ライフスタイル系:がんばらない。自分に負荷をかけない。ストレスフリー&ノーダメージで巡航してゆく。


「がんばらないようにしている」と正直に言ってしまったら、「なんだ、こいつは!」とひんしゅくを買ってしまうだろう。

「がんばりすぎないようにしている」と言い方を変えても、「いやいや、もっと、がんばれよ。やればできるんだから」と言う人は必ずいる。

「やればできるってんなら、おまえがやれ」と言い返したい。

がんばりすぎて、心の病になっている人は、たくさんいるというのに。


かと言って、あんまりにもダラダラしてると、かえって疲れる。

渋滞した道路をのろのろ運転してるようなものだ。

ある程度のスピードで巡航してるのが一番楽だ。

早すぎもせず遅すぎもせず、燃費も一番いい。


自分としては、がんばりすぎない目安として、次の二つがある。

①精神的なストレスがたまらない。

②肉体的なダメージを受けない。

どちらも、全くゼロにするのは現実的に不可能だ。

一晩、眠って回復できるかどうかを目安にしてる。

パソコンやスマホを再起動したら元に戻るように。


がんばりすぎてもダメだと言う例え話を一つ。

例えば、F1。

レースの世界では、何よりも速く走ることが優先されるはず。

でも、必ずしも、そうではない。

いくら速く走れても、完走できなければ意味がない。

速く走ろうとして、フルアクセル・フルブレーキを繰り返すと、タイヤが速くすり減ってしまう。

レース後半になると、タイヤがグリップを失い、コーナーでスピンしてリタイア、となる。


それを防ぐには、タイヤコントロールが必要になる。

タイヤに負荷をかけないような「走り」が必要不可欠になる。

がんばりすぎて、自分自身に負荷をかけてしまうと、コースアウトしてしまうのだ。

  • [まとめ買い] capeta(月刊少年マガジンコミックス)

  • がんばりすぎず、自分に負荷をかけないようにして、精神的なストレスや肉体的なダメージを最小限にして、快適なスピードで巡航していく。

    そんな風に生きていけたら、と思うんだけど。


    ライフスタイル系 ガイド

    ストレスフリーな毎日を過ごしたい!
    「健康で文化的な最低限度の生活」が送れれば充分。 ネコのように丸くなって暮らしたい……。