らくだのライフハック

【炊飯器調理】がっつりオニオンスープと無限バリエーションのトッピング


ダイエットの一環で、朝食は重く、晩ご飯は軽く、はすっかり定着したようだ。

そして、朝食はMEC 食、も。

定着と言えば、朝食は、(新)タマネギと肉の炊飯器調理、も固定化しつつある。


もともと、白菜鍋から始まった、野菜と肉の炊飯器調理だけど、タマネギが美味すぎて、甘すぎて、飽きる気配がない。


最近では、タマネギ鍋と言うのも変なので、がっつりオニオンスープ、と呼んでいる。


タマネギは一年間を通じて、安定して手に入れることができる。

値段もほどほど安い。

健康にも良い。

保存も利く。

何より美味い。

飽きるか、もっと美味い食材が見つからない限りは、このままワンパターンご飯で行くような気がする。


がっつりオニオンスープには、トッピングが欠かせない。

最初は普通に食べているけど、半分ぐらい食べたら、次々とトッピングを投入するようにしている。

・温泉卵

大根おろし

・カレー粉

・酢麹

・昆布のつくだ煮

トッピングのバリエーションは無限だ。

このバリエーションのおかげで、ワンパターンご飯が充実したものとなる。

ちなみに、今朝は、上記のものを全部一辺に入れて、ごちゃ混ぜにして食べた。

とてもインスタ映えしないので、写真はないけど、アジアン風テイストで、なかなか美味かった。


がっつりオニオンスープとトッピングでのバリエーション。

しばらくは続きそうだ。


がっつりオニオンスープについてはこちら 


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。