自転車通勤編:自転車ショップへ

東京へ、電車で

用事で東京は神田方面へ。
家から片道60㎞の距離。
いつもなら、自転車で行くところだけど、珍しく電車で。
よく考えると、変なことを書いてるけど、実を言うと、前回も自転車で行っているのだ。

自転車に乗らなくても自転車なのだ

せっかく電車で行くのなら、と用事が終わった後、上野に寄って、自転車ショップやアウトドア店を回ることにした。

メカ音痴だからパーツ類には興味ないし、装備も一段落して、あんまり買うこともなくなってきたし、買っても通販で、となってしまったので、リアル店舗は久しぶりだ。

自転車ガールはどこにいるんだろう

アウトドア店だと、自転車コーナーは狭い。
マラソンと山関係が圧倒的に多い。
これはランニング女子と山ガールのおかげだろう。
なんかカラフルだ。

特に、ランニング関係は、年配の女子もたくさんいて、失礼ながら「こんな人が走ってんの?」とびっくりしてばかり。
みんな、ランニングが好きなんだなあ。
ウェアもたくさん置いてあって、うらやましい。

収穫のない自転車専門館

自転車専門館へ行くと、見事なくらいに男ばかり。
狭いショップに壁びっしりパーツ類が並ぶ店は、女子じゃなくても入りづらい雰囲気だ。

特に目を見張るような画期的な新製品は見当たらない。

強いて言えば、使いやすそうな携帯ポンプが目についた。
わりと最近、自分も買ったのだが、数年前と比べて、軽い力で空気が入るようになってて驚いた。
すでに買ってしまったし、ノーパンクタイヤへの移行を考えているので、見るだけで終わった。

ウェア専門館にも寄ったけど、収穫はなし。

カジュアルなサイクルジャージがないかと探してみたけど、値段の高いものばかり。
UNIQLOで、サイクルジャージもどきを出してくれないものだろうか。

あと、ヘルメット代わりのヘッドギアを生で初めて見た。
「にっぽん縦断 こころ旅」で、俳優・火野正平さんが使っていたやつだ。
メットよりは楽そうだけど、どうも、オウム真理教のヘッドギアを連想してしまって……。

その他、店員さんが派手目の半袖サイクルジャージとジーンズを合わせていて、妙に似合っていた。
こういうのもアリなのか。
でも、地元でやったら浮くだろうな……。

自転車通勤編プロフィール

自転車通勤(片道15㎞)数年目。
クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイクを所有。
クルマを処分したので街乗りが増えそう。
ブルベ参戦経験有り(SR取得)。
「やまめ乗り」修業中。