らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【自転車通勤】①止まらない、②スピードを落とさない、③スピードが落ちたら加速する。3つ心がけたら時間を10分短縮できた。

 

片道1時間かかっていた 通勤時間を50分ほどで行けるようになった。

f:id:rakuda95:20220610075823j:image

いまさらフィジカルが強くなったわけじゃない。

初心に戻って、ブルベ参戦時代に学んだ原則に立ち返っただけだ。

長距離サイクリングのブルベ では、速く走ることよりも次のことが大切だった。

①なるべく 止まらない。

②なるべく スピードを落とさない。

③スピードが落ちたらすぐ加速して巡航速度に戻す。

まあ、600 kmを20時間で走ってしまう剛脚は別だけど(笑)。


①については、前方の信号がそろそろ赤になりそうになったら、加速して黄色になる前に通過したり。

 

②については、ゆるい上り坂に差しかかる前にあらかじめ加速しておいたり。

 

③については、カーブを曲がったあと、車体を起こすと同時にすぐに加速するようにしたり――。

(あまりに 強く踏みこむと ハイサイドになるので注意!)

 

とくに③については、これまであまり真面目にやってなかった。

だらっと立ち上がったら、そのままダラダラと走り続けていた。

しみじみと メリハリのない走りだったなぁ。


①から③を確実に実行するだけで片道一時間の通勤時間を10分 短縮できた。

一年に一度は信号に1度も引っかからない時があって、そんな日は片道45分ぐらいで到着できたりする。


朝の準備も10分 短縮できるようになったので、自転車通勤と合わせて合計20分間の短縮。

 

朝の時間帯に この20分はとても大きい。

どうしたって、うんざりしながら職場に向かわなきゃいけない朝なんだけど、時間的な余裕ができたおかげで少しはストレスが減った気がする――。

 

 

【プロフィール】
サイドFIRE(セミリタイア)目指す寝そべり族。
寝そべりながら年100冊の本を読み(Kindle書籍読み上げで耳活)年2,000冊のマンガを読む。
片道一時間の自転車通勤は10年を突破。
食事は肉・卵・チーズのMEC食。
調理はレンチン一択。
水出しコーヒーとグリーンズフリー(ノンアル)を愛飲中。。。