限界ハウス、ダメ家事男子。:歯磨き粉のコストダウンは慎重に!


歯磨き粉がきれたのでスーパーへ。


それまでは乳酸菌入りがセールスポイントの某製品を愛用していた。

後味? がヨーグルトっぽくて好みだったのと、口の中がすっきりするのが気に入ってた。

残念ながら、ドラッグストアでは手に入らず、通販でしか購入できない。

うっかり切らしてしまったので、たまには別のを買ってみる気になったのだ。

歯磨き粉1個のために、でかいダンボール箱で送られてくるのも、なんだなかあ、と思っていたし。

あと、Amazonのレビューを読んでいたら、メーカーに問い合わせた人がいて、乳酸菌が歯磨き粉の中では生きていないと回答されたそうな。

確かに、乳酸菌が生きていたら、発酵が進んで歯磨き粉も変化する理屈になる。

正直、どっちがほんとかは、よくわからない。

ただ、スーパーで売ってる発酵食品の多くは熱処理で菌が死んでしまったものがほとんどだ、と聞く。

まあ、珍しいことではないのかもしれない。

そんなこんなで、別のを買ってみる気になったのだった。

  • アバンビーズDX 歯周病予防 【シトラスミント味】 80g

  • スーパーの棚を眺めるとピンキリだった。

    高いものは一本1,000円くらいから。

    そういえば、一時期、妙に口臭が気になったことがあって、これくらいの高い歯磨き粉を色々試してみたことがあった。

    特に、これといったものは見つからずに、そのままフェイドアウトしていったっけ。

    そんなこともあって、今回は値段が安い方へ目がいった。

    最近、何かとコストダウンを考えてることもあった。


    一番安いやつは約200円。

    ほとんど売れていて最後の一本だった。

    みんな、歯磨き粉にまで金をかけなくなったのかな。

    そんなことを思いながら、最後の一本を手にした。


    さっそく一番安かった歯磨き粉を試してみると、まず、食感? の気持ち悪さに驚いた。

    子どもの頃のマズいケーキのクリームって、こんな感じじゃなかったか。

    そして、後味がずっと続く。

    かなり強いうがい薬を使っているのだが、歯磨き粉の余韻が、うがいをした後も、ずっと続くのに驚いた。

    しかし、何味なんだろう、これ。

    なんとも形容できない味だ。

    しいて言えば、うっかり石けんをかじったら、こ んな味かもしれない。


    歯磨き粉にも格差はあるのだなあ。

    このまま使い続けようか、どうしようか、迷っている。


    限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。

    限界ハウス、ダメ家事男子。:冷たい雨の夜は、冷凍餃子を使った簡単美味の餃子スープで温まる。


    金曜の夜は、雨がちの一週間にふさわしく、たっぷりと雨に降られた。

    帰宅してから、チェーン周りのオイルケアとディスクブレーキ周りにチェーンクリーナーをスプレーして、大急ぎで熱いシャワーを浴びた。

    ドライヤーで髪を乾かしてから、ようやく人心地がつく。


    これから、ご飯を炊くのを待つ余裕はなかった。

    冷凍ご飯をチンして、魚の缶詰をメインにして速攻食べることにする。

    納豆、生卵、大根おろし&紅葉おろし、白菜の塩麹漬け、キャベツのコールスローなど、おなじみのサイドメニューもフル動員して、米1合分をかきこんでいく。

    食べ終わった後で、もうちょっと何か食べたい、なんか温かいものを食べたい、と思った。

    で、即席の餃子スープを作ることにした。


    ストックしてあった冷凍餃子を5個取り出して小鍋にいれ、かぶるくらいに水を入れて火にかけた。

    沸騰してからは吹きこぼれないよう弱火にして5分ほど。

    ハシをさして、できているかどうかを確認し、ハシがすっと通るようなら、OK。

    ハシをさして穴が開いている餃子の皮を破って、中の具を鍋いっぱいに広げるべくかき回す。

    味つけはテキトー。

    例によって、冷蔵庫常備の塩麹、酢麹、甘酒、ラー油を適量かけ回した。


    簡単にできたけど、メチャ美味い。

    1個を犠牲にして中の具をばらまいたので、ダシが効いている。

    お湯に浮かんだ麹は優しいふわんとした味だ。

    はふはふ言いながら食べていく。

    ラー油がピリ辛で汗ばむくらい。

    雨に濡れたことを忘れてしまう美味さだった。

    これからは、冬の雨の日の定番メニューになりそうな予感。


    限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。

    ライフスタイル系:いよいよ冬だ。「いよいよ」の呪文と「繰り返し」の秘技について


    この頃、毎日のように、いよいよ冬だ、と思う。

    まだ、10月なんだけど、今年は去年と比べて寒くなるのが2〜3週間くらいは早いようだ。


    いつもより早めにウォームウェアを着るようになっては、いよいよ冬だ、と思う。

    いつもより早めにストーブを出しては、いよいよ冬だ、と思う。

    トイレの便座が暖かいと、いよいよ冬だ、と思う。

    ダウンを着るようになっては、いよいよ冬だ、と思う。

    自転車通勤で、ウィンドブレーカー代わりに、モンベルのレインウェアを着るようになっては、いよいよ冬だ、と思う。

    シャワーを浴びるのに寒さを感じるようになっては、いよいよ冬だ、と思う。

    何かあるたびに、いよいよ冬だ、とばかり思っているようだ。

    でも、今まで意識していなかっただけで、毎年、ずっとこんな感じだったような気もする。


    自転車通勤をやるようになってから、天候や季節の移り変わりに目がいくようになった。

    一番寒い時期は、1/20〜2/3くらいの、わずか二週間でしかないことにも気づいた。

    暦の上では大寒から節分・立春のあたりまで。

    暦って、よくできてるよなあ、と感心したっけ。


    それはさておき、つまりは、この先、1/20あたりまでは、ずっと、いよいよ冬だ、と言い続けることになるわけだ。

    そのうち、息が白くなったら、やっぱり、いよいよ冬だ、と思うんだろう。


    人と言うものは、そうやって、少しずつ少しずつ冬への心の準備をしていって初めて、ようやく冬本番になっても耐えられるようになるのかもしれない。


    そして、こうも思った。

    冬が終われば、いよいよ花粉症のシーズンだ、と思うようになり。

    それが終われば、いよいよ夏だ、暑くなる、と思い。

    そんなことを繰り返しているうちに、いよいよ年だ、と思うようになり。

    いよいよ死ぬかな、と思うようになる気がする。


    いよいよ年だ、と繰り返し思ううちに、少しずつ老いへの不安は消えていくんだろうか?

    いよいよ死ぬかな、と繰り返し思ううちに、死ぬことへの恐怖は薄らいでいくものだろうか?

    何度も何度も繰り返していくうちに、思いがけない境地に辿り着くような気もする。


    書いてるうちに、本人もびっくりするほど重たい話になってしまった。

    降り続く雨のせいかな。

    まあ、のんびりと繰り返していこう。


    ライフスタイル系 ガイド

    ストレスフリーな毎日を過ごしたい!
    興味のあるキーワードは、セミリタイヤ、移住、モバイルボヘミアン、オフグリッド、ソーラー発電、AI家事、隠居系、隠者などなど。
    ネコのように丸くなって暮らしたい……。

    自転車通勤編:雨の中で走ったあと、公園の水飲み場で自転車を洗ってる人を見た。合理的だなあ、と感心した。


    雨がちの一週間で、さすがにうんざりしたけれど、中にはおもしろいこともなくはなかった。


    準備に手間取って、いつもより、遅い出発となった。

    やがて、川沿いの遊歩道&サイクリングロードに入る。


    珍しく、クロスバイク先行者がいる。

    このコースは舗装されていない部分も多くて、砂敷き・砂利敷きになっている。

    もともと、スポーツタイプの自転車は来ないし、雨の中を通るのは、これまでは、ほとんどいなかった。


    無理せずゆっくり目のスピード。

    規則正しいペダリング

    バタつかない、身体にフィットするタイプのレインウェア。

    熟練者のようだった。

    こちらも無理せずゆっくりおとなしく後をついて行った。


    途中、公園でトイレ休憩に入ると、クロスバイクも停まっていた。

    水飲み場で、じゃぶじゃぶとチェーン周りを洗っている。

    屋根付きの休憩所でボトルのジュースを飲んでいると、その人はクロスバイク全体に水をかけて洗ったあと、近くのビルの中へ入っていった。


    自分の場合、クロモリに乗ってることもあって、洗車する時に水をかけない派なので、ずいぶん乱暴に映ったけれど、考えてみると、かなり合理的なやり方だ。

    金もかからないし。

    恐らく、ビルの中の駐輪場で、水分をふき取り、オイルケアをするんだろう。


    自分の場合、チェーン周りのオイルケアだけして、車体の泥汚れは休日にやることにしてるので、一週間雨がちだと、もう、泥まみれな感じになってしまう。


    むしろ、公園で水洗いのほうがスマートだなあ、と感心してしまった。

    自転車雑誌には掲載されないようなバイシクルハックだった。

    まあ、そもそも雨の日も自転車で通勤してるやつなんて少数派だしね。


    自転車通勤編プロフィール

    自転車通勤(片道15㎞)7年目。
    クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイク所有。
    ブルベ参戦経験有り(SR取得)。
    「やまめ乗り」修業中。

    限界ハウス、ダメ家事男子。:10分1,000円のカットハウスでは初心者の練習台にならないように。あまり時間帯をハズさない方がいいようだ。


    この頃は1,000円の床屋へ行くようになってしまった。

    正確には税込で1,080円。

    クレジットカードは使えない。

    小銭が出る店だ。


    早いし、手軽だ。

    待ち時間も少ない。

    もともと、平日に休みが取れたときや、仕事帰りなど、客がいないときに寄るので、ほとんど待つことはないのだが。


    予約を取って3,800円払ってた頃が、すっかり遠くなってしまった。

    そういえば、もっと高い店にも通ってたこともあった。

    男のエステみたいな感じの店だった。

    そんなこともありましたね、て感じだ。


    そんなこんなで、1,000円の床屋へ月一回ぐらい、ちょこちょこと通っても、以前よりは、だいぶコストダウンしている。

    流行るわけだ。

    子どもの頃の床屋と言えば、月曜火曜かならずいっせいに休む大名商売だったけれど、あっという間に競争の原理に飲み込まれてしまった。

    当時の行きつけの床屋も、それでつぶれてしまったっけ。

  • 競争の原理

  • 安くて早くて気軽で、いいことづくめのファスト床屋だけど、一度、ひどい目にあったことがある。

    平日に休みが取れたとき、スーパーへ買い物に行ったら、同じ建物内にある1,000円カットハウスが空いていた。

    店員一人に客一人。

    間もなく終わりそうである。

    予定外だけど寄ってみた。


    しかし、なんだか妙に時間がかかる。

    10分をうたっていて、長引いても15分あれば終わるはずなのに終わらない。

    ようやく終わったら、お客はおばあちゃんだった。

    娘らしき人が迎えに来た。

    おばあちゃんは認知症の人っぽかった。

    今どきの風景だなあ。

    ゆっくりやってあげてたのかな? と思いつつ席に着いた。


    刈り上げない程度に短くして、あとはお任せで、とお願いした。

    ヘアースタイルについては聞かれても、よくわからない。

    普通の床屋に通ってた頃、眉毛をどうするか聞かれてうろたえたことがある。

    理想の眉毛って……。

    こち亀両さんみたいに、男らしく1本につながった眉毛にあこがれるけど、リアルな世界では難しそうだ。

  • こちら葛飾区亀有公園前派出所 1~最新巻(ジャンプコミックス) [マーケットプレイス コミックセット]

  • それはさておき、店員のハサミさばきは、なんだか、たどたどしい。

    おまけに、今どき昭和な感じの七三分けにしてきた。

    髪の毛をべったりと寝かせてくる。

    なんだか、鼻の下にちょび髭をつけたら、アドルフみたいである。

    特にこだわりはないとはいえ、あんまりな感じだ。

  • アドルフに告ぐ 漫画文庫 全5巻完結セット (ビジュアル版) (文春文庫) [マーケットプレイス コミックセット]

  • 文句言っても、どうしたらいいのか聞かれても困るし、さっさと退散した。

    とりあえず、七三分けを手櫛でぼさぼさにする。 すると、けっきょく、いつもと代わり映えしないようだった。

    やれやれ。


    限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。

    本との話:『池袋ウェストゲートパーク』最新刊『裏切りのホワイトカード』 安心して避難できる21世紀の講談


    『池袋ウェストゲートパーク』の最新刊『裏切りのホワイトカード』を読み終わった。

    シリーズも13冊目。

    1冊目が出てから、もう、30年になろうとしてる。

  • 裏切りのホワイトカード 池袋ウエストゲートパークXIII
  • IWGPコンプリートガイド (文春文庫)

  • スマホを使うようになってから、読書量が思い切り減った。

    中でも、小説を読まなくなった。

    今でも読んでいるのは、「安心して読める」、「期待を裏切られない」ものがほとんど。

    保守的になってしまったのかもしれないけど、新規開拓してる余裕もない。

    衝撃の問題作も、もういいかな、て感じだ。

    生きづらい世の中の日常生活は充分にホラーなので、フィクションの世界では安心していたいのかもしれない。


    そういった意味では、本作は、昔懐かしのキャラクター、東池袋ハッカー、ゼロワンを始め、Gボーイズのキング、タカシ、昔はいじめられっ子だったが今は暴力団の若頭となったサル、近所のお兄さんだった池袋署の署長、池袋署の人情派平刑事、吉岡などオールキャストだった。

    昔なじみの安心感がにじみ出る。

    長く続いているシリーズだと、どうしても、マンネリやパワーダウンなどの辛口なレビューが増えてくるけど、馴染んだ物語の世界に、すっと避難できるのはありがたい。

    「嵐からの隠れ場所」みたいな。


    あと、このシリーズには、もう一つの効用があると思っている。

    本を読むのは好きだけど、政治・経済・法律方面はさっぱりで、一応、社会人のハシクレとして、新聞の見出しくらいは目を通すようにしてるけど、さっぱり頭に入らない。

    世間とはあまりかかわらずに距離をとっていたい自分には、どうも、世の中の流行廃りがよくわからない。

    そんな自分にとっては、池袋ウェストゲートパークシリーズは、今どきの世の中では、こんな問題が起きているのだ、と教えてくれるものなのだ。

    今回は、ツイッター炎上、ドラッグ、スピリチュアル、カード詐欺などがテーマだった。

    就活のときでさえ、時事ネタがダメだった自分にとって、このシリーズは新聞代わり、時事問題の教材の役割を果たしている。

    ちょっと社会派? みたいな。


    昔は講談師というものがいて、話題のスキャンダルを面白おかしく話していたけれど、現代ではハリセンで机を叩きながら歴史物をうなるようなイメージが定着してしまった。

    池袋ウェストゲートパークシリーズは、現代の講談ではないか、と思ったりする。


    本との話ガイド

    本と読書についての本音の話。。。

    本との話:吉本ばななと『パームシリーズ』の不可思議な関係。運命をどのような解釈で乗り越えていくか。


    吉本ばななさんの『人生の旅をゆく 3』を読み終わったとき、なぜか『パームシリーズ』の主人公、ジェームス・ブライアンのセリフを思い出した。

    人間は運命を変えられないけれど、運命をどう解釈するかによって、運命を乗り越えていく、てな感じのセリフだった。

  • 人生の旅をゆく 3
  • パームシリーズ (文庫版) 【コミックセット】

  • 以前、吉本ばななさんのエッセイは「おばあちゃんの知恵」のようだ、と書いたことがある。

    ヘタなビジネス本やハウツー本を読むよりも、生きづらい毎日が少しだけ楽になるような気がするのだ。


    突然の死、別れや、自分にはどうにもできないような理不尽なことを、どのように受け止めて生きてゆくか、このエッセイには、そのための知恵がつまっている。

    そして、その知恵は、当たり障りのないきれい事ではなくて、ばななさんの体験から掘り起こされたものなので説得力がある。

    異国で迎えざるを得なかった父親の死、姉が大好きだった母の死、間もなく別れが近づいてきた老いたペットと過ごす時間、生まれつきほとんど見えなかった左目のこと。

    解釈という知恵で、どのように乗り越えてきたかが、ばななさんのエッセイには盛り込まれているのだ。


    ちなみに、『パームシリーズ』も始まってから30年以上にわたる大河ドラマだ。

    いよいよ最終章に入って、読みたいような、読んでしまうと終わってしまうので読みたくないような、複雑な気分。

    ラストシーンや登場人物のその後は、すでに描かれていて、一見、悲劇に見えるクライマックスへ向かって疾走中だ。

    主人公たちが、どのような解釈で運命を乗り越えていくのか、こちらも楽しみだ。


    ちなみに、『パームシリーズ』の最終章のタイトルは「タスク」。

    人は幸せになる義務があるーー。

    ばななさんとは、やっぱり通じるところがあるような気がする。

    ばななさんもマンガ好きだしね。

  • パーム(36) TASK I (ウィングス・コミックス)
  • タスク パームシリーズ


    本との話ガイド

    本と読書についての本音の話。。。