らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

超官僚主義VSぐだぐだ兵士たち。「紙の兵隊」なめんなよ!【大砲とスタンプ】

 

 

戦争ものと言えば、勇ましかったり、戦争の悲惨さを伝えるものであるはずなのだが、これは異色の戦争漫画。いや、戦争の圧倒的な馬鹿馬鹿しさは伝わっ てくるのだが…。

 

 

 

主人公は若き女性将校。兵站が専門。武器弾薬や食料を補給するのが主な仕事だ。

 

実際に戦ってる兵隊からは書類仕事ばかりやっている「紙の兵隊」と馬鹿にされてもいる。

 

加えて主人公はバリバリの官僚主義。得意な言葉は「責任問題っ!」だ。

 

 

ただ今絶賛戦争中なのだが、そんなことはお構いなし。

 

「書類のために戦争やってんじゃねぇ」 と現場の戦争屋に言われたら「書類のために戦争やってるんです!」と言い返す。

 

反撃のための砲弾も、これは輸送用、と使わせない。

 

 

ある時は、反乱軍に捕まる。反乱のきっかけは腐りかけた缶詰を支給品とした めだ。搬送した主人公は責められて叫ぶ。この缶詰を用意したのは自分たちではない。自分たちは用意されたものを運んだだけだ。だから自分の責任ではない、と。

 

これには反乱軍の主将もドン引きだ。

 

代表してあやまることもしない。

 

そんなのは誠実ではありません、と切り捨てる。

 

ザ・官僚だ。

 

 

あまり主人公・ヒロイン向きの性格とは思えないのだが、これはこれで一本筋が通っている、時々すがしくさえ思える。

 

それは何故かと言えば、 戦場が、戦争が、もうむちゃくちゃな状態だからだ。

 

……戦争ちうのはな  勘違いのカタマリよ

どっこいその軍隊がやってのけるお祭りは

勘違い  偶然  偏見  面子 先入観  情性まみれで右往左往じゃ

 

 

兵士が物を盗む、横流しする、賄賂をもらう、握りつぶす、裏切る、二重スパイをする、もう何でもありだ。

 

真面目に戦争やってるやつなんて一人もいないんじゃないか、と思えてくる。

 

まあ、人が人を大量に殺す戦争なんて、よくよく考えてみると馬鹿げたことで、 こんな馬鹿げたことなんか、真面目にやってられっかよ、 てなところが本音なんじゃなかろうか。

 

もし自分が戦争に出る羽目になっても、やっぱりそう思ってしまうだろう。

 

 

これに比べると、主人公の何と首尾一貫していることよ。

 

書類のあらを探すことさえ何だか神々しく見えてくる。

 

だからこそ主人公、ヒロインなんだろう。

 

 

官僚主義 VSぐだぐだ兵士たち。

 

妙な戦争漫画を読んでしまった。官僚主義漫画?

 

でも、戦争の馬鹿馬鹿しさは十分に伝わった。立派な反戦漫画だ。悲壮感のカケラもないけど。

 

 

ちなみに、最後に真面目な?  戦争漫画。これまで読んだ中では一番地味だけど一番心にしみた。何にしろ戦争は嫌ですね……。

 

 

 

派手な戦闘機アクションだと思っていただけに、ラストシーンの悲惨さが伝わってくる漫画。こちらは取っつきやすい。説教くさい戦争漫画が嫌な人はこちらから読むと良いかも――。

 

紫電改のタカ (1) (中公文庫―コミック版 (Cち1-1))
 

 

 

 

【プロフィール】

 

夢とか夢中になれることは特に無いので、嫌いなこと、やりたくないことを回避するライフスタイルと、がんばらないためのライフハック がテーマ。

 

空いた時間はKindle読み上げで本を聴き(週1~2冊)漫画を読んでいく生活(週50冊)。

 

 

・片道1時間の自転車通勤中

・食事は糖質制限中。MEC食&高脂質食。ボトルでプロテインEAA&メガビタミン。

・ホットクック 1.0Lで自炊中

・服は制服化済み

・住まいは断捨離してミニマリスト

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ移行

・マンガと歴史好き 

(特に世界史へ進攻中)

 

 

これから、やりたいこと――。

・英語で読み書き

古武術介護

小笠原流礼法

楽天ポイ活

・積み立て投資