らくだのライフハック

【自転車通勤】時差通勤、絶賛継続中! 30分早く出るだけで、街も道路もすがすがしい。

確か、先々週の金曜日だったと思うけど、用事があって、早めに出勤した時、時差通勤の素晴らしさを思い出した。


そして、それ以来、30分前後、早く出勤する日々が続いている。

なんだか、あっという間に定着して、自分でも驚いている。

それだけ、初夏の朝の爽やかさは快適だったのだ。


何より、家の前へ出たとたんに、人もクルマも、いつもよりずっと少ないことがわかる。

この時点で、もう、ストレスがいくらか減っている。

とにかく、行列や人混みや満員電車や渋滞が苦手なのだ。


道幅が狭いわりに、交通量が多い県道も、朝早い時間なら快適だ。

追い抜いていくトラックも、道が空いていると、余裕をもって抜いてくのが分かる。

ナンバーを見ると、川を挟んで隣の県から来てるのが多い。

東京方面へ向かうには、これぐらい早く出ないと駄目なんだろう。


今朝は薄手で長袖のサイクルジャージを腕まくりして着ていた。

そろそろ半袖に切り替えだ。

早く出たのに、強い陽射しにたじろいでしまうけど、風はまだ爽やかだ。

だんだん、朝から焦げつくような太陽になっていくんだろうなあ……。

猛暑対策の意味でも、時差通勤は有効だ。


爽やかな川沿いに別れを告げて、駅前のロータリーを通過するときも、早出すると、いつもの半分ぐらいしか人がいなくて、すがすがしい。

ここは、いつも人波をかき分けていかなければならず、脚を地面につかずに徐行できるようになるまでは、イラッとすることが多かったのだ。


そもそも、少子高齢化だと言うけれど、日本の人口は、それでも1億3千万人はある。

イギリス、フランス、ドイツいずれも、6〜8千万人だ。

日本は、狭いのに倍近くの人口なんである。


怠け者の自分なんぞは、経済力なんか落ちても良いから、人口なんか、今の半分ぐらいで、いーんじゃねーの、と思ったりする。

そうすれば、街も道路も、さぞかし過ごしやすくなると思うのだがーー。


まあ、実際にそうなってしまったら、空き家が増えたりスラム街ができたり、治安が悪くなったりして、いろいろ問題が起きるんだろうけど……。


まあ、とりあえず、時差通勤で早めに出勤して、せいぜいストレスフリーを目指すのである。


カテゴリー紹介 #自転車通勤

自転車通勤(約1時間、片道約15㎞)7年目。

29インチのマウンテンバイク(シングルスピード&フルリジッド)で通勤中。

セカンドバイクはクロモリのロードバイク

ブルベ経験有り(SR取得)。

「やまめ乗り」修業中。

自転車の教科書

自転車の教科書

自転車の教科書 ー身体の使い方編ー (やまめの学校)

自転車の教科書 ー身体の使い方編ー (やまめの学校)