らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【初々しい二人がイチャイチャする漫画3選】「かわいいひと」ほか


初々しい二人が恥ずかしがりながら寄り添ってイチャイチャする。
そんな漫画を読んで癒されたいと思ったら、こちらがオススメ――。

 

主人公である花屋の花園くんは三白眼で怖い顔。

廊下で落ちこんでると、母親から「この  おばけ!!」と驚かれる。

水族館に行けば、水槽のガラスに写った顔を死神と間違われる。

沖縄へ行けば、子供達に、シーザー? と言われてしまう。

とにかく怖がれまくりで落ちこむ日々だ。

 

そんな花園くんに彼女ができる。

彼女、日和は女子大生。

バレエを習っていて、ミスコンに選ばれてしまうほどの「かわいいひと」だ。

そんな彼女にとっては、花園くんこそが「かわいいひと」だったのだ。

全7巻――。

 


必死に笑いかけるとますます怖い顔になるけど、自然に微笑むと無邪気で素敵な笑顔になる花園くんもナイスなのだが、そんな彼にギャップ萌えしてウルウルしてしまう日和ちゃんもグッド。

特に完璧な美少女だと思われていた日和ちゃんが、花園くんの幼なじみ男子にジェラッとしたり、酔っ払って「私だけの花園さんだったのに」と涙ぐんだりと、だんだん崩れていくのが楽しい。

なんにしても、お似合いの二人だ――。


それにしても、なんだか最近、こういうイチャイチャ漫画を無性に読みたくなることが多い。

現実の世界でこんなもん見せつけられたら「ケッ」てなもんだけど、なんでなんだろう?

シビアな人間関係のなか、生きづらい世の中を生きているせいだろうか……。

 

平凡な二人が、平凡な生活を送っている。

特にライバルが出てくるわけでもなく、度重なる運命に翻弄されるわけでもない。

冷蔵庫のプリンを取り合うような微笑ましいエピソード。

そんなものに癒されてしまう。


ちなみにプリンの二人漫画はこちら――。

 

全5巻――。

 

 

この先も、精神的に疲れるとイチャイチャ漫画に手を出すんだろうな……。

 


最後に、いま思い出したけど、こちらもオススメ。

 

これは結婚してからイチャイチャする二人の話。

全9巻――。

 

 

 

イチャイチャは死が二人を別つまで永遠なのだ――。

 

 

【プロフィール】

年2,500冊の漫画を読み、年に100冊の本を電子書籍読み上げ機能で聞き、片道一時間の自転車通勤を続ける日々――。


のんびり暮らすライフスタイルと、がんばらないためのライフハックがテーマ!


・食事は、たんぱく質ファースト。糖質制限中。MEC食継続中。ボトル飲みでプロテイン&メガビタミン
・電子レンジの時短料理で自炊中
・服は制服化&コンフォート命!
・断捨離後、ミニマリスト
・歴史と地理とニュースの社会科好き!


これから、やりたいこと――。
・英語で読み書き
古武術介護
小笠原流礼法
・沈没バックパッカー外こもり?!)