【司馬遼太郎短篇全集】意外な初期作品。ファンタジーに大阪人情もの、エロもあるでよ。


思い切って司馬遼太郎短篇全集を購入した。全12巻。

司馬遼太郎短篇全集 第一巻 (文春e-book)

司馬遼太郎短篇全集 第一巻 (文春e-book)

 

 


自分にとっては安くはない買い物だ。特に、ここ10年ほど、本は図書館で借りるものという生活を送っていたため、何やら後ろめたい気持ちまでしてしまう。自分がこんな贅沢をしてしまって良いのだろうか? と。

 

それでも方針転換したのは、スマホKindle読み上げ 機能を使って本を「聴く」ようになったからだ。

 

隙間時間というのはけっこうあったようで、「耳活」を始めてから読書量は格段に増えた。今のところ、週二冊ペース。このままだと、一年で100冊は読めそうだ。

 


せっかく金を出すのだから、前から再読したかった司馬遼太郎の短篇全集を選んだ。

 

自分の読書体験は大学に入って勉強から解放されてから始まり、その時に読んでいたのが司馬遼太郎なので、読書の原点とも言える。


Kindle読み上げ は完璧に正しく読むわけではなくて、読み間違いも多い。固有名詞の読み間違いが続くとストーリーに入っていけないこともある。一度読んだことのあるものを聴いていくのは耳活初心者向けには都合が良かった。

 

 

さて、この全集。再読以外にもお楽しみがあった。

 

発表順に作品が並べられており、未発表作品がけっこう入っていることだ。さすが全集!

 


未発表作品中が発表順に並んでいると、国民的作家である司馬遼太郎さんも、最初の頃はこんな作品を書いていたのか~と意外に感じたりする。


独特の文体は初期の頃から同じなようで違和感は感じないけれど、そういえば司馬さんって新聞記者だったんだよな~と思い出したりする。


読みやすく分かりやすい新聞記事を読んでるみたいな気分。司馬さんは歴史を取材して記事にしていたのかもしれない。

 


第一作の「わが生涯は夜行貝の光と共に」は、ひたすら螺鈿細工を追求する職人、第二作「「国宝」学者死す」も同様に世間や世渡りや名声には背を向けて魚の研究に一心した大学講師が主人公。何やら芸道ものの趣きだ。


司馬さんは一つのことを脇目も振らずに追求する人が好みだったのかも。

 

 

その他、意外な作品もある。司馬さんと言えば、歴史もの、戦国・幕末が舞台、というイメージが強いけど、ファンタジーものや、現代もの、大阪人情ものもあったのだ。


ファンタジーものは、「花妖譚」シリーズがある。司馬さんがギリシャ神話の美少年ナルシスを描いているのは、けっこう違和感。妙に淡々と書いている。

 


現代ものの中でも大阪人情ものも違和感バリバリ。タイトルがずばり「大阪商人」の主人公は「ガタ政」だ。もちろんこてこての大阪弁をしゃべる。

 


ミステリ仕立て? の「マオトコ長屋」は関西テイストが底に流れているせいか、タイトルほどにはエロくならない。

司馬遼太郎短篇全集 第二巻 (文春e-book)

司馬遼太郎短篇全集 第二巻 (文春e-book)

 

 

 

団地妻がいきなり駆け落ちする「ある不倫」もある。

司馬遼太郎短篇全集 第三巻 (文春e-book)

司馬遼太郎短篇全集 第三巻 (文春e-book)

 

 


あまり女性を描かない印象があったけど、始めはそうでもなかったのだ。


2巻に収録されてる「神々は好色である」など人間どころか神様が身も蓋もなくまぐわっていらっしゃる。それでもエロくない。ねっとりしない。乾いた明るさ。よく司馬さんの明るさは「からり」と表現される。この作品も典型的な「からり」だ。

 


読書の原点へ戻ろうと購入した短篇全集だけど、意外な発見もあって読んでくのが楽しい。


贅沢だけあってボリュームたっぷり。最後まで読むのにあと1~2ヶ月は楽しめそうだ。司馬遼太郎好きにはオススメ!

 


【プロフィール】

嫌いなことやりたいことを回避するライフスタイルとがんばらないためのライフハック がテーマ。
空いた時間はKindle読み上げで本を聴き(週1冊)漫画を読んでいく(週50冊)。


・片道1時間の自転車通勤中
・食事はMEC食からEAA&メガビタミンへ移行。糖質制限中。
・ホットクック 1.0Lで自炊開始
・服は制服化済み
・住まいは断捨離してミニマリスト
スマホiPhoneからPixel 3a XL へ移行
・マンガと歴史好き
(特に世界史へ進攻中)

最近、取り組んでいるもの――。
・音声入力
Excel自動化(マクロ・VBA
・徒歩通勤
・朝活(ファミレス)

これから、やりたいこと――。
古武術介護
小笠原流礼法
競歩
・ポイ活
・積み立て投資

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【トナラー】音声入力者には相性が悪い。濃厚接触も避けたい……。


しばらく前にTwitterで「トナラー」の話を読んだときは思わず笑ってしまった。「あるある」と。

 


例えば時差通勤して朝活してるファミレスでのこと。スマホに音声入力してブログを書いたりしてると、トナラーには悩まされる。さすがにすぐ近くに座っている人がいると音声入力はできない。


反対側の隅が空いているのに、なんでわざわざ隣に座るのか? と腹立たしく思っていたのだ。

 

 

トナラー問題のことを考えていたら、昔、入った妙な店を思い出した。

 

確か、大阪系のお好み焼きのチェーン店だったが、この店は客を案内する時に、前客の隣から順番に座らせていこうとした。


店はガラガラで二客しかいないのに、なんでわざわざ隣に座らねばならんのか? しかも、余裕のあるレイアウトでもなく、席と席の間は狭苦しいと言ってもよいくらいだった。


文句を言っても、バイトらしき店員はマニュアルでそうなってると繰り返すばかり。確か、食べずにそのまま店を出て行った記憶がある。


その店はほどなくつぶれてしまったようだったし、親元会社の名前も聞かなくなった。今ではもう思い出せない。

 


新型コロナウイルスの騒ぎが起こってからは濃厚接触の危険性がニュースで流れるようになって、今のところトナラーとは遭遇していない。


店内で音声入力なんかするなよ、と言われたら返す言葉もないけれど、音声入力するしないにかかわらず、トナラーは居なくなって欲しいよな、てのがいつわざる本音だ。

 

 

【プロフィール】

嫌いなことやりたいことを回避するライフスタイルとがんばらないためのライフハック がテーマ。
空いた時間はKindle読み上げで本を聴き(週1冊)漫画を読んでいく(週50冊)。


・片道1時間の自転車通勤中
・食事はMEC食からEAA&メガビタミンへ移行。糖質制限中。
・ホットクック 1.0Lで自炊開始
・服は制服化済み
・住まいは断捨離してミニマリスト
スマホiPhoneからPixel 3a XL へ移行
・マンガと歴史好き
(特に世界史へ進攻中)

最近、取り組んでいるもの――。
・音声入力
Excel自動化(マクロ・VBA
・徒歩通勤
・朝活(ファミレス)

これから、やりたいこと――。
古武術介護
小笠原流礼法
競歩
・ポイ活
・積み立て投資

【高脂質食へ】牛脂がなければシマチョウを食べればいいじゃないの?!

 

食生活は少しずつ高脂質食へ向かっている。これは「金森式ダイエット」などの影響だ。

 


これまで、糖質制限→肉・卵・チーズのMEC食→プロテインEAA→ビタミンC(メガビタミン)と少しずつ、本当に少しずつ進んできた。

 


糖質制限はかなり進んでいて、米・パン・麺などの炭水化物はほとんど食べなくなってる。

 

 

MEC食は、乳糖不耐症の気があるようなのでチーズはフェイドアウトしたけれど、卵と肉は継続中。肉はこのところ食べる量が増えてきた。

肉・卵・チーズのMEC食でダイエット (TJMOOK)

肉・卵・チーズのMEC食でダイエット (TJMOOK)

  • 発売日: 2015/10/26
  • メディア: 大型本
 


プロテインEAA・ビタミンCは職場でボトル飲みしてるけど、夏場になって水分補給が増えれば自動的に摂取量が増えるだろう。

 


こんな状況の中、これから出来ることは、高脂質化を目指して、とりあえずは食べる肉を出来るだけ脂身の多い肉にシフトしていくことだ、と考えている。

 

 

幸い、豚バラ肉が好きだったので、最初は豚バラから入っていった。

 

すぐに豚バラ肉ブロックを買ってきて、豚角煮を作ったのだけれど、これは腹を壊してしまった。


ホットクックの低温調理で美味しく出来たのだが初心者には脂が多過ぎたようだ。今は慣れて耐性ができるまで保留にしている。

 

 


豚バラ肉の次に目をつけたのは鶏皮だ。元々焼き鳥の中で好きだったこともある。

 

手羽中と膝軟骨と鶏皮を一緒くたにしてホットクックで低温調理すると手羽中はむっちりと軟らかくなる。鶏皮はブルブル。膝軟骨のコリコリがアクセントになって良い。

 

 

さて、本命の牛肉だけど、やっぱり牛肉は全般的に高い。おまけに他の肉と比べて当たり外れが大きい。値段が高い肉は美味いけど、安くて美味い肉がなかなか見当たらない。高い肉は美味いんだけどね。

 

牛バラは外国産でもないとリーズナブルな値段にならないし、バラの割には脂も豚バラほど脂も多くないように思える。

 


金森式ダイエットの聖フード「牛脂」もスーパーでは売ってないし、牛脂を売ってくれる個人商店を開拓する必要がある。


そんなわけで、牛肉の高脂質化は進んでいなかったけれど、最近はだんだん巻き返せてきた。

 

 

一つは牛スジ。ホットクックで煮こむとコラーゲンぷるぷるで美味い。値段も100gあたり200円以内だ。いつもスーパーに必ずあるわけではないのが残念だ。

 


もう一つはシマチョウ。牛のホルモン。大腸だ。脂肪たっぷり。一度ホットクックで煮こんだところ、ほとんど溶けて脂になってしまったこともあった。


f:id:rakuda95:20200324121452j:image

 

しばらくの間、脂に耐性が出来るまでは、無理して牛脂を手に入れようと苦労するよりシマチョウで間に合わせていよう。


シマチョウはスーパーでも必ず手に入る。売れ残って値引き品になっていることも多い。値段も100gあたり150円。リーズナブルだ。

 


金森式ダイエットに厳密に照らし合わせて、牛スジやシマチョウが正解だとは思わないけど、とりあえず手近なところから高脂質化していきたい。

 


糖質制限に時間がかかったように、高脂質化にもかなりの時間がかかることは織り込み済み。怠け者はのんびりと少しずつ取り組んでいけるのが唯一の取り柄。向上心の強い人たちみたいに性急に成果を求めない。

 


ま、だらだらと、がんばらずにやっていくのである。

 

 

【プロフィール】

嫌いなことやりたいことを回避するライフスタイルとがんばらないためのライフハック がテーマ。
空いた時間はKindle読み上げで本を聴き(週1冊)漫画を読んでいく(週50冊)。


・片道1時間の自転車通勤中
・食事はMEC食からEAA&メガビタミンへ移行。糖質制限中。
・ホットクック 1.0Lで自炊開始
・服は制服化済み
・住まいは断捨離してミニマリスト
スマホiPhoneからPixel 3a XL へ移行
・マンガと歴史好き
(特に世界史へ進攻中)

最近、取り組んでいるもの――。
・音声入力
Excel自動化(マクロ・VBA
・徒歩通勤
・朝活(ファミレス)

これから、やりたいこと――。
古武術介護
小笠原流礼法
競歩
・ポイ活
・積み立て投資

 

 

 

【男も#KuToo】職場靴はBIRKENSTOCKのロンドンからモンタナへ!

 

 

久しぶりに「#KuToo(クーツー)」がニュースになっていた。

 


女性の間で無理してヒールのある靴を履きたくないと言う主張がTwitterなどで話題になったけど、盛り上がったのは一時期で下火になっていたのだ。ニュースで見たのは1年ぶりぐらいだろうか。


革靴苦手男子としては共感を持っていたし、男子の方にも何か良い影響がないかなどと思っていたのだ。

 


職場で見とがめられもせず、いかに楽な靴を履くかは自分にとっても重要なテーマだ。

 


現在のところ、BIRKENSTOCKのロンドン2足とモンタナ1足をローテーションしている。


どちらも幅広で楽なのだけど一長一短がある。

 


ロンドンはインソールが厚くて土踏まずのところに心地良い刺激が感じられる。


その一方でデザインがどうしてもサンダルっぽい。

 

 


モンタナはカジュアルなデザインだが紐靴なので職場でも安心して履ける。

 

そして紐靴なので足の甲がジャストフィットして歩くときにかかとを地面に引きずるようなことが無い。


その一方で、ロンドンと比べるとインソールが薄くて真っ平らな履き心地だ。

 

 

 

これまで半年ぐらい履き比べてきたけれど、どちらが良いか結論が出た。

 


2月の下旬あたりから新型コロナウイルスの影響で仕事が忙しくなって疲れが残るようになったけれど、モンタナを履いてるときの方が明らかに楽だったのだ。


元気な時には気づかなかったけれど、明らかにモンタナの方が軽いのだ。足が疲れてる時にはこれがずいぶんと助かった。

 


やはり靴は幅広で軽いのが一番だ。


ロンドンはモンタナよりも早く買ったせいか、だいぶかかとがすり減ってきている。歩き方も良くないのかもしれない。


古いロンドンを廃棄処分するとしたら、代わりに買うのはモンタナになる。このままだと、靴はモンタナ一択になっていきそうだ。

 

それとも画期的に楽でフォーマルな革靴が発売されるようになるだろうか? こちらも併せて期待したい。

 

 

【プロフィール】

嫌いなことやりたいことを回避するライフスタイルとがんばらないためのライフハック がテーマ。
空いた時間はKindle読み上げで本を聴き(週1冊)漫画を読んでいく(週50冊)。


・片道1時間の自転車通勤中
・食事はMEC食からEAA&メガビタミンへ移行。糖質制限中。
・ホットクック 1.0Lで自炊開始
・服は制服化済み
・住まいは断捨離してミニマリスト
スマホiPhoneからPixel 3a XL へ移行
・マンガと歴史好き
(特に世界史へ進攻中)

最近、取り組んでいるもの――。
・音声入力
Excel自動化(マクロ・VBA
・徒歩通勤
・朝活(ファミレス)

これから、やりたいこと――。
古武術介護
小笠原流礼法
競歩
・ポイ活
・積み立て投資