らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―がんばらないライフスタイルとそのためのライフハック―

6月は寒暖の温度差が激しかった。日本の豊かな四季は、地球温暖化の影響で砂漠のような厳しい天候に変わりつある?

 

 

最近めっきり寒暖の差が激しい。もう何だか当たり前になっている。

 

先週の土曜日はけっこう暑くて今年はじめて扇風機つけたけど、翌日の日曜日の朝はけっこう肌寒くて家の中でも長袖腕まくり&スウェットパンツで過ごした。

 

 

午後になると日が差してきて意外と暑くなってきて外出するときは半袖で出かけた。

 

 

こんな風に昨日は暑かったけど今日は寒いって日もあるし、一日の中でも朝は肌寒いのに日中は暑くなるということも珍しくない。半袖か長袖腕まくりか悩ましいところだ。

 

 

2年ほど前だったか「うつヌケ」という本を読んだことがあって、寒暖の差、温度差が10 度以上あるとウツっぽくなりやすいと書いてあって驚いたことがある。

 

 

当時はしょっちゅ うウツっぽくなっていたのだ。

 

 

この本を読んで以来、天気予報を見るときは最高気温と最低気温の差が10度以上あるかどうか、今日と明日の最高気温・最低気温を見比べて10度以上差がないかどうかをチェックするようになった。

 

 

そんな習慣が身についてから気づいたのだが、2月~3月は気温の変化が激しい。「暑さ寒さも彼岸まで」や「三寒四温」て言葉があるように、暖かくなったり寒くなったりを繰り返 しながら春に向かう。 その結果、どうしても温度差が激しい日が多くなる。 そういう事らしい。

 

そしてさらに気づいたのだが、今年の初夏も温度差が激しい。6月も明終わったし、もうトップスは半袖一択、 ボトムスはオフで家ではステテコ、 外では半パンで過ごせるはずなのだがイマイチまだ一定してない。

 

半袖と長袖ウェアが混在している。いちいち、 天気予報をチェックして、その都度、 判断しなきゃならないので面倒なことこの上ない。

 

 

幸い、今年になってから、運動不足・睡眠不足・栄養不足が解消されてきたのか、ウツっぽくなる、気持ちがダウンする、そんなことがほとんど無くなってきたので何とか平常運転で過ごせているけど、ウツ予備軍の人たちは、このような天候のなか気持ちをフラットに保つのはかなり難しいのではないだろうかと思う。自分が通ってきた道なので余計に身につまされる。

 

 

それにしても日本の天候はどうなっていくんだろう?

 

地球温暖化のせいなのか、エルニーニョの影響なのか、それとも偏西風によるものなのか、日本の変化に富んだ豊かな四季が過酷な天候に変わりつつあるようなので心配だ。

 

地球温暖化が進むと砂漠の気候に似てくるそうで、朝は寒く昼間は暑い天気になるようなんだけど、すでにその気配が見えている。

 

夏が酷暑になるだけでなく、冬は関東圏内でもマイナス10度まで気温が下がるようになった。

 

夏は熱中症、冬はヒートショックだ。

 

 

とりあえず、もう7月になるけれど、去年は7月になったとたんに、いきなりジ メ暑・ジト暑になって、かなりシンドかった記憶がある。 せめてココロの準備だけはしておこうと思う。

 

 

【プロフィール】

 

夢とか夢中になれることは特に無いので、嫌いなこと、やりたくないことを回避するライフスタイルと、がんばらないためのライフハック がテーマ。

空いた時間はKindle読み上げで本を聴き(週1~2冊)漫画を読んでいく生活(週50冊)。

 

 

・片道1時間の自転車通勤中

・食事は糖質制限中。MEC食&高脂質食。ボトルでプロテインEAA&メガビタミン。

・ホットクック 1.0Lで自炊中

・服は制服化済み

・住まいは断捨離してミニマリスト

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ移行

・マンガと歴史好き 

(特に世界史へ進攻中)

 

 

これから、やりたいこと――。

・英語で読み書き

古武術介護

小笠原流礼法

楽天ポイ活

・積み立て投資