らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―がんばらないライフスタイルとそのためのライフハック―

【キルミーベイベー】日常系よりひたすらコント! ポンコツ高校生が主人公の漫画は一大ジャンルになるか?

 

女子高生、JKと言えば今一番強気で過ごせる年代かもしれない。 その一方で、 なんだかポンコツな女子高生を主人公にしたギャグ漫画をちらほらと見かけるようになった。これってジャンル物?  少なくとも異界転生ものよりは面白いジャンルになりそうなんだが。

 

で、今回読んだのがこちら一。

 

キルミーベイベー (1) (まんがタイムKRコミックス)

キルミーベイベー (1) (まんがタイムKRコミックス)

  • 作者:カヅホ
  • 発売日: 2009/01/27
  • メディア: コミック
 

 

 

ボケ役と言うよりはアホ役のやすな、ツッコミ役というよりはキレ役のソーニャにはなぜか殺し屋という設定があるが、なぜそんな設定があるのかよく分からないぐらいにはおまぬけだ。そして、ミステリアスと言うよりは意味不明のあぎり。こちらもなぜか忍者という設定がある。何がなんだか……。

 

 

基本的に、ほとんどやすなとソーニャ二人だけのコントが延々と続いていくのだが、 あまりにアホ過ぎるので笑ってしまう 。

 

一応、学校が舞台なんだから学園ものなんだろうけど、校舎にいるにもかかわらず、 全くクラスメートが出てこない。恐ろしいほどの徹底っぷりだ。

 

読んでいると、 なんだか二人だけの舞台劇を見せられているような気さえしてくる。 作者によれば、最初は日常系を目指したらしいが、その後、漫才コント漫画へとシフトしたらしい。

 

 

こういうポンコツな主人公たちが繰り広げるユルい学園ものには、 例えばこんな作品があった。

 

 

作品の中では「ボンクラーズ」 とネーミングされていたっけ。 あと、そのものズバリでタイトルに入れてしまったものもある。

 

 

こちらはガチ真面目なのに勉強が全くできない風紀委員(男子)がおもしろかった。優等生男子と不良少女のラブコメはよくあるパターンだけどひとひねりしてるところが今風だ。

 

 

なにも高校生すべてが友情・努力・勝利のためにバトルしなくてもいいし、実際はユルくだらだらと高校生活を送っている者がほとんどだと思う。

 

本人たちは、それほど楽しいと思いながら毎日を過ごしているわけではないだろうけど、 過ぎ去ってしまった者から見れば十分にうらやましい時期を過ごしている。

 

 

 

【プロフィール】

 

夢とか夢中になれることは特に無いので、嫌いなこと、やりたくないことを回避するライフスタイルと、がんばらないためのライフハック がテーマ。

空いた時間はKindle読み上げで本を聴き(週1~2冊)漫画を読んでいく生活(週50冊)。

 

 

・片道1時間の自転車通勤中

・食事は糖質制限中。MEC食&高脂質食。ボトルでプロテインEAA&メガビタミン。

・ホットクック 1.0Lで自炊中

・服は制服化済み

・住まいは断捨離してミニマリスト

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ移行

・マンガと歴史好き 

(特に世界史へ進攻中)

 

 

これから、やりたいこと――。

・英語で読み書き

古武術介護

小笠原流礼法

楽天ポイ活

・積み立て投資