らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

ー何もしないためにやらなければいけないことと、がんばらないためのライフハックー

【モバイル読書】公園のベンチで本を読む時はハチに注意。黒っぽい服はダメらしいぞ!


休日の土曜日、森林公園(のような公園)のベンチで本を読んでいた。

時々、目を上げれば、木漏れ日と緑。

天然のクーラーも良く効いていた。


小確幸を感じていたときに、それは、やってきた。


これまで、ハチに刺されたことは一度も無かった。

騒ぐから、刺されるんだ、とクールに構えていた。

実際、動かないで、じっとしていれば、ハチはどこかへ去って行った。


けれども、今回のハチはしつこかった。

あげくのはてに、手の甲にとまったりした。

ようやく、気づいたけれど、このハチ、どう見ても大きい。

冷静に見ても、小指よりも太かった。

ミツバチじゃないのか?

ひょっとして、スズメバチ

ひぃ〜。


半袖でむき出しになった腕回りをもぞもぞとはい回る。

動くと、刺される!

動かないようにすると、なぜか、小刻みに震えそうになる。


ようやく、腕から離れてホバリングし始めたので、一息ついたが、そこからが、また、しつこかった。

ホバリングしたまま、手や腕の回りを至近距離で飛び回り始めたのである。

高速回転してるであろう羽根から、生暖かい空気が肌に伝わってくる。

触ってるような触ってないような微妙な感じがおぞましい。

動くと刺されそうなので、じっとして耐えるしかなかった。

痴漢にまさぐられたら、こんな感じだろうか?


とてつもなく長い時間がたったと感じたけれど、振り返ってみると、ホバリングが始まってから、1〜2分と言ったところか。

タイミング良く、強めの風(神風と呼ぼう)が吹き出して、ハチが流された瞬間、荷物をリュックに突っこんで、足早にその場を逃げた。


それにしても、しつこかった。

検索してみると、ハチは好奇心の強い虫らしいが、いったい何がそんなに珍しかったんだろうか?


香りをつけていたり、逆にしばらく風呂に入らず汗くさかったりすると、ハチが匂いをかごうとするらしいけど、思い当たることはなかった。

強いて言えば、ハチは黒っぽい服に反応すると言うことだが、この説には賛否両論あった。

なんにしても、黒系の服は止めておこう。


まったく、最近は農薬のせいでミツバチが消えたとか騒いでたのに、何で、こんな目に遭わないとならんのか……。


公園のベンチで読書する時は、蚊に刺される心配だけじゃなくて、ハチにも注意しよう。


カテゴリー紹介 #ライフスタイル

ネコのように丸くなって暮らしたい……。

特別な夢や本当にやりたいことは無いけれど、ストレスフリーで快適な毎日を過ごしたい。

人混みと満員電車と行列と渋滞と人づきあいが苦手で、インドア&地元で過ごしがち。

最近は、読書しながら旅でもしようか、ともくろんでいる。

年300万円で、コストのかからない「健康で文化的な最低限度の生活」を目指して試行錯誤中。