らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【ユルい終末マンガ3選】廃墟となった都市。海に沈んだ高層ビル群。誰もいない静かな街。無限に流れる時間。。。


なぜか終末を舞台にした漫画に心ひかれる。

どうやら一度滅びてしまった世界で人はいない。

二人の少女がオフロードバイクで廃墟となった都市を巡る物語だ。

 


例えば途中で折れて真ん中が紛失してしまった横浜ベイブリッジ

沈んだ船先だけ見えているのは氷川丸

海に沈んだみなとみらいの高層ビル群は、まるで「海から生えている」ようだし、「海に建てたお墓のようだ」。

横須賀の道路をふさぐ潜水艦の残骸もGood!

 

特に廃墟マニアってわけじゃないけど、「廃墟となった都市」にはツボりまくり。

主人公たちが、ガチでサバイバルしてないのもマル。

リアルさよりも、のんびりとした終末を見てみたい。

最新刊は2巻――。

廃墟となった秋葉原の絵ヅラがスゴいな~。


「ニコニコ漫画」では一部無料で読める。

 

 

 

似たような世界観でこちらの作品を思い出した

 

お祭りのようだった世の中がゆっくりと落ち着き、のちに“夕凪(ゆうなぎ)の時代”と呼ばれる近未来の日本。

 

「夕凪の時代」。

いいよな~。

「無理ゲー社会」より、こっちのが好み――。

 


ヨコハマ買い出し紀行」でも、海に沈んだ道路の街灯が、海の中で明かりを灯す風景などが描かれている。

横浜って、海面上昇が絵になる街なのかな。

こっちの世界では人がたくさんいて、よりユルい雰囲気。

イージス艦(?)からミサイルの代わりに花火の大玉を打ち上げるエピソードが素敵だった。

こんな風景が見られるなら、一度、世界が壊れてもいいのかもしれない。

最終巻は14巻――。

 

 

でも、終末と言うと、一気に世紀末まで行ってしまって、荒々しい弱肉強食の世界になってしまいがち。


「終末ツーリング」や「ヨコハマ買い出し紀行」のような、のんびりした終末の漫画をもっと読みたい。

試しに検索してみたところ、あれもこれも殺伐とした世界ばかり。

終末なんだから無理もないんだが……。

 

唯一読んでみたいと思わせられたのがこちら――。


最新刊(最終巻?)は3巻――。

 

この後読んでみるつもりだ。

 


【プロフィール】

年2,500冊の漫画を読み、年に100冊の本を電子書籍読み上げ機能で聞き、片道一時間の自転車通勤を続ける日々――。


のんびり暮らすライフスタイルと、がんばらないためのライフハックがテーマ!


・食事は、たんぱく質ファースト。糖質制限中。MEC食継続中。ボトル飲みでプロテイン&メガビタミン
・電子レンジの時短料理で自炊中
・服は制服化&コンフォート命!
・断捨離後、ミニマリスト
・歴史と地理とニュースの社会科好き!


これから、やりたいこと――。
・英語で読み書き
古武術介護
小笠原流礼法
・沈没バックパッカー外こもり?!)