らくだのライフハック

【漫画で戦国時代】弾よけの竹把をかついで虎口へ飛びこむ! 城攻めの難しさを教えてくれる「センゴク」!!

 

 

センゴク(1) (ヤングマガジンコミックス)

センゴク(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

 

今回は第一部の第15巻迄を一気読み。織田信長が美濃を滅ぼし、浅井家の小谷城を落城させるあたりまで。

 

 

 

戦国時代もの、とくに信長ものは層が厚い。この作品も、戦国一挽回した武将「仙石権兵衛」が主人公だけど、織田信長豊臣秀吉もクローズアップされてる。

 

特にこれまでの通説をひっくり返すことに意欲的で、新説が次々と登場する。実際に現地を歩いてみると、これだけの狭い土地にあれだけの大軍は常駐するのは不可能……云々かんぬん。

 

 

新説を披露と言えば、比叡山焼き討ちに新解釈を加えた「信長のシェフ」、脇役キャラにスポットを当て小ネタを満載した「信長の忍び」など読んできたけれど、読み比べてみると楽しい。

 

 

信長の忍び 1 (ジェッツコミックス)

信長の忍び 1 (ジェッツコミックス)

 

 

 

センゴク」ではキャラがとても人間くさい。と言うか、地方都市のマイルドヤンキーにいそうなタイプが多い。

 

「ハゲネズミ」の愛称がぴったりなハゲ方の豊臣秀吉やスカした竹中半兵衛、大阪芸人そっくりの顕如など、今の時代でも、そこらにいそうだ。

 

オレぁ、頭(ここ)!!

べしゃりと
おべっかで、
出世するんだよっ!

 

こういうこと言う秀吉って新鮮だ。

 

 

そして、リベンジの鬼、斉藤龍興。城を奪われ、信長に復讐を企てるが、竹中半兵衛他たった16名に城を乗っ取られるエピソードがあるように暗愚なイメージがあった。

 

ところが意外の女にモテるイケメン設定。これは「信長の忍び」でも同じだった。なんか静かなブーム? 特に逸話も無さそうなんだが……。

 

逆転に残念なのは、「センゴク」でも「信長の忍び」でも、豊臣秀吉の妻ねねの影が薄い(「信長のシェフ」では豊臣秀吉自体が薄い)。賢婦人として名高いし、もっと魅力的なキャラになっていいはずなんだけどなぁ。

 

 

センゴク」のクライマックスは何と言っても浅井家の小谷城の攻略シーンだ。大手堀、畝堀、曲輪群、そして隠し銃座込みの虎口。難攻不落の小谷城だ。

 

この難所を、一兵卒であるゴンベイは、竹を何本も束ねた竹把を盾にして攻め込んでいく。竹把は銃の弾ははじくけど、火矢には弱い。そんな頼りないものをかついで、ひたすら走る。いくさ人とは何と勇気のある者どもだったか。

 

城をめぐる攻防を描いた歴史漫画は数多かれど、これだけ綿密に城攻めを教えてくれたのは「センゴク」が始めてだ。

 

 

これからは第2部、3部、4部と読み進めていこう。

 

センゴク天正記(1) (ヤンマガKCスペシャル)

センゴク天正記(1) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 

 

 

 

【漫画化計画】

 

漫画化計画とは、世界中のあらゆる事象に漫画を始めとするエンタメからのリンクをはって、面白おかしく楽して世界を理解できるようにすることです。

 

主な対象は以下の通りです。

・日常生活での出来事

・ニュース(政治・経済)

・世界史

・日本史

 

世界中のあらゆる情報が漫画化されることを願ってやみません。

 

 

【プロフィール】

 

がんばらないライフスタイルとそのためのライフハック がテーマ――。

 

・物より面倒を減らすミニマリスト 

・食事はMEC食、糖質制限、高脂質

・服は制服化済み

・住まいは断捨離中

・片道1時間の自転車通勤継続中

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ

・マンガと歴史好き

 

最近、取り組んでいるもの――。

・音声入力

・耳活(Kindle読み上げ)

Excel自動化

・漫画化計画

    (エンタメ、入門書、情報収集すべて漫画で)

・徒歩通勤

 

これから、やりたいこと――。

古武術介護

小笠原流礼法

競歩

・積み立て投資

【漫画でファッション】ヨーロッパのエレガンテより日本のコンフォートが世界を席巻する⁉️

 

 

 


今回は第1部、全32巻までを一気読み――。

 

 


イタリアは南部のナポリで日本人の仕立て屋が活躍するこのシリーズも現在第4部に達するロングランとなった。


順番が逆になったけれど、先日、第3部を一気読みしたばかり。

 

 


この後は第2部、そして第4部と読んで行くことになりそう。

 

 

 

それにしても、紳士服の世界は奥が深い。とりあえず、スーツ着てりゃO.K.でしょ、ではないんである。

 

 

そして、日本の紳士服事情の特殊性も、この作品によって知った。


冠婚葬祭でもないのにブラックスーツ&白シャツ、シャツの下に肌着、胸ポケ付きワイシャツ、紐靴ではなくスリッポン、形状記憶合金シャツや洗濯機ウォッシャブルスーツも、たぶんローカル・スタンダード。

 

どうもこれらはファッション後進国アメリカから洋装が伝わったことにも原因があるようだ。

 


この漫画の凄いところは、紳士服が、イギリスとフランスとイタリアでどう違うのかを解説してくれる所だ。


自分の存在証明となるレジメンタルタイにエンブレムをつけた軍服のようなイギリス服。

 

対しては、「雨振り袖」のようにリゾート地みたいにリラックスした風情のナポリ。華麗さ追求のフランス。

 

 

お国柄だけでも違うのに、同じイタリアでも、北部のフランス寄り貴族風味なミラノと南部リゾート地でざっかけないナポリとでは全くスーツの「景色」が違ってくるそうな。ああ、ややこしい。

 


毎日着る服、ファッションで自分を表現しなければならないというのは、ほとほと面倒くさい。ファッション後進国の日本で良かった気がする。

 

 

そういう自分はファッションで何を表現しているのか?

 

職場用、家用、休日外出用をそれぞれ制服化して同じ服装を3セット用意しローテーションしてミニマリストであることを表現。

 

職場用の服は全身UNIQLOでどうしようもなく日本人であることを身分証明としている。

 

シャツ、パンツ、ジャケット全てストレッチ効きまくりのジャージー素材にしてエレガンテよりコンフォート(シンドない)であることを追求。

 

 

まあ、ドレスコードがユルい職場であることが前提だけど、かなり良い加減な服装だ。

 

言い訳になるが、春は花粉症、夏は酷暑、秋は台風、冬は厳寒のニッポンでは、ヨーロッパのエレガンテはどだい無理である。湿度、高いし。オリンピックのマラソン会場が変更になるぐらいだしなぁ。

 

 

それだけに、日本から、出来るだけ身体に負担をかけない、コンフォートな紳士服モデルを世界に向けて発信出来ればなぁ、と思うのだが、無理かな?

 

 

 

【漫画化計画】

 

漫画化計画とは、世界中のあらゆる事象に漫画を始めとするエンタメからのリンクをはって、面白おかしく楽して世界を理解できるようにすることです。

 

主な対象は以下の通りです。

・日常生活での出来事

・ニュース(政治・経済)

・世界史

・日本史

 

世界中のあらゆる情報が漫画化されることを願ってやみません。

 

 

【プロフィール】

 

がんばらないライフスタイルとそのためのライフハック がテーマ――。

 

・物より面倒を減らすミニマリスト 

・食事はMEC食、糖質制限、高脂質

・服は制服化済み

・住まいは断捨離中

・片道1時間の自転車通勤継続中

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ

・マンガと歴史好き

 

最近、取り組んでいるもの――。

・音声入力

・耳活(Kindle読み上げ)

Excel自動化

・漫画化計画

    (エンタメ、入門書、情報収集すべて漫画で)

・徒歩通勤

 

これから、やりたいこと――。

古武術介護

小笠原流礼法

競歩

・積み立て投資

 

【漫画で日本の中世】悪党の世界と楠木正成。歴史好きになった原点「千早城のまもり」

 

 

バンデット(1) (モーニングコミックス)

バンデット(1) (モーニングコミックス)

 

 

鎌倉時代から南北朝時代への過渡期が舞台。漫画で日本の中世が舞台になるのは珍しい。

 


主人公は下人。早い話が奴隷だ。


奴隷身分から抜け出し、腕っぷしにものを言わせ、弓や馬を覚えて、いっぱしの「悪党」になっていく。悪党は、透波(すっぱ)、乱波(らっぱ)、野武士、後世に下って足軽などと呼ばれた。

 


ビッグネームとしては、赤松円心、大塔宮、楠木正成後醍醐天皇足利尊氏新田義貞などが出てくる。

 


物語は第6巻で唐突に終わる。打ち切り? 検索してみたけどよく分からなかった。惜しい! これから北条政権が倒れて南北朝の争いが本格化するところだったのに。朴訥過ぎる新田義貞とか、もうちょっと読んでいたかった。

 

バンデット(6) (モーニングコミックス)

バンデット(6) (モーニングコミックス)

 

 

 

それにしても、武士と「悪党」の違いがリアルに分かる物語だった。

 

武士とは、系図がはっきりしていて、家族や親類もいる。

 

悪党は、早い話が住所不定無職の一人者、「ならず者」だ。どこから来たのか、親は誰か、さっぱり分からない。ただ腕力だけがあって、それを頼りに無法なことをする。地縁も血縁も無いからやりたい放題。

 

武士と言うのは、少なくとも鎌倉時代あたりまでの武士は、現代の我々から見ると、ヨーロッパの貴族のような者のようだ。

 

だから、悪党であった楠木正成がどんなに意見を言っても、やんごとない武士の方々がちっとも言うことを聞くわきゃないのだった。

 

むしろ、後醍醐天皇って、よくもまあ楠木正成に召集をかけたもんだと、そっちの方に感心してしまった。当時の感覚としては犯罪者を仲間に引き入れたようなものだ。

 

 

その楠木正成は、この物語では「ひりつく」感覚を求めて戦へと没入していく。かの有名な千早城に立てこもったりもする。

 

忠義の士というよりは天然な感じ。ぼやんとした人間が生死の境に分け入っていく様は、一般人から見ると異様に見える。本人はいたって平静なのがまた不気味だ。

 

 

思えば、歴史ものに興味を持ったのは、小学校の図書館で借りた本がきっかけだったように思う。

 

太平記―千早城のまもり (はじめてであう日本の古典)

太平記―千早城のまもり (はじめてであう日本の古典)

 

 

少数で大軍を追い返し、悲劇的な最後を迎える。この楠木正成に胸ときめかせたものだ。真田幸村なども、この延長上かもしれない。

 

真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)

真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)

 

 

同世代の歴史好きと話をしていたとき、お互いに、「千早城のまもり」を読んでいたことが分かって盛り上がったことがある。似たような人が他にも居るのかな?

 

 

歴史好きになった原点とも言える中世の時代。漫画はあまり見当たらないから小説の方になりそう。これからはガンガン読んでいこう。

 

私本太平記(一) (吉川英治歴史時代文庫)

私本太平記(一) (吉川英治歴史時代文庫)

 

 

 

 

【漫画化計画】

 

漫画化計画とは、世界中のあらゆる事象に漫画を始めとするエンタメからのリンクをはって、面白おかしく楽して世界を理解できるようにすることです。

 

主な対象は以下の通りです。

・日常生活での出来事

・ニュース(政治・経済)

・世界史

・日本史

 

世界中のあらゆる情報が漫画化されることを願ってやみません。

 

 

【プロフィール】

 

がんばらないライフスタイルとそのためのライフハック がテーマ――。

 

・物より面倒を減らすミニマリスト 

・食事はMEC食、糖質制限、高脂質

・服は制服化済み

・住まいは断捨離中

・片道1時間の自転車通勤継続中

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ

・マンガと歴史好き

 

最近、取り組んでいるもの――。

・音声入力

・耳活(Kindle読み上げ)

Excel自動化

・漫画化計画

    (エンタメ、入門書、情報収集すべて漫画で)

・徒歩通勤

 

これから、やりたいこと――。

古武術介護

小笠原流礼法

競歩

・積み立て投資

 

 

 

 

 

 

【漫画で都市生活】生きづらくても栄誉ある孤立を選んだ人だけが楽しめる都市生活の魅力!

 

 

 

今回はファーストシーズンとも言うべき計27冊と、最新シリーズの計7冊を一気読みした。こちらは最新シリーズ――。

 

Papa told me Cocohana ver.1 ~丘は花でいっぱい~ (マーガレットコミックス)
 

 

最初の第1巻が発売されたのがもう30年も前になることに驚き、今なお描き続けられていることに驚いた。

 


テーマは一貫している。

 

都会のマンションで暮らしている父子家庭を軸に、お一人さまキャリアウーマン、子どもができない主婦、イジメにあってる子ども、一人暮らしのお年寄り、LGBTの人など、世間の普通とはちょっとだけずれてしまった、それ故に生きづらい人達が登場する。


この人たちは世間から見ると孤独な人生をおくってるように思われてるけど、本人達は「栄誉ある孤立」を選び、潔く、そして意外と楽しく生活している。

 

かわいそうなコ?
その本当の意味は
「かわいそうであって欲しい」コよ
「かわいそうであるべき」コ

かわいそうじゃないコと
つまり自分の子供と区別するために必要ってわけ


悪意はそんな風に私達を縛るの
素朴で優しい人たちの「罪の無い」悪意はいっそう強く

 

 


敵となるのは、ごく普通の人の、あくまで善意なので根は深い。目の前の敵を倒せばそれで済むわけでもない。華麗にスルーしてやり過ごすしかないのだ。

 

 

もう一つ、この物語で印象的なのは都市生活の鮮やかさだ。


都会には自然がない。食べ物もまずい。人間関係も希薄だ。人の住むところじゃない。都市生活はそんな風に言われ続けてきた。


でも新しいビルができれば、必ずエアポケットのような小さな公園ができるし、公園の緑は専門家が管理して季節ごとに都市生活者の目を楽しませる。


自分しか客がいないんじゃないかと思う不思議な店、意外な掘り出し物が見つかるフリーマーケット、時間が止まったような古本屋・古道具屋、テイクアウトが美味しい中華、などなど。

 


この漫画を読んでると、都市生活が実に楽しそうに魅力的に見えてくる。


特に、爽やかな季節にマンションのベランダで食事をしたりお茶をしたりするのに憧れた。自分の経済力ではとても無理な話だが……。


将来、都会のマンション暮らしは無理としても、団地暮らしをしてみようかな、などと思っていたけれど、この物語を読んで、気持ちが加速した感じだ。

 

 

 

最後に――。

 

この物語はシリーズとシリーズの間にも4冊ほどあって、セレクションかと思って読まなかったけど、どうもそうでは無かったようだ。

 

まだ、あと、4冊、楽しめる。

 

 

 

【漫画化計画】

漫画化計画とは、世界中のあらゆる事象に漫画を始めとするエンタメからのリンクをはって、面白おかしく楽して世界を理解できるようにすることです。

主な対象は以下の通りです。
・日常生活での出来事
・ニュース(政治・経済)
・世界史
・日本史

世界中のあらゆる情報が漫画化されることを願ってやみません。


【プロフィール】

がんばらないライフスタイルとそのためのライフハック がテーマ――。

・物より面倒を減らすミニマリスト
・食事はMEC食、糖質制限、高脂質
・服は制服化済み
・住まいは断捨離中
・片道1時間の自転車通勤継続中
スマホiPhoneからPixel 3a XL へ
・マンガと歴史好き

最近、取り組んでいるもの――。
・音声入力
・耳活(Kindle読み上げ)
Excel自動化
・漫画化計画
(エンタメ、入門書、情報収集すべて漫画で)
・徒歩通勤

これから、やりたいこと――。
古武術介護
小笠原流礼法
競歩
・積み立て投資

【漫画で元寇】今なお鎧を着て海に向かって弓を放つ儀式。対馬に燃える!

 

 

 

 

今回は9巻まで一気読みした。あまり縁のなかった鎌倉時代。有名な割には、よく知らない「元寇」。同時に分かる作品だ。「一生懸命」ではなく「一所懸命」なのだ、と。

 

元寇だって、社会科の授業では、モンゴルが二回やって来たけど、二回とも神風が吹いたらもうお終い。鎌倉武士は勇敢に戦いました、で終わり。

 

 

当たり前と言えば当たり前だけど、モンゴル側にだって色々ある。

 

モンゴル民族単独ではなく、モンゴルに降伏した民族の連合軍だ。先に降伏したものが優先されるクラスカースト? はあるし、服属して良い地位をとろうとする者があり、反抗的な者もある。抜け駆けする者もあれば、戦いに消極的な者もある。

 

日本側にだって、家族のために命懸けになる者がいれば、家族にために裏切りする者もいる。

 

様々な者を呑み込んで生き物のように戦が動いていくのだ。

 

 

このような戦のバックヤードも面白かったけど、それ以上に舞台となった「対馬」の魅力にも圧倒された。

 

十年位前に用事で福岡に行った時、暇をもてあまし
て町中を散歩していると小さな石垣を見つけました。
看板には元寇防塁とありました。

かつてこの国が存在するか消滅するかがこの石垣の形作る華奢なライン一本にかかっていたのです。
しかし今では見る影も無くひっそりと、それは大学か
何かの敷地の片隅に横たわっていました。

自分はそのギャップに燃え続けます。

 

自分が一番燃えたのは蒙古上陸の浜で今でも行われている「鳴弦の儀」だ。鎧武者が海に向かって並んで、海に向かって弓を射る。燃えるな~。

 

対馬の森の奥深くにある金田城も燃える。元寇の時代をさらに遡って古代の頃、防人が築いたという立派な石垣。この城にこもって蒙古と戦ったのはフィクションらしいが、古代にこんな城が作られて、今なお森の奥深くに存在しているというのが凄い。

 

 

本筋とは関係ないのでさらりと描かれていたけど、津島は内湾が入り組んでる島で、島中央部を西から東へ抜けるときは、一部、陸の上を、船を綱で引っ張って通り抜けたという。

 

世界史で、○○の戦いとかで、船を陸の上を運んで奇襲したって話がなかったかな。「海皇紀」でも似たようなネタがあった。何から何まで燃えるなぁ。

 

 

 

対馬、行ってみたくなったな。

 

 

物語は、9巻ラストでは押し寄せる蒙古大軍に皆殺しにされそうな雰囲気が濃厚。悲惨なラストになりそうだ。

 

 

 

でも、次シリーズの博多編が始まってるので、少なくとも主人公は生き残りそう。

 

 

 

そもそも、よく考えたら対馬編は元寇全体から見れば単なる局地戦なのだ。そんな単なる局地戦にこれだけのドラマを詰めこんだ作者の力量に敬服!

 

 

正直、ファーストシーズン最終巻をこれから読むのが辛い。あれだけ躍動していたキャラクター達が次々と死んでいくのを見なければならないような予感で……。

 

 

 

最後に――。

 

物語の登場人物は、返事をするときに「エイ!」と言う。たまに「オウ」とも言う。「エイエイオウ」のエイ? 検索したけど、よく分からんかった。

 

これは戦場で武士が「エイ」と返事だけでなく、姫様が貴人(安徳天皇?)に返事する時も「エイ」なのだ。

 

返事ひとつで、この物語が戦国時代ではなく鎌倉時代なのだ、と分かる。なんか良い! 雰囲気が伝わってくる。「神は細部に宿る」のだ。

 

 

【漫画化計画】

 

漫画化計画とは、世界中のあらゆる事象に漫画を始めとするエンタメからのリンクをはって、面白おかしく楽して世界を理解できるようにすることです。

 

主な対象は以下の通りです。

・日常生活での出来事

・ニュース(政治・経済)

・世界史

・日本史

 

世界中のあらゆる情報が漫画化されることを願ってやみません。

 

 

【プロフィール】

 

がんばらないライフスタイルとそのためのライフハック がテーマ――。

 

・物より面倒を減らすミニマリスト 

・食事はMEC食、糖質制限、高脂質

・服は制服化済み

・住まいは断捨離中

・片道1時間の自転車通勤継続中

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ

・マンガと歴史好き

 

最近、取り組んでいるもの――。

・音声入力

・耳活(Kindle読み上げ)

Excel自動化

・漫画化計画

    (エンタメ、入門書、情報収集すべて漫画で)

・徒歩通勤

 

これから、やりたいこと――。

古武術介護

小笠原流礼法

競歩

・積み立て投資

 

 

【漫画で日本史】下剋上を体現した裏切り名人、松永久秀に老いの哀しみを見た

 

 

信長の忍び 15 (ヤングアニマルコミックス)

信長の忍び 15 (ヤングアニマルコミックス)

 

 

こないだ信長ものシリーズを一気読みしたが、その時は読むことが出来なかった続きを読むことが出来た。

 

 

そしてこちらも――。

信長のシェフ 23 (芳文社コミックス)

信長のシェフ 23 (芳文社コミックス)

 

 

 

偶然だけど、どちらの作品でも印象に残ったのは松永久秀。言わずとしれた変節漢、裏切りの達人だ。

 

もともと自分の場合、しぶとく生き残るタイプ、サバイバーが好きなのだ。三国志で言えば諸葛亮孔明よりは司馬懿仲達派である。

 

だから松永久秀も気にはなっていた。ただ、評判が悪すぎたので躊躇していたようなところがある。

 

 

けれども、両作品とも、松永久秀は個性的な脇役として活躍しているんである。まぁ、主君を殺し、将軍を殺し、大仏を焼いてるぐらいだから十分に個性的だ。ただの悪役ではない、と言う位置づけになっている。

 

 

そして、自分の場合、もう一つの好みとして、教養のある人物が好みと言うのがある。前田慶次細川幽斎がそうだ。

 

 

 

関ケ原連判状〈上巻〉 (新潮文庫)

関ケ原連判状〈上巻〉 (新潮文庫)

 

 

関ケ原連判状〈下巻〉 (新潮文庫)

関ケ原連判状〈下巻〉 (新潮文庫)

 

 

 

そして、松永久秀は、実は若い頃はイケメンで、茶の湯など教養も深い人物なのだ。

 

信長を英雄と認めたからこそ
それをブッ壊してみたくなったのだ

 

信長の忍び」ではたぎる野心を抑えきれずに謀反を起こそうとしてた。

 

 

一方、「信長のシェフ」では、老いへの焦りと、信長への嫉妬により謀反を起こす。自分がやりたかった事を成せずに老いていくのに、茶器「平蜘蛛」の価値も分からない癖に寄こせと言う信長が自分の理想を実現していく。

 

信長の忍び」では松永久秀はちょい悪ジジイな感じだけど、「信長のシェフ」では変節漢を絵に描いたような汚らしい爺いとして描かれている。

 

信長の軍団はみな若い。若い連中に合わせていくことに疲れてしまったのも謀反に繋がったのかなあ。老いの哀しみも伝わってきた。

 

 

実は、信長が何を考えていたのかを理解出来た家臣はおらず、明智光秀豊臣秀吉も本当のところは分かってなかった。唯一、下剋上を体現した松永久秀のみが信長の真意を分かっていたようだ。

 

 

う~ん。松永久秀ものも読んでみたくなった。信長以前の戦国時代揺籃期の頃も分かりそうだし。

 

小説はちらほら出てる――。

 

悪人列伝 近世篇 (文春文庫)

悪人列伝 近世篇 (文春文庫)

 

 

 

 

【漫画化計画】

 

漫画化計画とは、世界中のあらゆる事象に漫画を始めとするエンタメからのリンクをはって、面白おかしく楽して世界を理解できるようにすることです。

 

主な対象は以下の通りです。

・日常生活での出来事

・ニュース(政治・経済)

・世界史

・日本史

 

世界中のあらゆる情報が漫画化されることを願ってやみません。

 

 

【プロフィール】

 

がんばらないライフスタイルとそのためのライフハック がテーマ――。

 

・物より面倒を減らすミニマリスト 

・食事はMEC食、糖質制限、高脂質

・服は制服化済み

・住まいは断捨離中

・片道1時間の自転車通勤継続中

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ

・マンガと歴史好き

 

最近、取り組んでいるもの――。

・音声入力

・耳活(Kindle読み上げ)

Excel自動化

・漫画化計画

    (エンタメ、入門書、情報収集すべて漫画で)

・徒歩通勤

 

これから、やりたいこと――。

古武術介護

小笠原流礼法

競歩

・積み立て投資

 

 

 

 

【漫画でファッション】白シャツ&黒革靴の日本スタンダードがいかに世界標準から外れているかについて

 

 

 

この作品もいつの間にか第4部まで巻数が伸びていた。第1部は全部読み、第2部はだいたい読んだけど、どこまで読んだかは覚えてない感じ。今回は読んでなかった第3部を一気読みした。シリーズ最終巻は7巻――。

 

 

 

それにしても、この作品を読んでいるといつも思うのだが、日本人のドレスコードは本番ヨーロッパから見ると、つくづく異常なのだなあ。これはファッション後進国アメリカ経由で洋装が伝わったせいらしい。

 

まぁ、クラシックとモードの違いも知らなかった、ファッションの知識はほとんどこのシリーズから得ている自分が言うのもおこがましいのだが。

 

 

だからと言って、今さら本場エレガンテを追求しようとても、どだい無理な話。人生100年時代や老後2,000万円問題がチラつく中で、どれだけ服飾費にかけられるかという問題もあるし、何より日本の季節は過酷になった。

 

関東在住でも、夏は40℃まで上がり、冬はマイナス10℃まで下がる。こうして書いてみると、寒暖差が50℃もあるなんて凄まじすぎる。

 

いつかはオーダーメイドをと思ってはいたが、夢のまた夢に終わりそうだ。

 

 

そんなわけで、今回のシリーズでは、日本独特のスタンダード、白シャツ&黒革靴をイタリア人に認めさせるエピソードを面白く読んだ。

 

まぁ  これは!

 

白のコットンサテンレギュラーカラーシャツに
白コットン・ニットジャケット?

 

上品な光沢の白コットンサテンに
粗い質感の白ニットを重ねて

 

コットンサテンの光沢を強調する仕掛けなのね

 

と言われても、なんのこっちゃ、なのだが(笑)。

 

 

いずれにしても、白シャツ&黒革靴の組み合わせはフォーマルな場でのみ使われるもので、普通はブルーシャツ&茶革靴になるんだそうな。これも、この作品を読んで知ったこと。

 

今ひとつピンとこないのだが、日本人独特の白シャツ、ブラックスーツ、黒革靴は全シリーズを通じて、ちょこちょこ取り上げられている。それだけ世界標準からは外れているってことなんだろう。

 

半袖ワイシャツ(ドレスシャツと言いたい)や胸ポケットもアメリカ経由で伝わった「メリケン流」らしい。

 

 

そんな自分は、ドレスコードがユルい職場なのを良いことに、国民服UNIQLOで過ごしている。もちろん白シャツ&黒革靴だし、おまけに制服化してる。さらにシャツにいたってはポロシャツ布地の「なんちゃって」だし、パンツはベルト無しのひもパンだ。

 

でも、いーのだ。エレガンテよりもストレッチを、シンドない楽を選んだのだ。選んで悔いなし!

 

 

負け惜しみで言えば、自分の服装が間違っていることをきちんと認識して、この場だったら、ここまでだったら許されるかな、と試行錯誤しながら「楽な服装」を追求している。

 

そのためには、この「王様の仕立て屋」はまたとないテキストなんである。

 

 

さて、この第3部は新編集長の方針転換と言う大人の事情で、突然に日本を舞台とした第4部へと移行する。

 

 

春は花粉症、夏は酷暑、秋は台風、冬は厳寒と過酷な四季となった令和の日本で、どのようなファッションを提案してくれるのか読むのが楽しみだ。

 

個人的にはエレガンテなダウンファッションを教えてほしい。あとはUNIQLOと仕立て服のコラボとか。無茶ぶりすぎかな?

 

 

【漫画化計画】

 

漫画化計画とは、世界中のあらゆる事象に漫画を始めとするエンタメからのリンクをはって、面白おかしく楽して世界を理解できるようにすることです。

 

主な対象は以下の通りです。

・日常生活での出来事

・ニュース(政治・経済)

・世界史

・日本史

 

世界中のあらゆる情報が漫画化されることを願ってやみません。

 

 

【プロフィール】

 

がんばらないライフスタイルとそのためのライフハック がテーマ――。

 

・物より面倒を減らすミニマリスト 

・食事はMEC食、糖質制限、高脂質

・服は制服化済み

・住まいは断捨離中

・片道1時間の自転車通勤継続中

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ

・マンガと歴史好き

 

最近、取り組んでいるもの――。

・音声入力

・耳活(Kindle読み上げ)

Excel自動化

・漫画化計画

    (エンタメ、入門書、情報収集すべて漫画で)

・徒歩通勤

 

これから、やりたいこと――。

古武術介護

小笠原流礼法

競歩

・積み立て投資