らくだのライフハック

【MEC食】個人商店の肉屋で牛肉を買ってみた2つの理由



f:id:rakuda95:20190624074757j:image

日曜日、個人商店の肉屋へ。初めての試みだ。これまではスーパーで買っていた。

 

肉屋へ行ってみようと思った理由は2つ。

 

1つは発泡スチロールのトレー。資源ゴミとして出さなきゃいけないのが面倒くさい。個人商店の肉屋だったらビニール袋にいれて渡してよこすだろうから資源ゴミが減るだろうと思ったのだ。

 

もう1つは牛脂。肉・卵・チーズのMEC食にも大分慣れてきた。この頃はバター増量など高脂質を心がけるようしている。個人商店の肉屋と顔なじみになって、裏メニュー? の牛脂を手に入れられるようになっておきたいと言う心づもりがあった。

 

肉・卵・チーズで人は生まれ変わる

肉・卵・チーズで人は生まれ変わる

 

 

最初の一歩と言うことで牛切り落とし肉を200グラム買ってみた。さすがに値段はスーパーよりは高い。

 

計算外なのは個人商店の肉屋でもトレーを使っていたことだ。ラッピングもスーパーと変わらない。今はコンパクトで性能の良い機械があるようだ。


f:id:rakuda95:20190624073330j:image

 

それでいて。支払いはSuicaもクレジットカードも使えない。面倒くさいな~。

 

牛脂にしたって、正直、しつこくて食べるのがちょっとシンドい。豚の脂なら全く平気なんだけど。金森式ダイエットをやってる人は、よく牛脂をバクバク食えるよな~。慣れの問題?

 

 

ただ、豚肉を食べてるより牛肉食べてる時の方が疲れにくいことは分かってきたので、牛肉ファーストはこのまま続けるつもりだ。

 

 

まぁ、のんびりとやっていこう。とりあえずバター増量して脂に慣れていく。個人商店の肉屋へ通って顔馴染みになる。頃合いを見計らって、牛脂を売っていますか? と聞いてみる。

 

 

ちょっとずつ進めていこう。いきなり変化させると身体に変調をきたすし。ナマケモノのペースでちょうど良い。