らくだのライフハック

自転車通勤編:ダイエット決意マシーン!

番外編「休日クルマ代わりに自転車編」です。

 

たまにロングライドをすると、恐ろしいことに気づく。

薄々気づいていたけれども、目を背けていた事実を突きつけられるのだ。

 

昨日は向かい風も強くて、自転車通勤の時よりも前傾姿勢を強いられた。

だから、嫌でもわかってしまったのだ。

ペダルを回すたびに、モモが下腹をたぷんたぷんと打つのだった。

やっぱり太ってたか……。

 

別カテゴリでも書いているけれど、最近は発酵食品をよく食べるようになった。

発酵食品を食べていると、不思議とコメのご飯が食べたくなる。

で、やたらとコメばかり食べていた。

1日六合ばかり炊いていただろうか。

糖質制限ダイエットをしていた頃とエラい違いである。

明らかに時代と逆行している。

 

でも、なぜか太らなかった。

むしろ痩せていった。

 発酵食品の神秘か、と思っていた。

昔の日本人が痩せていたのは、発酵食品とコメの組み合わせだったから? て仮説までたてた。

しかし、何事も限度はあるのだった。

 

太らないのをいいことに、毎回、苦しくなるほど食べて胃にもたれるようになっていた。

体重計に乗る習慣はだいぶ前に無くなってもいた。

毎日、自転車に乗ってるんだから、発酵食品を食べているんだから、自分は大丈夫だと自分に言い聞かせていた。

 

しかし、ついに審判は下ったのでした。

「ギルティ」と言う声が聞こえたような。

 

とりあえず、苦しくなるまで食べるのは止めよう。

コメばかり食べるのも止めよう。

肉を食べよう。

タンパク質を摂ろう。

これだけでも、下腹は引っ込むはず。

 

それにしても、往復で7時間あまり、ほとんどの時間をたぷんたぷんとするのは、なかなか気の滅入る作業だった。

いやでも体重について考えずにはいられない感じ。

自転車は、乗ってるだけで体重が落ちるけど、さらにダイエットを強く決意させる乗り物なのだった。

他にこんなビーグルはないよなあ……。

 

あとがき

ダイエットや食については本当に色々あって、どれがいいのか、さっぱりわからない。

今、気になってるのを並べるだけでもーー。

糖質制限ダイエット

・和食、粗食、一汁一菜

グルテンフリー

・一日一食

 

とりあえず、炭水化物は控える方向で。

その炭水化物も、小麦は控えた方がいいと言うグルテンフリーが出てきて、さらにややこしくなった。

確かに、昭和時代前半の頃までは、日本人はコメ中心で、戦後、給食が始まって、パンを食べるようになって、パスタやらピザやらを食べるようになってから太り始めた、と言う説はうなづける気がする。

まあ、何事もほどほどに、と言う結論にはなってしまうけれど。

 

自転車通勤編プロフィール

自転車通勤(片道15㎞)7年目。  クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイク所有。  クルマを処分したので街乗りが増えそうです。  ブルベ参戦経験有り(SR取得)。  「やまめ乗り」修業中です。