らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

ー何もしないためにやらなければいけないことと、がんばらないためのライフハックー

【花粉症】花粉がよく飛ぶ時間帯と外出について


さて、休日。自分なりに優雅に過ごしていた。


様子が変わってきたのは、朝寝して、目が覚めたあとだ。まぁ、朝酒の後、朝寝してるわけだから、贅沢な悩みかもしれない。ちなみに、シャワー・オンリーなので朝湯はしてない。


花粉症になって、もう15年目。これまでは、外出の時間帯にまで気を使ったことは無かったけれど、今年は、去年の3倍の量の花粉と言うことだし、少しは考えた方が良いのかもしれない。


さっそく、「花粉症 時間帯」でググって、検索結果トップ10を見たところーー。

・お昼前後と夕方の通勤タイムがヤバい。

・午後3時頃は一段落して少な目。

だいたい、こんな感じーー。

花粉の飛散ピークは1日2回!

  • 1日の中で花粉のピークっていつ?|鼻炎Q&A|アレルギー専用鼻炎薬「アレグラFX」

  • その一方でーー。

    ・午後1〜3時に花粉が良く飛ぶ。

    ・朝の通勤時間帯に花粉症の症状が出る。

    (行き交う人が地面の花粉を巻き上げるから)

    ・午後2時頃も辛い。

    ーーこんな指摘もあった。

    いったい、どれが正解なんだ? 結局、一日中、花粉症で苦しむことには変わりないようだ。

  • 花粉の飛散時期 | 花粉症レスキュー隊
  • 花粉のつらい時間帯 - 花粉情報|au天気

  • 花粉症シーズン、徒歩通勤は中断している。自転車通勤を除いて、長時間、外をうろつくことは、ほとんど無い。


    自転車通勤も、朝は時差通勤チャレンジの最中で、早めに家を出てるから、花粉の被害は無さそうだ。帰りの自転車通勤だけ、とりあえず、気をつけよう。


    問題は休日。いくら引きこもり気味のインドア体質と言っても、最低限、図書館とスーパーへは行かねばならぬ。


    で、図書館とスーパーの営業時間を調べてみた。

    ・図書館 

     土曜日 午前9時〜午後7時

     日曜日 午前9時〜午後5時

    ・スーパーA 午前9時〜午後9時

    ・スーパーB 午前9時〜午後10時

    ・スーパーC 午前8時〜午後11時


    スーパーは、思ってたよりも長時間に渡って営業していたので、ちょっと、びっくり。


    これなら、午前8時〜10時あたりにスーパー&図書館をひとまわり出来そうだ。スーパーだけなら、夜の8時以降に2〜3店、ハシゴ出来そうである。


    これまでは寒い時期だったので、なんとなく昼間に出歩くことが多かったけど、これからは、朝か晩に動いた方が良さそうだ。


    そろそろ本格的な花粉症シーズン。厳冬期をスルッと乗り越えたように、上手くやり過ごしたいもんだ。


    カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。

    【麹水、再び】水出しコーヒーから「麹水」復活へ


    すっかり水出しコーヒーにハマっている。


    さらに増えている。


    こんな具合で、ボトルに水出しコーヒーのアイスコーヒーをつめて、職場で飲んで家でも飲んでって感じだったのだが、ふと思いついて試してみた。


    そう、よく考えたら、水出しコーヒー用のポットは「麹水」を作るのにジャストフィットなのだった。


    はっきり言って、特別に美味いと言うほどではないのだが、氷水よりはマシだし、するすると飲める。


    水出しコーヒーも、苦味・雑味が無くて、スイスイ飲めるけれど、さすがに飲みすぎると胃が痛くなってくる。麹水を思い出したのは、それが原因かもしれない。まぁ、飲みすぎなきゃ良い話なんだが……。


    以前にも麹水を作ったことがあったけど、その時は不発に終わった。その時は水出し用のポットもなかったので面倒だった記憶がある。マイ格言「面倒なことは長続きしない」。


    あと、けっこうコストがかかるなあ、とも思っていた。通常は水500ミリリットルに対して麹は100グラムぐらいのようだが、水出し用ポットを使えば、麹50グラムで十分イケる気がする。


    これだと、麹水500ミリリットルを作るのに、一回あたり70円ぐらいか。まあ、こんなもんではなかろうか。


    それと、麹水を作り終わったあとの麹の出し殻については、捨てるのがもったいなくて、かと言って上手い利用法も思いつかなかった。前回、不発に終わった理由の一つでもある。


    今回は、最近、飲むようになった「発酵スープ」の中に入れて、具だくさんスープとして食べるようになった。もともと、ツブツブ好きなので、けっこう美味い。


    麹水を飲んで、出し殻の麹を食べる。まだ始めたばかりだけど、体調は悪くない気がする。


    ただ、糖質制限からは、遠ざかりつつあるかな〜。でも、特に体重が増えてる兆候は無い。まぁ、要観察だ。


    思いがけず、水出しコーヒーから麹水の復活と相成った。これからの発酵ライフ、どうなっていくかな〜。


    MEC食で肉を食いまくっていると、大腸ガンにならんかな? と不安になることがあるので、発酵食で腸活するのは、精神衛生上も良いようだ。


    MEC 食についてはこちら 

    肉・卵・チーズで人は生まれ変わる

    肉・卵・チーズで人は生まれ変わる

    「野菜中心」をやめなさい ~肉・卵・チーズのMEC食が健康をつくる

    「野菜中心」をやめなさい ~肉・卵・チーズのMEC食が健康をつくる


    カテゴリー紹介 #発酵

    花粉症対策がきっかけで「発酵」にハマる。

    週末に仕込み、平日に食べる発酵食品ライフを継続中。

    マネしてやってみようという人は自己責任でお願いします。

    【自家製豆乳甘酒】あきれるほど適当なのに、あきれるほど超甘!


    しばらく休んでいた自家製豆乳甘酒作りを復活させた。


    自家製発酵にハマった時期があって、疲れて次々に止めていった時期があって、今は揺り戻しの時期なのかもしれない。


    納豆のような難しくて面倒なものは止めたままだけど、簡単なものは少しずつ復活している。


    今、自家製発酵させてるものはーー。

    酒粕豆乳ヨーグルト

    ・豆乳塩麹

    そして、今回、復活させたーー。

    ・豆乳甘酒


    ちなみに、酢麹も自家製発酵中が3本ほどあるのだが、今ある分を使い切ったら止めてしまうつもりだ。甘酢のような感じで好みではあるんだけど、今のMEC食スタイルでは、全く使う機会が無くなってしまったのだ。


    通常の甘酒と違ってーー。

    ・水を使わず豆乳だけで作る。

    ・米でお粥を作らず、麹だけで作る。

    この2点が特色だ。


    豆乳だけで作ると、甘酒と言うよりはカスタードクリームみたいに濃厚で甘くなる。


    発酵食品にやたらと豆乳を使いたがるのは、発酵ブロガーのきのこさんの影響だ。

    発酵マニアの天然工房

    発酵マニアの天然工房


    普通は、米でお粥を炊いてから麹を足していくようだが、面倒なので麹オンリーで作っている。我ながら横着だと思っていたけど、ググってみたら、このやり方もアリなようだ。ちょっと、ホッ。


    まず、麹約200グラム(かなり適当)を炊飯器に入れて、豆乳1リットルちょっと(ほんとに適当)を注ぐ。


    ちなみに、発酵では、量に関しては、かなり目分量で何とかなる。だから、自分のような人間でも長続きしている。作ったこと無いけど、菓子作りでは、そうはいかないらしい。発酵チャレンジは臆せずやって欲しい。


    炊飯器は保温モードのスイッチを入れて、ゆるく覆いをかける。空気が入るように。自分の場合、フタ代わりに、四つ折りにした新聞紙を乗せている。さすがに、これはオススメしない。


    保温モードのまま、12時間程度、放置。できれば、時々かき混ぜる。時間もかき混ぜも、適当で良い。何度もやっているうちに、こんなもんかな、てのが分かってくる。


    で、できたのが、こちら。


    フチのちょっとこげたところをスプーンですくって食べると超甘で美味い。プリンのカラメルの焦げたところを集めた感じ。自家製の楽しみの一つだ。


    ペットボトルにつめる。


    つめたら、よく洗わないとベタベタする。


    とりあえず、冷蔵庫の上へ。奥に並んでるのは酢麹と塩麹。我が家では冷蔵庫の上が1番発酵しやすいようだ。


    いきなり冷蔵庫へ入れても良いのだが、いったん常温のまま放置して、ペットボトルが少し膨らんだら、冷蔵庫へ移している。ペットボトルが膨らむと、確かに発酵しているのが実感できるのだ。


    ただ、うっかり放置したまま忘れてしまうと、ペットボトルがパンパンに膨らんで、フタを開けると爆発する羽目になる。今まで、何度、爆発させたか……。


    そんなときは、いったん冷凍して凍らせてからフタを開けてガスを抜くと良い。麹は冷凍したくらいでは死なないようだ。


    現在、甘酒は、発酵スープに使っている。甘酒と塩麹を入れるだけで、ずいぶん、こってり感が生まれる。豆乳で作ってるからだろうか?


    復活した自家製豆乳甘酒、MEC食とともに続けていくのである。


    カテゴリー紹介 #発酵

    花粉症対策がきっかけで「発酵」にハマる。

    週末に仕込み、平日に食べる発酵食品ライフを継続中。

    マネしてやってみようという人は自己責任でお願いします。

    【自転車通勤】時差通勤チャレンジ! 1時間早く家を出るとーー。


    先週の金曜日「時差通勤」をした。仕事の関係で、いつもより1時間早く出勤したのだ。


    たまたま、やむにやまれずにしたことだったけど、これが思ったよりも良かった。これまで、時差通勤と称して早めに家を出たこともあったけど、ほとんど夏場だったのだ。冬場では初めてかもしれない。



    夜明けの風景は、思ったよりも凜としていた。何となく「茜色」な感じだと思ってたけど、けっこうオレンジだ。普段、見たことのない風景を見ると、何だか旅に出たような気分になってしまう。雪景色を見たときと似たようなもんか。いつものルーティンな通勤コースなんだけど。


    そして、時差通勤は快適だった。出発時は真っ暗で、さすがに「やれやれ」な気分だったけど、走り始めてみると、いつもよりスムーズに走ることができた。



    薄暗い中、走っているのは、自分の自転車とクルマだけだった。当たり前だけど、クルマはすべてライトを点灯していた。昼間、走っているときより、はるかに周りの状況が分かりやすかった。


    それにしても、妙な挙動をする歩行者や、いきなり飛び出す集団登校中の小学生や、歩道を爆走するママチャリなんぞが居ないストリートと言うものは、これほど走りやすかったのか、とあらためて思う。


    自転車は道路交通法では「軽車両」、クルマの仲間と言うことになっているが、確かに、その通りだ、とようやく気づいた。


    1時間早く家を出るだけの時差通勤。どうして長続きしなかったんだろう?


    まぁ、これは単純な話で、朝、早く起きられなかったからだ。特に、寒いのが苦手だったので、冬はなおさらだった。


    今年は、寒いのにもある程度は強くなってきたし(むしろ夏の暑さがダメになってきた)、今年になってからは部屋の暖房の温度を上げるようにしたし、トイレに起きたついでに早めに暖房をつけて部屋を温めてから起床するようにもした。


    そんなこんなで、朝早く起きることも、以前ほどはツラくない。思い切って、1時間早く時差通勤することに切り替えていこうか? と考え中。


    一つ思ったことは、朝早く出れば、あまり花粉は飛んでいないので、花粉症は少し楽になるかもしれないってことだ。夏も涼しい内に出勤できるしーー。


    それと、1時間、早く駐輪場トランクに着いたら、あとは、始業時間近くまで、カフェチェーン店で時間をつぶせばいいか。朝の7時からやってるし、ちょうど良いかも。


    アイスコーヒー1杯500円として(冬でもアイス)、500円×5日×4週=10,000円。月に約10,000円。う〜ん。回数券とか、あんのかな?


    時差通勤のために、月10,000円の投資は割に合うのだろうか? ただでさえ、駐輪場トランクに月13,000円もかかっている。早起きの習慣がつくのは有難いんだが……。


    そこまで金をかけてやるほどのことか? と思わないでもないけれど、とりあえず、明日、休み明けの火曜日に試してみるつもりだ。


    何となく理屈抜きにやってみたい、と思うし、夜明けのシーンを疾走するのは、なかなか悪くない気分だったしね。路面の凍結だけは気をつけようーー。


    カテゴリー紹介 #自転車通勤 #徒歩通勤

    「やまめ乗り」で29インチのマウンテンバイク(シングルスピード&フルリジッド)に乗って自転車通勤(約1時間、片道約15㎞)を数年継続。

    セカンドバイクはクロモリのロードバイク

    ブルベ経験有り(SR取得)。

    現在は、時々、ウオーキングでの徒歩通勤も始めた。

    自転車とウオーキングと交互にして通勤できないかと試行錯誤中!

    自転車の教科書

    自転車の教科書

    自転車の教科書 ー身体の使い方編ー (やまめの学校)

    自転車の教科書 ー身体の使い方編ー (やまめの学校)

    【発酵スープ】塩麹と甘酒と梅干しと納豆全部入り!


    日本人のクセに味噌汁がどうも苦手だ。嫌いじゃないけど、自分からは飲まない。旅館の朝メシだと飲むけど、家では、「いいよ」って言ってた。母親が亡くなってからは、自分で作ることは無いーー。


    その代わりと言っては何だけど、最近、マグカップで、自己流の「おすまし」を飲むようになった。発酵食品をやたらと入れているので「発酵スープ」と呼んでいる。もうちょっと気の利いたネーミングは無いものかと思うけど、特に、これと言って思いつかないでいる。


    材料は以下の通りーー。

    自家製豆乳塩麹 

    けっこう塩気があるスープなのでちょっとだけ入れるようにしてる。小さじ一杯ぐらいか。


    自家製豆乳甘酒  

    大さじ一杯ぐらい入れる。しばらく止めていたけど、最近、復活した。炊飯器で簡単に作れる。これも「炊飯器調理」か。


    発酵スープのメインは、この甘酒なのかも。できれば腸だけでなく髪の毛にも効いて欲しい……。


    オリーブオイル 

    香りも良いし、お湯が冷めにくくなる。一石二鳥だ。朝食の時は、炊飯器調理で生じた肉汁を代わりに入れることもある。これがまた美味!


    梅干し 

    塩だけで作られた無添加の梅干し。その分、お値段はお安くはない。売ってるのも、ちょっと離れたところにあるスーパーだけ。地元の農産品みたいなコーナーでのみだ。

    米のご飯と一緒に梅干しを食べるのって、それほど好きじゃ無いし、おにぎりでも梅干し入りを積極的に食べたことは無いけど、これは美味い。

    梅干しとお湯の相性って、けっこう良いんじゃ無かろうか? 焼酎のお湯割りに梅干しを投入するのも美味かったよな〜。

    今年は、ふるさと納税で取り寄せることにした。つい、さっき注文したばかりだ。


    納豆 

    梅干しと同じで、米のご飯と一緒に食べるのは苦手だった。たまに食べると美味いんだけど、毎日、食べ続けようとすると辛い。

    あんまり、たくさん入れない方が良さそうで、パック半分の量をインしている。ちなみに、ひき割りがマイタイプーー。


    黒すりゴマ 

    これも髪に良さそうな気がする。だから、黒。すりゴマなのは、普通の粒ゴマだと消化が悪いようだから。ビロウな話で恐縮だが、トイレ(大)の時、未消化の粒ゴマを見かけることがあったので……。


    味噌汁の具 

    乾燥ワカメや乾燥ネギなんかが入っている。無添加のものを選んだ。最近のフリーズドライの技術は凄いな〜。探せば、いろいろ見つかるかもしれない。


    ドライであれば良いな、と思ってるのは、にんにくスライスを炒めてフリーズドライにしたやつ。スープに入れたら、韓国風のワカメスープになるかもしれない。あれ、美味いよね。


    あと、今、ふるさと納税で納豆のフリーズドライを注文したばかり。納豆菌はフリーズドライにしても死なないようで、それでいて、あのネバネバしたパックが無くなるなら、ゴミ出しなどの取り扱いが、ずいぶん楽になる。まぁ、値段は高いけどね〜。とりあえず、ふるさと納税でお試しだ。


    こうして書き出してみると、かなり色々入れている。初めて飲んだときの夜は、お腹がぐるぐる言ってたので、腸にも届いてるようだ。手軽に発酵食品を摂りたいと思ってたし、何より美味い!


    味噌汁がイマイチな自分だが、やっぱり汁物があると、何となく落ち着くというか、ホッとする。まだ、日本人の遺伝子は、ちゃんと残ってるようだ。


    ドライフードなど、バリエーションはつけられそうだし、このスープ、当面は続きそうである。それにしても、何か良いネーミングはないものかな……。


    今夜は、休みなので、一手間加えて、キャベツ入りのスープを作りました。納豆は切らしていたので抜き。味噌汁の具の代わりに「あおさ海苔」。香りが良いです。。。


    カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。

    【自転車通勤】2019年の花粉症対策について。今年は去年の3倍か……。


    一年で一番寒い時期(1/20〜2/3)を乗り切ったら、次には花粉症シーズンがやって来る。


    地球温暖化のせいなのか何なのか、春は花粉症、夏は酷暑、秋は台風&大雨、冬はインフルエンザ。何だか、すごい時代になったもんだ。夏は熱中症、冬はインフルエンザでお年寄りがバタバタ死んでるし……。


    ともかく、花粉症シーズンの乗り切るべく、全力を尽くすのである。今年は、立春になった途端に暖かくなって、鼻がムズムズしだした。くっきりした季節の移り変わりだ。まぁ、揺り戻しがあって、まだまだ、雪が降ったり積もったりするかもしれないがーー。


    真っ先に頼りにしてるのは、舌下免疫療法の「シダトレン」だ。毎日、飲んでいる。時々、忘れるけど。


    一昨年は花粉が少なかったので、シダトレンだけで乗り切れた。去年は、花粉の量が多かったようで、シダトレンだけでは乗り切れず、点眼液・点鼻薬の世話にもなった。


    検索してみたら、花粉の量は去年の3倍近くになると……。


    これからは、点眼液・点鼻薬がマストアイテムになりそうだ。毎日、ポケットに入れて持ち歩くことになる。特に点鼻薬が無いと、鼻づまりで呼吸困難になってしまうのだ。ポケットかさばるの嫌だけど、しょうがない……。


    薬は、この3種類で対応していくことになる。以前は、胸元にスプレーするタイプのものを使ったこともあったけど、気休めにしかならなかった……。


    薬以外の対策では、とにかく花粉を吸いこまないようにするに限る。マスクは必ず着用。2年前、舌下免疫療法を始めた年は、花粉が少なかったこともあって症状が出ず、屋内ではマスクなしで過ごしていたけど、今年は、そうもいかないようだ。


    特に、自転車通勤中は、防毒マスクのような、がっちりしたマスクを着用する。てか、もう、すでに使い始めている。


    新しいバージョンはこちらーー。


    数年前に使い始めた頃は、まだ珍しかったようで、通りすがりの人から、ジロジロ見られたものだったけど、今では誰も無関心だ。ちょっと寂しい気も……。


    ちなみに、鼻栓タイプのアイテムもあって、自転車通勤中に使っていた年もあったけど、今年は使わないつもりだ。あれも、せいぜい、気休めにしかならなかったな〜。


    たまに、鼻から「フンっ」と息を吐いてしまうと、ポロリと下に落ちて行方不明になったりしてた(笑)。鼻に詰めると言うだけで、お笑い度がアップしてしまうのは鼻血の時と同じである。


    地味だが、目洗い&鼻うがいは効果的だ。何より気持ち良い。普段から、手洗い・洗顔・うがい・鼻うがいはマメにしてるようにしてるけど、この時期は必須となる。


    職場でも、家に居るときでも、トイレに行くときは洗面台に寄って、手洗い等をするようにしている。朝昼晩と午前10時と午後3時と、少なくとも一日5回はやっている。いや、実際は、もっとやっている。


    目がかゆいときには、顔を洗うのが気持ち良くなる。ついでに目玉を取り出して念入りに洗いたいと思うぐらいだ。


    花粉を体内に吸いこまない努力の次は、花粉を家に持ちこまない努力だ。まず、帰宅したら、家に入る前に、ウルトラライトダウンとモンベルのレインウェアを脱いで、バタバタと振った後、物置の中のハンガーに掛ける。家の中には持ちこまない。


    リュックは脱いだグローではたく。服にしろリュックにしろ、ブラシをかけた方が丁寧に決まってるけど、面倒くさいので、そこまではしない。


    グローブも、物置に置く。裏口から家へ入るので、入るとなのだが、リュックは台所までは持ちこむ。2階の自分の部屋までは持っていかない。


    汗もかいていることだし、帰宅したら真っ先にシャワーを浴びている。頭や髪の毛に花粉がついてるかもしれないし。家の中にはいくらか侵入を許しても、自分の部屋に入ってくるのはブロックしたい。


    花粉症の知識が無かった頃、夜中に鼻づまりで呼吸困難になることがあった。部屋の中に花粉が飛んでいるのか? と、真夜中、狂ったように部屋の掃除をしたこともあった。我ながら鬼気迫る光景だ。


    今では、昼間に吸いこんだ花粉症の症状が出始めるのが真夜中だと分かっている。情報弱者にはなりたくないもんだ。


    思えば、スマホを使い始めてから気軽に検索したり調べたりするようになったのだ。使い始めるのが人より遅かったから、情弱で損したことが、たくさんあるに違いない。花粉症に限らず、何か疑問が生じたら、ひたすらググりまくることにしよう。


    ちなみに、掃除をすると、床に落ちていた花粉が舞い上がるそうだ。夜、寝る前に床掃除をするのは止めた方が無難である。朝、出かける前にやるのが理想なんだろうけど、なかなかねぇ……。


    発酵食品をけっこう食べているけれど、きっかけは、生乳タイプのヨーグルトにハマっていたら、その時の花粉症の症状がやわらいだ気がしたからだった。


    ただ、今、振り返ってみると、食べ始めて2年目になってからは、特別、発酵食品のおかげで花粉症が楽になったとは思えないでいる。


    まぁ、花粉症に限らず、健康には良さそうだし、味も好みのものが多いし、仕込んで放置してる間に美味くなると言う調理法もナイスだったので続いている。


    花粉症に効くという甜茶を飲んだこともあったけど、特に効果は感じられなかったな〜。


    今のところ、花粉症に効く食べ物は、まだ、見つけられないでいる。


    こうして書き出してみると、いろいろ対策を立ててはいる。ただ、結局、花粉を吸わないためには、外へ出ない、むやみに外出しないのが一番、良いような気がする。この時期は、何かを始めたり、アウトドアに取り組むのは自粛している。


    以前、ブルベに参加していた時、3月に、丸一日、自転車で走り回っていたことがあった。幸い、雨がパラつく日だったので、花粉はあまり飛ばず、走ってるときに症状が出ることは無かった。


    けれども、真夜中、鼻づまりで呼吸が出来なくなって、のたうち回った。思えば無謀なことをしたもんだ。初めてブルベに参戦した年だったので、張り切っていたのだろう(そして最後の年にもなったが……)。


    その一方で、こうも思う。もともと、インドアな生活だけど、去年の冬は、花粉症シーズンは無理しないようにしよう、大人しくしてやり過ごそう、と思っていた。


    で、実行してみたのだが、どうも、あまりにも消極的過ぎたのではないか、と言う疑念が消えないでいるのだ。今年は、もうちょっとアクティブになった方が良いのかな〜。


    将来的な話になるけど、花粉が飛ばない地域へ移住もしくは花粉症シーズンだけそこで過ごす、と言う選択も視野に入れておこうと思う。


    花粉症の無い地域としては、北海道と沖縄が有名だけど、北海道は寒すぎるし、スギ花粉症がない代わりにシラカバ花粉症がある。沖縄は、さすがに暑すぎる。


    そんなことを考えながらググっていたら、関東地方の「避粉地」として、八丈島、小笠原、草津が浮上してきた。


    八丈島や小笠原は海の向こうだけど、草津だったら、同じ関東で馴染みもある。何でも標高が高いので、スギが生えてないんだとか。


    交通の便が悪いようだけど、新宿から夜行バスが出ている。観光地だから、よそ者がうろついても問題なさそうだし、夏も涼しそうだ(雪は凄いけど)。


    しばらくは草津をマークしつつ、将来のことも考えていこう。


    最後に、忘れていたけど、鼻の粘膜をレーザーで焼く治療法があった。今年の症状が、あんまりヒドかったら、検討した方が良いかもしれない。


    いろいろ大変だけど、5月の連休あたりまで、無事に花粉症シーズンを乗り切っていきたい。。。


    カテゴリー紹介 #自転車通勤 #徒歩通勤

    「やまめ乗り」で29インチのマウンテンバイク(シングルスピード&フルリジッド)に乗って自転車通勤(約1時間、片道約15㎞)を数年継続。

    セカンドバイクはクロモリのロードバイク

    ブルベ経験有り(SR取得)。

    現在は、時々、ウオーキングでの徒歩通勤も始めた。

    自転車とウオーキングと交互にして通勤できないかと試行錯誤中!

    自転車の教科書

    自転車の教科書

    自転車の教科書 ー身体の使い方編ー (やまめの学校)

    自転車の教科書 ー身体の使い方編ー (やまめの学校)

    【自転車通勤】ライフハックとアイテムで厳冬期を乗り切ルことが出来た!


    1年で1番寒い時期、1/20〜2/3の時期を、馬鹿にあっさり通過してしまった。もともと、寒がりだったせいもあって、この時期を「厳冬期」と読んで、毎年、歯を食いしばって乗り越えていたのだが。


    今年も、暖冬という長期予報は大ハズレで、しっかりと寒い冬だった。川沿いのユリカモメもしっかりと渡ってきていたし。


    ほとんど雨が降らなかったのと、雪が積もったりしなかったのが幸いだった。もっとも、雪はこれから降るかもしれないが。3月上旬あたり、よく降るよな〜。1月と言い3月と言い、受験の頃に良く降るんだよね。時期をズラせば良いのに……。


    ともかく、厳冬期は終わった。ほとんどストレスを感じずに乗り越えられたこと、まずは、めでたい。自転車通勤を始めて数年、こんなイージーな厳冬期は初めてだ。


    装備なんかは、去年よりは、むしろシンプルになってきてる。この先、よっぽど寒い冬にならない限りは、毎年、厳冬期を乗り越えていけるだろう。


    去年は、どか雪がいつまでも溶けずに残っていたり、関東でも最低気温がマイナス10℃近くに下がった日があったりして記録的な寒さだった。


    去年の冬を乗り切ったことで自信がつき、今年の厳冬期を乗り切れたことで確信に変わった気がする。


    さて、今年の自転車通勤ウェアは、さらに去年よりも薄着になった。基本的に、①ルームウェア、②モンベルのレインウェア、③お下がりのウルトラライトダウンの組み合わせだ。上半身は4枚重ね、下半身は3枚重ねになる。


    ちなみに、去年は、自転車通勤の時に、ユニクロヒートテックのタートルを2枚重ねで着ていた。朝、わざわざ上半身のインナーを脱いで着替えていたのだ。


    もちろん、ストーブを点けてたとは言え、冬の寒い朝に、わざわざインナーを着替えるのは、けっこうストレスが貯まるものだった。今年は、それが無くなっただけでも、ずいぶん気が楽になった。


    自転車通勤を始めた頃は、これよりもさらに着ぶくれしていたし、イヤーマッフルやネックウォーマーも装備していた。何かの対策のために装備を充実させるのは悪くないけれど、その一方で、装備をシンプルにすれば、その分、気楽になっていく。考え所だーー。


    ルームウェアは、こんな感じーー。

    ・シルクのインナーウェア長袖&タイツ

    ・チョモランマのトップス

    ・フリースのスウェット


    去年の冬は、ウォームウェアとして、チョモランマの上下を着ていたけれど、今年は、ボトムスだけ、フリースのスウェットパンツになった。


    フリースのスウェットパンツは、ユニクロのワゴンセールで500円で買ったもの。暖かさはそれほど変わらないので、大幅なコストダウンになった。


    ただ、フリースだと、もうすでに毛玉や糸くずみたいなゴミがついたりしていて、見栄えは良くない。今年の冬が終わったら廃棄して、来年は、もう履きたくない。毎年、更新する感じになりそうだ。


    ルームウェアに重ね着するのはモンベルのレインウェア。何度も紹介してきたけれど、相変わらずの神アイテム。


    防水力はもちろん意外に防寒力もある。暑いときには、脇の下のジッパーを開けて風を入れて体温調節も出来る。万能だーー。


    夏場を除いて一年中、着てる。ブルベでも愛好者は多かった。値段がバカ高いのと、製造中止になってしまった(値段高過ぎだから?)のがネック。


    でも、久しぶりにモンベルのサイトを見たら、後継ウェアみたいなのが載ってた。カラーリングも派手になってた。


    まぁ、自分の場合、すでに買ってあるやつを使い続けているうちにライダー寿命が尽きるだろう。何しろ4セットも買ってしまったのだから。はっはっはっ。。。


    一番、上に着てるのは、ユニクロのウルトラライトダウンでMA-1タイプのやつ。普段着だったのを、だいぶヨレてきたので、自転車通勤用にしたもの。1〜2年ごとにダウンを更新しては、古いのを自転車通勤用にするサイクルが出来上がった。防寒力は充分だし、コストダウンも出来た。


    グローブとソックスは今年もシールスキンズで通した。


    グローブは、0℃まではこのタイプーー。

    軍手っぽい見かけ通りに使いやすい。

    ただ、0℃より低くなると、さすがに辛くなる。 すると本命のこのタイプーー。


    マイナス5℃までは余裕。それ以下になると、さすがに指先がシビれるのを感じた。まぁ、風物詩だと思おう。

    ソックスは、同じく0℃まではオーケー。ゼロ℃以下はつま先が(略)……。


    駐輪場トランクで使用するガスヒーター。今年はガスをケチらずにガンガン点けた。と言っても使う時間は着替える時間だけなので、節約したところで、たいした違いはないのだった。風邪ひくよりはよっぽど良い。


    背中であたるようにすることも忘れずにーー。


    自転車通勤での厳冬期対策は、一通り、やれることはやった感が強い。とにかく寒がりだったので感慨深い。


    大げさな言い方だけど、自分の大きな欠点を、ライフハックとアイテムによって克服できたのだ。「やったぜ!」みたいな達成感てほどでもないけど、じわじわと自信みたいなものがこみ上げてくる感じ。


    花粉症、健康、お金、住まい、人間関係、懸案事項は山ほどあるけど、一つずつ、厳冬期を乗り切れたように、クリアしていきたいーー。


    カテゴリー紹介 #自転車通勤 #徒歩通勤

    「やまめ乗り」で29インチのマウンテンバイク(シングルスピード&フルリジッド)に乗って自転車通勤(約1時間、片道約15㎞)を数年継続。

    セカンドバイクはクロモリのロードバイク

    ブルベ経験有り(SR取得)。

    現在は、時々、ウオーキングでの徒歩通勤も始めた。

    自転車とウオーキングと交互にして通勤できないかと試行錯誤中!

    自転車の教科書

    自転車の教科書

    自転車の教科書 ー身体の使い方編ー (やまめの学校)

    自転車の教科書 ー身体の使い方編ー (やまめの学校)