らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【魚の缶詰】お手軽ジャンクな缶詰メニューは、トッピング波状攻撃で食せよ!


最近、お気に入りの晩ご飯メニューを一つーー。

メニューと言うよりは、食べ方、か。


まず、魚の缶詰をどんぶりにあける。

自分の場合、ふるさと納税で取り寄せた鮭の中骨水煮缶かイワシのオイルサーディンの場合が多い。

もう全部食べてしまったけど、鯖水煮缶でも美味い。


最初に、何も調味料をつけずに一口。

素材の味を確かめるのだ。

(なんか本格派?)


そして、缶ビールのかち割りか缶チューハイを一口飲む。

この後は、一口食べたら、一口飲むことを繰り返していく。


次に、マヨネーズをかけて、一口。

 ↓

タマネギのみじん切り(四分の一ぐらい)を混ぜこんで一口二口。

 ↓

レンチンしたとろけるチーズを混ぜこんで一口二口。

 ↓

トマト(半分ぐらい)のみじん切りを混ぜこんで一口二口。

 ↓

最後にゆで卵を崩して混ぜこむ。

マヨネーズも足しておく。


こんな感じで、ちょっと食べたら、別の食材を足していく。

よく、ラーメン屋で、途中で飽きないようトッピングして味に変化をつける。

これはトッピングの波状攻撃だ。

ラーメン屋に習うとすれば、ゴマやカリカリ梅をトッピングするのも良さそうだ。


たまに、調味料にも変化をつけることもある。

最初は、ゆずこしょう。

 ↓

カレー粉

 ↓

マヨネーズ

こんな感じ。

時々、酢麹を入れたりもする。

七味唐辛子もアクセントになって良い。

しょうゆ・めんつゆも良い。

一度、味噌も試してみたい。


調味料にしろ、食材にしろ、味が薄いものから濃いものへと移るのがポイント。

寿司屋での注文と同じだ。


わりとワンパターンご飯だけど、こんな感じで、トッピングし続けながら食べると飽きない。

そもそも、魚の缶詰をマヨネーズ和えして、いろいろ混ぜこむだけなので簡単だし、ジャンクな感じで美味い。

ただ、ジャンク風味とは言っても、調味料は、なるべく無添加のものにしている。

その程度には、こだわっているのだ。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。