らくだのライフハック

【旧暦】晩夏→大暑→第三十六候「大雨時行(たいうときどきにふる)」8/2〜8/6頃。こんなに酷暑で豪雨なのに、地球温暖化の話が出てこないのはどうしてだろう?


この時期は、台風や集中豪雨、夕立が多いと言う。

ちょいと時期がズレてしまったようだ。

先週の土日だったら、ぴったりだったのだがーー。


それにしても、西日本はひどいことになってるぐらいなのに、関東では、雨が降らない。

年配の人から、「そういえば、最近、夕立ちって無いねえ」と言われて、確かに! と思った。

以前は、よく夕方に雨が降ってた。

これで涼しくなるかな、と思ってたら、あまり降らなくて、かえって蒸し暑くなったりしたのは、今にして思えば、ご愛敬だったなあ……。


この頃は、夕立どころか、ゲリラ豪雨でさえ、ご無沙汰だ。

2〜3年前ぐらいには、よく帰りの自転車通勤中に降られたっけ。

濡れるのは嫌だったけど、ゲリラ豪雨の後は、くっきりとした虹が見られることがよくあって、ささやかなお楽しみであった。

災害級の雨も困るが、全く降らないのも困りものだ……。


それにしても、これだけ酷暑や豪雨が問題になってるのに、地球温暖化との関係が全くニュースに出てこないのが不思議でしょうがない。

いつの間にか、タブーになってしまったのか?

検索してみると、地球温暖化が進む限り、酷暑も豪雨も続くだろう、と言う恐ろしいことが書いてあったりする……。


旬の魚は、アナゴ。

旬の野菜は、トマト、キュウリ。

珍しく、みな馴染みのある食材ばかり。


アナゴと言えば、土用は過ぎたけど、結局、ウナギは食べなかった、いや、食べられなかったなあ。

値段、高過ぎ。

土用が過ぎれば値引き品になるかと思ったけど、ならなかったな……。


トマトは、スーパーで売ってるのも熟れ熟れで美味い。

硬いよりも、熟してる方が好みなのだ。

キュウリは旬の割には安くならんぞーー。


写真は雨に濡れる工場。

「工場萌え」の琴線に触れるか⁈

工場萌え

工場萌え


旧暦についてはこちら 


旧暦アプリについてはこちら 

  • アプリのご紹介 | うつくしいくらしかた研究所

  • 旧暦についての本はこちら 

    くらしのこよみ 七十二の季節と旬をたのしむ歳時記

    くらしのこよみ 七十二の季節と旬をたのしむ歳時記