限界ハウス、ダメ家事男子。:さよならジーンズ


一日イベントの手伝い仕事があった。

ボトムスはスラックスではなく、ユニクロのイージーアンクルパンツをはいていった。

ウールライクだからバレないだろう、とタカをくくった。

ベルトはしないで、ヒモで結ぶだけ。

ジャケットの下にニットも着るから、こちらもバレないだろう。

シルクのアンダーウェアに、ウォームウェアにチョモランマ。

防寒対策もバッチリだ。

なにより、イージーアンクルパンツ、ひもパンは楽だった。

軽くてストレッチが効いている。

12時間以上にわたるイベント仕事も何とか乗り切れた。


今回のことで、改めて思った。

ひもパンは楽だ……。

もう、楽な服しか着たくない。

いよいよジーンズとお別れする時がやってきたか、と。


これまで、人並み以上にジーンズをはいてきた。

服の数を減らして、着回しのいい服を残そう、という方針にしてからは、ますますジーンズになった。

普段使いはもちろん、ジャケットと合わせればきちんとカジュアルにもなる。

サンダルでも、革靴だって合わせられる。

夏でも冬でもオールシーズンはける。

ダメージを受けても、それがまた味となる。

万能だった。


けれども、ジーンズは硬かった。

ごわごわしている。

それに、重かった。

なにより、洗濯すると、なかなか乾かない。


ジャージー・ジーンズが出たときに飛びついたのも無理はなかった。

軟らかさとストレッチに驚愕した。

そのジャージー・ジーンズも、重く感じるようになってしまったのだ。


イージーアンクルパンツは、足首を見せてはくのが前提なので短めだ。

ところが、ユニクロのサイトを見ると、長めサイズのものも、オンライン限定で売ってるではないか。

さっそく買ってしまった。

何で店では売ってくれないんだろう。

ドレスコードのユルい職場ならはけるし、需要はたくさんあると思うんだけど。


最後に、ひもパンはベルトをしなくていいのも楽だ。

もう、革みたいな硬いものは身につけたくない。

冬はジャケットやニットを着れば、ベルトレスでも目立たないので大丈夫。


限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。