らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【だっぺ帝国の逆襲】ランキング最下位の茨城県は独立国も夢じゃないオールラウンダー?!


ついに茨城県推しの漫画が登場――。

茨城王(イバラキング)監修。

ちなみにイバラキングはこちらの作品も手がけている――。


茨城県といえば、都道府県別魅力度ランキングで最下位になったばかり。

でも茨城県知事は冷静にコメントしていたのが印象的だった。

群馬県知事が怒り狂っていたのと対照的――。

「だっぺ帝国の逆襲」を読んでいると、茨城県知事は自信があったから冷静だったんだなと思えてくる。

 

なにしろ茨城はすごい。

農業の生産品目のバリエーションは日本一だ。

みかんは茨城が北限だし、りんごも茨城が南限。

暖かい地方の農作物も寒い地方のものもなんだって穫れてしまう。

 

漁業だって日本有数。

茨城沖で親潮黒潮がぶつかるから色々な魚が獲れる。

 

肉だって、常陸牛、ローズポーク、奥久慈しゃもがある。

 

工業も頑張っているし、つくばには航空宇宙産業だってある。

 

「何でもあるけどみんな中途半端」って言われてしまうけど、逆に言えば茨城が独立してもやっていけるってことだ。

すごいとこだったんだ茨城!

 

漫画好き地理好きの自分にはどストライクな漫画だった。

最近、県民漫画が増えてきているのが嬉しい。

先ほど話題に出た群馬県にだってちゃんとある。

 

埼玉県は漫画から映画にもなった。

そういえば、栃木県にはないなーと思っていたら、ちゃんとあった。

全4巻――。

こちらもぜひ読んでみよう。

 

関東地方だと、あとないのは千葉県ぐらいか。

千葉県を舞台にした漫画なら結構あるんだけど。

これは最新巻――。

 

東京都や神奈川県は今さらって感じなんだろ~な~。

 

日本全国をカバーしてる地理漫画でおすすめはこちら――。

最新刊――。

あと、これも。

 

 

そのうちご当地漫画48総選挙とかやったら面白そうなんだけど――。

 


【プロフィール】
サイドFIRE(セミリタイア)目指す寝そべり族。
寝そべりながら年100冊の本を読み(Kindle書籍読み上げで耳活)年2,000冊のマンガを読む。
片道一時間の自転車通勤は10年を突破。
食事は肉・卵・チーズのMEC食。
調理はレンチン一択。
水出しコーヒーとグリーンズフリー(ノンアル)を愛飲中。。。