久々の富士山は雪が積もっていた。自転車通勤で季節を認識できるようになった話 #自転車通勤

今朝は風が強かった。

だからなのか、橋を渡るとき、真っ正面に富士山が見えて、そして、雪が積もっていた。

今年、富士山の雪を見るのは、初めてだった。 もっとも、これは自分が平日の自転車通勤の時だけ観測した結果だけど。


検索してみると、富士山10月23日に初冠雪となっていて、平年よりは23日遅く、去年よりは3日早いようだ。

ただし、初冠雪の写真を見ても、どこに積もってんだ? てぐらいのもので、クローズアップされた写真を見てようやく、ああ、そう言えば、てくらいの積もり方だ。

面より線な感じの積もり方。


観測した気温と体感温度が違うようなものかもしれない。

ちなみに今朝は風が強くて、実際の体感温度は、天気予報よりは低めに感じた。


向かい風には閉口するけど、空気は凛としているし、道路もきれいなままだし、あいかわらず、秋の風景は素晴らしいままだ。

やっぱり、長い間に渡った雨の日々と、2回の大型台風の通過で、すっかり洗い流されたからだろう。


日差しが妙に強くて、風景もコントラストが効いている。

明るいところは明るく、暗いところは暗く、妙にくっきりとしてるのだ。

カメラを趣味としてる人なら、自然光にこだわるだろうし、このあたりのことは良くわかるんだろうな。


いずれにしろ、長雨や台風も悪いことばかりじゃなさそうだ。

雨期みたいに定着されても困るけど。


ところで、今は、毎日、マウンテンバイクで通勤するようになった。

川沿いの遊歩道&サイクリングロードに落ちた赤い落ち葉をしゃりしゃりと踏みながら走っていくのは、今年になってから覚えた楽しみだ。

以前は、スリップするから邪魔なだけだとしか、思ってなかった。


二年ほど前、ブルベに参戦していたころ、ヒルクライム対策として、毎週のように山へ通っていて、山が紅葉で色づいていく様などを見ていたはずなのだが、全く記憶に残っていない。

濡れた落ち葉が路面にべったりと張りついているのを見て舌打ちしては、下り坂をおっかなびっくり走っていたことぐらいだ。


う〜む。

しみじみと秋に無関心だったのだなあ。

これまでスルーしてきた分、秋をじっくりと味わっていこう、と改めて決意したのだった。


カテゴリー紹介 #自転車通勤

自転車通勤(約1時間、片道約15㎞)7年目。

クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイク所有。

ブルベ経験有り(SR取得)。

「やまめ乗り」修業中。