らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【マンガ】ヒーローよりもサポーターの方がおもしろい時代⁈


マンガと言えば、スポーツにしろ、何にしろ、ヒーローを目指すのが主人公だった(主に少年マンガ)。

サッカーだったらワールドカップを目指す、みたいな。

でも、最近は、そうでもない。

戦う人じゃなくて、応援する人にもスポットが当たっている。

しかも、おもしろい。

マンガって、懐広いな〜、と感心する。


サポルト! 木更津女子サポ応援記(1) (アース・スターコミックス)

サポルト! 木更津女子サポ応援記(1) (アース・スターコミックス)

本やマンガを読むのが好きで、スポーツ観戦など、かったるい、筋書きのないドラマなんて退屈なだけ、そう思っていた。

「感動をありがとう」、「勇気をもらった」とか叫ぶ奴も嫌いだったし。

でも、選手が心震えるプレーをした時には、思わず叫んでしまうし、その感動は伝わっていく。

1回ぐらいはスタジアムへ行ってみたいような気もする。

グラウンドよりもサポーターを眺める時間の方が長くなってしまいそうだけど。


サッカーだけじゃなくて、野球もアツい。

でも、「カープ女子」なんて言葉が一時期、話題になったけど、呼ばれる方は複雑な思いがあるようだったりする。

単独登山が好きだけど、「山ガール」と呼ばれるのに抵抗があるみたいなもん?

山と食欲と私 1 (BUNCH COMICS)

山と食欲と私 1 (BUNCH COMICS)


応援するのはスポーツだけじゃない。

干物女」で有名になってテレビドラマにもなった『ホタルノヒカリ』。

ホタルノヒカリ(1) (講談社漫画文庫)

ホタルノヒカリ(1) (講談社漫画文庫)


続編はスピンオフみたいな作品だけど、テーマはジャニオタだ。

好きな男性アイドルのコスプレをする追っかけ女子。

アイドルグループを応援するのに、自分は○○の担当、と決めなきゃならない文化もあったりして、男子には、さっぱり謎なんだけど、こういう世界が、知らないだけで、たぶん身近にもあるのだ、もしかしたら、職場にも一人ぐらいいるかもしれない、と教えてくれる。


さらに、宝塚になってくると、もう、何が何だか……。

かなりドン引きなのだが、少なくとも、幸せそうなのは確か。

そして、ここまで夢中になれるものが、自分には無いってことも……。


「応援マンガ」、「サポーターマンガ」ってジャンルがあるんだかどうだか知らんけど、この先、フィールドは広がっていく予感がする。

ヒーローは一握りの人間にしかなれないけれど、サポーターは誰でもなれる。

そして、今どきのショボいヒーローよりは、サポーターの方が生き生きとして楽しそうだったりするのだ。


カテゴリー紹介 #マンガを読むとタメになる

情報源は新聞の見出しとマンガのみ。

それでも何とか世の中についていける。

マンガを読むついでにお勉強してしまおう!