らくだのライフハック

【漫画で日本史】下剋上を体現した裏切り名人、松永久秀に老いの哀しみを見た

 

 

信長の忍び 15 (ヤングアニマルコミックス)

信長の忍び 15 (ヤングアニマルコミックス)

 

 

こないだ信長ものシリーズを一気読みしたが、その時は読むことが出来なかった続きを読むことが出来た。

 

 

そしてこちらも――。

信長のシェフ 23 (芳文社コミックス)

信長のシェフ 23 (芳文社コミックス)

 

 

 

偶然だけど、どちらの作品でも印象に残ったのは松永久秀。言わずとしれた変節漢、裏切りの達人だ。

 

もともと自分の場合、しぶとく生き残るタイプ、サバイバーが好きなのだ。三国志で言えば諸葛亮孔明よりは司馬懿仲達派である。

 

だから松永久秀も気にはなっていた。ただ、評判が悪すぎたので躊躇していたようなところがある。

 

 

けれども、両作品とも、松永久秀は個性的な脇役として活躍しているんである。まぁ、主君を殺し、将軍を殺し、大仏を焼いてるぐらいだから十分に個性的だ。ただの悪役ではない、と言う位置づけになっている。

 

 

そして、自分の場合、もう一つの好みとして、教養のある人物が好みと言うのがある。前田慶次細川幽斎がそうだ。

 

 

 

関ケ原連判状〈上巻〉 (新潮文庫)

関ケ原連判状〈上巻〉 (新潮文庫)

 

 

関ケ原連判状〈下巻〉 (新潮文庫)

関ケ原連判状〈下巻〉 (新潮文庫)

 

 

 

そして、松永久秀は、実は若い頃はイケメンで、茶の湯など教養も深い人物なのだ。

 

信長を英雄と認めたからこそ
それをブッ壊してみたくなったのだ

 

信長の忍び」ではたぎる野心を抑えきれずに謀反を起こそうとしてた。

 

 

一方、「信長のシェフ」では、老いへの焦りと、信長への嫉妬により謀反を起こす。自分がやりたかった事を成せずに老いていくのに、茶器「平蜘蛛」の価値も分からない癖に寄こせと言う信長が自分の理想を実現していく。

 

信長の忍び」では松永久秀はちょい悪ジジイな感じだけど、「信長のシェフ」では変節漢を絵に描いたような汚らしい爺いとして描かれている。

 

信長の軍団はみな若い。若い連中に合わせていくことに疲れてしまったのも謀反に繋がったのかなあ。老いの哀しみも伝わってきた。

 

 

実は、信長が何を考えていたのかを理解出来た家臣はおらず、明智光秀豊臣秀吉も本当のところは分かってなかった。唯一、下剋上を体現した松永久秀のみが信長の真意を分かっていたようだ。

 

 

う~ん。松永久秀ものも読んでみたくなった。信長以前の戦国時代揺籃期の頃も分かりそうだし。

 

小説はちらほら出てる――。

 

悪人列伝 近世篇 (文春文庫)

悪人列伝 近世篇 (文春文庫)

 

 

 

 

【漫画化計画】

 

漫画化計画とは、世界中のあらゆる事象に漫画を始めとするエンタメからのリンクをはって、面白おかしく楽して世界を理解できるようにすることです。

 

主な対象は以下の通りです。

・日常生活での出来事

・ニュース(政治・経済)

・世界史

・日本史

 

世界中のあらゆる情報が漫画化されることを願ってやみません。

 

 

【プロフィール】

 

がんばらないライフスタイルとそのためのライフハック がテーマ――。

 

・物より面倒を減らすミニマリスト 

・食事はMEC食、糖質制限、高脂質

・服は制服化済み

・住まいは断捨離中

・片道1時間の自転車通勤継続中

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ

・マンガと歴史好き

 

最近、取り組んでいるもの――。

・音声入力

・耳活(Kindle読み上げ)

Excel自動化

・漫画化計画

    (エンタメ、入門書、情報収集すべて漫画で)

・徒歩通勤

 

これから、やりたいこと――。

古武術介護

小笠原流礼法

競歩

・積み立て投資