らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【ザリガニの鳴くところ】作者が朝日新聞のインタビューに!

 

2021年6月3日の朝日新聞で、「ザリガニの鳴くところ」作者のインタビューが掲載された。

基本、有料記事だが、登録すれば無料で読める。

 

 

「ザリガニの鳴くところ」は久々に小説の面白さを思い出させてくれた小説。

 

不幸な女の子がたくましく成長していく教養小説であり、ロビンソン・クルーソーのようなサバイバル小説でもあり、あるいは青春小説でもあり、ミステリーでもあり、法廷バトル小説でもある。

贅沢フルコースな小説だ。

 

なかでも、野生と知性を併せ持つ「湿地の少女」カイアが魅力的。

風の谷のナウシカピーターラビットの作者を思い出す。

 

作者もインタビューでこう語っている。

カイアは自然から学び、動物たちのように行動した。同じように、私たちの心のうちにも自然の掟(おきて)は残っている。人間の心に潜む本能について考えることは、私たちの心の動きについて理解を深めることにつながるのです

う~ん。

動物行動学とか、おもしろいかもしれない。

人間用の心理学よりかは、よっぽど参考になりそうな――。

 

 

ところで、作者は次回作を執筆中だそう。

楽しみだなぁ……。

 

 

【プロフィール】

 

年2,500冊の漫画を読み、年に100冊の本を電子書籍読み上げ機能で聞き、片道一時間の自転車通勤を続ける日々――。

 

 

のんびり暮らすライフスタイルと、がんばらないためのライフハックがテーマ!

 

 

・食事は、たんぱく質ファースト。糖質制限中。MEC食継続中。ボトル飲みでプロテイン&メガビタミン

・電子レンジの時短料理で自炊中

・服は制服化&コンフォート命!

・断捨離後、ミニマリスト

・歴史と地理とニュースの社会科好き!

 

 

これから、やりたいこと――。

・英語で読み書き

古武術介護

小笠原流礼法

・沈没バックパッカー外こもり?!)