らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【家計簿】クレジットカード明細の表記の仕方をよく見てみよう!


クレジットカードの明細が届いた。今回は8月の1日から9月の半ばまで。相変わらず一ヶ月半だと分かりにくい。


家計の大半を占める食費は約50,000円。全体の支出が62,000円なので、パーセンテージを出すまでもなく、ほとんどを占めている。前回が20,000円ちょっとなので、いきなり倍以上になっているけど、それは織りこみ済み。食べ物に関しては、あまりケチケチしないことにしたのだ。ビールだって、100円位の発泡酒や第3のビールを飲んでいたけれど、これからは、300円位の銀河高原ビールを飲んでしまうのである。あんまりケチケチしすぎてストレスをためるよりも、少々高くてもおいしいものを食べて健康的に過ごしていくことにしたのだ。


今回初めて気づいたけれど、スーパーで買ったものの中に「○○(花)」と言うものがあった。これは多分お盆の墓参りの時に買ったお花のことだ。これまで、このスーパーでは食材だけを買うようにしていた。日用品は、お隣のドラッグストアで買うようにすれば、明細を見たときにわかりやすいと思っていたのだ。


ただ、ドラッグストアが潰れてしまったので、どうしようか考えていた。わざわざ日用品を買うためだけに、遠くのドラッグストアへ行くのも、めんどくさい。スーパーで日用品を買ったときに、「○○(日用品)」と表示されるようだったら、同じスーパーで食料品でも日用品でも買ってしまっても何の問題もない。今度、試してみよう。


クレジットカードの明細を見ると、どこで買ったものかは、はっきりと書いてあるけど、何を買ったかまでは書いてあったり書いてなかったりするので、もうちょっと詳しく記載してもらえると、ありがたい。


アマゾンで買ったものなんかは内容が表示されない。今回、ダウンロードと表示されていたのは、Kindle漫画が1冊100円になっていた時に買ったものだと見当がつく。でもそれ以外のものはわからない。もちろんアマゾンにログインして購入履歴を見ればわかるけど、とても面倒臭い。購入履歴の一覧表には金額が記載されていないので、2回ほどタップしないと、買ったものが何でいくらなのかわからないのだ。アマゾンのクレジットカードを作って使うようにすれば、もっと詳しく表示されるんだろうか。


アマゾンではKindle漫画以外に、パン粉や大根おろし器を買っていた。大根おろし器は2台目。使いやすいので更新だ。結局、アマゾンでは、トータル3000円ほど使っていた。


後は、毎月のスマホ代5000円ぐらいで、見事なほどに食費ばっかり。エンゲル係数は、自分史上最高かもしれない。


次回は、この食費が、さらに跳ね上がることが予想される。ビール以外にも、まだまだ何か、果物など、あまり値引きにこだわらず、本当に食べたいものを買うようにしよう、と考えているからだ。


あと、これから冬になっていくので、服で冬物を買い足すか更新するかしていくはず。考えてみると、春物や秋物は、あまり買わなくなってきたなぁ。これも地球温暖化ヒートアイランド現象による異常気象の影響だろうか……。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。