らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

ー何もしないためにやらなければいけないことと、がんばらないためのライフハックー

自転車通勤編:楽しく死ぬまでダイエット⁉︎

自転車、自転車通勤をやると痩せます!

楽しく自転車に乗って、それで痩せるんだから言うことないです。

そこにはダイエットにつきものの「ガマン」がカケラもありません。

 

周りでも、自転車にハマった人は例外なく体重が落ちた人ばかりですね。

やっぱり、 成功体験があると長続きします。

自分の場合、「趣味」と「実益」を兼ねたものが好きなので、自転車はどんピシャでした。

 

ちなみに、落ちた体重は約10キロほどです。

まずまず平均的な数字です。

健康診断にも引っかからなくなりました。

自転車様さまですね。

 

ところで、ダイエットが、なぜこんなに人を夢中にさせるのか? です。

成果が体重計で数値化されるからでしょう。

数キロ落ちれば外見も変わってきて、周りからモ「痩せたね」と言われはじめます。

人からホメられる、評価されるのもポイント高いですね。

 

このあたりになると、食事にも使うようになります。

自分の場合、糖質制限もするようになりました。

一番、体重が落ちたのも、この頃です。

今にして思えば、有酸素運動によって、カラダの脂肪を燃焼していったのでしょう。

 

しばらく落ちついた後、第二段階に入ります。

体幹の筋肉がついてきたのです。

お尻、モモの裏や内側の筋肉や背筋が発達してきます。

ここで、逆に、体重は増えました。

ちょっと、とまどった記憶があります。

 

もし、同じようなコースを辿ってる人がいたら、別に気にしなくてもいいのです。

同時に、一番、体重が落ちた時でさえ消えなかったウェスト周りの肉、いわゆる「肉の浮き輪」がなくなりましたから。

筋肉質になって体重は増えたけど、シルエットは細くなります。

体重計の数値よりも、実際に痩せて見える方がはるかに重要です。

たまに、ジムの洗面所の鏡に映る自分のカラダを見て、びっくりしたりしてました。

「なんか、ウェストがクビれてる」

「あばら骨が浮いてる……」と。

この頃になると、もう体重計には乗らなくなりました。 

 

もともと、本やマンガが好きなインドア派だったので、こういうカラダの変化は、ただただ新鮮でした。 

自転車にハマる人って、それ以前は特にスポーツしてなかった人が多いみたいです。

そういえば、マンガ「弱虫ペダル」の主人公もアキバ系のオタク君でした。

ダイエットしたい、フィットネスしたいと言う人には、ほんとに自転車はオススメですね。

 

「ただし」です。

今、自分が自転車をやめたらどうなるか……。

太らないのをいいことに、好きなだけ飲み食いしています。

「腹八分目って何?」て感じです。

胃袋は広がるだけ広げてしまったし、ガマンも効かなくなりました。

自転車やめたらリバウンド20キロ、糖尿病コースへ真っしぐら、になりそうです

死ぬまで乗るしかありません。

 

「自転車はダイエットに効く! ただし、やめられない」が結論です。

よくよくご吟味のほどを……。

 

自転車通勤編プロフィール

自転車通勤(片道15㎞)7年目。  クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイク所有。  クルマを処分したので街乗りが増えそうです。  ブルベ参戦経験有り(SR取得)。  「やまめ乗り」修業中です。