限界ハウス、ダメ家事男子。:さよならジーンズ、その後。スラックスやフード付きパーカーも処分した。


ユニクロ通販で注文した、イージーアンクルパンツのウールタイプの裾長め(オンライン限定)が届いた。

早速、はいてみる。

やっぱり、楽だ〜。


もう、軽くてストレッチが効いて洗濯してもすぐ乾く服しか着たくないなあ。

肌ざわりはインナーウェアでカバーすればいいんだし。


ストライプのデザインなので、ぱっと見は本当にスラックスに見える。

よほどマジマジと見られない限りはバレないと思う。


ただ一つ残念なのは、センタープレスじゃなかったことだ。

センタープレスのタイプのものもあったけど、今回、買ったのはついてないタイプ。

ついてないタイプだけが値引き品になっていたので、それを買ったのだ。

少しぐらい高くても、センタープレス付きを買った方が良かったな。

職場ではくつもりの人は、センタープレス付きをオススメします。


ついでと言っては何だけど、ジョガーパンツのウルトラストレッチ・丈長めが値引き品になっていたので、こちらも注文してしまった。

これは裾が絞ってあるデザイン。

好みではなかったけど、休みの日にウールタイプのパンツをはいてるのも落ち着かない気がして買うつもりになった。

いずれにしても、ひもパンには変わりないけど。


ちなみに、今、持っているジーンズは二本。

エドウィンのジャージー・ジーンズとユニクロのジョガーパンツのデニム版。

ユニクロのは生地薄めなので夏に、エドウィンのは厚めなので冬にはいていた。

捨てようと思ったけれど、けっきょく決心がつかず、タンスの引き出しの奥深くにしまいこんだ。

ジーンズを1本も持ってない人間って、かなりマイノリティだよなあ。


それと、去年はいていた冬用で厚手生地のスラックス3本を処分してしまった。

ごく普通のスラックスだったけど、イージーアンクルパンツを手にした後で持つと、ずしりとした重さを感じてしまったのだ。

もう鎧のような服は着たくない。

スーツはビジネスマンの鎧だ、なんてことを言う人がいるかもしれないけど、何も別にウォール街で働くエグゼクティブでもあるまいし、てな感じだ。


ついでのついでに、フード付きのパーカーも処分。

急に雨に降られたときに便利だと思っていたけれど、いつも折りたたみカサを持ち歩くようになってしまった。

リュックを背負うとフードが邪魔だし。


こんなマイナーチェンジを繰り返していくことによって、ファッション面での負担が減っていけばいいのだが。


限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。