らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【自転車通勤】大寒の時期はソロキャンプ気分で駐輪場トランクのガスヒーターにあたる。


今朝はめったにない強風。


橋の上を渡る時、風にあおられて川へ落ちそうになるので、仕方なく自転車から降りて押して歩いた。

 

こんなことは自転車通勤を始めて数年、めったになかった。今年になってからの自転車通勤は文字通り逆風が続いている。

 

それでも追い風だったら良かったものの、ずっと向かい風だったから始末が悪い。いつもより1.5倍の時間と労力をかけて、ようやく駐輪場トランクに到着した。

 

 

駐輪場トランクという、もっともらしい名前がついてはいても、要は、屋根付き駐輪場の一角にフェンスで囲まれたエリアがあって、そこにイナバの物置が並んでいるだけのものだ。


それでもスマホのライトをつけてガスヒーターののスイッチを入れると、そこは天国に早変わりする。

 


f:id:rakuda95:20200109105928j:image

くくりつけの棚に置いてあるガスヒーターに背中であたりながら、サーモスのボトルに詰め込んできたお湯で濡らしたタオルで身体を拭いて着替えていると、じんわりと暖まってくる。ちょうど肩甲骨のあたりで火にあたるのがコツだ。

 

こうしていると、ソロキャンプで焚き火にあたっているような不思議な多幸感に満たされる。


元々インドアなんでソロキャンプなんて頼まれてもごめんだけど、行ってみたらこんな気分なのかなと思ったりする。

 

働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける

働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける

  • 作者:ヒロシ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/12/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 


そしてこの気分は寒い間、毎日、続くのだ。いや、これからますます寒くなって一年で一番寒い時期を迎える。


駐輪場トランクで寒さに震えながらガスヒーターで暖をとるのがインドアな自分にとってのアウトドアなのかもしれない。

 

自転車通勤は一年中やっているし、雨の日も乗っている。

 

さすがに台風19号のときは乗らなかったけど、台風15号のときはヒイヒイ言いながら走った。


大雪の日マウンテンバイクで通勤したこともある(これは、やり過ぎ)。

 


自転車通勤者やロードバイク乗りには、雨の日に乗らない、冬の寒い時期には休む、ときっぱり決めてる人も多いだろうし、むしろその方が普通なのかもしれない。


安全面から言えばその方が確かだし、長い目で見れば効率が良い。

 

 

それでも、この時期、駐輪場トランクでガスヒーターの炎を見ていると、理屈度外視で悪くない、と思うんである。


休みの日にわざわざキャンプ場へ出かけなくてもすむしね。

 

 

 #自転車通勤 

 

片道約1時間の自転車通勤を初めてそろそろ10年

 

自転車2台所有所有

①クロモリのロードバイク

(フロントギア2段、リアギア1段のなんちゃってシングルスピード)

②29インチのマウンテンバイク

(重荷雨用。こちらもクロモリ、シングルスピード、フルリジッド)