らくだのライフハック

猫のように丸くなって暮らしたい

―漫画と本と自転車通勤。そして、がんばらないライフスタイル―

ゴールデンウィークにうどんまみれで過ごす。自炊生活に専念せよ、とのお告げが……。


連休も前半が終わった。

と言っても、昨日は休日出勤だったのだが。

でも、丸一日かかる仕事が午前中で終わった。

ラッキー!


小腹がすいたので、仕事先近くのうどん屋へ。

普段なら、コンビニでおいなりさんとか、カップラーメンを食べるところだけど、思いがけず仕事が早く終わった開放感と「まあ、連休だし」と言う気分で外食することにしたのだ。


うどん屋はチェーン店ではなく、個人店だった。

讃岐うどん系の店らしい。

テレビで放映されたと言うお知らせが貼ってあった。


ぶっかけうどん極み」を注文。

ネーミングに、そこはかとなくラーメン屋の影響が……。

具はセルフになっていた。

天かすや海苔やワカメなど数種類を自分で好きなようにトッピングする。

こんな所も讃岐うどんっぽい。


うどんはコシがあって美味かった。

ダシも上品な感じ。

ただ、あっという間に食べ終わってしまった。

かえって腹が空いてしまって……。


量が極端に少なかったわけじゃない。

値段相応だったと思う。

ただ、ずっと自炊生活を送っていて、腹いっぱい食べるのが当たり前になっていた。

たまに外食すると、量の少なさと、値段に、愕然としてしまう。


帰宅しても、まだ頭はうどんモードだった。

夕方、早い時間だったが、また、うどんをゆで始めてしまった。


食べながら思う。

乾麺のうどんも充分に美味い。

さっきの店と比べても引けを取らないんじゃないか。

こんなこと言ったら店の人に申し訳ないんだけど、少なくとも自分には味の違いはわからない。

この頃は冷凍うどんだって、けっこう美味いし。

もう、今日行ったうどん屋へ行くことはないだろうなあ。

食い物屋で、個人店で生き残るのって大変だよなあ。

「普通に美味い」とか「上品な味」だけだとやっていけない。

よほどのインパクトや話題性がないと。


そんなことを考えながら、うどん一把を全部食べてしまった。

うどんまみれの一日だった。


それにしても、冷やし中華を食べに行って失敗したことといい、どうも外食すると良いことがない。

おとなしく自炊に専念しろ、と言うことか……。


カテゴリー紹介 #家事 #男子 #おひとりさま 

空き家一歩手前の限界ハウスで「健康で清潔な最低限度の生活」を目指し、ストレスフリーな毎日を目指して試行錯誤中のへなちょこ家事男子。