らくだのライフハック

【旧暦】ユリカモメ到来。今年も寒い冬で、どか雪が降って、風も強い模様ーー。仲冬→大雪→第六十二候「熊蟄穴 (くまあなにこもる)」 12/12~12/16頃。


オレも春まで冬眠したい……。


旬の魚は、ナマコ。

旬の野菜は、春菊。


暖冬から一気に冬になったけど、ついにユリカモメが渡ってきた。しかも、橋の欄干に並んでとまってる。今年は何だかいきなりだな〜。これまでの自転車通勤による経験では、ユリカモメが渡ってくる年は寒い冬で、橋の欄干にまで堂々ととまるほどになると、どか雪が降ることになっている。


実際、前回の冬は、もちろんユリカモメは渡ってきていたし、欄干にもとまっていた。記録的な寒い冬で、関東では珍しくマイナス10℃近くまで下がったし、今年の1月に降ったどか雪は長い間溶けないで残っていた。


ユリカモメだけじゃなくて、富士山の雪も、去年のマックス時と同じぐらい積もっている。積雪量が多い冬は、やっぱり寒い冬なのだ。どうも、今年も寒い冬のようだなぁ。


『大市民』の山形センセイが力説しているように、長期予報は今度もハズレのようである。

大市民 1

大市民 1


あと、去年の冬と違っているところが一つだけあって、それは、富士山とスカイツリーが両方見えることが多いってことだ。今までは、何でか知らんが、どっちかしか見えないことが多かったのである。


理由は何なのか、要観察中なのだが、今の時点で思い当たるのは、今年は風の強い日が多いようだってことだ。だから、両方とも良く見えるのかな、と。だとしたら、今年は、寒いだけでなく、風まで強い冬ってことになりそう。


そんなわけで、寒くて雪が降って風の強い冬になりそうなんだけど、特に心配はしていない。自分でも、ちょっと不思議。前回の寒い冬を、風邪ひとつひかずに乗り越えられたというのが、自信になっているのかもしれない(その割には、暖冬の今年、あっさりひいてしまったが……)。


実際、最低気温が0℃まで下がった日もあったけど、普通に自転車通勤したし、よく考えたら、去年よりも薄着だった。ま、何とかなるだろうーー。


旧暦アプリについてはこちら 

  • アプリのご紹介 | うつくしいくらしかた研究所

  • 旧暦についての本はこちら 

    くらしのこよみ 七十二の季節と旬をたのしむ歳時記

    くらしのこよみ 七十二の季節と旬をたのしむ歳時記