らくだのライフハック

【iPhone】図書館でリクエストしたい本のデータを簡単に保存・管理するには、スクリーンショットの機能をフルに使おう!


本は、ほとんど図書館で借りている。

読みたい本は、① 新聞の広告、② スマホでネットを見ているときに見つける、の2パターンだ。


図書館で読みたい本をリクエストするのは、図書館の窓口へ、紙に書いた申請書を提出している。

アナログなやり方だ。

試行錯誤を経て、こうなった。


もちろん、図書館にはサイトはあるし、検索して、ネット上から予約できる。

でも、新聞の広告に掲載されるような新刊本は、まだ、図書館に入っていないことが多いし、しばらく待ってから、と思ってると忘れてしまうことも多い。


それに、その図書館では買わないこともある。

その場合は、よその図書館から取り寄せてくれるけど、取り寄せの申し込みは、ネット上からはできない。

そんなわけで、紙に書いて申しこむのが、一番、楽なのだ。


さて、図書館へ行き、リクエスト用紙にお目当ての本を書くとき、自分の場合、iPhoneの写真アルバムの「スクリーンショット」フォルダを開く。

ここに、リクエストしたい本が貯まっている仕組みになっている。


例えば、iPhoneでネットを見ているときに、読んでみたい本が見つかったら、スクリーンショットで写真を撮っておく。

スクリーンショットは、本体上部または側面にある「スリープ/スリープ解除ボタン」と「ホームボタン」を同時に押すと撮れる。

iPhoneでスクリーンショット(画面保存)を撮る方法 | iPhone Wave


iPhoneの場合、撮影した写真は、アルバムの「すべての写真」フォルダに保存されるけど、同時に、スクリーンショットで撮影した写真は、「スクリーンショット」フォルダにも保存される。


最初は、リクエストしたい本を探すとき、「すべての写真」フォルダを見ていたけれど、他の写真に紛れてしまうので、「スクリーンショット」フォルダから探すようになった。

こっちの方が探しやすい。


一時期は、図書館でリクエストしたい本を、専用のフォルダを作って管理しようとしたこともあったけど、写真をいちいちフォルダからフォルダへ移動させるのが面倒で長続きしなかった。

スクリーンショット」フォルダは、スクリーンショットで撮影した写真だけを、自動的に貯めこんでくれるのでありがたい。


ちなみに、新聞に載っている本の広告を写真に撮った場合は、撮影した写真が、ちゃんと写ってるかどうか確認したあと、「その写真をスクリーンショットで撮影」する。

二度手間になるけど、作業自体は簡単だ。

こうすることによって、この写真は、「スクリーンショット」フォルダに、自動的に貯めこまれていくわけだ。

そして、ネット上で知った本と、新聞の広告で知った本のデータを、一元化して管理できる。


このやり方をするようになってからは、ずいぶんと楽になった。


スマホのカメラも、ずいぶんと高性能になって、気になる本のページなどを撮影すると、スキャンして保存するのと変わらないようになった。

あとは、いかに楽に保存するか、だ。

わざわざ保存する時に、後々、見つけやすいよう整理するのも、ラベリングするのも大変だ。

スクリーンショットは、スキャン代わりに使えるだけでなく、保存整理にも活用できる。

ぜひ、お試しを!


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。

【MEC 食】牛ランプ肉は焼いたら美味かった! でも、硬かった……。


今週、2度目の牛ランプ肉。

1度目は、炊飯器調理したけど、美味くなかった。


今回は、前回の反省を踏まえて焼いてみた。


まず、フライパンを空焼きする。

普通は、濡れ布巾の上に置くところだけど、面倒なので、流しに水を流したあと、フライパンを置く。

当然、じゅわわっと音がする。

ステンレスの流しなので、べこんっと音がしたりする。

でも、それでいーのだ。

フライパンの熱が取れればーー。


フライパンを再びガスコンロに乗せて、火をつけて、牛脂を放りこむ。

牛脂はキャンディみたいな感じで、スーパーの牛肉売り場に置いてある。

無料でもらえるのはありがたい。


塩抜きしたランプ肉をフライパンに乗せて、表面だけ強火で焼いたら、後はフタをして火を消して、しばらく放置する。


ランプ肉は3枚あったけど、一枚ずつフライパンから取って食べた。

いっぺんに皿に乗せると、冷めてしまうと思ったのだ。


恐る恐るランプ肉を食べてみると、美味い!

意外っちゃあ失礼だが、塩味だけでベリ美味だった。

ちゃんと肉の味もしつつ、しっかり味がついてる感じ。


ただ、食べ続けていると、ところどころ硬くて噛みきれない部分が出てきた。

炊飯器調理の時は、味はイマイチだったけど、硬い所は無かったなあ。


考えてみると、牛脂がポイントなんだろうか?

炊飯器調理の時に、ランプ肉と一緒に、牛脂をポリ袋に入れれば、柔らかくて美味くなるのかもしれない。

値引き品で買ったランプ肉は、まだ、もう一つある。

今度は、牛脂で炊飯器調理にチャレンジしよう。


今一度、牛ランプ肉の料理法を検索してみたけれど、やはり、ほとんどステーキで食べてるようで、赤ワイン煮をちらほら見かける程度だった。

そして、ランプ肉は、やっぱり硬くて、皆さん苦労してるようだった。


試行錯誤の旅は続くーー。


まあ、無理してランプ肉を食べなくても、と言う選択肢もあるので、次回の買い出しの時は、値引き品でなければ、ランプ肉を買わないようにしとこう。


あとは、炊飯器調理して駄目だったら、自家製タルタルソースで食べる、と言う手もある。

タルタルソースで食べれば、たいていの肉は美味しく食える。


ホイップクリームをクラッカーの上に乗せて、口の中に放りこむように、ランプ肉の上にマヨネーズをホイップして食べても美味しく食べられてしまうかもしれない。

でも、それって、あまりにも味気ないよなあ……。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。

【シャワー生活】浴びてから食べるか、飲んでから浴びるか!


湯船につかるのは止めて、シャワーのみの生活になって一年が過ぎた。

真冬の寒い時期も乗り切った。

恐らく、このまま、続けていくだろう。


ただ、一つーー。

平日は、自転車通勤で帰宅してからシャワーを浴びるので、特に寒さを感じることは、あまり無かったけれど、休日、特に運動してないのに、シャワーを浴びる時は、けっこう寒くて、ストレスの元だった。

解決法として、浴室に、電気ストーブを持ち込んで、しのいでいた。


五月に入ってからは、暑い日々が続いたので、もう、寒い思いはしなくてすむと、ホッとしていたところ、六月に入ったら、寒い日が続いて、元に戻ってしまった。


そんな、ある休日のことーー。


いつもなら、シャワーを浴びて、さっぱりしてから、食事&酒の流れなんだけど、たまたま、急に腹が減ってしまったので、先に飲み食いしてから、シャワーを浴びた。

すると、けっこう気温は低かったにもかかわらず、シャワーを浴びても、特別、寒さを感じなかったのだ。


でも、よく考えたら、当たり前だ。

食べれば、身体は代謝する。

内燃機関にガソリンを注いで燃やすようなもんだ。

おまけに、アルコールを注入する。

体温が上がって当たり前だ。

さらに、酔っ払ってるから寒さも感じない。


なんで、こんな簡単なことに気づかなかったんだろう。

これからは、休日にシャワーを浴びるときは、寒い日でも、飲み食いしてから浴びるようにすれば、いくらかマシになるのだ。


冬の間に気づいていれば、もうちょっと楽だったのにな〜。


シャワー生活についてはこちら 


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。

【MEC 食】気がついたら発酵MEC 食になっていた。MEC 食と発酵食品が一体化していた。


このところ、MEC 食への傾斜が著しい。

まあ、効果を実感しているのでしかたない。

そのうち、落ち着くだろう、と思っている。


ちなみに、MEC 食の前は、発酵食品に夢中だった。

この頃は、発酵食品も、酒粕豆乳ヨーグルトや自家製納豆から撤退したり、と少し寂しさを感じないでもなかった。


でも、良く考えてみると、今現在、食べているものは、ほとんどが発酵食品でもあることに最近気づいて驚いている。


いま傾倒しているMEC 食は、肉・卵・チーズと箸休めの野菜がメインとなっている。

ほったらかし調理で肉食やせ! ー 煮る、焼く、注ぐ、チンするだけ! 肉・卵・チーズのMEC食レシピ

ほったらかし調理で肉食やせ! ー 煮る、焼く、注ぐ、チンするだけ! 肉・卵・チーズのMEC食レシピ


実は、これら全てが発酵食品でもあったのだ。

順番に見ていこう。


まず、肉。

これは、土日に一週間分の肉を買ってしまうけれど、基本は、塩麹漬けにしている。

塩麹漬けすることによって、一週間は冷蔵庫で保存できるし、安い肉でも、ぷるぷるになるし、何より美味くなる。


ちなみに、しゃぶしゃぶ用の薄い肉は、塩麹漬けすると、しょっぱくなってしまうので、塩麹漬けせずに、なるべく早く食べるようにしてる。

ちなみにのちなみに、冷凍保存しても、あまり味は落ちないような気がする。


卵については、このところ、煮卵を極めようとしてるのだけど、よく、塩麹漬け、酢麹漬けの煮卵を作っている。

なかなか美味い。

半熟であることは欠かせない。


発酵とは話がズレるけど、定番のめんつゆだけじゃなくて、ウスターソースも意外にイケる。

一度、お試しあれ!


チーズは、もともと発酵食品だ。

とろけるチーズをレンチンして、パリパリ焼きにして食べている。


最後に、箸休めの野菜の漬物。

これは、塩麹漬け・酢麹漬けにしたものなので、もちろん、発酵食品だ。


現在思い切って、ぬか漬けにチャレンジしようかどうか、検討中ーー。


最後の最後に、酒。

自家製どぶろくは、もちろん、最高クラスの発酵食品だ。

ビールや缶チューハイも飲むけれど、どぶろくも止めずに飲み続けるつもり。

特別、美味いわけでもないけれど、不思議と飽きないんだよね〜。

自分の身体や、家の中に巣くう常在菌で発酵させてるからかなーー。


MEC 食を自分なりに追求してたら、発酵MEC 食になっていた。

全部、発酵食になっていたのは、ちょっと、びっくり。

何だか、縁があったような……。


とりあえず、継続していくのである。


ちなみに、そろそろ人間ドック。

結果が楽しみだな〜。

MEC 食の影響が出てくるかな?


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。

【MEC 食】牛ランプ肉の三分の一の値段だけれど、鶏もも肉の炊飯器調理はジューシーでほろほろほぐれる美味さだった!


火曜日の朝食は、鶏もも肉

塩麹漬けしておいたものを塩抜きして、炊飯器調理の保温モードで一晩。


とろけるチーズのパリパリ焼きと煮卵を添えて、完璧なMEC 食だ。

写真には写ってないけど、トマトをスライスしたものに、オリーブオイルをかけたものを箸休めとした。

まとめて作って肉食やせ!―肉・卵・チーズを食べるMEC食の常備菜レシピ115

まとめて作って肉食やせ!―肉・卵・チーズを食べるMEC食の常備菜レシピ115


食べる前に、ナイフで切っている段階で、鶏肉は、ほろほろと崩れていくぐらい柔らかい。

食べてみてもジューシーだ。

塩麹漬けした時の、ほんのり塩味で充分に美味い。


前日の、牛ランプ肉とは、えらい違い。

肉には、脂身が無いと駄目なんだろうか?

まあ、ランプ肉を焼くことを試してから結論を出そう。


それにしても、、牛ランプ肉は、鶏もも肉の、軽く3倍の値段だ。

鶏もも肉だって、肉強化週間に入ってからは、それまでの倍の値段の良い肉を買っている。

それ以前では、予算の範囲内は、100グラム140円程度だったので、その当時と比べたら、牛ランプ肉は、5倍近い値段が高い。

それなのに、たいして美味くもなかった、と言うのは、本当にがっくりする。


自家製タルタルソースで食べたときも、タルタルの味が強烈すぎて、肉の味が全然わからなかった。

タルタルの時は、豚肉の小間切れでも充分かもしれない。


安い肉を工夫して美味しく食べるときと、高い肉を存分に味わうときと、もうちょっとメリハリをつけられると良いんだけれど。

値段が高ければストレートに美味いわけでもないようなのでーー。


自家製タルタルソースについてはこちら 


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。

【MEC 食】牛ランプ肉の炊飯器調理はイマイチだった……。


肉食、続く……。


今回は、初めての牛ランプ肉。

見るからに、赤身って感じの肉だ。

塩麹漬けしておいたものを、塩抜きして、炊飯器調理の保温モードで一晩。

さて、食べてみるとーー。


う〜ん。

お世辞にも美味いとは言えない。

なんだか、パサパサして、牛肉のササミを食べてるような感じ。

脂肪分が少ないところは、ササミと似ているのかも。


もともと、ランプ肉は、値引き品になっていたので買った。

3つ、値引きしてたので、3つとも買ってしまった。

どうしよう……。

とりあえず、次回は焼いてみるのである。


あと、バターも買っておいた。

バターとしょうゆで味つけしたら、どうだろう。

駄目なら、とろけるチーズをふりかける。

半熟のゆで卵と一緒に食べる。

ここまでやれば、何とか食えると思うのだがーー。


ちなみに、写真では、肉の下に豆が写ってるけど、これは、ランプ肉と一緒に炊飯器調理した。

肉汁を吸い込んで美味くなるかと思ったけど、さほどでもなかった。


大豆は、ふるさと納税で取り寄せたものが、まだ大量にある。

自家製豆乳のために取り寄せたけど、豆乳メーカーを使うのを止めてしまったので、余ったままだ。

しかたないので、炊飯器調理で蒸してみたけど、イマイチ美味くない。

始末に困ってるーー。


もう一皿は、ほうれん草をゆでて、マヨネーズで和えたもの。

いつもなら、刻み海苔か昆布の佃煮と混ぜるけど、どちらも無かったので、戸棚の奥にあった納豆昆布と混ぜてみたけど、微妙な味だった……。


今回は、肉も、箸休めの野菜も失敗だった。

敗北感でいっぱい。

がっくり……。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。

最寄りスーパー隣のドラッグストアがいきなり閉店。過当競争か、過疎地域予備軍認定か?


先日の土曜日、最寄りのスーパーへ行ったら、スーパーの隣のドラッグストアがいきなり閉店になっていた。

びっくり。


びっくりしているのは、自分だけではないようで、通り過ぎる人たちも、立ち止まったり、首をかしげたりしていた。

けっこう、繁盛していたはずなのにーー。


翌日の日曜日には、こうなっていた。


最近のチェーン店は、ほんとに見切りが速い。

「そこそこ客がいる」程度では駄目なようだ。

ちなみに、最寄り二軒目のスーパーの隣のドラッグストアも閉店して、そろそろ一年になろうかってとこ。


自分の場合、ドラッグストアは、無くても別に困らないんだけど、食料品をスーパーで、日用品をドラッグストアで買っていた。

クレジットカード払いにしていると、月に一度、明細書が送られてきたときに、食費はスーパーで買ったもの、日用品はドラッグストアで買ったものを合計すれば良いので、わかりやすかったのだが、これからは、この手は使えなくなった。


そもそも、近所から、店が減っていって、貸店舗が増えていくのは愉快じゃない。

普通に人は住んでいて、過疎地域でもなんでも無いはずなのに。

大手銀行の支店が引き上げ、本屋が無くなり、チェーン店ばかりになったと思ったら、そのチェーン店まで引き上げ始めた。

住みにくくなるなあ。

いくら通販で買えばいいと言っても、シャッター通りばかりだと、先行き不安になる。


いつか、物価の安い田舎へ移住しようと思ったこともあったけど、過疎化が進んで、スーパーや図書館やジムや病院などが無くなってしまったら、さすがに住むのに不便を感じるだろう。


このところ、団地住まいも良さそうだな、と東京R不動産の団地本を読んだりしてるんだけど、団地住まいに目を向けたのは、団地でも高齢化・過疎化が進んでいるとは言え、それなりにまとまって人が住んでるので、店や公共施設がいきなり無くなることはないだろうってのもあった。

[団地を楽しむ教科書]   暮らしと。

[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。


けっこう人が住んでるのに、と書いたけれど、ご近所を歩けば、ぽつぽつと空き家が増えていることも確かだ。

この先、人口が劇的に増えることは、まず、無さそうだ。

ドラッグストアから見切りをつけられたか、と思うと、愉快な気分じゃないなあ。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。