らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

台風が来る土曜日の朝のパスタ祭り


昨日の土曜日の朝、久しぶりにパスタを食べた。いつもならMEC 食で、肉を食べるところだけど、あいにく切らしてしまっていたのだ。魚の缶詰を食べるのも、味気ない。昨日の金曜日の帰りは徒歩で帰るという大仕事をやったばかりだ。それに、MEC 食にもすっかり慣れてしまって、もう、炭水化物を食べても、また元に戻って炭水化物ばかり食べてしまう事もないだろうと思って、たまにはいいか、と食べてみることにした。


中華鍋のフライパンで、お湯を沸かす。以前なら、電気ポットのお湯をざばざばとあけて時間を短縮するところだけど、うっかり忘れていた。ブランクは思っていたよりも大きいようだーー。


それはともかく、パスタを茹でる。ゆでたパスタをザルにあけて、フライパンの水を切って、オリーブオイルを入れて、パスタをフライパンに戻して、軽く炒める。しかし、あっさり、こがしてしまった……。


確かに料理は下手だったけど、パスタを炒めるくらいはできるはずだったよなあ……。シンプルな料理を心がけていたせいか、逆に料理の腕はますます落ちているようだ。まあ、腕ってほどのもんでもないけど。腕に覚えがあるわけでもないし。


気を取り直して、もう一つのフライパンを取りだす。今度こそとオリーブオイルを入れて炒め始める。納豆を入れて、イワシのオイルサーディンも入れる。オリーブオイルとイワシのオイルサーディンのオイル、ダブってしまった。この辺がまた料理が下手なところである。


納豆は、入れるとだしが出るみたいでうまい。個人的には、いや、それほど好きなわけではない。でも、納豆チャーハンは大好きだ。納豆を痛めたときの風味が好きらしい。鍋にもよく入れる。これまで私がよく出るような気がする。カレーに入れるとよく石が出る。カレーに入れると呼ぶ石が出ると言う話を聞いたこともある。


パスタには、カレー粉を小さじ1さじ分ぐらい入れてみた。納豆を隠し味にしたイワシのオイルサーディンのパスタの出来上がりだ。写真を見ると、どう見てもうまそうに見えないんだけど、結構うまかった。休みなので、銀河高原ビールも飲んでしまった。


村上春樹さんのエッセーで、パスタを食べている時、ビールが飲みたくなってしまうとアル中だと、言う話があった。て、村上さんも、その通りだとしたら自分もアル中かもなどと書いていたように思う。だとしたら、自分も立派なアル中だ。


パスタの残り半分は、オリーブオイルだけでさっと炒めると言うよりは混ぜる位にしてみた。味はつけずに、白菜の漬物を切って、添えてみた。写真を撮った後、白菜には醤油を少し垂らした。白菜の漬物は、スーパーで買ったもので、珍しく添加物がないものだった。久しぶりのパスタだけど、こうやって、あっさりといただくのも美味しい。どう見てもインスタ映えしないのだが、味は悪くなかった。ほんとに。カレー系を食べた後の皿を洗わずにそのまま使ってしまったのがマズかったかもしれない。


食べてみて、また炭水化物ばかりの日々に戻ってしまいやしないかと、心配していたけど、そんなこともなさそうだ。確かに久しぶりなので美味かったけど、特別に美味くてしょうがないってほどでもなかった。また、明日の朝からは肉を食べ始める日々に戻る。やっぱり、鍋かな……。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。