らくだのライフハック

ウツっぽいって感じたら、風邪気味かも、と疑ってみよう。 #家事 #男子 #おひとりさま


昨日は久々に気持ちがダウン。

ウツっぽいってほどじゃないけど、久々なので、けっこうキタ。

職場でうんざりすることが二連発で起こったからだった。

それでも、最近は気持ちがこれほどサガることはなかったので、ちょっと意外だった。

うんざりすることは確かだけど、これほどダメージ受けることでもないような気がしてた。


そんな日は、さっさと帰って、さっさと食べて、さっさと寝てしまうに限ることは学習済みだ。

翌朝、再起動すれば、いくらかマシになってるはず。


いただき物のお餅があったので、少し硬くなった納豆餅やからみ餅をわしわしと食べた。

たんぱく質は、鮭の中骨の缶詰とキャベツの塩麹漬けをマヨネーズで和えた。

どぶろくは少し多めに飲む。

黒豆が残っていたので、酒粕豆乳ヨーグルトと甘酒をかけてデザートとした。


予定通り? すぐに眠りにつくことができた。

この辺の割り切りはずいぶんと良くなった。

以前だったら、悶々と眠れずにいたかもしれない。


ただ、あまりにも早く眠りについたので、夜中に目が覚めてしまった。

鼻づまりと喉の痛みの感覚があって、びっくりする。

どちらも、たいしたことないけど、久しぶりだ。


気持ちがダウンしたと言うよりも、風邪気味だったようだ。

そういえば、夕方あたりに、珍しく、くしゃみして、慌てて着こんだりしたっけ。

それに、自転車通勤では、朝ばかり心配してたけど、帰り道も、けっこう寒いな、と思っていた。

日中の最高気温も10℃を割ると、けっこうしんどいことは知っていたはず。

おまけに、自転車通勤もここのところオーバーペースだった。

疲労が蓄積していたのかもしれない。


振り返ってみると、風邪気味の徴候は、けっこうあったのに、気づかなかったことに軽くショックを受けた。

油断していたのかもしれない。


あと、ウツっぽいんじゃなくて、風邪気味だったんだ、てことにも気づかなかった。

内田春菊さんの「すべては体調のなせる技」というセリフを思い出した。

  • Amazon.co.jp: 作家は編集者と寝るべきか eBook: 内田春菊, 書籍編集部, 櫻田宗久: Kindleストア

  • 今年は、クリスマスから年末年始にかけて、基本仕事、ちょこちょこ休み、となる。

    油断しないで行こう、と誓ったのだった。


    カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま

    空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。