【ふるさと納税】医療費控除と抱き合わせで確定申告してしまおう! #家事 #男子 #おひとりさま


ふるさと納税は駆け込みで申し込んだ。

一時は、めんどうになったので、来年から、に先送りしようとしたのだが。

ふるさと納税のやり方については、他のサイトを見てもらうことにして、自分がつっかえたところ、引っかかったところをまとめてみる。


けっきょく、やることにしたのは、医療費控除の確定申告をやらなければならないからだった。

ちなみに、医療費控除は、乱暴に言うと、病院代が10万円以上する場合、申告すれば還付金が返ってくるものだ。


ふるさと納税をした後の手続きは、簡単なワンストップ特例制度か確定申告によるかの2種類がある。

医療費控除を申請するのなら、ふるさと納税も確定申告によるものという一択となる。


逆に言えば、自分の場合、ふるさと納税を申し込んでしまったら、何がなんでも確定申告をしなければ、ふるさと納税で得した分を回収できないことになる。

あえて自分を追いこんだのだ。

なぜなら、今年は歯医者で大金をつかうハメになってしまったので医療費控除の申請をしなきゃだし、そもそも去年の医療費控除も手をつけないまま、放置してしまっている。

言い訳になるが、今年は家事を何とかしなきゃ、で精一杯だったのだ。


そもそも、先送りしてしまったのは、一度、がんばって医療費控除の確定申告をやったことがあったのだが、大変な割には、ちょっとしか還付されなかったので、苦労した甲斐がなかったなあ、と思ったのが大きな原因だった。

同じように思っている人は多いと思う。

けれども、還付金だけでなく、控除された分の課税も安くなっている。

それも合わせれば、それなりに苦労の甲斐はあるのではないか。

実際、どれだけ課税が安くなるのか、苦労した分が報われると言えるのかはケース・バイ・ケース過ぎて断言できないけれど、少なくとも安くなることは間違いないのだ。


幸い、医療費控除の確定申告は5年前までさかのぼれる。

今年の正月はどうせ寝正月になるだろうし、年末年始で、二年越しの医療費控除とふるさと納税にケリをつける意気込みでいる。

舌下免疫療法を始めたことだし、毎年、それなりの金を病院に払うことになった。

以前は、医療費が10万を越えることがめったになかったし、たまに医療費控除しようとするとやり方を忘れてたりでめんどくさかったけど、ふるさと納税と抱き合わせで覚えてしまうつもりだ。


やるなら、やらねば……。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。

今年の冬は防寒より防汗だ。 #家事 #男子 #おひとりさま


平日の休日。

風の強い中を出かけた。


今年初のダウンコートだ。

ジッパーを上まで上げると、ネックウォーマーをしてるみたいにアゴが隠れて首周りがガードされる。


このコートを買ってからはマフラーをしなくなってしまった。

いつも似たような黒っぽいかっこうをしてるので、マフラーで変化をつけてたのに。

便利だけど、ちょっと味気ない。


今日は引きこもり気味だった休日のリハビリを兼ねて、地元のメガネ店周りだ。

三軒ほど歩いて回る。

けっこう歩いた。


汗ばんできたら、ジッパーを下げて胸元を開いたり、袖をずらして手首を出したりする。

今年の冬は防寒ではなく、防汗がテーマなのだ。


きっかけは朝日新聞の記事。

タートルは防汗に向かない。

すぐに汗ばんでしまうし、汗をかいても気軽に脱着できない、と言う内容で、なるほど、と思った。


今まで、歩いたり、暖房効き過ぎな店内に入ったりして汗ばんだりしたことはあったけど、そのまま放置して身体を冷やしたりしてた。

防寒ばかりに目がいってしまって、温度調節をしてこなかったのだ。

今年の冬は気をつけよう。


すでに、自転車通勤中は、この手の体温調節をマメにやるようにしてる。

寒い中、自転車に乗ってるのに、手首出したり、胸元広げたり、変な奴だと思われてるかもしれない。

それでも、汗で冷えるよりはマシである。


特にシルクのインナーウェアを着るようになってからは、よけいに、そう思うようになった。

シルクは、放湿性は悪くはないんだろうけど、臨界点は、今どきの高性能な化学繊維のものよりは低いような気がする。

いったん臨界点を越えてしまうと、シルクのデトックス効果のせいもあるのか、かなり汗臭くなるし。

このあたりは、ヒートテックの消臭効果には敵わない。

だからこそ、今年はヒートテックなどのをインナーウェアにしようとしてたのに、あっさりシルクに戻ってしまったのは、肌触りの素晴らしさによるものだ。

せめて、汗には気をつけよう。


それにしても、こんなに風が強くて寒い日なのに、手袋をつけない人が多いのには驚く。

自転車に乗ってる人さえそうだ。

片手をポケットに突っこんでるから、寒いとは思ってんだろうけど。


めんどうくさいから、我慢できるまで、手袋をはめないんだろうなあ。

で、自覚のないまま、ストレスをためこんでんだろうなあ。

こんなつまんないことでストレスためてたら、あっという間に臨界点に達してしまう。

以前は、自分も、そちら側の人間で、よくウツっぽくなったりしてたっけ。


寒さも感じず、汗をかくこともなく、この冬を乗り切っていこう。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。

黄金の時間の鍋焼きうどんとビール #家事 #男子 #おひとりさま


有休消化の平日休み。

12月だなあ。


今日は夕方から食べ始める。

こんなに早い時間帯に食べ始めて、夜中に腹が減らないか? と思っていたけど、さにあらず。

ほんとうに気分のアガる、満足度の高い食事をすると、少ない量でも満腹感の高い食事になるし、時間が経っても空腹にならないことは学習済みなのだ。

自信を持って、夕方から食べ始める。


あたりがオレンジ色に染まり始める時間帯。

以前も書いたことあるけど、夕暮れ時が大好きなのだ。

吉本ばなな風に言えば「黄金の時間」。

この時間帯に好きなものを食べて、酒を飲むのだ。

休日、バンザイ!

  • Amazon.co.jp: 人生の旅をゆく 3 eBook: 吉本 ばなな: Kindleストア

  • 今日は、鍋焼きうどん!

    風の強い寒い日だったし、嫌でもテンション上がりまくりだ。

    麺は、スーパーで値引き品だった煮ぼうとう。

    平べったくて分厚い。

    鍋焼きには、ちょうどいいか、と。

    平打ち麺好きだし。

    天ぷらは、マイタケとカボチャとかき揚げを買っておいた。


    さて、作ろうとしたら、うちにあるお一人様用小鍋だと、全部入らないことがわかった。

    2回に分けて食べることにする。

    水を沸かして、ダシ用に納豆を放りこむ。

    ほうとうを入れて、約5分煮こんだ。

    天ぷら以外の野菜も入れた方が良いけど、特に鍋焼きにフィットするような野菜がなかったので、作り置きの塩麹漬けキャベツと酢麹漬けタマネギも入れた。

    ダシになるといい。

    味つけは、冷蔵庫に常備してある発酵調味料。

    塩麹、酢麹、甘酒、どぶろく

    最後にタマゴと天ぷらをそれぞれ半分ずつに切ったものを入れてめんつゆを、ちょっとだけ天ぷらへかけ回した。

    フタをしてしばらく。

    穴から煙が吹き出した頃を見計らって、フタを取る。

    鍋つかみで鍋を持ちながらテーブルへ。

    この時、ぐつぐつと言う音が聞こえると幸せな気分なる。

    間違いなく小確幸な瞬間だ。

    テーブルの上に、古新聞を敷いて鍋敷き代わりにした。

    殺風景だが、気楽だ。


    頂き物のビールを飲みながら食べた。

    極熱なものを、ハフハフいいながら食べるとテンションが上がりっぱなしになる。

    繊細な味つけを要求されないのも良い。

    念を入れるなら、辛い調味料も入れると完璧だ。

    口の中がヤケドしそうになったら、冷たいビールで冷やすのもグッド。

    『大市民』推奨のかち割りビールだ。

  • 大市民 1 | 柳沢 きみお | コミック | Kindleストア | Amazon

  • 第2ラウンドでは、ニラキムチを投入する予定だったけど、夢中になって食べてるうちに、すっかり忘れてしまった。

    今度、入れよう。


    休日の黄昏時の鍋焼きうどん。

    クセになりそうだ。

    寒い日にやろう。

    また、食べよう。


    カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。

    2017年12月現在の炊飯器調理。肉と野菜水煮とカット野菜について。  #家事 #男子 #おひとりさま


    あいかわらず、炊飯器調理は続いている。

    米を炊くときに肉を一緒に放りこむシンプルなやり方で落ちついている。


    肉の選び方についてはーー。

    ・脂の多い肉が良い。

    ・骨付きの肉が良い。

    ・骨付きでなければ塊肉が良い。

    こんな感じだ。


    最近のスマッシュヒットは、豚バラブロックだ。

    脂の多い塊肉。

    豚ロースのブロックは少々硬すぎて駄目だった。

    外国産の牛スネ肉シチュー用も硬かった。

    このあたりから、脂肉を選ぶ方向へシフトした。


    ちなみに、「今年の一皿」は低脂肪・高タンパクで人気となった鶏むね肉料理だそうな。

    鶏肉は、もっぱら、もも肉で、アジアン風チキンライス的カオマンガイもどきを楽しんでいた。

    骨付きだと手羽中か。


    以前、ササミ肉を試してみたことがあったけど、パサパサして美味くなかった。

    炊飯器調理だと、調理時間が長すぎるのかもしれない。


    ササミもカツにして、タルタルソースをかけて食べると美味いんだが……。

    まあ、タルタルソースをかけると、なんでも美味いような気もするが。


    いずれにしろ、鶏むね肉も一度くらいは試してみよう。

    安いし栄養価も高いようだし。


    以前、ホルモン系も炊飯器調理に合うのではないか、と書いたことがあったけど、豚タンや牛カシラ肉は淡泊すぎて、インパクトが感じられなくなってきた。

    たまたま、長芋が値引き品になっていたときに、牛タン定食もどきとして、豚タンと長芋のセットで食べたときは、なかなか美味しく感じられたんだけど。

    豚タンは、長芋が値引き品になったときに合わせて買うことになりそうだ。

    定価も安いし。


    ひき肉が値引き品になったら、キーマカレー風を作ろうと思ってるんだけど、意外にひき肉は値引き品にならない。

    値引き30%になったら買うことにしてるのだけど、ひき肉は、せいぜい5%ぐらいだ。

    やっぱり売れ残ったら、ハンバーグにして売ってるのか?

    自分がスーパーの経営者だったらやるなあ。


    タケノコの水煮ときんぴらごぼうセット(水煮)が値引き品になっていたので、試してみたけど、どちらもイマイチであった。

    炊飯器調理には、野菜は合わないのかもしれない。

    煮すぎな感じになってしまう。

    調理時間を調べて、ご飯を炊いてる途中から放りこめばいいんだけど、なんだか、めんどうくさい。


    同様にカット野菜が値引き品になったら買ってみようと思ったけど、カット野菜は値引きされてても、量が少なすぎて割高に感じた。

    さすがに、カット野菜を買うぐらいなら、キャベツ1個、大根1本、丸ごと買った方がいい。


    当面、炊飯器調理は米と肉だけの、シンプル路線になりそうだ。

    キノコも上手くハマらなかったしなあ……。


    カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。

    ネコ玉寒暖計にカモ寒暖計をプラス。ユリカモメには餌やり人が現れた。 #自転車通勤


    今朝の最低気温はマイナス1℃。

    体感温度は思ったほど寒くはなかった。

    自転車通勤中、ネコ玉寒暖計を見ても、みなバラバラで、一匹はブロック塀の上に上っていた。


    湿度は60%。

    低いってわけじゃないよなあ。

    最低気温と体感温度のズレの因果関係は、まだ、良くわからない。


    最近は、ネコ玉寒暖計に加えて、カモ寒暖計も採用し始めた。

    カモ寒暖計は、自転車通勤中の川沿いの遊歩道&サイクリングロードに2カ所ほど設置されている(勝手に認定)。

    この川は水面が近くて、水面から、高さ階段10段ぐらいの所にサイクリングロードがある。

    土手と言うにはあまりにもショボいけど、川は浅くて歩いて渡れそうなくらいなので、何の問題もないのだろう。


    これだけ水面が近いサイクリングロードも珍しいので、自分としてはけっこう気に入っている。

    ブルベに参戦した1年間では、北は北海道の宗谷岬から、西は静岡県浜名湖まで走り回ったけれど、こんな川にはお目にかかったことはなかった。


    で、この土手の斜めになってる部分、のり面にカモが50羽ほどたまっている。

    寒い朝は陸上に、暖かい朝は水の上にいる。

    今朝は、2カ所のうち、上流の方は陸上に、下流の方は水面にいた。

    微妙な寒さと言ったところか。

    上流と下流と、距離的には1㎞は離れているであろうか。

    どうして違いが出るのかは、まだ、よく、わからない。

    少なくとも、2カ所とも陸上にいる朝は、体感温度も低めであることは間違いない。


    ちなみに、11月あたりだと、自転車でそばを通過するとき、カモたちは慌てて飛び立ったり水上へと逃げ出していた。

    12月に入ってからは、寒くて動きが鈍くなったせいか、免疫ができたのか、自転車が通ったくらいではびくともしなくなった。

    羽を膨らませて丸くなっているだけだ。

    50羽近くのカモたちが一斉に動く様は壮観で、カモたちには申し訳ないけど、見てて楽しかった。

    もう、見れなくなったのは、ちょっと残念。


    さて、ユリカモメの方は、少しずつ合流しながら、数も増えているようだ。

    今朝は派手にホバリングしてるなあ、と思っていたら、餌をやっている人がいた。

    どうりで、かたまっているわけだ。


    おばあちゃんは、直径1㎝ぐらいのカラフルなボール状の餌を投げていた。

    何用の餌で、どこで買っているのであろうか?

    なんにしても、餌をやる人が出始めたら、ますますユリカモメは集まってきそうだ。


    カテゴリー紹介 #自転車通勤

    自転車通勤(約1時間、片道約15㎞)7年目。

    29インチのマウンテンバイク(シングルスピード&フルリジッド)で通勤中。

    セカンドバイクはクロモリのロードバイク

    ブルベ経験有り(SR取得)。

    「やまめ乗り」修業中。

  • 自転車の教科書
  • 自転車の教科書 ー身体の使い方編ー (やまめの学校)
  • 牛タン定食もどきで落語的世界へ。2017年12月現在の値引き品チャレンジ。 #家事 #男子 #おひとりさま


    スーパーで、珍しく山芋を買った。

    半額だったのだ。

    自分の食料品選択の基準は、100グラム前後あたり130円台だ。

    140円台になると、なぜか割高に感じられてしまう。

    そう思うのは自分だけではないようで、スーパーの値段設定も、だいたいこのあたりのような気がする。


    せっかくの山芋なので、合わせて炊飯器調理は豚タンにした。

    同じく値引き品の白菜の浅漬けも添える。


    最近のスーパーの漬物は意外と無添加だ。

    アミノ酸」とか、よくわからないのもラベルに書かれているけど、あまり無添加にこだわりすぎるのもどうかと思うようになって、この頃はユルめに取り組んでいる。


    豚タンと山芋と白菜の漬物で、気分だけでも牛タン定食だ。

    なんだか落語みたいだが。

    長屋の花見」だったか。

  • Amazon | 五代目柳家小さん 名演集1 長屋の花見/道具屋/芋俵 | 柳家小さん(五代目) | 落語・漫才 | 音楽

  • さすがに牛テールスープと麦飯は用意できなかった。

    それでも、豚タンのコリコリとした歯ごたえは、これはこれで美味かったし。


    牛タンも最後に食べたのが、ずいぶん前だったので、どんな味だったのか、いまいち思い出せない。

    そのうち外食する機会があったら食べてみよう。


    ぬるぬるネバネバ系は、けっこう好きなんだけど、山芋なんかは、皮をむいたり、すりおろしたりがめんどうくさくて、あまり自炊で食べたことはなかった。

    微妙に高いし。

    最近は、気分的にも余裕ができたし、便利なおろし器も手に入れたので、久しぶりに食べてみる気になったのだ。

    何より値引き品だったし。

  • Amazon|サンクラフト 業務用 プロ おろし PT2500|おろし器 オンライン通販

  • 平日は、基本的にワンパターンご飯だけど、時々、値引き品で珍しいものを食べて、変化をつけられるといい。


    あとがき

    スーパーの店内に置いてあるソファー(と言うほど座り心地は良くないが)で、20代後半ぐらいの男が大騒ぎしていた。

    今どき、店内のような場所で、スマホの電話で大声出すなんて珍しい、と思いながら見てみると、どうやらスカイプあたりのテレビ電話でしゃべってるようだった。

    やたらとハイテンションだったなあ。

    新しい機能を使いこなしている、かっこいいオレ! に酔ってる感じ。

    ラインが流行り始めたあたりから、大声で話す奴もいなくなったと喜んでいたら、新種が発生してしまったか。

    こんなのが増えたら、うっとうしい世の中になるなあ。


    カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。

    地下道のくぐり方。スロープ&階段での取り回し。マウンテンバイクの押し歩き。2017年12月現在。 #自転車通勤


    自転車通勤中に地下道をくぐるんだけど、その時のスロープ&階段の上り下りの時の、自転車の取り回しについては何度か書いてきた。


    29インチのマウンテンバイクで通勤するようになったので、最近は、下りの時は右手でトップチューブの一番前を持って、通路を渡るときは、右手でステムを持って、上りの時は右手でサドルの下を持って、取り回しをしていた。


    けれども、また、やり方が変わった。

    きっかけは、別のライダーの取り回しを見たからだ。


    見たのは、珍しく、ロードバイク乗りだった。 ロード乗りは、こういう地下道をくぐるのは珍しい。

    ロードバイクの乗り降りをしなくてすむような別のコースを取る場合が多い。


    そのロード乗りは、メッセンジャーが使うような黄色いリュックを背負っていた。

    自分が使っているザ・ノース・フェイスのリュックとは違っている。

    出し入れする部分をくるくると丸めてとめるようになっていた。

    そんなところも、メッセンジャーっぽかった。

  • Amazon.co.jp: ノースフェイス BC FUSE BOX ヒューズボックス VW/ヴィンテージホワイト NM81630: スポーツ&アウトドア

  • ロード乗りは、すぐ前を歩いていたのだが、下りから通路を通過して上りまで、ずっと、ロードバイクのステムを右手で持ったまま取り回しをしていた。

    実にスマートに見えた。

    もしかしたら、本当にメッセンジャーをやってる人だったのかもしれない。


    軽いロードバイクならともかく、重量級の29インチのマウンテンバイクでは無理だよなあ、と思いつつ、マネしてやってみた。


    さすがに下りの時は握力が要るけれども、通路を渡るときは、何とか右手ステム持ちでマウンテンバイクを運べた。

    そのうち慣れてくると、下りの時でも大丈夫になった。

    握力や腕力を使うのではなく、右手は軽くフックしてステムに引っかけるようにして、右脇を締めて、胸を張り、腕力ではなく、肩甲骨で支えるようにすると、たいして力を入れなくても良くなった。

    マウンテンバイクでも、バランス良く取り回せば、さほど重さを感じないようだ。


    それ以来、地下道を始め、マウンテンバイクを取り回す時は右手ステム持ちとなった。

    スマートにやってるよう見えるといい。

    時々、バランス崩して慌てるけどね。


    カテゴリー紹介 #自転車通勤

    自転車通勤(約1時間、片道約15㎞)7年目。

    29インチのマウンテンバイク(シングルスピード&フルリジッド)で通勤中。

    セカンドバイクはクロモリのロードバイク

    ブルベ経験有り(SR取得)。

    「やまめ乗り」修業中。

  • 自転車の教科書
  • 自転車の教科書 ー身体の使い方編ー (やまめの学校)