自転車通勤編:歩行者との接触事故を防ぐために

自転車は悪者?

サイクリンロードをゆっくりと走っていたら、前方から二人並んで歩いて来る女性が。

普通なら一人が道を開けてくれるのだが、おしゃべりに夢中のようだ。

しかたなく「通りま〜す」と声をかけたら思い切り睨まれた。

「チッ」という舌打ちが聞こえてきそうだ。

相手が悪かったんだろうか?

いや、この手のことは最近増えているのだ。

 

歩行者優先だろ! 自転車のマナーはどうなんだよ⁈

こう言われると返す言葉がない。

自転車通勤でサイクリンロードを走る時は、もちろん歩行者優先で安全運転 しているし、特にお年寄りの脇を通り過ぎる時は気をつけてるつもりだ。

マナーの悪い自転車は、同じ自転車乗りから見てもヒドいし。

歩道を爆走するママチャリ。

ロード乗りでも、休日のサイクリンロードを暴走する者は増えた。

歩行者やジョガーを動くパイロンとしか思ってないようだ。

以前は、休日になるとホームグラウンドにしていた川沿いサイクリンロードを走るのが定番だったけれど、現在やめてしまっているのは、マナーの悪いロード乗りが多くなり、怖くなってしまったのが大きな理由だ。

そのうち事故でも起きて、規制されたりしなきゃいいけど。

 

歩行者も神様ではない

 「歩行者優先」「マナーの悪い自転車乗りは多い」を踏まえた上で、あえて言いたいのだけれど、周りに注意を払わない歩行者が増えた。

特に、クルマが入ってこないサイクリンロードのようなところでは、自転車のことはハナから頭にないようだ。

ヒヤリとすることがあっても、自分が悪いとは思わず、こんなところを自転車で走る方がおかしい、とでも言いたげだ。

それでも、万一ぶつかったら損害賠償1億円だ。

自転車側が自衛するしかないようだ。

 

サイクリンロードで見た怖い歩行者

・道の真ん中をふらふら歩く歩行者

右なり左なりに寄って歩いてくれてればいいのに。

こういう人に限って、まっすぐ歩かず、蛇行するか斜めに歩いている。

さらに、こういう人に限ってイヤフォンつけてるので、声をかけても通じない。

 

・バイク止めのところでトレーニングしてる歩行者

歩行者から言わせれば自転車止めか。

すり抜けるのが面倒な場所なのに、ライト腕立て伏せや片足を乗っけてストレッチしてる。

怖くないの?

f:id:rakuda95:20170701081357j:image

・いきなり大回りUターンする歩行者

ほんとに怖い!

頼むから後ろを見てくれ。

せめて、その場で回れ右して!

こんな場合でもぶつかったら自転車が加害者なんだろうな……。

 

・いきなりバックする歩行者

Uターンする歩行者よりはふくらまないだけマシだけど。

 

・いきなり腕を振り上げる歩行者

歩きながら体操もいいけど、広い道でやってくれ。

裏拳は勘弁!

 

・伸びるリードで犬を散歩させてる歩行者

一度、からまって転倒させられたことがある……。

 

・ゴミ拾いやってる立派な方

えらいなあ、と感心するけど、ありがたい、と思うけど、ゴミ拾いに夢中になるあまり周りを見てない人が圧倒的に多い。

交通安全も忘れないでほしい。

ゴミ拾い用のトングをいきなり振り回されて当たりそうになったことがある。

ハサミの先に落ち葉が貼りついて取れなかったようだ。

ボランティアで花壇の世話をやってる人たちも、このタイプ。 

 

歩行者と自転車の共生

車道では普通な歩行者でも、クルマが入ってこないサイクリンロードだと、かなりフリーダムな振る舞いだ。

それでも、さりげなく道を開けてくれたり、会釈するとリアクションしてくれる歩行者もいる。

上手く共存できればいいんだけれど。

自転車側のマナー向上も含めて。

自分も、自戒しようーー。

(最後に変な日本語になってしまった)

 

自転車通勤編プロフィール

自転車通勤(片道15㎞)7年目。  クロモリのロードバイクと29インチのマウンテンバイク所有。  クルマを処分したので街乗りが増えそうです。  ブルベ参戦経験有り(SR取得)。  「やまめ乗り」修業中です。