らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【愛…しりそめし頃に…】「まんが道」その後のトキワ荘青春期!


まんが道」の続編が出ていた。

その後のトキワ荘はどうだったのか?

しかし「愛…しりそめし頃に…」とはすごいタイトルだな。

まんが道」との落差がすごい、と思いながら手に取った。


いやいやどうして魅力的な女性達が次々と登場してくる。

キャバレーの綺麗なお姉さんや、社長の娘のお嬢様や、身近なラーメン屋の娘さん、以前同じ職場にいた後輩、友人のお姉さんで仲間のマドンナ、などなど。

タイトルに偽りはない。

漫画ばかり描いていたわけでなく、ちゃんと青春していたのだ。


それにしても藤子不二雄さんは、今でこそ紛れもない巨匠だけれど、日の当たらない地味な中堅漫画家時代が長かったのだな。

最初から売れまくっていた石ノ森章太郎さんとはだいぶ違う。

赤塚不二夫さんも不遇の時代が長くて、ほとんど石ノ森章太郎さんのアシスタントみたいだったのは意外。

 

も一つ意外だったのは、「愛…しりそめし頃に…」では、藤子不二雄コンビ(作品中では違う名前だが)もほとんど別々に行動していたこと。

まんが道」では二人並んで机に向かってるイメージが強いけど、「愛…しりそめし頃に」では同じトキワ荘住んでるけど、描くのは別々の部屋で一人で、だ。

コンビ解消したときには驚いたけど、本格的に活躍する前からソロ活だったんだな~。

 

物語は、「オバケのQ太郎」や「おそ松くん」や「サイボーグ009」が世に出る直前で終わる。

これらの作品によってトキワ荘の面々は巨匠になっていく。

「愛…しりそめし頃に」は巨匠たちの青春譜だ。

それにしても、真夜中に仲間達みんなで食べる屋台のラーメンはうまそうだったな……。


最後に寺田ヒロオさん、テラさんについて。

みんなの兄気分だったけれど、過激化する児童漫画の世界に我慢できず、筆を折ってしまった。

残念だよなぁ。

この人の作品は、父親が、自分の子供の頃に読んでいたと言って、買ってくれたことがある。

子どもから見てもひと世代昔の作品だったけど十分に面白かった。

そのまま描き続けてほしかったなぁ。

 

 

【プロフィール】

 

年2,500冊の漫画を読み、年に100冊の本を電子書籍読み上げ機能で聞き、片道一時間の自転車通勤を続ける日々――。

 

のんびり暮らすライフスタイルと、がんばらないためのライフハックがテーマ!

 

・食事は、たんぱく質ファースト。糖質制限中。MEC食継続中。ボトル飲みでプロテイン&メガビタミン

・電子レンジの時短料理で自炊中

・服は制服化&コンフォート命!

・断捨離後、ミニマリスト

・歴史と地理とニュースの社会科好き!

 

 

これから、やりたいこと――。

・英語で読み書き

古武術介護

小笠原流礼法

・沈没バックパッカー外こもり?!)