らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【CD】久しぶりに音楽CDを聴こうとしたら、図書館の試聴コーナーまで行く羽目になってしまった……。


朝日新聴を読んでいたら、朝ドラ「半分、青い。」が話題になっていた。中村雅俊さんが、「真夏の果実」の弾き語りをやってみせている。戦争のシーンがバックに流れているのは、違和感ありまくりだったけど、久しぶりに「真夏の果実」を聴きたくなった。

真夏の果実

真夏の果実


早速、Amazon Musicで検索してみたけれど、サザン関係は一曲も無い。YouTubeでも駄目だった。一瞬、有料の音楽聴き放題サービスに入ろうかと思った。でも、聴きたい曲が必ずあるわけでも無い。そもそも聴きたいのはこの1曲だけなのだ。そんなわけで、図書館のサイトで検索したら、家の近所の図書館にあることが分かった。


じゃあ今日、借りてくるかと思ったけれど、よく考えたら、家にはCDを再生するためのプレーヤーがもう無いのだった。考えてみたら、最後にCDを聴いたのは、どれだけ前だっただろうか? 押し入れを探してみても、あったのは壊れかけのノートパソコンだけだった。三回に一回ぐらいしか起動しないノーパソ。下手をすると、CDにキズがついて弁償になるかも……。ここで、図書館には試聴コーナーと言うものがあることを思い出した。ともかく出かけることにしたのだった。


図書館に着いたら、CDを探しだし、窓口で試聴コーナーを借りた。子供が使うような手提げ袋を渡される。中には、ヘッドホンと説明書が入っていた。試聴コーナーは、音楽のCDショップで見かけるようなやつ。4台ぐらいあったけど、使えるのは1台のみだった。残りは、故障中と使用不可。まぁ、使う人もいないんだろうなぁ。使ってんの、見たこともないし。


プレーヤーのスイッチを入れて、トレイを引き出し、ケースからCDを出してトレイに乗せてしまい、再生ボタンを押す。ちょうど聴きたい曲は1曲めだった。しかし、ここまでの作業だけで、もう、めんどくさくなっていた。以前は当たり前の事だったんだが……。


他にも聴きたい曲があったけど、じっと座っているのが苦痛だった。坐り心地も良くないし。「真夏の果実」だけ何度かリピートして聴いた。懐かしかった。


窓口に返却したら、やけに念入りに調べられた。成田空港でも、そこまでしないんじゃないかと思う位に。音楽CDはわざわざ取り出してひっくり返して裏面に傷がついてないかまで調べられた。もう1人の職員は、試聴コーナーへ行って、何やら調べていた。多分、マニュアル通りやっているだけで、スイッチの消し忘れはないかどうか確認したぐらいだと思う。それでも良い気持はしなかった。でも、まぁ、お役所仕事じゃ、どうしようもない。諦めて帰った。


そういえば、一時期、音楽のCDを図書館から借りてきてノートパソコンへコピーするということをやっていた。リッピングって言うんだったか。結局、めんどくさくなって、やらなくなってしまった。ノートパソコンにコピーした曲をスマホに転送して、スマホから聴けるようにしたこともあった。これは、さらにめんどくさかった。これもやらなくなってしまったし、このアプリもサービスを止めてしまった。すっかり、音楽は、スマホから直接聴くようになってしまったんだなぁ。


それほど音楽にこだわりがあるわけではないので、アマゾンミュージックで充分なんだけど、時々、どうしてもしたい曲ができて、アマゾンミュージックでもYouTubeでも聴けなかったら、今回みたいに図書館で聴こう。まだ有料で聴き放題サービスを使うには時期尚早だ。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。