らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

【予防医療】人間ドックは六月は激混みなんで受けない方が無難!


自分史上、最悪の人間ドックだった。


予約の時から、嫌な予感はしてた。

MR検査もお願いしたのだが、「混んでるんですよね〜。○○しか空いてないんですが」などと言っていたのだ。


いつもなら、人間ドックは、年度初めに、さっさと受けてしまう。

もともと、いつも受けるのを忘れていて、年度末にあわてるパターンを2〜3年、繰り返したので、反省して、年度初めに受けるようにしたのだ。

でも、今年は、職場の異動があったりして、バタバタしてる内に、六月になってしまった。

看護師さんと世間話した時に聞いた話では、六月はやはり混んでるとのこと。

特定健診の影響で、さらに激混みなんだとか。


それでも、通常の検査は、いつもより時間がかかったけれど、2時間程度で、テキパキと終わった。


途中、肺活量の検査で引っかかったりしたけど、これは毎年のこと。

どうも、肺活量が極端に少ないらしく、毎年、もっと、ガンバレ、もう一度やろう、などと言われてしまうのだ。

今年は、それを言って、再トライは勘弁してもらった。


あとは、問診をやる医者が感じ悪かったぐらい。

人の顔を見ずにモニターを見ながらしゃべるので、よく聞こえない。

聞き返したら、露骨に嫌な顔をしたので、こちらもムッとしてしまった。

だいたい、すでに看護師から、聞き取りで、全く、同じ質問をされているのだ。

何で、同じようなことを2度も繰り返すんだろう?


それでも、MR検査を含めて、2時間程度で終わった。

混んでる割りには、まあまあの速さだ。


最後の内視鏡検査。

これが長かった。

これだけで2時間待たされた。

正真正銘、最後の一人だった。

始まる頃には、ぐったり疲れていた。


もともと、シンドい検査なのに、すでに疲れ切っていて、おまけに去年の医者よりもヘタクソのようで、かなり苦しく、何度もえずいた。

去年の人はモニターを見ながら解説してくれる余裕があったなあ。


ただでさえ、イラついてるのに、受付窓口へ戻ると、昼休みで、誰もいない。

通りすがりの職員に言ったら、謝りもしないで「連絡します」とだけ。

ようやく、「すみません、すみません」としつこく言いながら出てきたと思ったら、腹囲を測り忘れた、おまけに、食事をして良い時間を間違える、など散々なていたらくだった……。


ここ数年、ずっと同じ病院で人間ドックを受けてたけど、こんなことは初めてだった。

混んでる時期に受けたのが悪いのか?

それでも怒りはおさまらない。

来年からは別の病院で受けるか?

でも、一番、近いのはここなんだよな〜。


一年たてば嫌でも冷静になるだろうし、多分、来年も同じ病院で受けるだろう。

でも、時期については、考えよう。

年末あたりが、かえって空いてないか?

花粉症の時期に受けるのは止めとこう。

六月は祝日がない月だし、休み代わりに受ける人が多いのかも。

もし、来年も不愉快な思いをしたら、その時は、別の病院で受けるようにしようーー。

そう誓ったのだった。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。