らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【徒歩通勤】風景が変わらなくて辛い。自転車通勤の良さを再確認してしまった。


金曜日の帰りのことーー。


2回のテストを経て、いよいよ徒歩通勤を実行に移してみた。

もっとも、片道だけだけど。

でも、これまでは休日に試しに歩いてみただけで、仕事がある日に歩くのは今回が初めてだ。


定時になったらダッシュで引き上げて、駐輪場トランクへ。

朝、持ってきておいたボトルに缶ビールのチビ缶を注ぐ。

ボトルには、氷をぎちぎちに詰めてある。

丸一日たっても、それほど溶けてない。

チビ缶は、缶ビールの135ミリサイズだ。


つまみはチーズを持ってきてある。

いきなり飲むと胃の壁が荒れるとかで、食べてから飲むようにしてるのだ。

かち割りを飲みながら、ユニクロのポロシャツとステテコに着替える。

シューズはマントラ

いつものウオーキング時のユニフォーム。

AirPodsを装着して音楽を流し、ナイキのランアプリを起動してスタートだ。


途中で、2回ほど、チビ缶でのかち割りを飲む。

5分ほどでさっと飲んでしまうので、あまりロスタイムとは感じない。


酒と音楽の助けを借りて、ひたすら歩く。

1時間ぐらいは、けっこう気持ち良く歩けた。

けれども、1時間半ぐらいからは、だんだん辛くなってきた。


身体が疲れて辛い、と言うよりは、精神的に辛い。

要するに飽きてくるのだ。

特に、田園風景の中を歩いていると、10分歩いても、たいして風景が変わらない。

これが、とても、シンドい。

思わず走り出したくなってしまうぐらいだった。


自転車だったら、風景が次々と変わっていくので、少なくとも飽きることは無かった。

一時期は、休日になると、朝から夕方まで、ロングライドしてたこともあったけど、あれは、自転車だから、一日、もったんだな〜。


何だか、徒歩通勤してみたら、自転車通勤の良さを再確認してしまった。

困ったな〜。

せめて片道1時間半ぐらいで歩けたら問題無さそうなんだけどな。

いっそ、走る?

いや、無理だ。


歩くこと自体は、とても身体に良いようで、たくさん歩いた翌日に自転車に乗ると、いつもより楽に走れることを実感できる。

歩いてる時には、お尻の筋肉を使ってるのが分かるし、ああ、体幹の筋肉を使えてるな〜、と言う満足感もある。

ウオーキングはプラス面が多いんだけどなあ。


とりあえず、今回は、仕事帰りに歩く、文字通りの徒歩通勤を達成できた。

けれども、同時に、ストレスがたまってしまうことも分かってきた。


さて、今後、どうするか?

例えば、競歩のような、速く歩ける方法でも習ってみるか。

う〜ん。


結局、あまりにも飽きて辛かったので、途中でコースを変更して初めての道を歩いたりしてみた。

そんでもって、道を間違えて遠回りしてしまったりもした。


走行距離は14.16キロ。

タイムは2時間19分。

1㎞約10分のペースは変わらず。

ちなみに、前回は、走行距離13.55㎞、タイムは2時間14分であった。


カテゴリー紹介 #自転車通勤

自転車通勤(約1時間、片道約15㎞)数年目。

29インチのマウンテンバイク(シングルスピード&フルリジッド)で通勤中。

セカンドバイクはクロモリのロードバイク

ブルベ経験有り(SR取得)。

「やまめ乗り」修業中。

自転車の教科書

自転車の教科書

自転車の教科書 ー身体の使い方編ー (やまめの学校)

自転車の教科書 ー身体の使い方編ー (やまめの学校)