限界ハウス、ダメ家事男子。:炊飯器料理の始動!

「勝間式超ロジカル家事」に刺激されて

さっそく、炊飯器の活用にチャレンジしてみた。

「炊飯器  料理」で検索してみると、たくさんのレシピが。

こんなに大勢の人が、炊飯器で料理をしていたのか。

知らなかった……。

 

自己流シンプルで行こう

色々、読んでみても、みなハードルが高そうなものはかりだ。

ダメ家事男子らしく、自己流シンプルで行くことにする。

とりあえず、ご飯を炊くときに、塩麹に漬けておいた鶏肉の手羽先を米の上に乗っけて炊いてみた。

 米一合炊くのに手羽先3本。

いわゆる普通炊きだ。

 

出来上がってみると、鶏肉が軟らかくて軟骨もぷるぷるしている。

これがコラーゲンと言うやつか。

ご飯も肉の出汁が効いていて、肉を漬けておいた塩麹効果なのか、うっすらと塩味が効いている。

これがメチャ美味だった。

安物の手羽先がこんなに美味くなるとは……。

 

勢いに乗って第二弾

作り置きしておいたひき肉の炒め物カレー味を炊飯器に放りこむ。

すでに米一合と水は入れてある。

ついでに、カルシウム補給対策の鳥ナンコツと、貧血対策 の豚レバーも一緒に入れた。

 

手羽先出来上がりはキーマカレー風カレーピラフ風炊き込みご飯。

これがまた美味かった。

鳥ナンコツはゼリーのようにぷるぷるだ。

うっすらと焦げ目がついてるのも、また、美味い。

f:id:rakuda95:20170705001245j:image

タマネギの塩麹漬けも 

作り置きからの解放

これからは、土日にわざわざ肉のおかずの作り置きをしなくて良さそう。

肉や鳥ナンコツや豚レバーを一週間分買ってきたら、塩麹に漬けておいて、ご飯を炊くときに一緒に放りこめばいい。

作業手順がかなり減りそうだ。

その上、美味いのだから答えられない。

 

ビバ! 低温調理

もともと、塩麹に漬けた肉が美味くなることは知っていたけど、さらに一段と美味くなった。

これは炊飯器による「低温調理」のおかげのようだ。

思えば、自炊を始めたばかりの冬、作る料理は鍋一択だった。

(いちおうバリエーションはあったけど)

その鍋料理も、さらに思えば「煮過ぎ」だったのだ。

煮過ぎないだけで、こんなにも肉は美味くなる。

ついでに、肉の出汁を吸ったご飯も美味くなるのだ。 

 

炊飯器料理の欠点

炊飯器料理を検索する時、「失敗」「デメリット」についても調べておいた。

主な注意点は2つあるようだった。

 

一つは低温調理ゆえの欠点で、雑菌が発生しやすいことだった。

できれば、朝、炊飯器にセットして、タイマーをかけておき、帰宅時間に出来上がるようにしておきたかったけれど、長時間放置することによって雑菌が発生しそうで怖い。

帰宅してから炊飯器にセットすることにした。

1時間はかかるけど、帰ったらすぐにセットしておいて、着替え、シャワー、昨日干した洗濯物の取り込み、今日の分の洗濯、水筒を洗う、明日の準備などの作業をやっていると、けっこう、あっという間だ。

 

圧力式炊飯器の場合、爆発することもあるようだ。

空気穴が目づまりしてたり、豆・イモなどの詰まりやすい食材やとろみのある料理の時だったり。

スープを作る際、具が底に沈んでるときに、急激に温度が上がっても爆発するようだった。

そんなわけで、シンプルに米以外は肉のみとすることにした。

 

米と肉のみの炊飯器調理は、しばらくの間、続きそうである。

 

限界ハウス、ダメ家事男子。プロフィール  

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を夢見て試行錯誤中のへなちょこ家事男子。