最初からこうすれば良かった……。

「行列のできる法律相談」ではなく「しくじり先生 俺みたいになるな‼︎」なブログです。

限界ハウス、ダメ家事男子。:アルコール消毒液スプレーは万能ではないけど有能だ

毎日が応急処置

ダメ家事男子にとって必需品なのは、アルコール消毒液スプレーだ。

詰め替え用のポリタンクで買っている。

 

もちろん、毎日、掃除して清潔にしていれば、こんなものは要らない。

でも、それができれば苦労はないわけで……。

 

そんなわけで、とりあえずの応急処置として、毎日のように、シュッシュとスプレーしている。

 

最低レベルの家事では

・腐らせない。

・カビさせない。

・匂いをさせない。

ぐらいは免れないといけない。

健康にも良くないけど、それ以上にストレスがたまってしまう。

回避するために必要かつ手っ取り早いのがアルコール消毒液スプレーなのだ。

 

湿潤治療⁈

アルコール消毒液スプレーに注目するきっかけになったのは指の傷だった。

もともと、スーパーや図書館の入り口に置いてあるアルコール消毒液スプレーを見かけると「タダだし」とばかりにシュッシュしてたんだけど、なかなか指の傷が治らないことに気づいた。

試しにスプレーをやめてみると、いきなり治ったのである。

傷ができても消毒せずに、サランラップを巻いておくだけの方が治りが早い、消毒は悪玉菌と一緒に善玉菌も殺してしまうから、てなことを聞くようになってた。

なるほど、本当なのかもしれない。

消毒ってのは、良くも悪くもすごいもんだ、と実感した。

 

まな板が汚れない⁈

もう一つ実感したのは、まな板だった。

トマトのような、なかなか汚れが落ちないものを切った後、アルコール消毒液をスプレーしてみたら、翌日、いつもより汚れが落ちていたのだ。

汚れって、悪玉菌が活性化している状態なのだなあって思った。

何だか化学みたいたけど。

f:id:rakuda95:20170708195724j:image 

日常的使用法

そんなこともあって、アルコール消毒液スプレーは身近なものとなった。

・履き終わった後のサンダル

 ・料理した後の流しやまな板

・使用済みのタオルやしばらく放置する洗濯物

・洗面所や使った後の歯ブラシセット

・トイレ

・枕や汗をかいた後のシーツ

などなどーー。

 

逃げ道を確保しておくと役に立つ

とりあえずスプレーすることで、最悪の事態は免れる、とわかってからは何となく気が楽になった。

疲れて何もしたくない時は、スプレーしておけば先送りできるのだ。

一休みして回復してからやればいい。

もちろん、いつまでも放置できるわけではないし、アルコール消毒液も万能ではないけれど。

今の所、何とかカビや腐敗からは免れている。

今年の梅雨も乗り切れればいいけど。

 

限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール

 空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を夢見て試行錯誤中のへなちょこ家事男子。