らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【自転車通勤】新しい通勤コースは空気の美味しさが今回のテーマ?!

 

 

久々に通勤コースを変えた。

 

最近寝つきが悪いので運動不足なのではないかと思い、少し距離を長くしてみ たのだ。

 

 

新しいコースは自動車が入ってこれない川沿いの細い道が中心になる。 ところどころ舗装されていない。なので自動車だけでなく、他の自転車やランナ ーやウォーカーもあまりいない。


f:id:rakuda95:20201112073656j:image

 

このコースは以前にも走っていた。穴場な道だと気に入っていたのだが、砂利道などを走っていると、どうしてもパンクする確率が高くなるので、フェイドアウトしてしまっていた。

 

いまはロードバイクにノーパンクタイヤを履かせて走っているのでパンク の心配もない。

 

 

 

スピードは出せないけど、他にほとんど人がいない。 雨の日に走っていると、この世界でもしかして一人ぼっち?  みたいな気分になるほどだ。

 

ともかく久々に走ってみた。

 

 

実際に走ってみると、かなり快適だった。自分の場合、ごちゃごちゃした街中をすり抜けていくことにスリルを覚えるタイプではなく、 誰もいないところをだらだらと走る方が好きなのだ、 と改めて思い知らされた。

 

 

そしてなにより空気が綺麗なことに驚いた。走り終わったあと、何か良い物を身体の中に入れた気がした。併せて、有酸素運動後の独特の感覚、頭がぼうっと した風呂上りのような気分を久々に味わった。

 

このところ寝坊気味で道路が渋滞した街中を走ることが多かったので、なおさらそう感じたのかもしれない。

 

 

しかし、よく考えてみると、空気が美味しいなんてことは以前の自分だったら全く感じなかったはずだ。

なんでこんなことが気になるようになったのか?

 

 

考えてみたら、これは新型コロナウイルスの影響だ。

 

 

今ぐらいだと、まだ、 暖房をつけて、同時に窓を開けて換気しながら洗面所で歯を磨く、なんてことを

日常的にやっている。

 

今年一年間はとにかく窓や戸を開けてひたすら換気して

きた。これまでの人生では無かったことだ。

 

 

たまに朝寝ぼけながら洗面所にいるときなど、うっかり換気せずに過ごしてしまうことがあって、 そんな時、 妙に息苦しいような気がして、窓を開けてないことに気づいたりする。この一年で、新鮮な空気に敏感な体質になってしまったようだ。

 

渋滞のクルマの列の排気ガスにうんざりするようになったのも今年に入ってから増えた気がする。

 

 

デリケートになってしまったことが自分の人生に好影響を与えてくれるのかどうかは微妙だけど、とりあえず、しばらくは空気の美味しい通勤コースを走るつもりだ。

 

夜も良く眠れるようになったし――。

 

 

 

【プロフィール】

 

夢とか夢中になれることは特に無いので、嫌いなこと、やりたくないことを回避するライフスタイルと、がんばらないためのライフハック がテーマ。

空いた時間はKindle読み上げで本を聴き(週1~2冊)漫画を読んでいく生活(週50冊)。

 

 

・片道1時間の自転車通勤中

・食事は糖質制限中。MEC食&高脂質食。ボトルでプロテインEAA&メガビタミン。

・ホットクック 1.0Lで自炊中

・服は制服化済み

・住まいは断捨離してミニマリスト

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ移行

・マンガと歴史好き 

(特に世界史へ進攻中)

 

 

これから、やりたいこと――。

・英語で読み書き

古武術介護

小笠原流礼法

楽天ポイ活

・積み立て投資