限界ハウス、ダメ家事男子。:この夏の、らくカジときちんとカジュアルのまとめ。


そろそろ、長袖の季節になってきた。

明日から10月だし、無理もない。

この夏のファッションについて振り返ってみたい。


ここ最近、服の数を減らして、着回しをシステム化するとか、洗濯を楽にするとか、そっち方面にばかり気が行ってしまって、ファッションについては、ほとんど考えてこなかった。

ほとんど、服も買わなかったし。


去年の夏と比べて、変わったことと言えばーー。

・夏でも、長袖・タイツのアンダーウェアを着るようになった。

たぶん、来年もこうするだろう。

シルクのアンダーウェアは、汗がべとつかなくて快適だった。

ただ、こまめに着替えないと、汗くさくなるけど。


・夏でも靴下がデフォルトになった。

サンダル時でも、靴下になった。

ソックスをはかないと、パンツをはいてないような気分になるようになってしまった。

汗に濡れた足でサンダルをはくと気持ちが悪い。

  • 千代治のくつ下 足首ゆったり5本指 冷えとり シルクソックス 3足セット シルク100%(紬糸) LLサイズ

  • ・休日は、クロックスのサンダルが標準になってしまった。

    良く見かける、穴だらけのやつじゃなくて、甲の部分が合成革になってるタイプをはいている。

    ぱっと見、クロックスとは、わかりにくい。

    まあ、横穴が空いてるので、よく見れば、わかっちゃうんだけど。

  • [クロックス] クロッグ ユーコン メサ クロッグ 203261 Espresso/Espresso US M8(26 cm)

  • ・トップスはポロシャツで固定

    丸首ティーシャツが全く似合わないのでポロシャツ一択だ。

    自転車乗りらしく、半袖サイクルジャージのカジュアルなやつを合わせてみようと試みたけど失敗に終わった。


    ・ボトムスはひもパン

    今年の夏の主役は、ユニクロのイージーアンクルパンツのウールライクだった。

    ひもパンだけど、ぱっと見、スラックスに見えないこともない感じ。

    職場で着れるかどうかは微妙なところだ。

    丈が短めだし、素足ではくのが推奨されてるみたいだし。

    でも、軽いし、汚れにくいし、速乾性で乾くのも早かった。

    買い足そうと思ってるうちに、店では見かけなくなった。

  • Amazon.co.jp

  • 全体的に見ると、楽な方向へ、楽な方向へと突き進んでる。

    あと、楽な服を着るために、フェイクものも増えてきた。

    革靴に見えるサンダルとか、ウールライクなひもパンとか、ジャージー素材のジーンズとか。

    まあ、フェイクにはフェイクの良さがあると思うけど。

  • ギャラリーフェイク 全23巻セット (小学館文庫)

  • 今年の夏は「きちんとカジュアル」は意識しなかったけど、ポロシャツ、ウールライクなひもパンにあえてベルト装着、楽な革靴、で行けそうだ。

    楽な革靴は、もともと、雨天用の合成革ソフトタイプのもので、かかとまで踏みつぶせるほど軟らかいものだ。

    出番、なかったけど。


    来年の夏は、ポロシャツとひもパンを買い足すだけで終わりそうだ。

    何か画期的な新製品でも出ない限りは。

    あ、そろそろ、新しいメガネ、買わなきゃ……。


    限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。