らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【旧暦】仲夏→夏至→第二十九候「菖蒲華(あやめはなさく)」6/26〜6/30頃。寝苦しい熱帯夜と夏の朝のリゾート気分


川沿いの遊歩道&サイクリングロードを毎日走っている、つまり、水辺には、普通の人よりは接してるはずなんだけど、菖蒲の花には縁がない。

爽やかな印象のある花で、こんな花が、毎日、見れたら、いくらか体感温度が下がりそうなんだが……。


それにしても、「花」ではなく「華」と言う字をあえて充てるとは、旧暦とは、昔の日本人ってのは、雅(みやび)だったのだな〜。


実際の天気は、いきなり暑くなって連日の30℃越え。

夜は熱帯夜にもなった。


今朝は、起きてみると、ベッドの脇にAirPodsのイヤフォンが転がっていた。

慌てて、もう一個を探すも、すぐに発見できてホッとした。

覚えてないけど、寝苦しい夜を過ごしてる内に寝落ちしてしまったようだ。

うっかり踏み潰さなくて良かったーー。


寝苦しい夜の分、朝の爽やかさは身に染みる。

夏の朝が素晴らしいなどと感じたのは生涯初じゃなかろうか。

今朝は特に風が強くて、ほんのちょっと開けとくぐらいにしないと寒いぐらいだった。

それでも、漏れてくる風に当たりながらうつらうつらしているのは極上のリゾート気分だ。

このまま、ずっと寝ていたい。


いっそ、午前中だけ休みを取って、午後から出勤しようか、と思ってはみたけれど、昼間のクソ暑い中、自転車通勤して汗だくになってる姿を想像して目が覚めた。

まだ、本格的に暑くなる前に、職場へ滑りこむ方が無難なのだ。

朝の川沿いのサイクリングロードを走るだけでも、十分に気持ち良い。

そう自分に言い聞かせて起き上がったーー。


旬の魚は、鮎。

旬の果物は、マンゴー。


実は、鮎って、まだ、食べたことがない。

よく、夢枕獏さんの小説やエッセイに出てくるので、いつか食べてみたいと思いつつ、機会がないままだ。

そのうち食べることがあるだろうか?

鮎師 (文春文庫)

鮎師 (文春文庫)


マンゴーは、スーパーで値引き品になったことがあった。

めったにないけど、値引きされてたら買ってみよう。


旧暦についてはこちら 


旧暦アプリについてはこちら 

  • アプリのご紹介 | うつくしいくらしかた研究所

  • 旧暦についての本はこちら 

    くらしのこよみ 七十二の季節と旬をたのしむ歳時記

    くらしのこよみ 七十二の季節と旬をたのしむ歳時記