『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』。家事が何でこんなに大変になったかを歴史的・世界的にアカデミックに検証!


派手なタイトルの本なので、いかに家事で手抜きできるか、という本だと思ってたら、アカデミックな本で、家事の歴史みたいな本だった。

日本の男性がいかに家事をしないかが書かれていて、耳が痛い。

  • 「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす (光文社新書) | 佐光 紀子 | 社会学 | Kindleストア | Amazon

  • それでも、「ていねいな暮らしはいい暮らし?」など、「手作り」で「きちんと」しなければいけないというプレッシャーについて書いてあったのは共感できる。


    おもしろかったのは、断捨離がプレッシャーになっている、ミニマリストはアメリカでは変人て話だった。

    楽に生活するための断捨離のはずだけど、「やらなきゃ」と思うとプレッシャーになる。

    モノが多いと罪悪感を感じるようになっては本末転倒だ。


    自分も、一時期、断捨離にハマったときは、ベッドを処分して、寝袋で生活しようか、と考えて、Amazonで寝袋を検索したことがある。

    途中で我に返って止めたけど、我ながらナイスな判断だった。

    ほんと、良かった……。


    意外だったのは、温かい朝食というのは、かなり最近に始まったことらしい、という話だった。

    日本人の朝食と言えば、米のご飯、ワカメと豆腐の味噌汁、海苔や生卵に納豆、アジの開きか塩鮭てイメージだけど、よく考えたら旅館の朝食だ。

    フランスなんかだと、カフェオレにクロワッサンが当たり前。

    トーストさえもしていないとか。

    なるほどーー。


    かくいう自分も、この頃の朝飯は、水切りヨーグルトのクリームチーズ風に甘酒をかけたもの、温泉卵、チーズ、果汁100%ジュースなどが定番だ。

    火を使わなくていい食事は、すごく楽だ。

    カフェオレ&クロワッサンの朝食も、わかるような気がする。

    「朝食をちゃんと食べなきゃ」てのも、けっこうプレッシャーになってる気がするな〜。

    朝食は、そんなにがんばらなくていい、と理論武装できたのはありがたい。


    最初は、どれだけ家事を手抜きできるのかのノウハウを知りたくて読み始めたので当てがはずれたけど、歴史的・世界的に見るとこうなっている、日本の今の時代が特殊なんだ、とアカデミックに知るというのも、ストレスの軽減につながる。

    そういう意味では、なまじなハウツー本よりは、むしろ役に立つかもしれない。


    カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。

    【食生活】自炊生活の工夫はラーメン屋から教わった。


    日曜日はイベントの仕事で帰りが遅くなった。

    さすがに自炊する元気はなくて、珍しく外食。

    この前、外食したのは、いつだったか思い出せない。

    すっかり自炊男子になってしまったなあ。

    毎日のように外食してたこともあったのに。

    ひと月の飲食代が10万円になったこともあったっけ。

    それに気づいて、自炊生活へとシフトしたんだった。

    今じゃ、食費は月25,000円ぐらいだ。

    もちろん、良いことなんだろうけど、思えば遠くへきたもんだ、としみじみ……。


    夜、遅かったので、ファミレスかラーメン屋ぐらいしかなかった。

    わりと最近できたばかりのラーメン屋へ。

    チェーン店で横浜家系の店だ。

    けっこう人気がある店みたいだけど、日曜の夜と言うこともあって、客は誰もいなかった。

    自動販売機でつけ麺を選択。

    ラーメンよりつけ麺、つけ麺より油そば(混ぜそば)が好きなのだ(油そばは残念ながらなかった)。

    値段は1,100円。

    強気の設定だなあ。

    ラーメンの値段には1,000円の壁がある、とラーメンマンガで読んだ気がする。

    現実はフィクションを追い抜いてしまったのかもしれない。

  • らーめん才遊記(1) (ビッグコミックス) | 久部緑郎, 河合単 | 青年マンガ | Kindleストア | Amazon

  • 出てきたつけ麺のスープはどろりとしていて濃厚だった。

    「麺が太いので、ゆでるのに時間がかかります」と言われたけど、太いと言うよりは、平べったい感じ。

    きしめんや平打ちが好きな自分好みだ。

    チャーシューはとろり、メンマはシャキシャキ、煮玉子はねっとり。

    申し分なく美味かった。

    なぜか普通の煮玉子にプラスして、ウズラの玉子が一個入っていた。


    おもしろかったのは、海苔が三枚入っていて、そのうち二枚はどんぶりに刺してあったけど、内一枚は平らに置いてあって、茶色い粉が盛ってあったことだ。

    海苔を持ち上げて、粉をパラパラとふりかけると、カツオブシの香りがした。

    香りを味わうように、という趣向なのだろう。


    たまにラーメン屋に行くと、この手の工夫があっておもしろい。

    ラーメンマンガによれば、ラーメンはイノベーションの塊で、既成概念にとらわれず、何でも有りな状態で、ひたすら工夫し続けたものが生き残るようだ。

  • ラーメン発見伝(1) (ビッグコミックス) | 河合単, 久部緑郎 | 青年マンガ | Kindleストア | Amazon

  • 自分も、自炊生活で、サイドメニューを工夫したり、途中で調味料やトッピングを追加して、味に変化をつける、てなことを、ラーメン屋から教わってきた。

    たまのラーメン、たまの外食もいいもんである。


    カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。

    『なまけけもののあなたがうまくいく57の法則』。なまけものには工夫という武器がある。


    著書の本田直之さんが本当にナマケモノなのかは疑問だ。

    何しろ、たくさんの著書を出し、複数の役職を兼務して、東京とハワイのデュアルライフを送り、世界中を旅して、トライアスロンまでやっている。

  • Amazon.co.jp: なまけもののあなたがうまくいく57の法則 eBook: 本田直之: Kindleストア

  • 目次をパラパラ読むだけでも、57の法則の内、いくつできることやら。


    しかし、次の言葉には強く共感。

    背中を押された気がする。

    なまけものには「工夫」という武器がある


    考えさせられたのはーー。

    始めるための「動機付け」を自分の内部から、続けるための「強制力」を外部から持ってきて、両者を組み合わせる。

    動機付けと強制力、内部と外部。

    このあたりをごっちゃにしていたので長続きしなかったのだな。

    これまでは、○○しないとマズいかな、という外部からの動機付けで、自分にノルマを課して、がんばらなきゃ、という内部からの強制力で継続しようとしていたので、ことごとく失敗したわけだ。


    考えてみると、数少ない成功例の自転車通勤は、自転車に乗るのが楽しい、という内部からの動機付けで始まって、電車やバスだと通勤が不便なので自転車に頼らざるを得ない、という外部からの強制力によって続いた。

    これがジム通いだと続かなかった。

    続かなかったジム通いでも、比較的続いたことがあって、この時は、ジムに通ったついでに風呂に入り、隣のスーパーで晩飯を買って帰るというパターンがあった。

    この法則は、よく覚えておこう。


    意外だったのは、「好きを仕事にせず、仕事を好きになる」の法則。

    好きなことは趣味のまま続けて、今の仕事を好きになった方が良い、というのは、かなり現実的。

    好きなことを仕事にすべき、というインフルエンサーが多い中では、むしろ新鮮に映る。


    「ゲーム感覚を取り入れる」の法則は、pha(ファ)さんの『知の整理術』にも出ていたなあ。

  • 人生にゆとりを生み出す 知の整理術 | pha |本 | 通販 | Amazon

  • 自分の場合、ゲームをやらないので、この考え方がピンとこなくて困ってる。

    第一、めんどうくさそうだ……。


    とりあえず、これからも、がんばらずに、努力もせずに、「工夫」を武器にして試行錯誤していこう、と誓ったのだった。


    カテゴリー紹介 #ライフスタイル

    ネコのように丸くなって暮らしたい……。

    特別な夢や本当にやりたいことは無いけれど、ストレスフリーで快適な毎日を過ごしたい。

    人混みと満員電車と行列と渋滞と人づきあいが苦手で、インドア&地元で過ごしがち。

    年収300万円で、コストのかからない「健康で文化的な最低限度の生活」を目指して試行錯誤中。

    【旧暦】晩春→清明→ 第十五候「虹始見(にじ はじめて あらわる)」。4/14〜4/19頃。今年の春は風の強い季節として記憶されるだろう。


    今日は休日出勤。

    イベントの手伝い。

    20℃まで気温が上がるはずだったのだが、思いがけなく肌寒い一日となった。

    使うことはないだろうと思っていたウルトラライトダウンが思いがけない活躍をした。

    寒い上に、突然、ゲリラ豪雨のようなスコールになったりで客足は鈍い。

    春の不安定な天気となった。


    今日に限らず、今年の春は荒れ模様。

    特に、風が強い。

    金曜日の朝、自転車通勤中、風にあおられて、コースアウトしてしまった。

    舗装された道路から、道路と畑の間の土の部分に落ちただけなので、特にどうと言うこともない。

    でも、これが、ガードレールも何もない土手の上だったらと思うとヒヤリとした。

    こんなことは初めてだった。


    しかも、この風は、行きも帰りも向かい風なのだ。

    今頃の季節に、こんなに強い向かい風なんて、記憶になかったけどなあ……。

    今年だけ?


    さて、第十五候「虹始見(にじ はじめて あらわる)」。

    肌寒い日なので想像しづらいけれど、そろそろ虹の季節と言うことか。


    実を言うと、ここ2〜3年、ゲリラ豪雨のような影響で、虹を見ることは増えている。

    半円を描く虹や、2本連なってる虹など、けっこう見てきた。

    ゲリラ豪雨は嫌だけど、止んだあとに虹が見れると、まあ、いいか、と言う気分になる。


    旬の魚はトビウオと桜エビ。

    旬の野菜はこごみ。


    スーパーの野菜はだいぶ安くなった。

    白菜が丸ごと一つで100円。

    いい季節になったな〜。

    じゃんじゃん白菜鍋を食べよう。


    そういえば、前回、旬だったカツオとタタキのスライスを買った。

    今、塩麹漬けしている。

    高地では、カツオの塩タタキが食べられているらしいので、塩麹バージョンで仕込んでみた。

    美味いといいけど。


    カテゴリー紹介 #自転車通勤

    自転車通勤(約1時間、片道約15㎞)7年目。

    29インチのマウンテンバイク(シングルスピード&フルリジッド)で通勤中。

    セカンドバイクはクロモリのロードバイク

    ブルベ経験有り(SR取得)。

    「やまめ乗り」修業中。

  • 自転車の教科書 | 堂城賢 | 自転車・サイクリング | Kindleストア | Amazon
  • 自転車の教科書 -身体の使い方編- | 堂城賢, 内田理恵 | 自転車・サイクリング | Kindleストア | Amazon
  • 【ヨーグルトメーカー】ヨーグルティアは苦戦中。納豆が上手くできない……。


    ヨーグルトメーカーのヨーグルティアを買った。

    納豆を自家製で簡単に作ろうとしたのだが、正直、上手くいってない。

  • Amazon | TANICA 【温度調節機能で市販・カスピ海・ケフィアヨーグルト / 納豆・甘酒に対応】 ヨーグルティア スタートセット ブルー YM-1200-NB | タニカ電器(TANICA) | キッチン家電

  • 新しい容器は、使い始めだとなかなか発酵しないのは織り込み済み。

    何回かやっている内に菌が増えて、一度、上手くいくと、二度目からはすんなりいく。

    そのはずなのだが、いまだに、苦労している……。

    まだ、「一度目」が来ないのだ。


    納豆は、乾燥大豆をゆでるところから始めるとハードルが高いので、スーパーで買ってきた水煮大豆を使っている。

    同じくスーパーで買ってきた納豆を混ぜて発酵させているのだが、ほんとに発酵してるんだか、どうなんだか、良くわからない。

    食べてみると、煮大豆と納豆を混ぜただけみたいな味がする。


    一度目は、40℃で24時間やってみた。

    二度目は、40℃で48時間。

    一度目よりは粘りが出たような気がするけど、味は煮大豆のままだ。

    う〜ん。

    今度は、45℃でやってみるかな。


    それでも、毎日、1パックの納豆を食べていた頃よりは、ゴミが減って楽になった。

    納豆パックって、かさばるし、粘るしで後始末が大変だったからなあ。


    ヨーグルティアについてはこちら 


    カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。

    【自転車通勤】左折車巻き込み事故に思う。ヒヤリハットはデータベース化していこう。


    朝の自転車通勤中、橋の終わりの交差点を直進しようとしたら、左折するクルマがあった。

    おたがいに気づいていたので特に問題なく、自転車を先に直進させてくれた。

    この時、冬に左折車から巻きこまれそうになったことを思い出した。


    あれは去年の11月のことだった。

    冬の朝の陽射しは、太陽が低い位置から照らしてくるので、ウィンカーが見えなかった。

    おまけに改造車でウィンカーを小さなものに代えていた。

    スモークガラスでドクロのシールが貼ってあって、いかにもなヤンキー車だった。


    あれからもう5カ月、半年近く経ったのだ。

    季節は冬から春へ。

    太陽の位置も変わった。

    もう、見落とすことはないだろう。

    来年の冬になったら、気をつけねば。

    でも、覚えているかな……。


    秋には落ち葉でスリップしたこともあった。

    秋には秋の、冬には冬の「危険」がある。

    春と夏は何かあったっけ?

    思い出せない。

    でも、何かしらあったはずだ。

    100%安全な路上など、存在しないのだから


    例えば、富士山の雪がたくさん積もっていると寒い冬で、ユリカモメが大勢渡ってきたらドカ雪になる、など、季節や天気のことについては、意識してデータベース化していこうとしている。


    ついでに、旧暦アプリも使い始めた。


    同じように、自転車通勤中のヒヤリハットについても、データベース化していった方が良いのかな、と思い始めている。

    事故ってからでは遅いんだし。


    カテゴリー紹介 #自転車通勤

    自転車通勤(約1時間、片道約15㎞)7年目。

    29インチのマウンテンバイク(シングルスピード&フルリジッド)で通勤中。

    セカンドバイクはクロモリのロードバイク

    ブルベ経験有り(SR取得)。

    「やまめ乗り」修業中。

  • 自転車の教科書 | 堂城賢 | 自転車・サイクリング | Kindleストア | Amazon
  • 自転車の教科書 -身体の使い方編- | 堂城賢, 内田理恵 | 自転車・サイクリング | Kindleストア | Amazon
  • 【楽ちんビジカジ】ユニクロのストレッチ軍団はジャージ代わりになって力仕事も問題としなかった。


    昨日の金曜日は力仕事があった。

    重たい荷物を移動させる。

    ジャージで作業しようかと思っていたけど、あえて、いつものストレッチ軍団でやってみた。


    ユニクロのストレッチ軍団ーー。

    コンフォートジャケット。

  • コンフォートジャケット | UNIQLO

  • イージーアンクルパンツ(ウールライク)。

  • イージーアンクルパンツ(ウールライク・丈標準68~72cm) | UNIQLO

  • ストレッチメッシュベルト。

  • ストレッチメッシュベルト | UNIQLO

  • シャツもイージーケアコンフォートシャツにしたかったけど、洗濯ローテーションの関係上、今回はパス。

  • イージーケアコンフォートシャツ(ボタンダウン・長袖) | UNIQLO

  • あと、パンツも、イージーアンクルパンツ(ウールライク)より、ドライEXウルトラストレッチアンクルパンツの方が、さらにストレッチ度は高まっていただろう。

  • ドライEXウルトラストレッチアンクルパンツ | UNIQLO

  • さて、仕事を始めてみたけれど、さすがにストレッチは十分で、床に置いてある重い荷物を持ち上げる作業が全く苦にならない。

    ただ、シャツは、ユニクロのクロスファインシャツで、ストレッチは効かないものだったので、時々、姿勢によっては身体に引っかかった。

    それだけに、コンフォートジャケットのストレッチ度に驚かされた。

    ジャケットを着ているのに、ジャージとかわらない楽ちんさだ。


    汗ばんでくると、さすがにシャツは、肌に貼りつくような感触があった。

    それでも、普通のワイシャツよりは、サラサラ感が強かったし、汗もすぐに乾いた。

    イージーアンクルパンツ(ウールライク)の放湿性にも驚かされた。

    汗ばんだと思っていたのが、すぐに乾いてしまう。

    ユニクロのストレッチ軍団は、速乾性軍団でもあるようだ。


    ストレッチ軍団 は、洗えるのもありがたい。

    基本は手洗い、洗濯機なら洗濯ネットに入れて「やさしく手洗いモード」が推奨だ。

    もちろん、面倒なので、洗濯機で洗うし、ネットはないので、丸めて、ジッパーをしめたサイクルジャージの中に入れて、洗濯ネット代わりとした。


    夜、洗濯して、翌朝、シャツは乾いていた。

    コンフォートジャケットも夕方には乾いていそうだ。


    ユニクロのストレッチ軍団は、力仕事でも全くストレスは感じなかった。

    わざわざジャージに着替えるまでもなかった。

    (力仕事が終わったあと、エアリズムとシャツは交換した)

    放湿性も高くて、汗による不快感もなかった。

    速乾性も高くて、洗濯しても乾くのが早い。

    ますますヘビロテしそうである。


    カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。