らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【自由もお金も手に入る! 勝間式超スローライフ】ステイホームライフをとことん突き詰めてメタバースまで!


年末年始、やたらとメタバースと言う言葉を耳にしたので、そういえば勝間さんがゴーグルつけてたよなぁと再読した。

本書が刊行されたのは2020年の10月なのだが、この時点で、勝間さんはもうすでに6台の VR ゴーグルを所有していることにまず驚いた。

元々先見の明のある人だけど、それにしても早い!

VR ゴーグルをかぶって、鳥の声や波の音を聞きながら瞑想し、ゲーム感覚でフィットネスをして、時にはVRチャットまでしてしまう。

もう50台になられたというのに、新しいテクノロジーに対する貪欲さには圧倒されるばかりだ。

自分も、引きこもり気味なインドア生活を送る寝そべり族として、メタバースについてはちょこちょこ情報収集していこう。

今ならKindle unlimited 読み放題で読める。

 


それにしても勝間さんには圧倒される。

どうすれば家で快適に過ごせるかをとことん突き詰めている。

なにしろ目指しているのは、リゾートホテル並みのクオリティオブライフで、最新の家電やオンラインテクノロジーを駆使した都市型スローライフなのだ。

 

自分も同じく引きこもり気味の人間なのだが、ここまで徹底してインドアライフを快適にしようと努力したことがあっただろうか?

どこかアウトドアが苦手な自分を後ろめたく思いながら、コロナ禍でソーシャルディスタンスやstay home の大義名分を得てホッとしていた。

中途半端なことこの上ない。


もちろん勝間さんのやり方が100%自分にフィットするわけではないので、これからは自分なりのステイホームライフを追求していかねば。

本書は、少なくとも仕事と同じくらいの熱量を持って、取り組まなければいけないのだと教えてくれた。

 

●その他、勝間さんの最近の著作――。

 

 

【プロフィール】
サイドFIRE(セミリタイア)目指す寝そべり族。
寝そべりながら年100冊の本を読み(Kindle書籍読み上げで耳活)年2,000冊のマンガを読む。
片道一時間の自転車通勤は10年を突破。
食事は肉・卵・チーズのMEC食。
調理はレンチン一択。
水出しコーヒーとグリーンズフリー(ノンアル)を愛飲中。。。