らくだのライフハック

iPhoneで快適に文字入力するには:記号を楽に入力する

よく使う記号

文字入力で意外と手間取るのは、文字以外の記号だったりする。 自分もそうだったけど、あんまり注意を払わない人が多い。 自分がよく使う記号くらいはチェックしておいた方がいい。

「 」と( )

iPhone搭載のキーボードでフリック入力だと、「や」のところにある。 ( )は「 」を入力すると予測変換で出てくる。

これって、や行は文字数が少ないから、ここに突っこんだんだろうけど、いまいち直観的にわかりづらい。

「ー」や「〜」

「ー」のハイフンは「わ」のところにある。 「〜」は「ー」を入力すると予測変換で出てくる。 あと、「〜」は、かなフリック入力で、「から」と入力すると、予測変換でも出てくる。

「。」や「、」の予測変換

誰でも使ってる句点「。」。 「。」の予測変換の中には「…」の三点リーダーがある。

「、」読点の予測変換の中には「・」中点がある。 中点は意外に使うんじゃないだろうか。

iPhoneでも単語登録

職場のノートパソコンには、わりとたくさん単語登録をしてる。

特に、自分の場合、なぜかローマ字入力がどうしてもできなくて、かな入力なのだ。 かなりのマイノリティである。

ローマ字入力と違って、かな入力の場合、数字や記号が打ちにくい。 それを補うためもあって、単語登録に熱心なのだ。

iPhoneでも、けっこう単語登録してる方だろう。 最初は面倒くさいけど、やった分だけ、後で楽になる。 どんどんやるべきだ。

あとがき

ノートパソコンでは、かな入力なのだが、これはホントにマイノリティ。 自分以外の人間で、かな入力やってるのを見たことがない。

そんなわけで、昔は、人が自分のノートパソコンを使うと大騒ぎになった。 特にオバサンが触ると、「何、これ。打てない〜」と。

あとがき2

ノートパソコンのブラインドタッチは、速くも遅くもない感じ。 でも、年々、デジタルネイティブの新人が入ってくる度に、時代についていけなくなったことを思い知らされる。

今回、iPhoneフリック入力でブログを書こう、と決意したのは、ノートパソコンのブラインドタッチに限界を感じていたこともあった。

でも、親指シフトキーは試してみたかったかも……。

iPhoneで快適に文字入力するには プロフィール

iPhone 6iPhone 7 Plusを所有。はてなブログを始めたばかり。「超」文系のデジタル音痴。iPhoneで快適に文章を作成しようと試行錯誤中。。。