らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【冷凍作り置き&レンチン術】下ごしらえまでして冷凍保存して当日にレンチンするスタイルはじめました


今日の土曜日は久々に「作り置き」をした。

まず、えのきを皿にしいて、その上に豚肉の細切れを並べる。

今回のえのきはカットえのきにした。

普通のえのきよりも倍ぐらい値段が高いけど、その分、めんどうは減る。

これにラップをかけて冷凍庫へ。


月曜日と火曜日の朝は、これを電子レンジでチンして、さらに半熟のスクランブルエッグをかけまわしてとん平焼き風にして食べる。


もう一つはひき肉。

早い話がハンバーグの素。

牛肉のひき肉に、バターのっけてレンチンした玉ねぎ、コンソメ、パン粉代わりのプロテイン、ちぎったカマンベールチーズ、トマトジュース、豆乳などを混ぜ込んだもの。


手前がプレーンタイプで、奥の皿にはカレー粉を混ぜ込んだ。

こちらも冷凍庫へ。

食べるときは普通にレンチンすれば OK。

スープジャーに放り込んで弁当にする。


作り置きと言うと完成品にまでしてしまうイメージがあるけど、今回は下ごしらえまでで、当日にレンチンすればいいところまで持って行った。

冷凍保存は一か月が目安だから、かなり長持ちする。


以前の完成品作り置きは、冷蔵庫の保存だったのでしょっちゅう腐らせてたよなぁ。

 

これで、月曜日と火曜日は少なくとも楽になりそうだ。

冷凍保存したものをいきなりレンチンする時は、何ワットで何分やればいいのかとか、試行錯誤が必要だろうけど何度かやれば分かってゆくだろう。


慣れてきたら、ジップロックのコンテナに保存して、冷凍庫に並べて、一週間分作って、と持ってきたい。


元々インドアだったけど、新型コロナウィルスのせいで、休みの日に出かけることも少なくなったので、そんな今だったら、土日の休みに時間をさいて作り置きをするというスタイルも、うまく生活にハマってくれそうな気がする。