限界ハウス、ダメ家事男子。:スーパーの値引き品サーチで、節約し、買い物を早くし、チャレンジングな食生活を送ろう。


スーパーで買い物をする時は値引き品が多くなってきた。

まあ、節約しなきゃ、てことはあるけど、あまりにも多すぎるような気がしないでもない。


言い訳をさせてもらえると、スーパーには、膨大な食料品が並んでいて、その中から、どれを選ぶのかを真面目に考えると、気が遠くなるような気がするのである。

黄色いシールが貼ってある値引き品の中から選べばいいや、と考えていると、対象はぐっと絞れる。


あと、最近で言うと、パプリカなんぞを値引き品で買ったりした。

値引き品でなければ、恐らく買うことはなかったと思う。

安いし、試しに買ってみるか、と思ったのだ。

値引き品は、チャレンジのハードルも下げてくれる。


考えてみると、値引き品でない、定価で買っている食料品は、ずいぶん少なくなった。

・豆乳

・果汁100%ジュース
(これは1本100円なので値引きは無理だろう)

酒粕

・卵(物価の優等生)

セブン&アイお惣菜の黒豆・金時豆

箇条書きにしてみたら、これだけだった。


思えば、ずいぶん、値引き品には助けられている。

と言っても、けちけちしてる感じもしないし、けっこう「食」には満足度が高い。

一時期のように、食費が家計を圧迫したりもしてない。

このまま自炊生活が続けば、仕事を辞めても、なんとかやっていけそうな気がする。


ここで疑問に思うのは、よく、地方移住すると、新鮮で美味しいものが安く食べられるので、あまり食費がかからない、などと言われているけれど、実際はどうなんだろう、ということだ。

よく、地方移住本を読むと、移住先の農家とお知り合いになって、畑直送のものをいただいた、などのエピソードが書かれることが多いけど、人見知りな自分には難しいだろうなあ、などと思ったりもするし。

資本主義経済の最先端のスーパーで値引き品を買って自炊する生活の方が、自分には合っているのかもしれないと思ったり。

だとしたら、あまり田舎に行くよりは、適度に街中の方がいいことになって……。

う〜ん。

よくわからなくなってくる。

まあ、しばらくは、このやり方を続けるしかないんだけど。


限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。