らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【兎が二匹】毎日、自殺。そして自殺幇助。そんな二人の物語。ほか不老不死漫画4選。


不老不死者の哀しみは何度か漫画で描かれてきたけれど、痛々しいほどの切なさではこれが一番!


毎日自殺するけど不老不死で死ねないすずと、この世で唯一彼女を理解するサク――。
愛する者がいても、必ず先に死なれて置いてかれてしまう孤独――。

 

読んでてシンドかったのは、すずの殺された記憶が何度もリフレインするからだ。

飢饉の口減らしのため父親に埋められた記憶。

戦争で焼かれた記憶。

昔を思い出すと死にたくなる。

だから毎日自殺する。

サクも毎日自殺幇助する。

でも死ねない……。


そして、さらにむごい永遠がある。

相手に置いてかれるよりも、孤独なよりも。

ヒリヒリする全2巻だ――。

 

 

不老不死がよくテーマになるのは、孤独について描きやすいからだろうか。

思いつくまま並べてみるだけでもかなりの数がある。


こちらは人魚の肉を食べて不老不死になった。

「飽きるまで生きてみるのも悪くない」と言うセリフに救われる。

でもこれは同じく不老不死のパートナーを見つけられた者だから言えるセリフか。

人魚シリーズは全3巻――。

 


宇宙空間で不老不死ってもツラい。

 

永遠に焼かれる痛みと永遠の孤独。

どちらがマシだろう?

全8巻――。

 


不老不死と言えば吸血鬼。

吸血鬼と言えば元祖はこちら――。

吸血鬼は相手の人間を噛めば、相手を不老不死に出来る。

ある意味、恵まれた立場だけれど、その分、葛藤が生じる。

 


トリはやっぱり、この作品。

 

漫画の神様が描いた不老不死。

生き血を飲めば不老不死となる火の鳥をめぐって、大勢の登場人物が出てくる群像劇。

永遠の命などよりも自身の栄光を求める英雄や、全く興味を示さない偏屈な男(弓の名人)が登場する一方、不老不死となってしまい、肉体をなくし、感情が消え失せて、最後は宇宙エネルギーと一つになってしまう者もいた。

全16巻――。

 


どの作品を読んでも、死にたくはないけれど、不老不死も嫌だ、てのが凡人の感想――。

とりあえず、全ての漫画を読み飽きるまでは長生きしたいもの……。

 


【プロフィール】

年2,500冊の漫画を読み、年に100冊の本を電子書籍読み上げ機能で聞き、片道一時間の自転車通勤を続ける日々――。


のんびり暮らすライフスタイルと、がんばらないためのライフハックがテーマ!


・食事は、たんぱく質ファースト。糖質制限中。MEC食継続中。ボトル飲みでプロテイン&メガビタミン
・電子レンジの時短料理で自炊中
・服は制服化&コンフォート命!
・断捨離後、ミニマリスト
・歴史と地理とニュースの社会科好き!


これから、やりたいこと――。
・英語で読み書き
古武術介護
小笠原流礼法
・沈没バックパッカー外こもり?!)