らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

ー何もしないためにやらなければいけないことと、がんばらないためのライフハックー

【iPhoneで音声入力】寝たままブログが書けて、ダイエットまで出来てしまう⁈


3連休、3日目の日のことーー。

てことは、音声入力3日目だった。


さすがに3日目になると、やり方を少し変えてみようか、と思った。

家にいる時は、なるべく音声入力をしとこう、と思うようになったのだ。

例えば、平日の昼休みなんかは、音声入力をしようと思っても難しい。

でも、音声入力をしたものを、手作業で修正していくことはできる。


外出先でも、電話をかけるフリをして、音声入力ができるかもしれない。

勝間和代さんも、スタバだったかタリーズだったかで音声入力をやっていたようだ。

まぁ、でも、慣れないうちは、音声入力は家の中でだけやっていたほうが無難だろう。

タリーズで音声入力をする方法。iPhone+Google音声入力でよさそうです。 - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ
最近は色々な方法で出先でも、音声入力による原稿書きやブログの更新を試しています。まず出先の難点は何かと言うと、家の中と違ってとにかく雑音が多いのです。いまタリーズにいますが、店内では音楽が鳴りぱなしで...


さて、3連休の三日間、音声入力をやってみて、わかったことがある。

ずっと音声入力で喋っていると、頭が、ぼーっとしてくることだ。

これは、昔、カラオケをやっていた時と同じだ。

カラオケも最後のほうになると、頭がぼーっとしてきて、たくさん歌ったときは、じんじんとしびれたような感じになることがあった。

この時と、そっくりなのだ。


もともと、あんまり、喋んないし、人付き合いもしない方だ。

だから、たまに、たくさんしゃべったり、歌ったりすると、アゴが痛くなったり、頭がぼーっとしたりするのだ。

音声入力にも、意外な落とし穴があったもんだ。


まぁ、でも、声を出すのは健康に良さそうだ。

歳をとったら、声帯も弱くなるらしいから、なるべく歌ったり声を出したりしたほうがいいって言うし。

ぼけ予防にも良いかもしれない。

少なくとも、フリック入力をやっても、肩が凝るだけで、健康に良いわけではなさそうだし。


そんなこんなで、三日間も、音声入力をやっていたので、ちょっと疲れたような感じだ。

3日目は、ブログを1記事音声入力したら、頭がぼーっとしてしまうので、スーパーへ買い物に行きがてらウォーキングをしたり、掃除をやったりしていた。

で、一仕事終えたら、また、音声入力をやったり。

スーパーへ行って、音声入力、図書館へ行って、音声入力、掃除をやって、音声入力。

そんな感じ。


そして、気のせいかもしれないけど、この三日間で、体重が少し落ちたようなのだ。

念のため、体重計に乗ってみたけど、確かに、1〜2キログラム落ちているようだ。

このことが、音声入力によるものかどうか、いまいち、よくわからないけど、他に理由が思い付かない。


だとしたら、音声入力は寝転がったままできて、ブログも書けて、おまけにダイエットまでできてしまう。

もしかして、音声入力って、最強?


カテゴリー紹介 #iPhone #文字入力 #音声入力

iPhone 6iPhone 7 Plusを所有。

ブログはiPhone 7 Plusを縦持ち両手持ちで書いてきた。

(ノートパソコンは使わず)

現在、音声入力にチャレンジ中!