らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【旧暦】初夏→小満→第二十四候「麦秋至(むぎのときいたる)」。5/31〜6/4頃。麦畑。六月の富士山。今年の初夏の素晴らしさ。梅雨直前のナメクジ。


「秋」と言う文字が入ってるけど、これは麦にとっての秋、実りの時期、と言う意味らしい。

黄金色の麦畑も景色が良さそうで見てみたい。

家の近くには無いので、遠出しなきゃならないけど。

明日から土日だし、たまには出かけてみようか。 天気も良さそうだしーー。


今朝は、朝、目覚めた時は肌寒くて、思わずストーブをつけてしまったけれど、時間がたつにつれて、みるみると暑くなっていき、駐輪場から職場へ向かう時間には、半袖でも暑いくらいだった。

もう、今日から六月だしなあ……。


今週は、職場では半袖ポロシャツ、自転車通勤では長袖サイクルジャージだった。

来週辺りからは、そろそろ半袖のサイクルジャージかな。

いや、梅雨に入って、レインウェアの日々か?


季節の魚は、シャコ。

季節の野菜は、じゅんさい

季節の果物は、サクランボ。


スーパーで手に入りやすいのは、サクランボ。

値引き品になったら、買ってみよう。


今朝、自転車通勤中に、珍しく富士山が見えた。

五月中にも、1〜2度、見かけた。

五月でも珍しいのに、六月に見れるなんて、記憶の限りでは、初めてじゃなかろうか?

東京の空気も、以前と比べたらキレイになっ たそうで、だから、富士山が良く見えるようになった、と聞く。

新聞やテレビは、ろくでもないニュースばかりだけど、世の中も、ちょっとずつ良い方向へと進んでるんじゃないだろうか。

そう、思いたい。


それにしても、五月は、特に連休中は、初夏の爽やかさを思う存分、楽しめた。

これだけ素晴らしい五月は、もしかしたら生涯、初めてかもしれない。

窓を開けて、風を入れてるだけで、気持ち良い。

わざわざリゾート地へ行かなくても十分だった。

来年の五月も、こうであって欲しい。

去年の五月は、爽やかさのカケラもなかったしなあ……。


そういえば、今週の水曜日だったかは、かなり、じめじめしていて、梅雨を予感させるような蒸し暑さだった。

シャワーを浴びていたら、壁にナメクジを二匹発見した。

ほっとくわけにもいかず、水をかけて、排水口へと押し流した。

ナメクジを見かけたのは今年初。

いよいよ梅雨だーー。


「梅雨走り なめくじ二匹 押し流す」


旧暦アプリはこちら 

  • アプリのご紹介 | うつくしいくらしかた研究所