らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【自転車通勤】久しぶりの幅寄せ。時差通勤のメリットを改めて噛みしめた

 

 

先週の金曜日、朝から雨が降っている中、家を出た。雨なので自転車はマウンテンバイクの方

 


f:id:rakuda95:20200623083225j:image

 

先週の金曜日、朝から雨が降っている中、家を出た。雨なので自転車はマウンテンバイクの方

そうそろ街中を抜けるかといった辺りで唐突にクルマから幅寄せされた。グレーのステー ションワゴン。露骨に幅寄せしたあとは猛スピードで駆け抜けていった。

 

これほどあからさまなのは「あおり運転」と呼んでも良いのかもしれない。

 

 

自転車通勤を10年やっていると、残念ながらこの手のことはたまにあった。

 

初期の頃は「なに自転車が車道をチョロチョロしているんだ」と言った感じで、相手は大 型トラックが多かった。

 

5年たってくると、そもそも自転車は車道を走るものだと言うことも認知されるようになり、ロードバイクに乗る人も増え、自転車通勤・ジテツウをする人も増えてきた。 少しずつクルマも自転車に慣れてくる。

 

それでも幅寄せがなくなるわけではない。

 

混雑しがちな細い県道を突っ走るバスはスレスレに追い抜いていって風圧で飛ばされそうになった。その後、通勤コースを変えることになった。

 

雨の日の朝は、これから現場に向かうとおぼしきガテン系のワゴンに嫌がらせをされることが多くなった。雨の日に現場仕事へ向かうのは誰だってうんざりする。ストレスがたまると嫌がらせをしたくなる。幅寄せをするワゴン車は、助手席に座ってる男が足をボックスの上に投げ出している率が100%だった。

 

そういえば、金曜の朝も雨が降っていた。雨の中、すっ飛ばしていたステーションワゴ ン。ガテン系には見えなかったけど、遅刻しそうになってイライラしていたんだろうか? 

 

 

やっぱり雨の日は嫌がらせを受ける確率が高い。これからも雨の日は注意深く走らないと。それにしても久しぶりだな、ともう一度思ったとき、そういえば時差通勤を始めてからは、ほとんど幅寄せはされていなかったことに気づいた。

 

この日も6時前には家を出ていたし、通勤ラッシュも始まっていなかった。 なによりクルマも少な目だった。

 

通勤ラッシュの時間帯に自転車通勤を続けていたら、幅寄せどころかあおり運転にも遭遇していたかもしれない。世の中、新型コロナウイルスのせいでスト レスもたまりまくってるし。

 

 

いつもより一時間早く家を出るだけで見慣れた通勤コースの印象が変わる。なにより不愉快な目に遭う確率が大幅に下がる。

 

今回はクルマの被害にあったけど、歩行者やママチャリ 軍団から受けるストレスだってかなりのものだった。

 

 

今回の教訓 ――。

① 雨の日は注意深く走る。

②事故やストレスを減らしてくれる時差通勤はこれからも群続する。

 

しょっちゅう嫌な目に遭って「またかよ」とうんざりしていた自分よりも「久しぶりだな」とのんびり思える今の自分に満足――。

 

 

【プロフィール】

 

夢とか夢中になれることは特に無いので、嫌いなこと、やりたくないことを回避するライフスタイルと、がんばらないためのライフハック がテーマ。

空いた時間はKindle読み上げで本を聴き(週1~2冊)漫画を読んでいく生活(週50冊)。

 

 

・片道1時間の自転車通勤中

・食事は糖質制限中。MEC食&高脂質食。ボトルでプロテインEAA&メガビタミン。

・ホットクック 1.0Lで自炊中

・服は制服化済み

・住まいは断捨離してミニマリスト

スマホiPhoneからPixel 3a XL へ移行

・マンガと歴史好き 

(特に世界史へ進攻中)

 

 

これから、やりたいこと――。

・英語で読み書き

古武術介護

小笠原流礼法

楽天ポイ活

・積み立て投資